Df4btotzhzvhhejq1twz

ショート

CATEGORY | ショート

伸ばしかけショートヘアのアレンジ法は?中途半端を楽しむコツ!

2019.03.19

伸ばしかけのショートヘアは、中途半端な長さでアレンジも難しいと思っていませんか。確かに、どうアレンジしていいのか悩んでいる人はたくさんいるようですね。そこで、伸ばしかけショートのアレンジ法をご紹介します。伸びてきた前髪や、パーマでのイメチェンもご紹介です!

  1. 伸ばしかけのショートヘアに困っている人が多い!
  2. 伸ばしかけショートヘアの悩みは?
  3. 伸ばしかけショートヘアのアレンジ法【サイドのアレンジ】
  4. 伸ばしかけショートヘアのアレンジ法【襟足のアレンジ】
  5. 伸ばしかけショートヘアのアレンジ法【ショートボブ】
  6. 伸ばしかけショートヘアのアレンジ法【ミディアムショート】
  7. 伸ばしかけショートヘアのアレンジ法【重くなったショート】
  8. 伸ばしかけショートヘアのアレンジ法【くるりんぱ】
  9. 伸ばしかけショートヘアのアレンジ法【パーマでスタイルを変える】
  10. まとめ:伸ばしかけショートでも可愛くヘアアレンジを楽しもう!
ショートからロングに変えたいとき、どうしても伸ばしかけの時期を通過しなければならないですが、中途半端な伸ばしかけの髪はとても苦労しますよね。どうやって、伸ばしかけのショートを乗り切るか、困っている人はたくさんいるようです。
でも、中途半端だからこそ楽しめるアレンジもありますよ。どうやって、伸ばしかけのショートヘアを可愛く見せるか悩んでいるなら、是非アレンジ法を参考にイメチェンしてみましょう。
ショートヘアの伸ばしかけの時期は、中途半端な長さゆえに、気になるところが色々出てきます。具体的にどんなところに悩みがあるのか、伸ばしかけショートヘアならではの悩みを見てみましょう。

伸びてきた襟足が気になる

ショートヘアは、襟足がスッキリして爽やかなのが印象的ですが、襟足が伸びてくると首に髪がかかって気になったり、全体にアンバランスに見えてしまいます。
ショートを続けていくなら、定期的に美容院に行かなければなりませんし、伸ばしていくならあまり髪は切りたくないですよね。とは言え、襟足が気になって、伸ばしかけでロングにするのを諦めてしまう人もたくさんいます。

重くなってくる

ショートへアにしたときは、全体にスッキリとしていますが、髪が伸びてくるにしたがって、だんだんと重い印象になってきます。これはショートヘアに限ったことではありませんが、髪が短いショートヘアだからこそ、重さが目立って気になってしまうのでしょう。
伸ばしかけであっても、おしゃれには見せたいですし、美容院に行ってないのかと思われるのも嫌ですよね。ショートヘアは、重くなりすぎると野暮ったく見えてしまう可能性もあります。

アレンジが難しい

伸ばしかけのショートで一番の問題点というと、アレンジの難しさではないでしょうか。伸ばしかけでも、せめて髪を束ねてしまえる長さまで伸びていればいいですが、もっと中途半端な長さのときは、髪を結ぶこともできず辛いですよね。かと言って、結べたとしても、アレンジがマンネリ化してしまうこともあります。
また、ショートヘアはトップから前髪に繋がったヘアスタイルも多いので、前髪のアレンジにも困る人が多いようです。伸ばしかけのショートヘアは、色々な悩みが尽きませんね。

耳にかける

引用: https://beauty.biglobe.ne.jp/salon/hair_style/webroot/files/images/IMGDB_HD/71/71/B014477171/B014477171_271-361.jpg
伸ばしかけのショートは、サイド部分の長さが気になってしまいますね。そんなときの一番簡単な方法は、耳にかけるというアレンジ法です。それだけ…と思うかもしれませんが、耳にかけると雰囲気がかなり変わります。
片方だけ耳にかけて、セクシーさを出すこともできますし、両耳にかければ元気なイメージになります。伸ばしかけショートで、長さが十分でない場合は、耳かけをしてイメチェンしてみるのもおすすめです。

ハーフアップにする

伸ばしかけショートもある程度伸びてくると、全体に重くなってきます。少しでも髪の重たさを軽減させたいときは、サイドとトップ部分をまとめて、ハーフアップのアレンジがおすすめです。
前髪の長い伸ばしかけショートの場合も、サイドの髪とまとめてハーフアップにアレンジすると、すっきりさせることができます。

関連記事

襟足をまとめる

ショートから髪が伸びてくると、首にかかる襟足の髪が気になるので、アレンジとしては結べるほどの長さの場合は、結んでしまうのがいいでしょう。小さくひとまとめにすると、キュートな雰囲気になります。

ターバンを使う

ターバンは、伸ばしかけのショートに重宝するアレンジアイテムです。ターバンを使うことでおしゃれに見えるうえ、しっかりと襟足の髪をすくいあげてまとめることができます。
画像のように、ある程度髪の長さがある場合にも使えますし、伸ばしかけの襟足が短い場合でも、すっきりまとめられます。もちろん、襟足のアレンジ以外にも、長めの前髪やサイドの髪をまとめるのにも適しています。

