Ety1jf1aeegjz8x1h4wd

趣味

CATEGORY | 趣味

Facebookの登録でエラーがでた!エラー解消の方法をご紹介!

2019.03.27

FacebookなどSNSを利用している人も多く、今後新規で登録をしようと考えている人もいるかと思います。そんなFacebookの登録に、エラーがでてしまうことがあります。そこで今回はエラーの解消方法や、偽名での登録方法について紹介していきたいと思います。

  1. Facebookの新規登録
  2. Facebookに偽名で登録したときの罰則
  3. Facebookに偽名で登録した時にばれる原因その①連絡先
  4. Facebookに偽名で登録した時にばれる原因その②プロフィール
  5. Facebookの登録時にエラーが出てしまう原因と対処方法その①通信環境
  6. Facebookの登録時にエラーが出てしまう原因と対処方法その②アプリの不具合
  7. Facebookの登録時にエラーが出てしまう原因と対処方法その③携帯端末の不具合
  8. Facebookの登録時にエラーが出てしまう原因と対処方法その④プロフィール登録
  9. Facebookの登録時にエラーが出てしまう原因と対処方法その⑤Facebookの不具合
  10. Facebookの登録にエラーとなっても焦らず対処を
FacebookなどのSNSを利用するにあたって登録することは絶対条件ではあります。また、Facebookでは実名登録することで知り合いや同級生などと簡単につながれるといったメリットもあります。そんなFacebookでも、皆が皆知り合いとつながりを持ちたいと考えているわけではないかと思います。そこでFacebookの新規登録に偽名を使って登録しようとしている人もいるかもしれません。そこで今回は、Facebookの新規登録でエラーがでてしまったときの対処方法や、偽名での登録方法について紹介していきたいと思います。
まず最初にFacebookに偽名で登録したときの罰則について紹介しておきたいと思います。基本的にFacebooが偽名での登録を承認しているわけでもないですが、有名人などになりすましたアカウントには、利用停止やアカウントの凍結といった罰則が科せられるケースがあります。ですが、あだ名のような名前での登録や明らかな悪質な偽名を使わない限りは、Facebookのアカウントの凍結や、利用停止といったバッ作の対象にはならないようです。
知り合いにばれることなく利用するために、Facebookに偽名で登録したにも関わらず、知り合いにばれてしまうことがあります。そのFacebookに偽名で登録してもばれてしまう原因は、メールアドレスや電話番号を登録している知り合いがいる場合です。Facebookでは、電話番号やメールアドレスを登録していれば、同じ電話番号やメールアドレスのアカウントを知り合いかもで紹介してくれます。ですので、Facebookに偽名で登録してもメールアドレスや電話番号が同じ場合はばれるリスクが高くなってしまいます。
ですので、Facebookを使っていることが知り合いにばれて欲しくないから偽名を使った登録をするのであれば、名前を偽名にするだけでなく、メールアドレスもフリーメールのアドレスを登録するなどすることで、より知り合いにばれるリスクを減らすことができます。
次に紹介するFacebookに偽名で登録した時にばれる原因は、Facebookの登録の時に詳細なプロフィールを入力してしまうケースです。Facebookの登録に、住所・年齢・出身校・職業などといった詳細なプロフィールを入力してしまうと、メールアドレスや電話番号だけでなく、つながりがありそうな人に対してFacebookが自動的に知り合いかもで表示してしまいます。そんなプロフィールでさらに写真を載せるなどしてしまえば、せっかく偽名で登録してもプロフィールや写真から偽名がばれてしまいます。
次にFacebookで新規登録をしようとしたときにエラーが表示されてしまい、Facebookの登録ができないときの原因と対処方法について紹介していきたいと思います。まず最初に紹介するFacebookの登録時にエラーがでてしまう原因と対処方法は、通信環境の不具合によるエラーの場合です。Facebookを利用するにあたってスマホで登録していきますが、通信ができなければ登録はもちろん利用すらできません。きちんとインターネットに接続できるのかを確認して利用することで、エラーはでなくなります。
特にこの通信環境でエラーが出てしまうケースでは、Wi-Fiを利用してインターネット回線につながっている場合です。思わぬところで回線が繋がっていなかったり、出先ではポケットWi-Fiを利用していれば環境によっては、電波が入りにくく通信ができないケースがあります。ですので、Wi-Fiを利用しているのであれば、電波がきているのか・きちんとWi-Fiが起動しているのかなどを確認しておくことで、エラーは回避することができます。
次に紹介するFacebookの登録時にエラーがでてしまう原因と対処方法は、Facebookアプリの不具合が原因のケースです。通信環境がきちんとなっているのにエラーが出てしまうのであれば、Facebookアプリ自体が原因の場合があり、この場合は特にユーザーができることはないので、一度Facebookアプリをアンインストールして、再度インストールしてみることで解消されることが多くあります。まだ登録段階でのエラーですので、アンインストールしたからと消えて困るデータもありませんので、通信はできているのにエラーが出るのであれば、Facebookアプリの再インストールしてみましょう。
次に紹介するFacebookの登録時にエラーがでてしまう原因と対処方法は、携帯端末自体が不具合の場合です。通信環境も整っていて、何度Facebookアプリをインストールしなおしてもエラーが出てしまうのであれば、携帯端末自体が故障していることを疑ったほうがいいでしょう。この場合は対処方法としては、携帯の機種変更や修理などが必要になってきます。これはFacebookが使えないだけでなく他の機能も使えなくなっているので、早急に携帯ショップに行く方がいいでしょう。
次に紹介するFacebookの登録時にエラーがでてしまう原因と対処方法は、プロフィールの登録です。Facebookの登録には、名前だけでなく生年月日・性別・電話番号又はメールアドレス・パスワードを入力しなければいけません。偽名で登録したい人は、プロフィールもデタラメにしてしまうケースが多いですが、そのデタラメがひどすぎては登録できません。生年月日の場合、年齢が13歳以下であれば登録はできません。
他にも電話番号やメールアドレスが確認できなければ登録はできません。ですので、Facebookに登録するときは生年月日を13歳以上になるとうに登録し、連絡先はメールアドレスでフリーメールを使うことで、Facebook登録のエラーを対処することができます。
次に紹介するFacebookの登録時にエラーがでてしまう原因と対処方法は、Facebookの不具合が原因のケースです。ここまで紹介してきたどの方法にも当てはまらない場合に考えられるケースで、この場合はユーザーとしてはどうすることもできません。ですので、アプリストアからレビューするなどでして、Facebookの運営に直接通報していくことで、運営からの回答を待つようにしてみましょう。
いかがでしたでしょうか。今回は、Facebookを登録しようにもエラーは出てしまい登録できないケースの、原因と対処方法について紹介してきました。Facebookの登録時のエラーはそこまで珍しいケースではなく、よくある出来事ですのでエラーが出てしまっても焦ることなく、今回紹介した記事を参考に順に試していただければと思います。合わせて紹介した偽名での登録についても、どうしても知り合いにFacebookの利用を知られたくないのであれば、特に難しい方法ではありませんので、ぜひ試していただければと思います。