Qmwssvmvtcpgqaf3o38z

ヘアスタイル

CATEGORY | ヘアスタイル

ヘアカラー(ダークブラウン)のおすすめの使い方!自宅でもできる方法は?

2019.03.25

ダークブラウンは人気の髪色ですが、自宅ではうまくセルフカラーできないという人もいるでしょう。そこで今回は、ヘアカラーのおすすめの使い方を解説します。自分で自然な明るさのダークブラウンにできるように、注意点やポイントも含め、おすすめのヘアカラーもご紹介します。

  1. ヘアカラー(ダークブラウン)は自宅でも簡単にできる?
  2. ヘアカラーはダークブラウンがおすすめな理由
  3. ヘアカラー(ダークブラウン)のおすすめの使い方~種類を知る
  4. ヘアカラー(ダークブラウン)のおすすめの使い方①パッチテストを行う
  5. ヘアカラー(ダークブラウン)のおすすめの使い方②ブロッキングを行う
  6. ヘアカラー(ダークブラウン)のおすすめの使い方③一気に塗らない
  7. ヘアカラー(ダークブラウン)のおすすめの使い方④置き時間を守る
  8. ここに追加 ヘアカラー(ダークブラウン)のおすすめの使い方⑤ヘアトリートメントで髪を保護する
  9. ヘアカラー(ダークブラウン)を自宅で行うにはデメリットも
  10. ヘアカラーのダークブラウン市販のおすすめは?
  11. まとめ:ヘアカラー(ダークブラウン)で自宅で簡単にセルフカラーリングしよう!
Rtwc2necghpe0rguhi6g
ヘアカラーを自宅で行う人も少なくないと思いますが、なかなか自宅では、思うようにキレイに仕上げられないという悩みを持つ人もいるでしょう。また、自宅でヘアカラーするとなると、髪へのダメージも気になりますよね。
でも、実はヘアカラーは、ポイントさえ押さえれば、髪へのダメージを最小限に、手軽に自宅で行うことができます。人気のダークブラウンで、自宅で上手にセルフヘアカラーができるようになりましょう。
Okzyxh9pgw5nbs0ywnvt

失敗が少ない

Gacltjetj0amshr2mydt
ヘアカラーにはたくさんの種類がありますが、なぜダークブラウンがおすすめなのかと言うと、ダークブラウンは明るさが控えめなので、自宅でセルフヘアカラーをするにしても、失敗が少ないからです。セルフヘアカラーに慣れていなくても、ダークブラウンなら、黒髪との明るさが大きくないため、目立ちにくいです。

色浮きしにくい

Jnltimjn6fhlbzk0urod
自宅のセルフヘアカラーでも、美容院のセルフヘアカラーでも、ヘアカラーの悩みと言えば、日が経つにつれ色浮きしてくることではないでしょうか。さらに、ヘアカラーの明るさによっては、髪が伸びてくると生え際の黒髪が目立ってきて、プリン状態になることも悩みの一つですよね。
でも、ダークブラウンなら、明るさのトーンにもよりますが、色浮きが目立たず、髪が伸びてきても黒髪が目立ちにくいため、色もちがいいところもおすすめポイントになります。

髪にツヤが出る

Pblafwiiukzk9qcdshq8
ツヤ髪になれるところも、ダークブラウンがおすすめな理由です。適度な明るさのダークブラウンは、自然な状態では黒髪に近く、光に当たるとブラウンカラーが見えて、ツヤのある髪に見せてくれます。

学校・職場でも可能なところが多い

Xpxub4udo91rkvs3yity
ヘアカラーしたくても、学校や職場によってはヘアカラー禁止のところもありますよね。ダークブラウンのいいところは、比較的黒髪に近くて、染めていることが分かりにくいところです。また、ダークブラウンの明るさのトーンが7~10ぐらいであれば、ヘアカラーが可能であるところも多いです。学校や職場でも取り入れやすいのは、ダークブラウンでしょう。

関連記事

H2zqg792qulwdwasinpx
髪を染めることをヘアカラーとひとくくりにしていますが、髪を染めるものには幾つか種類があります。特に自宅でダークブラウンのセルフヘアカラーする場合には、髪へのダメージも考慮しながら染色剤を選ぶようにしましょう。

ヘアカラー

一般的にヘアカラーと言えば、白髪やおしゃれ染めと言われるもので、髪のたんぱく質を溶かして色をつけるものが一般的です。内側までしっかりと染まり、数か月間は色もちします。明るさによっては、1ヶ月ほどで黒髪が目立ちますが、ダークブラウンなら、3ヶ月ほど色もちすることもあります。染まりやすさで言えば効果が高いですが、髪へのダメージは比較的大きいです。

ヘアマニキュア

ヘアマニキュアは、髪の表面に色付けをするため、色もちがヘアカラーに比べるとよくありません。でも、その分髪へのダメージは少ないため、頭皮がかぶれやすい人や髪の傷みが気になる人におすすめです。

