Corwj5abkzmleygyp8ca

DIY・ハウツー

CATEGORY | DIY・ハウツー

フローリングの床下の収納をDIYで台所に作る!収納口の作り方も紹介!

2019.04.01

DIYで台所の床下に収納を作ってみませんか?床下収納は狭い台所でも収納スペースを増やすことができ、使わないときはフローリングと同じように使うことができる優れものです。今回はDIYで床下収納を作る手順と、フローリングに収納口を設置する方法をご紹介します。

  1. DIYで床下に収納は作れるの?
  2. 【DIYで床下収納を作ってみよう!】1-台所の床下を確認する
  3. 【DIYで床下収納を作ってみよう!】2-フローリングを切断する
  4. 【DIYで床下収納を作ってみよう!】3-収納庫を取り付ける
  5. 【DIYで床下収納を作ってみよう!】4-収納口を作る
  6. DIYで台所の収納を増やそう!
417vpkajzml
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/417vPKajZML.jpg
みなさんの家には台所の床下に収納がありますか?床下収納は台所のフローリングの一部に収納口があるため、省スペースで収納を設けることができます。本来は住宅を新築・リフォームする際に床下に収納を作るのが一般的ですが、後からDIYで作ることはできるのでしょうか?
DIYの知識や経験がある程度持たれている方ならば、台所にDIYで床下収納を作ることができます。ただフローリングに手を加えることになりますので、失敗したときのリスクは大きくなります。そのため作業はできるだけ慎重に行い、家族の同意を得てからDIYに取り掛かりましょう。
まずは収納口を開けるために、台所の床下の確認を行います。家を建てたときの設計図があるときは、それを元に床下にある大引きの位置を割り出してください。もし床下に点検口が設けられているならば、そこから床下に潜り大引きの位置を目視で確認する方法もあります。
家の設計図も無く点検口も見つからないときは、大引きの位置を的確に見つけるのは難しくなってしまいます。一般的に家の床下にある根太は1メートル弱の間隔で並べられています。(住宅の構造によって異なります)そのためまずはフローリングに小さな開口部を作り、大引きを避けながら口を広げていく方法をおすすめします。
大引きの位置に合わせて、フローリングの切断位置を決めます。切断する範囲は次に取り付ける収納庫のサイズに合わせてください。切断位置が途中でわからなくなってしまわないよう、マスキングテープで線引きを行いましょう。
81hqjtfbffl. sl1500
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81hqjTfBFfL._SL1500_.jpg
フローリングをきれいに切断するために、電動ノコギリを使用します。まずはフローリング材を切断して、その下にある下地を露出させます。下地の板材も切断すると、家の構造にもよりますが根太が出てきます。根太はフローリング材を支えるためのものなので、部分的にカットしても問題はありません。ですがその下にある大引きには一切手を加えないようにしましょう。
フローリングに開け口が出来たら、床下の状態を確認します。床下には家の基礎がありますが、土の場合掘り出して収納を設けるスペースを確保することができます。ですが基礎がコンクリートの場合、設置できる収納庫のサイズが限定されてしまいます。家の基礎がどのような状態かわからないときは、床下の状態を確認してから取り付ける収納庫を選びましょう。
1 / 2