Qmwssvmvtcpgqaf3o38z

ヘアスタイル

CATEGORY | ヘアスタイル

ヘアカラー(ダークブラウン)のおすすめの使い方!自宅でもできる方法は?

2019.03.25

ダークブラウンは人気の髪色ですが、自宅ではうまくセルフカラーできないという人もいるでしょう。そこで今回は、ヘアカラーのおすすめの使い方を解説します。自分で自然な明るさのダークブラウンにできるように、注意点やポイントも含め、おすすめのヘアカラーもご紹介します。

  1. ヘアカラー(ダークブラウン)は自宅でも簡単にできる?
  2. ヘアカラーはダークブラウンがおすすめな理由
  3. ヘアカラー(ダークブラウン)のおすすめの使い方~種類を知る
  4. ヘアカラー(ダークブラウン)のおすすめの使い方①パッチテストを行う
  5. ヘアカラー(ダークブラウン)のおすすめの使い方②ブロッキングを行う
  6. ヘアカラー(ダークブラウン)のおすすめの使い方③一気に塗らない
  7. ヘアカラー(ダークブラウン)のおすすめの使い方④置き時間を守る
  8. ここに追加 ヘアカラー(ダークブラウン)のおすすめの使い方⑤ヘアトリートメントで髪を保護する
  9. ヘアカラー(ダークブラウン)を自宅で行うにはデメリットも
  10. ヘアカラーのダークブラウン市販のおすすめは?
  11. まとめ:ヘアカラー(ダークブラウン)で自宅で簡単にセルフカラーリングしよう!
Rtwc2necghpe0rguhi6g
ヘアカラーを自宅で行う人も少なくないと思いますが、なかなか自宅では、思うようにキレイに仕上げられないという悩みを持つ人もいるでしょう。また、自宅でヘアカラーするとなると、髪へのダメージも気になりますよね。
でも、実はヘアカラーは、ポイントさえ押さえれば、髪へのダメージを最小限に、手軽に自宅で行うことができます。人気のダークブラウンで、自宅で上手にセルフヘアカラーができるようになりましょう。
Okzyxh9pgw5nbs0ywnvt

失敗が少ない

Gacltjetj0amshr2mydt
ヘアカラーにはたくさんの種類がありますが、なぜダークブラウンがおすすめなのかと言うと、ダークブラウンは明るさが控えめなので、自宅でセルフヘアカラーをするにしても、失敗が少ないからです。セルフヘアカラーに慣れていなくても、ダークブラウンなら、黒髪との明るさが大きくないため、目立ちにくいです。

色浮きしにくい

Jnltimjn6fhlbzk0urod
自宅のセルフヘアカラーでも、美容院のセルフヘアカラーでも、ヘアカラーの悩みと言えば、日が経つにつれ色浮きしてくることではないでしょうか。さらに、ヘアカラーの明るさによっては、髪が伸びてくると生え際の黒髪が目立ってきて、プリン状態になることも悩みの一つですよね。
でも、ダークブラウンなら、明るさのトーンにもよりますが、色浮きが目立たず、髪が伸びてきても黒髪が目立ちにくいため、色もちがいいところもおすすめポイントになります。

髪にツヤが出る

Pblafwiiukzk9qcdshq8
ツヤ髪になれるところも、ダークブラウンがおすすめな理由です。適度な明るさのダークブラウンは、自然な状態では黒髪に近く、光に当たるとブラウンカラーが見えて、ツヤのある髪に見せてくれます。

学校・職場でも可能なところが多い

Xpxub4udo91rkvs3yity
ヘアカラーしたくても、学校や職場によってはヘアカラー禁止のところもありますよね。ダークブラウンのいいところは、比較的黒髪に近くて、染めていることが分かりにくいところです。また、ダークブラウンの明るさのトーンが7~10ぐらいであれば、ヘアカラーが可能であるところも多いです。学校や職場でも取り入れやすいのは、ダークブラウンでしょう。

関連記事

H2zqg792qulwdwasinpx
髪を染めることをヘアカラーとひとくくりにしていますが、髪を染めるものには幾つか種類があります。特に自宅でダークブラウンのセルフヘアカラーする場合には、髪へのダメージも考慮しながら染色剤を選ぶようにしましょう。
1 / 4