Fw3eew18gh5wo3c06ei2

お酒

CATEGORY | お酒

ワインの糖質を種類ごとに比較!ダイエット中の方は必見の解説!

2018.04.06

ダイエットにおいて、糖質という言葉は切って離せない関係にあります。しかしこの糖質はどんな食べ物や飲み物に含まれており、特にお酒には多くの糖質が含まれています。そこで今回はワインを主役に、ワインの種類ごとにどれくらいの糖質が含まれているのかについてお話しします。

  1. ワインってダイエットに向いているアルコールなの?
  2. ワインの糖質は種類によって異なる?
  3. ダイエットにおすすめのワインの糖質①:赤ワインの場合
  4. ダイエットにおすすめのワインの糖質②:白ワインの場合
  5. ダイエットにおすすめのワインの糖質③:ロゼワインの場合
  6. ダイエットにおすすめのワインの糖質④:スパークリングワインの場合
  7. ワインの味わいによっても糖質が違ってくる?
  8. どっちの味わいの方が糖質が高いの?
  9. ワインの糖質量を他のアルコールと比較すると…
  10. アルコールの中で比較するとどの種類が一番ダイエットに効果的?
  11. 逆にダイエットにおすすめできないアルコールは?
  12. ワインの糖質だけでなくカロリーについても見てみよう
  13. 赤ワインと白ワインのカロリーは同じ?
  14. ワインの中でも一番カロリーが高いのはロゼワイン!
  15. ダイエットにおすすめのワインを紹介!
  16. ダイエットにおすすめのワイン①:チンザノ エクストラ ドライ
  17. ダイエットにおすすめのワイン②:パイパー エドシック ブリュット
  18. ダイエットにおすすめのワイン③:ペンフオ-ルド ローソンズ リトリート シラーズ カベルネ
  19. ダイエットにおすすめのワイン④:ウルフ ブラス レッドラベル シャルドネ
  20. 【まとめ】:ダイエット中にワインを飲むなら糖質が少ない赤ワインを選ぼう!
引用: http://4.bp.blogspot.com/-0zXhvitXpys/VZ-QTN_FWyI/AAAAAAAAvJk/V61_Yu2qcuM/s800/boy_question.png
今回はワインの糖質についてお話ししていくのですが、糖質と聞かれるとあなたはどのようなイメージを思い浮かべるでしょうか。実際に糖質の高い食べ物や飲み物というのは脂肪に変わっていくため、ダイエットには不向きと言われています。食べ物がダイエットと深い関係にあるということについてはあなたも知っているかもしれませんが、実はお酒も同様にダイエットと深い関係にあるのですよ!では今回のお話の主役であるワインは、ダイエットに向いているアルコールなのでしょうか。

ワインはダイエットにおすすめのアルコール?

引用: https://peoples-free.com/material/280-peoples-free.jpg
アルコールにも数多くの種類がありますが、その中でも今回のお話の主役であるワインはダイエットとどのような関係にあるのかということですが、実際にワインはダイエットにはおすすめできないアルコールとも言われています。正直、ワインはダイエットにおすすめのアルコールであるというイメージを持っている人は多いはずです。では、ここから一体なぜワインがダイエットにおすすめできないアルコールなのかということについて紐解いていきましょう。
引用: http://kunseikobo-meguro.com/wp-content/uploads/2017/04/s_0n8z.jpg
引用: https://www.biz-assist.co.jp/wp-content/uploads/2017/05/shutterstock_125357216.jpg
ワインと糖質との関係についてお話する際に、まず押さえておきたいのがワインの糖質はその種類によって異なるということです。実は、ワインにはいくつかの種類があります。そしてそれらのワインはそれぞれの種類によって糖質の量も大きく違ってくるのです。では、実際にワインにはどれくらいの種類があるのでしょうか。

そもそもワインにはどれくらいの種類があるの?

