M8vmpxkffswqnksltwki

コーディネート

CATEGORY | コーディネート

バンダナリボンがお手軽!かわいいヘアスタイルが出来る簡単作り方!

2018.04.04

バンダナで可愛いリボンの手作り方法をご紹介します。大好きな柄やカラーのバンダナを使って、簡単に仕上げられるバンダナのヘアアクセサリー。自分で作ったバンダナリボンをヘアアレンジににそのまま使ったり、プレゼントしたりたくさん使ってアイテムを増やしましょう。

  1. バンダナリボンを作ろう
  2. バンダナリボン 1.「好きなバンダナ柄を見つけよう」
  3. バンダナリボン 2.「バンダナは薄めの生地がおすすめ」
  4. バンダナリボン 3.「縫わない作り方が簡単」
  5. バンダナリボン 4.「大きなバンダナはカットする」
  6. バンダナリボン 5.「大人用」
  7. バンダナリボン 6.「キッズ用」
  8. バンダナリボン 7.「大きなリボンが人気」
  9. バンダナリボンの応用
  10. 【まとめ】バンダナリボン 
ハンドメイドやDIYブームのいま、バンダナを使った自分だけのバンダナリボンを作ってヘアゴムを完成させましょう。ちょっとハンドメイドやものづくりが苦手な方も、ハードルの低い作品なので取り掛かりやすいでしょう。バンダナリボンの大きさや形など作り方は様々です。お気に入りのヘアゴムを作ってどんどんヘアアレンジに活用しましょう。
Jtcima5w2vidj5d7gxyn
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcS6qsMlJSvK11wzUuB_Dok9jmpPwa8hxFyl8N1WxLI0NPD-Ybye
Ahrinm6g4ybuhcrsj1ye
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcT4JzeqXIfAu-2pv3GqjdrKDu1ynIGrM-GfNK7VX1pCIjCt_ZB0
まずは自分のお気に入りのバンダナをみつけましょう。基本的なバンダナ柄はペイズリー柄が最も人気のようですが、様々なカラーやキャラクター模様などもあります。自分の好きなバンダナをゲットして好みのヘアゴムの完成図を考案し作り方をまとめましょう。
バンダナの購入先は手芸店よりも雑貨店や服飾店などの方が種類も豊富でお気に入りのアイテムを見つけられそうです。100均でも手軽にゲットできますし、ジーンズメーカーやレディースカジュアルブランドなどが衣類とのコーデ用にとアイテム展開していることが多いので好みのタイプのバンダナがみつけられそうですね。
Ea7oqyhjmj2twxm9gabf
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcTPeRwkK685eHndDfJBG5jAwVGInbaT7p-FdHfsqjyyUmm-0CVlZw
リボンを作る際にはミシンを使ったり手縫いをしたり、比較的簡単にヘアゴムを作ることができますが、作り方も簡単でスムーズに完成させるには薄めのバンダナ生地が扱いやすく綺麗に整えられるのでおすすめです。バンダナの生地は綿生地が多いようなので、薄地のバンダナも簡単に手に入りそうです。
Nrszx7vufkpm2jfg9xfh
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcSfV93cgiZt19oLlXqJPmZV0XE7H9V5i0j96yT8uEoAy1tanfcJiQ
綿生地などは洗濯も特に気に掛けずジャブジャブ洗えますのでおすすめです。バンダナリボンを作る時も最初に洗ってクッタリ感をだすのもいいですし、洗濯せずそのままヘアゴム作りに取り掛かっても大丈夫です。
Idl27qnwuu0trq2jnaj7
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcT2NLqK9EA6Z8wa-KUO86FosuC14u9KPFX92R5ER8GMSCQ7NUFEvg
バンダナは正方形のタイプがほとんどで、生地のまわりもきっちりと縫製されまつられていることがほとんどです。作り方は難しく考えず初心者でも簡単にヘアゴムを完成させる近道は縫わずに仕上げる作り方です。くるっとヘアゴムにくくりつけるだけでもバンダナリボンは完成します。
Yampnyp4evvd3c4zneo5
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcRkPtqO_4BOs6UdN2szd-4xY-SX1XD-xwyo5VShJECe6sJ3dHxcKQ
