Sztn3yo4d3fk0jo7f0sv

家事

CATEGORY | 家事

デニムからの色移り!洗濯でどう落とす?未然に防止する方法は?

2019.03.21

デニムから色移りしてしまったら、すぐに対処することが大切です。衣類の場合はクリーニングに出すこともできますが、まずは自宅で洗濯して落とすようにしましょう。また、デニムからの色移りを防止する方法も合わせて覚えておきましょう。

  1. デニムから色移りした時の対処法
  2. デニムの色移り対処法①バッグに移った時の対処法
  3. デニムの色移り対処法②スニーカーに移った時の対処法
  4. デニムの色移り対処法③アウターに移った時の対処法
  5. デニムの色移りを防止しよう
  6. デニムの色移りの対処法と予防法まとめ
デニムはブルーの色が印象的ですが、洗えば洗うほど少しずつ色が落ちます。濃い色であればあるほど落ちやすくなるので、ライトブルーよりもインディゴブルーのデニムの方が色移りしやすくなります。デニムが色移りする時は、雨にぬれた時や洗濯をした時などが多いです。また、摩擦の影響で色移りする場合もあるので気を付けましょう。一般的には、デニムからバッグに色移りしたり、スニーカーやアウターに色移りしたりすることが多いので対処法をご紹介します。
バッグは、素材によって対処法が変わります。合成皮革のような素材、ビニール素材などであれば洗濯用洗剤をぬるま湯で薄めてタオルを浸けます。固く絞ったら、バッグの表面を少しずつこするように色を取り除いていきます。色が取れたら、ぬるま湯に浸して固く絞ったタオルで拭き取っていきます。キャンバス地のバッグの場合は、石鹸を使って落としていきましょう。石鹸を泡立ててぬるま湯で薄め、タオルを浸けて硬く絞って拭き取っていきます。
細かい部分の色移りは、ブラシを使って軽くこすりながら落とすと良いでしょう。汚れが取れたら、十分にすすいだタオルを硬く絞って拭き取ります。レザーの場合は洗濯するのが難しいので、最低限の汚れを落とすことになります。ぬるま湯につけて硬く絞ったタオルで優しく拭くようにしましょう。落とすのが難しい場合は、クリーニングに出すほうが良いでしょう。
デニムからの色移りは、スニーカーも多いです。特に、白のスニーカーは汚れが付きやすく色移りもしやすいです。デニムからの色移りは、スニーカーのふちの部分につくことが多いです。全体的に汚れてしまった場合は、丸ごと洗濯する方法もありますが部分的な汚れは洗濯用洗剤を歯ブラシにつけて軽くこすりながら落としていきます。丸ごと洗濯する場合は、靴用のネットに入れ、シューレースやインソールを別にして洗濯機に入れて洗うかブラシを使って洗うようにしましょう。
デニムからの色移りはアウターもよくあります。特に、白っぽい明るい色のアウターはデニムの色がつきやすく目立ちやすいです。アウターは自宅では洗濯できないものが多いので、部分的に汚れを落としていきます。洗濯用洗剤をぬるま湯で薄め、タオルを入れて浸したら固く絞ります。
絞ったタオルで、汚れの部分を叩きながら押し付けるように汚れを取ります。汚れが落ちたら、今度は洗剤をつけずにぬるま湯だけに浸したタオルを硬く絞り、叩きながら拭き取りましょう。部分的な汚れには歯ブラシを使い、落ちない汚れに関してはクリーニングに出すようにしましょう。
デニムの色移りを防止するには、汚れが目立ちやすいものにはなるべく触れないようにすることが大切です。白いスニーカーとデニムパンツを合わせる場合は、デニムパンツの裾をロールアップするなどして直接デニムパンツがスニーカーに接触しないようにしましょう。バッグの場合も、位置を調節することでデニムパンツに接触しないように持つことが大切です。アウターの場合は、デニムと接触しそうな部分に一枚羽織りを合わせるなどして接触を避けることで防止できます。
今回は、デニムが色移りした時に落とす方法と防止方法についてご紹介しました。デニムは色が濃いほど移りやすいので、防止するためにもなるべく白い衣類やバッグ、靴には接触しないように工夫してコーデしましょう。

関連記事

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/Bga3LaSjk-8/