Cejywopqiyum92sm8f2x

パソコン

CATEGORY | パソコン

Excelでグラフに凡例をつけるには?名前・順番の変更方法ご紹介!

2019.03.25

Excelで作成したグラフに凡例を追加すると、さらにグラフの情報が読み取りやすくなりますよね。この記事では、Excelのワークシート上に作成したグラフに凡例を表示する方法や、凡例の順番を変更する方法などを紹介しています。

  1. Excelのグラフに凡例を表示する方法を紹介
  2. Excelのグラフに凡例を表示する方法
  3. Excelのグラフの凡例の位置変更
  4. Excelのグラフの凡例の順番変更
  5. Excelのグラフには凡例をうまく活用しよう!
003209
引用: https://www.relief.jp/itnote/archives/images/003209.jpg
Excelでの代表的な機能がグラフの作成です。データベースから様々なスタイルのグラフを作成するのは、Excelでもおなじみの作業ですよね。そして同じグラフでも、見やすさを左右するポイントがあります。それが凡例です。凡例は、グラフ内のデータにつけるタイトルのことで、凡例があるなしでグラフの読み取りやすさが大きく異なります。そこでこの記事では、Excelのワークシート上に作成したグラフに凡例を表示させる方法を紹介していきます。
Excelでグラフ作成の方法を覚えたら、1段ステップアップして凡例などもスムーズに追加できるようになりましょう。
早速Excelで作成したグラフに凡例を表示する方法を紹介します。まずExcelの上部メニューの中にある「レイアウト」タブをクリック、下部メニューにある「凡例」をクリックします。
Pra07132
引用: https://prau-pc.jp/wp-content/uploads/2017/09/Pra07132.jpg
「凡例」をクリックすると、プルダウンメニューになっておりグラフに挿入する凡例の位置を選択できます。この位置は後からでも移動できるため、この時点で凡例の位置を確定させる必要はありません。とりあえず見やすそうな位置を選択しましょう。
Pra1055
引用: https://prau-pc.jp/wp-content/uploads/2017/10/Pra1055.jpg
上記の位置オプションから、任意の位置を選択してクリックすれば、その位置に凡例が挿入されます。
Pra1052 500x312
引用: https://prau-pc.jp/wp-content/uploads/2017/10/Pra1052-500x312.jpg
続いては、Excelのグラフに挿入した凡例の位置変更の方法について紹介します。先ほどの方法では凡例の挿入時に位置を選択しましたが、この位置は後からでも変更できます。凡例の位置が思ったほどしっくり来ない場合は、色々な位置に移動して一番見やすい位置を探しましょう。凡例の位置変更は以下の方法を参考にしてください。
凡例は好きな位置に移動することもできます。 凡例の上にマウスを移動します。

その時たいせつなのが、マウスカーソルに[凡例]と表示されていること。凡例の系列名の上だと、[系列〇〇・・・・・・]などの長い文字列が表示されます。これだと各系列が選択されて、凡例の移動はできません。

細かいですが、凡例の位置を変更する際には、凡例を選択するときのマウスカーソルの位置に注意しましょう!
Pra1056
引用: https://prau-pc.jp/wp-content/uploads/2017/10/Pra1056.jpg
Pra1059
引用: https://prau-pc.jp/wp-content/uploads/2017/10/Pra1059.jpg
凡例の周りに上の画像のような四角いアイコンが表示されます。それをクリックしたまま、上下左右好きな方向にドラッグしてください。
Pra1060
引用: https://prau-pc.jp/wp-content/uploads/2017/10/Pra1060.jpg
最後に、凡例の順番変更の方法について紹介します。グラフのデータと凡例の順番があっていないと感じた時は、凡例の順番を変更してみましょう。凡例の順番を変更するには「デザイン」タブにある「データの選択」をクリックします。
22
引用: https://c.tipsfound.com/excel/05003/22.png
データソースの選択というウインドウが表示されます。そこには現在表示されている凡例のタイトルが表示されています。
1 / 2