結ぶだけの簡単な方法です。結ぶだけの簡単な方法ですが、結び方次第で色んな形のリボンが完成しますのでどのようなデザインにするかは自分次第です。基本の折り方は中央にむかって半分に折りすすめ好みの太さになるまで整えるタイプのものです。
Oxozthkgggksu9z8wwf6
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQk34g5rF1w6nfD6EE6Pl7c6OIA7c4T6pS1YOpAmOJ2-Mq2WSVDEQ
キュッとくくりつけてリボンが完成すればゴムを通してヘアゴムの完成です。ゴムは完成したリボンの中心部に通して留めるだけなので高度な技術も必要ありませんのでご安心ください。リボンの大きさを変えるだけでもイメージが変わります。
Cmflvgtmlbo4jdxfekdb
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcT-nRt8gBb58jJFsPt2CIbEdxFPLeRk3ryTH8rs4NHcuh6VsOdV
個々の好みになりますが、ヘアゴムは固定せずバンダナに通すだけでリボンが動きますが、そちらが髪型を整えるのにやりやすい方は固定しないタイプをおすすめします。リボンが動かず固定されている方がやりやすい方はリボン裏面を目立たないように簡単に縫い付けると良いでしょう。
その他、ボンドで取り付けるかグルーガンで取り付けるととても簡単でおすすめです。この場合は強く引っ張てしまうと外れやすいので髪をくくる時には注意が必要です。
Zmqwmiqxwy9xnwlgnw0p
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcRbAWk0lX0SkQtz9bc-4bRXmCln-YIeeEaUmQ5CdMPk2CmJCztwwA
バンダナは大判タイプの製品が多く、扱いにくいことがあります。そのため、適度な大きさにカットすることもおすすめです。綿生地なのでカットした状態でまつり縫いをしなくても、生地がほどけずそのまま活用できることがほとんどですが、気になる方はまつり縫いをしたり、簡単に折り返して手芸用ボンドなどで留めると良いでしょう。
A7pvsafg2aqv5pre8aa0
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcSVJJv87vzFWKFlksLuUy13Ub0j6JH4EfOdHhL4TTrpIaS5TOUeqQ
カットする大きさによってはバンダナ一枚から数点のヘアゴムを作ることができサイズ違いのヘアゴムリボンを一気に作ることができます。カットしてしまうと取り戻せないので、バンダナを無駄にしないようにカットのサイズを考えておきましょう。カットは裁ちばさみが適しています。
Mbmxc4hsnkrh0b1mk7xr
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQCsS9tYG0qIQoL2BFi413XKVHZib8slOHdAqHz-VZXQ7tvdOg4
F6jplecqusqrmun7qhhd
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcR_kzVjRs8o-JUQgBizip3k3d6bi2VmwbUL_Pns8Lg1KJ1_P_3_
大人だって可愛くキュートにリボンで髪型アレンジしたいですね。ナチュラルスタイルやカジュアルスタイルにバンダナリボンがぴったりです。大きめのリボンだってコンパクトなリボンだってどんな髪型にもぴったりマッチします。
O5jwjhmdeyc9evailcxo
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcRXKnX7zOLZ8kDC8XXiBvrLO-rweaQ441YS1CFFGaCez1ee5NfyyQ
大きなリボンを作った時は、結んだリボンのヒダを長めに垂らすようにすると大人っぽい印象を演出することができます。このタイプはポニーテールやフィッシュボーンのような髪型に似合いそうです。髪をアップにした時も大きめリボンでしっかりキュートさをアピールしましょう。
Mlyelwepdvebsppqbz5c
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcTQtcJTcsbb_VdwqKuvINmKvlOX5dj6nk9o1vrbgkUxJijJPyMu4w
大きなリボンに抵抗があるときは、小さなサイズのリボンでさりげないヘアアレンジにしませんか?バンダナのカラーは赤色など明るめでも大人女子にもピッタリでおすすめです。赤色が抵抗のある方はブルーなど髪の毛カラーに混じるようなカラーでまずはトライ。
Arq4rlit7pnsnw3iewgw