引用: http://www.eigo-gate.com/blog/wp-content/uploads/2012/01/147723.jpg
ワインの種類は、大きく4つに分けられます。まずはあなたも馴染み赤ワインと白ワインですね。そしてあとの2つはスパークリングワインとロゼワインです。スパークリングワインについては、もしかするとあなたもこれまでに一度は耳にしたことがあるかと思います。それでは、ここからはそれぞれの種類のワインについて1つずつ紹介をし、それからそのワインに含まれている糖質の量についてもお話ししていきます。
引用: https://wired.jp/wp-content/uploads/2014/05/140529red-wine.jpg
では、まずはワインの中で最も定番の赤ワインについてお話しします。ワインといえば赤ワインいったイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。赤ワインは黒ブドウを使って生産されたワインで、その渋いや独特の辛味がワイン通に人気となっています。

100gあたりに含まれている糖質の量はなんと〇〇g!?

引用: https://kaminoshizuku.jp/photo/blog/20170927/full001.jpg
では、赤ワインの糖質は一体どれくらいなのでしょうか。ここではそれぞれのワインの糖質を100gあたりの目安で紹介しますが、赤ワインの場合100gあたりの糖質が1.5gとなっています。とは言っても、これが一体多いのか少ないのかがわからないので、他のワインについても見ていきましょう。
引用: http://img.josei-bigaku.jp/wp/wp-content/uploads/2012/12/shutterstock_156404606.jpg
2つ目は、白ワインです。白ワインは赤ワインと肩を並べるほど人気で、その味わい深さが特徴となっています。白ワインは白ブドウを使って生産されており、赤ワインのような渋みではなくスッキリした味わいや甘口のものと辛口で分けられています。赤ワインは主に肉料理など濃い料理とマッチしますが、白ワインは魚料理などといったさっぱりした料理と相性が良いです。

赤ワインよりも白ワインの方が糖質が多い?

Zrk0fv84kqfdmfsenv04
引用: https://article-image-ix.nikkei.com/https%3A%2F%2Fimgix-proxy.n8s.jp%2Fcontent%2Fpic%2F20161022%2F96958A9F889DE2EAE6EBEBE1E1E2E3EAE3E2E0E2E3E4E2E2E2E2E2E2-DSXZZO0849939018102016000000-PB1-16.jpg?auto=format%2Ccompress&ch=Width%2CDPR&crop=focalpoint&fit=crop&fp-x=0.5&fp-y=0.5&h=433&ixlib=php-1.1.0&w=650&s=6a1dd2f5b943ab2c5398d6ed3afb39d0
では白ワインの糖質は一体どれくらいなのかということですが、白ワインは赤ワインよりも糖質が多く100gあたりの目安が2.0gとなっています。赤ワインと比較してみると、白ワインの方が糖質が多いということがわかりますね。

関連記事

引用: http://tabippo.net/wp-content/uploads/20170927215359/shutterstock_625400267-680x437.jpg
そして3つ目に紹介するロゼワインですが、おそらく多くの人がこのロゼワインについては初めて耳にしたはずです。ロゼワインは赤ワインと同じ黒ブドウを使って生産されており、基本的にデザートワインなどとして飲まれています。程よい甘みがあり、4つのワインの中でも比較的マイナーながらも人気のワインとなっています。

白ワインとほとんど変わらない?

引用: https://france-sanpo.info/wp-content/uploads/2017/10/wine-791133_960_720.jpg
ではロゼワインの糖質は一体どれくらいなのかということですが、これは100gあたりの目安が2.0gと白ワインと変わりません。つまり、白ワインとロゼワインは同じ糖質であるということですね。しかしこれは共に赤ワインよりも糖質が高いので、白ワインやロゼワインは比較的ダイエットに向いているワインとは言えないことがわかります。
引用: https://cdn.bg-mania.jp/images/2017/09/tbm_20170920152022.jpg
最後に紹介するのが、スパークリングワインです。スパークリングワインはここまでに紹介した3つのワインとは違い、炭酸が含まれているのが大きな特徴です。そして、ロゼワインは食後のデザートワインと相性が良く赤ワインや白ワインはメインの料理と相性が良いワインであることがわかりましたが、スパークリングは食前酒として飲まれることが多いです。ですから前菜と相性が良いワインとなっています。

