Yfkafuzsmoy06uxgsryd

DIY・ハウツー

CATEGORY | DIY・ハウツー

引き出しをDIYしたい!レールの作り方・材料を分かりやすくご紹介!

2019.03.19

DIYで引き出しを作り、お部屋の片付けに活用してみませんか?そこで今回は引き出しをDIYで作る手順と、簡単にできる引き出しのDIYアイデアをご紹介します。またレールなど引き出しのDIYに必要な材料や、簡単に作れるキットについても解説していきます。

  1. 引き出しが欲しい…
  2. 引き出しをDIYで作ろう!
  3. 【引き出しをDIYで!】1-必要な材料
  4. 【引き出しをDIYで!】2-引き出しを入れる棚を作る
  5. 【引き出しをDIYで!】3-引き出しの枠組みを作る
  6. 【引き出しをDIYで!】4-レールを取り付ける
  7. 【引き出しをDIYで!】5-取っ手を取り付け完成!
  8. 簡単なDIYで引き出しを作りたい!
  9. 【引き出しを簡単DIYで!】1-レールの代用に桟を使う
  10. 【引き出しを簡単DIYで!】2-木箱を引き出しにする
  11. 【引き出しを簡単DIYで!】3-キットを使う
  12. DIYで使いやすい引き出しを作ろう!
家の中には収納するのが難しいものが数多くありますね。中でも頭を悩ませるのが、小さくて乱雑になりやすい小物類。筆記用具や文房具、貴重品などまとめて収納したいけれど、棚にそのまま置くのはちょっと見栄えが気になる…というケースもありますね。
小物や貴重品は引き出しに収納するのがおすすめ!棚から落ちてしまうことも、人目につく心配もありません。また片手で開け閉めできる引き出しは、こまめに物を出し入れする机やテーブル周りでも大活躍します。
引き出しはDIYで作ることができます。今ある棚に引き出しを取り付ける方法もありますし、新しく収納する物に合わせて一からDIYで仕上げる方法もあります。そこで今回は引き出しをDIYで作る方法と、そこに必要な材料をご紹介します。
DIYで引き出しを作る方法は何通りもありますが、今回はスライドレールと呼ばれる引き出し用のDIYグッズを活用します。既製品の引き出しによく見られるスライドレールは、しっかりとした使いやすい引き出しをDIYで仕上げるために欠かせない材料となります。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41J0up6egqL.jpg
スライドレールにはいくつか種類があり、シンプルに車輪で引き出しを動かすものが一番安価です。その他にはベアリング式で引き出しの開け閉めがスムーズにできるもの、引き出しを押すと自動で飛び出すプッシュ式などがあります。DIYでは予算や使い勝手に合わせて、材料となるスライドレールを選択してください。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71XTnzVg1CL._SL1500_.jpg
引き出しはできるだけ設計図通りに組み立てなければ、棚にはまらないという失敗に繋がります。引き出しの枠組みが歪んでしまわないよう、コーナークランプを準備しておきましょう。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71GrSy0zLxL._SL1500_.jpg
スライドレールを取り付けるとき、必ず水平にしなければいけません。レールが斜めになってしまうと引き出しが飛び出す、しっかり収まらないなどの問題が起きます。水平器を使い、しっかりと水平にレールを取り付けましょう。
引き出しを入れる棚や引き出しの本体は木材を材料にします。あまり硬い木材を選んでしまうと加工が大変になるため、DIYに適した木材を材料に選んでください。
SK11 コーナークランプ 固定板幅 70mm以下 SKC-1
価格 ¥ 1,216
シンワ測定 ブルーレベル マグネット付 300mm 76379
価格 ¥ 900
まずは引き出しを入れるための棚を作っていきます。材料となる木材を使い、引き出しが入るサイズの棚をDIYで仕上げていきましょう。
棚は新しくDIYで作る方法もありますが、今ある棚をリメイクして引き出しを取り付けることもできます。ただ材料が金属の棚は穴あけができず、引き出しのレールを取り付けることができないので注意してください。またカラーボックスなど耐荷重が定められている棚は、引き出しの材料を軽いものにするなど工夫をしましょう。
次に棚の内側に合わせて、引き出しの枠組みを作っていきます。木材を材料に引き出しを作るときはまず四方向の枠組みから組み立てていきますが、いきなりネジ止めをすると微妙に歪んでしまいます。そのため最初に木工用ボンドをつけコーナークランプで固定してからネジ止めをすると、きれいな形の引き出しが出来上がるでしょう。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51hZDToh1UL._SL1000_.jpg
引き出しには底を取り付けなければいけませんが、枠組みの裏側から底を貼り付けると、収納するものによっては底が外れやすくなってしまいます。裏側からしっかりなネジ止めをするか、引き出しの内側に天板止めの金具を取り付け底板を固定しましょう。
山口安製作所ステンアングル天板止横穴2枚組S-18
価格 ¥ 1,380
引き出しの枠組みが完成したら、レールの材料をDIYで取り付けていきます。スライドレールは引き出しと棚の双方に金具を取り付け、組み合わせて使うものがほとんどです。
レールはできるだけ水平になるよう取り付けなければいけません。水平器を使いレールの位置を微調整し、ネジ穴の印をつけましょう。スライドレールにネジが付属されている場合はそちらを使っていただいて構いませんが、棚の木材を貫通する長さではないことを事前に確認してください。
レールの取り付けに使用するネジを自分で用意するときは、必ず皿頭のネジを選んでください。皿頭以外のネジを使ってしまうと、ネジ頭がレールの上に飛び出してしまい引き出しの動きに影響するためです。レールには取り付けに推奨しているネジのサイズが記載されていますので、それに従ってネジを用意しましょう。

