Lqqssvon4oxubsadcmyk

スキンケア

CATEGORY | スキンケア

クレンジングの種類にはどんなメリットが?タイプ別の特徴や肌質との相性!

2019.03.20

クレンジングにはいろいろな種類があり、肌質によって正しく選ぶことが大切です。自分に合うクレンジングを見つけるためにも、種類別の特徴やメリットを理解しておきたいですよね。そこで今回は、クレンジングの種類とそれぞれの特徴、正しい使い方などについて、お話しします。

  1. クレンジングが大切な理由
  2. クレンジングの種類①シートタイプ
  3. クレンジングの種類②オイル
  4. クレンジングの種類③ジェル
  5. クレンジングの種類④クリーム
  6. クレンジングの種類⑤ミルク
  7. クレンジングの種類⑥リキッド
  8. クレンジングの種類の選び方①メイクの濃さ
  9. クレンジングの種類の選び方②肌の状態
  10. 正しいクレンジング方法とは
  11. 種類別の特徴を理解して、クレンジングを選ぼう!
Yzl8sixmt3ehsgcy40kx
メイクは女性を美しくしてくれますが、それ以上に日々のクレンジングが大切です。クレンジングでメイクをきちんと落とさないと、肌トラブルの原因となるからです。とはいえ、人によって肌質が違うので、種類のあるクレンジングの特徴やそれを使うメリットを理解したうえで、自分に合ったものを選ぶ必要があります。また、油分の多いクレンジングを使う場合、ダブル洗顔が基本です。そうしたクレンジングの基本を抑えたうえで、自分の肌質に合うものを選んで使いましょう。
Ts0vn3ls9rmmvncamjyp
ここからは、クレンジングの種類とそれぞれの特徴、利用するメリット、合う肌質について、紹介していきます。まず、クレンジングの種類のなかでも、最も手軽な「シートタイプ」です。シートタイプの特徴は、油分ではなく合成界面活性剤やアルコールでメイクオフするという特徴があります。
シートタイプのメリットは、時間や場所を選ばずに素早くメイクオフできることです。ただし、クレンジングの際に肌をこするので、最も負担をかける種類であるというデメリットもあります。向いている肌質は、トラブルのない普通肌です。肌質が敏感肌の人は、使用を避けることをおすすめします。シートタイプの使い方は、動画で確認できますが、優しく拭き取るのが基本です。

しっかりメイクオフできる

しっかりメイクをする人におすすめのクレンジングの種類といえば、やはり「オイル」です。合成界面活性剤の配合量が多いという特徴があり、濃いメイクをしっかり落とせるメリットがあります。ただし、オイルを多用すると肌が乾燥しやすくなるというデメリットもあるので、注意が必要です。
クレンジングオイルは、肌質が脂性肌の人が使うことが多いです。使用後に乾燥しがちなので、肌質が乾燥肌や敏感肌の人が、日常使いするのはおすすめできません。クレンジングオイルは必ず乾いた手に取り、メイクになじませてから水分を加え、乳化させましょう。その後、洗顔料で洗ってしっかりすすぐのがポイントです。クレンジングのなかでも扱いやすい種類ではありますが、肌質の状態に合わせて使い分けましょう。

関連記事

クレンジングのなかでもテクスチャーに弾力がある事が特徴の種類といえば、クレンジングジェルです。使用感がみずみずしく、弾力があるのでクレンジングの際に摩擦が抑えられることがメリットです。クレンジングジェルは、「水性タイプ」と「油性タイプ」の2種類があり、その特徴が異なります。
1 / 4