ワインの中でも最も糖質が高い

引用: http://bizamurai.com/wp-content/uploads/2015/12/20140830120334.jpg
ロゼワインが甘いワインであるということから糖質が他のワインよりも高いのではないかと思われがちですが、白ワインと同じ糖質であるという意外な結果でした。ではスパークリングワインの糖質はどれくらいなのかというと、実はスパークリングワインの糖質はこれら3つのワインの中で最も糖質が高く、100gあたりの目安量が4.0gとなっています。このように、4つのワインの糖質を比較してみると、赤ワインの糖質が一番低いということがわかりますね。
引用: https://kaminoshizuku.jp/photo/blog/20170419/sanka_001.jpg
しかし、これだけ見ると同じワインでもなぜ種類によって糖質の量が違ってくるのか気になりますよね。そこで、ここではなぜワインの種類によって糖質の高さが違ってくるのかについてお話ししていきます。

ワインの甘口と辛口によって糖質の量が違ってくる

引用: http://www.winekingdom.co.jp/article/parts/thumb/2016/12/1960x812_title_No96-thumb-1960xauto-2675.jpg
ワインの種類によって糖質の量が違うのは、ワインの味わいが大きく関わっています。先ほど少しお話の中にも出ていたように、ワインには味わいというものがしそれぞれの種類によって違います。赤ワインであれば渋みのある辛口テイストになっており、白ワインは非常にスッキリとした味わいで甘口と辛口の2つに分けられています。ロゼワインはデザートワインと言われているように甘さのあるテイストが特徴で、スパークリングワインは前菜に合う食前酒でスッキリとした味わいとなっています。このようにワインの味というのは1つずつ違うのですが、糖質と大きく関わっているのはワインの味わいが甘口であるか辛口であるかということです。つまり、このワインの甘口や辛口といった味わいの違いで糖質の量は違ってくるということなのです。
引用: http://wine-mellow.com/wp-content/uploads/2016/09/20160410174-01.jpg
ではこの甘口と辛口とでは、どちらの方が糖質の量が高いのでしょうか。これについては、デザートとキムチで例えてみましょう。キムチは比較的辛口で、印象としては太りにくいですよね。しかしデザートは甘口で、太りやすいイメージとなっています。実は、これはワインでも同じことが言えるのです。というのも、ワインの中でも甘口の方が辛口のワインよりも糖質が高いということなのです。

赤ワインは比較的辛口のものが多い

引用: http://stat001.ameba.jp/user_images/49/21/10051944775.jpg
これを先ほどのワインの種類のお話と一緒に考えてみると、赤ワインの糖質が低いのは比較的辛口であるからです。そして白ワインやロゼワインは甘口のものが多く、さらにスパークリングワインは食前酒であるということからも甘口のものが多いです。そうしたことから赤ワインの糖質が一番低いため、ワインを飲みながらダイエットをするのであれば赤ワインが一番おすすめであるということなのです。やはり、甘いものはどれも糖質が高いということですね。
引用: https://andohiroyuki.com/wp-content/uploads/Alcohol.jpg
それぞれの種類によって糖質量が違うワインですが、これを他のアルコールと比較してみるとどうでしょう。今ではとても数多くの種類のアルコールがあります。そんな中でそれらのアルコールをワインと比較した時、一体ワインの糖質量はどれくらいの高さであることがわかるのでしょうか。

ビールと比較すると糖質の量がわかりやすい!?

引用: https://tomothai.net/wp-content/uploads/2016/02/idgh.jpg
私たちが知っているアルコールの中でも、最もと言えるほど身近にあるのはビールですよね。実は、糖質量を比較する際ビールは非常に比較しやすい対象となっています。では、先ほどお話しした条件と同じ100gで比較してみましょう。そうすると、ビールは100gあたりの目安量がおよそ3gとなっています。これだとスパークリングワインの方が高いのではないかと思われがちですが、実際にワインは一気に飲むようなものではないのに対してビールは一気に飲むようなお酒ですよね。そうしたことから、同じ100gでも摂取の仕方でビールの方がいい度に多くの糖質を摂取することになるというのです。
引用: https://calori.jp/cms/wp-content/uploads/2017/01/large_817350_1-2.jpg
アルコールによって一度に摂取する糖質の量が違うということがわかりましたが、実際に今存在しているアルコールの中で比較するとどのお酒が一番ダイエットに向いているのかが気になります。やはりどのアルコールもそれなりの糖質があります。しかしその中でも、どの種類のお酒を飲むのがダイエットは効果的なのでしょうか。

ウイスキーやブランデーがダイエットにおすすめってホント!?