カラートリートメント

カラートリートメントは、髪を徐々に染めていくもので、一気に髪の色を変えるということはできません。そのため、ヘアカラーをしていると気づかれにくいというメリットもあります。自宅で毎日使用して使うものなので、失敗もありません。ダークブラウンのようなカラーなら、もともとの自然な髪色と思わせることもできそうです。
ダークブラウンだけに限ったことではありませんが、市販のヘアカラーは、前述のように薬剤の成分に強いものが使われていることがあります。普段、美容院でヘアカラーを行っている人でも、セルフヘアカラーでは頭皮に異常を起こす可能性がゼロではありません。
特に、市販のヘアカラーを初めて使用する人は、髪に使用するまえに、腕などで皮膚に異常を起こさないかパッチテストを行うようにしましょう。また、市販の薬剤も種類によって成分が異なるので、市販のヘアカラーを何度か行っている場合でも、初めての薬剤を使う場合は、パッチテストを行うのがおすすめです。
ヘアカラーの薬剤を塗るまえの下準備として、髪をブロッキングすることをおすすめします。髪をそのままの状態でヘアカラーするよりも、ブロッキングして幾つかのパーツにわけることで、自宅でもきれいなダークブラウンに仕上げることができます。ダークブラウンのような暗めのカラーだからこそ、色ムラなく染めあげる必要があります。
Hrjo6gjt4edp4jucwhnk
薬剤を塗るときには、生え際から一気に塗ってしまいたくなりますが、それは失敗を招く要素になります。おすすめは、毛先のほうから薬剤を塗ることです。長い髪であれば、髪の中間部分から毛先の部分を先に塗るのがおすすめです。根元の部分は体温で染まりやすいので、最後に塗りましょう。
Ceupvagnm19as9psm5n2
ヘアカラーの種類によって、5分から10分など薬剤を塗って放置する時間が決められています。長い時間置けば、それだけきれいなダークブラウンに染まるかと思ってしまいますが、決められた時間より長く放置すると、髪への負担も大きくなってしまうことを忘れないようにしましょう。
ヘアカラーを自宅で行ったあとは、必ずヘアトリートメントを行うのがおすすめです。ヘアカラーは、髪のキューティクルを開いて色を付けているため、髪へのダメージが大きいものです。そのため、ヘアカラーを行ったあとは、補修成分が含まれているヘアトリートメントで髪を保護しなければなりません。
Sjtulkun18ukes53nkau

均一に染めるのが難しい

Hgqatmum020sqhogkzti
市販にはクリームタイプや泡タイプなど、使いやすいヘアカラーが多く販売されていますが、やはり美容師さんが行うのと自分で行うのとは違います。美容師さんは、個人に合わせて薬剤を調合したり、頭皮や髪へのダメージをできるだけ抑えるように、ヘアカラーを行ってくれます。
また、当然ですがプロが行うので、染ムラもなく染めることができますが、自宅では均一に薬剤を塗るのが難しいこともあり、ダークブラウンのような暗めの色でも、塗り方によっては、ダークブラウンの明るさの違いが出る可能性もあります。

ヘアカラー剤が強い

Bmtunwyydjck4rh07z2m
市販のヘアカラーは、どんな髪質の人にも染まりやすいように、強い成分が使われていることが多いです。また、コストの面から考えても、できるだけ安く販売しようと思うと、トリートメント成分など、高価な成分を多く使用するのは困難です。そのため、市販のヘアカラーでは髪が傷みやすいというデメリットがあります。

関連記事

Th7eeflhgh1yptc6gxtt

ホーユー ビューティーラボ ミルキィヘアカラー

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71L8bWGwLsL._SL1313_.jpg
ビューティーラボのミルキィヘアカラーは、乳液タイプで使いやすく、アフターケアのための美容液もついています。ダークブラウンで、明るくなりにくいため色もちがいいところもおすすめです。
ホーユー ビューティーラボ ミルキィヘアカラー (ダークブラウン) 1剤40g+2剤80mL+PHC8mL+美容液5mL [医薬部外品]
価格 ¥ 625

リーゼ プリティア泡カラー ロイヤルブラウン

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/814K4xj2lIL._SL1500_.jpg
泡タイプのヘアカラーは液だれしにくいので、自宅でのセルフヘアカラーが初めての人にも扱いやすいのが特徴です。ロイヤルブラウンは、少し明るめのナチュラルなきれい目ブラウンにすることができます。
リーゼ プリティア泡カラー ロイヤルブラウン 108ml
価格 ¥ 512
Bslpehilqmgil9cdhol4
ヘアカラー(ダークブラウン)の自宅でも簡単にできる、おすすめの使い方をご紹介しました。ダークブラウンは、人気で色もちもいいカラーですし、ヘアカラーの使い方のポイントさえ押さえれば、自宅で手軽に行うことができます。是非、記事を参考にセルフカラーに挑戦してみましょう。