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQ9eVfIlNDZVDwK0-NVNpQk1Bh-1aqzW_KqX7zqnU0ekb__8Q_zAg
キッズ用のバンダナリボンは、キッズの年齢や頭の大きさ髪型によって無理に大きなリボンは重さを感じてしまいます。幼児などは髪も細く柔らかいことが多いため、無理に引っ張るようなリボンではかわいそうなので避けましょう。
Tqnm76rbvwidhhzv8o1q
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQt4H932fEz20gX5VSuNGh2tu2kIN2aiZDp_pNSM3wMIvVMWvW7dg
使用するヘアゴムは髪質によって細いタイプや中サイズなど豊富な種類から選びましょう。2~3歳児などは特に髪の毛がまだまだ成長期なので、髪に絡まないタイプのヘアゴムもあります。また小さなバンダナリボンのヘアゴムからはじめるのが良いでしょう。ヘアゴムがするっと抜けてしまうこともあるため薄地の軽いバンダナ生地を選びましょう。
Nlbgdmo8u8nd6sliiujc
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcTf7inBYaZzx3NOOLOuUAfFCKmnIDQMv0k8BhFlko7XP0AAVxlz
小さなヘアゴムは数種類揃えてお揃いにしたりプレゼントも良いでしょう。バンダナ生地が小さいと縫製するのが難しいので、縫わずにバンダナをギュッと結び付けて作るタイプのヘアゴムがおすすめです。髪型は大人と同じようにポニーテールなどにもぴったりですが、おさげや三つ編みなどの髪型で二つ使いも良いですね。
Swkqmcmgdaijf13i1k4c
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQxi3hPvRbXrEWYH28rKYy8yckOz1mPSc3jiJ2u206hJ6XDrdBn8Q
Nb7euztitqpojjr1pqfu
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcT0u0wJAzHbYsLyPOolIKTB92ZbWRKKgIsgWw3V69IomEyiOWrZ
好みにもよりますが大人女子もキッズも、可愛らしく髪型アレンジするなら大きめリボンがとてもキュートでおすすめです。また人気の高い大きめリボンは、色んな髪型に似合うのでヘアアレンジもまとめやすくおすすめです。親子やお友達とお揃いコーデもおすすめです。
N6naiebrercd9bqrlpce
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQzRf6lRGfHMLvyWBFE-SsXyGBfk_e2Yhr1PHwiGL3bHpol295c
Otsoat8itxma0wu835sn
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcR3wva-3Hg5awxq3rLREdfZedMPeXM5yvftcNvNrKSK9B_Q92hDyg
バンダナリボンのアイテムが増えたらヘアゴムとして使うだけでなく、バッグや帽子などのアイテムや服に安全ピンで取り付けるのも良いですね。縫い付けるタイプではなくヘアゴムにバンダナリボンをギュッと結び付けて作るタイプのヘアゴムは取り外しも比較的簡単なのでピンに付け替えるのも簡単です。
Vy9lqzpddzaocimq1tw5
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQEn7vssQJWGDe08UQjIOV_kAU2p6EUrrZTsBwXOzFRulqWwiBn
ゴムを外さずそのまま利用してバッグの持ち手などにくるっと巻き付ける方法もありますね。トータルコーデの中にも色んなパターンで活躍すること間違いなしです。
バンダナリボンを簡単に作って簡単にコーデに取り入れる方法をご紹介しました。色んな作り方があるので、それぞれに作りやすいタイプやアイテムが違うと思います。自分にとって簡単な方法をみつけてください。マルシェやハンドメイドショップなどで販売されていることも多いので数百円程度で購入ができます。一つ購入してみて製作の参考にするのも良いですね。良いアイデアはフルに活用して自分流を生みだしてください。そしてたくさんキュートで可愛いヘアアレンジに挑戦してください。

関連記事

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQdEOyeSi4VJGEAR4jUZUzWgL8XvzaqWlbCyEfBfnTsKViqoWVX2A