引用: http://media.well-lab.jp/wp-content/uploads/2015/12/201512_01_resipi_01r.jpg
今実際に存在しているアルコールの中でも特にダイエットにおすすめなのは、ウイスキーやブランデーです。おそらく、ウイスキーやブランデーと言われるとアルコール度数が高いからダイエットには向いていないのではと思われるかもしれません。しかし実は、これら2つのお酒は少しずつ飲むものですから一度に摂取する糖質の量が少ないのです。そうしたことから、ダイエットをするにあたっておすすめなのはこのようなウイスキーやブランデーであるということです。

関連記事

引用: http://fusui-do.com/img/4th-033.jpg
では、逆にダイエットに向いていないアルコールはどんなものが挙げられるのでしょうか。まず1つ挙げられるのは、ビールですね。これは先ほどにもお話しした通り、一気に飲むものですから一度に摂取する糖質の量も多くなるからです。しかし、そのほかにもおすすめできないアルコールはあります。

日本酒は他のアルコールに比べてもダイエットにはおすすめできない!?

引用: http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/p/pojihiguma/20160208/20160208214429.png
ビール以外にダイエットにおすすめできないアルコールとして挙げられるのは、日本酒です。これは、日本酒が作られている原料である米が大きく関わっています。米にはとても多くの糖質が含まれています。そうしたことから、当然日本酒には多くの糖質が含まれているということになるのです。ですから、ダイエットをしたいのであればビールや日本酒を避け、ウイスキーやブランデーなどのアルコールを飲むようにしましょう。
引用: http://www.totalcare-mimi.net/wp/wp-content/uploads/2017/01/df65580f46cc0c05e820a4def56e169f.png
ではここで、ワインの糖質だけでなくカロリーについても見ていきましょう。糖質とカロリーはまた違った観点から見ることができます。では、ワインのカロリーというのは一体どれくらいなのでしょうか。

ワインのカロリーってどれくらいなの?

引用: https://winebar-shinjuku.com/wp-content/uploads/2014/03/00002260.jpg
カロリーの高さは、ダイエットをするにあたって重要なカギを握っていますよね。しかしもしあなたが糖質を制限してダイエットを行うのであれば、カロリーの量はあまり気にする必要は無くなるでしょう。ワインのカロリーというのは、日本酒やウイスキーなどのアルコールと比較しても低いものとなっています。これはアルコール度数が大きく関わっており、アルコール度数が高くなればなるほどカロリーは高くなのです。
Ieaeysvtobmevyylg4gr
引用: https://img.buzzfeed.com/buzzfeed-static/static/2017-12/10/22/asset/buzzfeed-prod-fastlane-02/sub-buzz-13344-1512963861-1.jpg?downsize=715:*&output-format=auto&output-quality=auto
では具体的に、それぞれのワインのカロリーは一体どれくらいなのかについてお話ししていきます。実は、4つの種類に分けられているワインの中でも赤ワインと白ワインのカロリーは同じで、100mlあたり73kcalとなっています。ちなみに、同じ100mlでも日本酒は103kcalとなっています。そう考えると、やはりワインのカロリーの量は比較的少ないと言えますね。

糖質の量に違いはあってもカロリーは同じ

引用: http://www.sapporobeer.jp/wine/wine_opener/img/post/how_to_pour_wine01.jpg
そして赤ワインと白ワインのカロリーの量が同じであるということは、糖質の量の違いとは関係がないということもわかります。つまり糖質を制限すればカロリーの量も制限できるかというと、そうでないということです。ですから白ワインよりも赤ワインの方が糖質の量が少ないからといって飲んでも、摂取カロリーの量では白ワインを飲むのと変わりがないということなのです。

関連記事

引用: https://lowch.com/wp-content/uploads/2016/12/rose-wine.jpg
では、4つのワインの中でもどのワインが一番カロリーが高いのかというと、これはロゼワインが挙げられます。ロゼワインはデザートワインですね。

100mlあたりのカロリー量が〇〇kcal!

