Nvt87wht2x9cekewzqkb

ファッション

CATEGORY | ファッション

ヘアカラーの頻度の理想はどれくらい?多すぎると悪影響も!?

2018.04.06

おしゃれの為や、白髪染めの為にヘアカラーをしている人は多いと思いますが、ヘアカラーをする理想の頻度はどのくらいかご存知でしょうか? この記事ではヘアカラーの理想的な頻度と、カラーリング後の美しい髪色をできるだけ長くキープする方法などをご紹介します。

目次

  1. ヘアカラーをする頻度の平均
  2. ヘアカラーをする理想の頻度
  3. ヘアカラーの頻度が多いとどうなるの?
  4. 美容院でするヘアカラーと市販のヘアカラーの違い
  5. 市販のヘアカラーの選び方
  6. 市販のヘアカラーの種類
  7. ヘアカラーの形状
  8. 泡タイプのヘアカラー
  9. ジェル・クリームタイプのヘアカラー
  10. クリームタイプのヘアカラー
  11. 綺麗にカラーリングするコツ
  12. ヘアカラー後の綺麗な色をキープする方法
  13. 【まとめ】適度な頻度でヘアカラーを楽しもう!

「髪の毛の根元から黒い髪が生えてきて、根元の黒さが目立ち始めた」
「ヘアカラーの色が落ちてきた」など、ヘアカラーをしよう!と思うタイミングは人それぞれだと思います。

ヘアカラーをする平均的な頻度は、男女とも2ヶ月~3ヶ月に1回のペースが多いようです。ただ、現在のヘアカラーが明るい人は根元の黒さが目立つ為、月に1度~マメな人は月2回とヘアカラーの頻度も多くなっています。

頭皮や髪の毛へのダメージの事を考えると、頻繁にヘアカラーをしないほうがいいという事は何となく分かりますが、あまりにもヘアカラーをする間隔が長いと根元の黒さが目立ち始め「ズボラな人」という印象を周囲に与えかねません。

頭皮と髪の毛の健康を維持できる、理想のヘアカラーをする頻度は2ヶ月に1度と言われています。

ヘアカラーの頻度が多いと、頭皮と髪の毛にダメージが与えられ髪の毛が傷んでしまいます。

頭皮と髪の毛にダメージが与えられるとどんな悪影響があるの?

ヘアカラーとは、自分の髪の毛にある色素にブリーチ剤を入れて脱色し、メラニン色素を破壊します。そしてヘアカラー剤を入れ好みの色に染めていくのですが、自分の持っているメラニン色素を壊している訳ですから髪の毛が痛むのは当然です。

ヘアカラーの頻度が多いと起こる悪影響①:髪に与えるダメージ

ヘアカラーによってダメージを受けた髪の毛は、枝毛や切れ毛、ヘアカラーをしても色によっては理想通りの色に染まらない事もありますし、ヘアカラーをしても色落ちが早くなります。

ヘアカラーの頻度が多いと起こる悪影響②:頭皮に与えるダメージ

頭皮に与える影響は、フケや痒み、そしてカラー液には刺激の強い薬品が含まれている為、カラー液が頭皮に触れると痛みや炎症を起こし、ハゲる事もあります。また、カラー液が頭皮の毛穴に詰まった場合も同様にハゲる可能性を高めます。

ヘアカラーをする際に悩むのが、「美容院で染めようか」「市販のヘアカラー液を購入して、自宅で染めようか」と悩む人も多いのではないでしょうか?

美容院でするヘアカラーはプロにカラーをしてもらっているので仕上がりも綺麗ですし、美容院で使用されているヘアカラー液は市販のヘアカラー液よりも髪や頭皮へのダメージを少なくできる!というイメージがありますが、実際はどうなのでしょうか?

1 / 6