トップにお団子

ショートボブさんが、これから髪を伸ばしていくなら、アレンジで乗り切っていきましょう。トップ部分の髪が重たくなってきたと感じたら、その辺りの髪をまとめてお団子にしてみると、重さを調節できるうえ、可愛さもアップします。また、トップのお団子部分に目線がいくので、伸ばしかけの中途半端さが目立たなくなります。

サイドと襟足に分けてまとめる

伸ばしかけでも、アップヘアでまとめたいときがありますよね。長さがまだ十分ではないショートボブの場合、アップヘアにするときは、耳上あたりで髪を上と下の2つのパーツのわけて、まとめましょう。
画像のアレンジは、上の部分のサイドは、ねじりながら真ん中に持っていって固定しています。下の襟足部分の髪は、ねじりながら上にもっていき、軽くお団子にして固定しています。髪の長さに応じて、アレンジのきく方法です。

編み込みでまとめる

引用: https://beauty.biglobe.ne.jp/salon/hair_style/webroot/files/images/IMGDB_HD/97/87/B025699787/B025699787_271-361.jpg
ミディアムショートぐらいまで髪の長さがあるなら、ある程度ヘアアレンジ法も幅広くできます。画像のアレンジは、髪全体を編み込みにしてまとめています。
ポイントは、ゆるく編み込みして、最後に髪を少しずつつまみ出して、適度な抜け感を作っているところです。伸ばしかけの前髪も一緒に編み込むと、爽やかなまとめ髪になります。

外ハネさせる

引用: https://beauty.biglobe.ne.jp/salon/hair_style/webroot/files/images/IMGDB_HD/25/82/B014432582/B014432582_271-361.jpg
肩につくかつかないかぐらいの長さは、ハネ癖がついてしまうことがあります。そんなときは、いっそうのこと外ハネにしてしまうのがおすすめです。髪に動きも出て、いつもとは違うヘアスタイルになりますし、しっかり外ハネを作ることで、クセがついているとは思われず、おしゃれなヘアスタイルだと印象づけることができます。

重みウェットヘアにする

引用: https://beauty.biglobe.ne.jp/salon/hair_style/webroot/files/images/IMGDB_HD/71/12/B034587112/B034587112_271-361.jpg
ベリーショートにした場合、少し髪が伸びてくると、ヘアスタイルが崩れてきて重くなりがちです。でも、髪を伸ばしていきたいなら、髪を切らずにアレンジで何とかしたいですね。
重くなってきたショートヘアは、ウェットスタイルにするのがおすすめです。髪にツヤが生まれ、重さを軽減させることができます。前髪もヘアアイロンで、パーマっぽく動きをつけると、より軽やかになります。

ワンカールにする

引用: https://beauty.biglobe.ne.jp/salon/hair_style/webroot/files/images/IMGDB_HD/34/21/B019543421/B019543421_271-361.jpg
毛先に変化をつけるのも、重くなってきた髪の目線を反らす目的としておすすめです。全体に髪をすかずにヘアスタイルを作っている場合は、伸ばしかけのときは、重さが目立ってしまいます。
それでも、髪を切りたくなかったり、ヘアスタイルを変えたくないときは、毛先をワンカールさせるとイメチェンになります。前髪も丸くアレンジすると、キュートな雰囲気になります。

トップとサイドをくるりんぱ

くるりんぱは、王道とも言えるヘアアレンジ法で、左右から持ってきた髪をゴムで結び、結んだ毛先を外側から内側へひっくり返すだけの手軽に行えるものです。伸びてきた前髪やサイドの髪を、すっきりまとめるのにおすすめです。人気のくるりんぱをヘアアレンジに使っていれば、おしゃれさんとも思われます。

髪全体をくるりんぱ

伸ばしかけのショートも、ある程度伸びてくると、ミディアムぐらいの長さになります。くるりんぱは何段にも重ねることができるので、長さに応じて、くるりんぱの数を変えるといいでしょう。ハーフアップでは襟足が気になる長さなら、数段くるりんぱを重ねて、すっきりまとめ髪にしましょう。

ゆるふわパーマで軽く見せる

引用: https://beauty.biglobe.ne.jp/salon/hair_style/webroot/files/images/IMGDB_HD/34/18/B009243418/B009243418_271-361.jpg
同じショートボブでも、ストレートとパーマでは雰囲気が変わります。重くなりがちな伸びかけの髪も、パーマで動きを出せば、ふんわりとやわらかいイメージになります。もちろん、現在の長さのままパーマをかけてもいいですし、パーマが苦手な人は、ヘアアイロンで軽く巻くだけでも動きが出て軽くなりますよ。

パーマ×レイヤーで抜け感ショートに

引用: https://beauty.biglobe.ne.jp/salon/hair_style/webroot/files/images/IMGDB_HD/05/63/B041010563/B041010563_271-361.jpg
伸ばしかけのショートヘアをパーマを使ってイメチェンするなら、レイヤーで抜け感を作るのがおすすめです。全体はパーマでふんわりと、トップは伸びてきて重くなった髪を生かしてボリュームをもたせます。毛先にレイヤーを入れることで、メリハリをつけ、パーマヘアに抜け感を出しましょう。

関連記事

伸ばしかけショートヘアの、アレンジ法をご紹介しました。伸ばしかけの髪は、色々な部分が気になり、人それぞれ悩みがありますが、うまくアレンジすれば、中途半端な長さでも髪型を楽しむことができますよ。今回のアレンジ法を参考に、是非自分なりのアレンジを楽しんでみましょう。