関連記事

棚と引き出しの双方にレールを取り付けたら、一度引き出しが出し入れできるか確認しましょう。スムーズに引き出しを動かせることができたら、最後に引き出しの前面に取っ手を取り付けます。プッシュ式のレールを採用した場合は、取っ手は必要ありません。
引き出しが完成したら、お好きな場所に置いて収納として活用しましょう。小物を引き出しの中に入れるときは、仕切りをつけると見やすく片付けやすい収納ができます。DIYで作った引き出しはアレンジも自由自在なので、使いやすいようにDIYでカスタマイズするのもおすすめ!
DIYで引き出しを作る方法をご紹介しましたが、DIY初心者にとっては若干難しく感じる部分もあったかもしれませんね。そこでここからはさらに簡単にDIYで引き出しを作る方法をご紹介!「DIYで引き出しを作りたいけれどレールに予算を掛けたくない!」、「キットなど簡単な方法で引き出しをDIYしたい!」という方にもおすすめです。
スライドレールは引き出しの材料としては優秀ですが、何段もの引き出しをDIYで作ろうとするとレールだけでも結構な費用が掛かってしまいます。そこでレールの代わりに木材をレールの材料にする作り方をご紹介します。
レールの代用には細長い木材を材料にします。受け桟と呼ばれる技法で、棚の内側に引き出しを支えるための木材を固定する方法です。若干引き出しのすべりが悪くなってしまいますが、出し入れには何の問題もありません。
受け桟で引き出しを取り付けると、引き出しの前面から桟が見えてしまうというデメリットがあります。この場合は引き出しよりも一回り大きいサイズの前板を取り付けると、見栄えが良くなります。
引き出しをDIYで作るのが大変…というときは木箱を活用しましょう。木箱は100均でも販売されているので、棚のサイズに合わせたものや収納として使いやすいものを用意しましょう。
木箱を引き出しにするときは、木箱に合わせた棚を作らなければいけません。先ほどご紹介した引き出しの作り方とは作業手順が異なりますので、注意してください。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81EoVE2w1sL._SL1335_.jpg
引き出しのキットがあるのをご存知ですか?引き出しの枠組みをDIYで作るためのキットや、ネジで取り付けるだけの簡単引き出しキットまで販売されています。一から全てDIYするのは難しい…という方は引き出しのキットを活用するのもおすすめ!
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71kqOZf6ojL._SL1500_.jpg
テーブルや机の天板に引き出しを取りけられるキットは、ちょっとした収納が欲しいときに便利!両面テープとネジで取り付けるだけでDIYの引き出しが出来上がり、忙しい方でも簡単にDIYが楽しめます。ただこちらのキットはサイズが決められているので、天板によっては取り付けできないケースもあります。
サンモク 木工キット カセットラック 8503904
価格 ¥ 1,195
伊勢藤 引き出しタイプトレー テンダーワイド仕切り板付
価格 ¥ 1,163
DIYでの引き出しの作り方と併せて簡単DIYで引き出しを作る方法をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?レールやキットなどの材料を活用して、使いやすい引き出しを作りましょう。

関連記事

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/BugWkHkhQRi/