引用: http://www.akikotomoda.com/lecture/wp-content/uploads/2011/02/bfa48bbc51de12eab35b7d5a0747ff3b.jpg
ではロゼワインはどれくらいのカロリーの量なのかというと、これは100mlあたり77kcalとなっているのです。つまり糖質だけを見るとスパークリングワインの方が高いのに対して、カロリーだけを見るとロゼワインの方が高いということがわかります。
引用: http://www.huistenbosch.co.jp/shopping/castelo-de-wine/images/wine/sweet/01.jpg
それでは最後に、ここではダイエットにおすすめの辛口ワインを紹介します。

ダイエット中のアルコール摂取に!

引用: https://winesuki.jp/_var/freepages/knowledge/img/knowledge_wine_1.jpg
辛口ワインはダイエットにおすすめであるということがわかりましたが、正直どの種類を選べば良いかわからない人も多いかと思います。そんなあなたは、ここで紹介するワインをぜひ参考にしてくださいね!
引用: http://www.hiroshimaya.ne.jp/upload/save_image/523042-m.jpg
まず1つ目に紹介するのが、「チンザノ エクストラ ドライ」です。こちらはワインらしさがないワインとして、多くの人々に人気です。さっぱりとした味わいが特徴です。

ストレートやロックで飲むのがおすすめ

引用: http://www.saketen.jp/shopimages/osakeee/0000000012502.jpg
「チンザノ エクストラ ドライ」のおすすめの飲み方としては、ストレートやロックです。そのほかにもライムやレモンを添えて飲むのもおすすめですね。
引用: https://www.aeondewine.com/img/goods/A106/1/3018333004050-PIPER-HEIDSIECK%20ESSENTIEL%20CUVEE%20BRUT.jpg
2つ目に紹介するのが、「パイパー エドシック ブリュット」です。このワインは酸味があるテイストになっているのが大きな特徴となっています。

あの超有名な〇〇も愛飲していた!?

引用: https://www.dragee.co.jp/shop/item/dragee/picture/goods/1444_1.jpg
そして「パイパー エドシック ブリュット」の魅力は、なんとあの超有名なマリリン・モンローが愛飲していたということです。ヴィンテージのあるワインでもあるので、マニアにはたまらない1つですね。
引用: http://miludo.com/liquorimg/l/2/2091l.jpg
3つ目に紹介するのが、「ペンフオ-ルド ローソンズ リトリート シラーズ カベルネ」です。こちらは赤ワインの中でもまろやかな口当たりであるのが印象的となっています。

赤ワインの王道カベルネ・ソーヴィニヨン!

Gb6jwv1ii2wliwqlrvn5
引用: https://item-shopping.c.yimg.jp/i/j/wineuki_1300001001709
そしてこのワインは赤ワインの王道であるカベルネ・ソーヴィニヨンであるということ1つの魅力として挙げられます。初めて赤ワインを飲む人にもおすすめの1つですよ!
Qooqmmtayp8xdpbafk6s
引用: https://www.wolfblass.com/-/media/Images/WolfBlass/Wines/Red-Label/Wolf-Blass-Red-Label-Chardonnay-New.ashx?mw=1382?sc=0.35
最後に紹介するのが、「ウルフ ブラス レッドラベル シャルドネ」です。これは白ワインで、酸味のあるテイストながらも果実味があり、辛口となっています。

白ワインの女王シャルドネを味わおう

引用: http://image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/9/2a6045a29bc9adeb7d89dfc23d555faaed7746cd.64.2.9.2.jpeg
シャルドネという言葉については、おそらくあなたもこれまでに一度は耳にしたことがあるはずです。シャルドネは白ワインの女王と言われているほど有名です。こちらは、初めて白ワインを飲む人におすすめのワインとなっています。
引用: http://give-me-wine.com/wp-content/uploads/2016/08/wine-glasses.jpg
ワインを飲みながらダイエットをしたいという人は、糖質が比較的少ない赤ワインがおすすめです。ぜひ、あなたの好みに合わせた赤ワインを選んでくださいね!

関連記事

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://image.hitosara.com/gg/image/0006082583/0006082583E5_551x413y.jpg