Wjmklgirrvk42hw75zc8

スキンケア

CATEGORY | スキンケア

シミ予防を20代から!食べ物・美容液にこだわりスキンケアを!

2019.04.24

シミ予防に、早すぎるということはありません。肌のきれいな20代から始めるのがおすすめです。シミ予防というと美容液などのスキンケアを思い浮かべがちですが、食べ物に気をつければ美肌効果の高いビタミンを豊富に摂ることができます。20代からのシミ対策を調査しました。

  1. シミ予防は20代からスキンケア!
  2. シミ予防は20代からスキンケア!【シミの種類】
  3. シミ予防は20代から!効果的なビタミン①
  4. シミ予防は20代から!効果的なビタミン②
  5. シミ予防は20代から!効果的なビタミン③
  6. シミ予防は20代から!効果的な食べ物①
  7. シミ予防は20代から!効果的な食べ物②
  8. シミ予防は20代から!効果的な食べ物③
  9. シミ予防は20代から!効果的なスキンケア①
  10. シミ予防は20代から!効果的なスキンケア②
  11. シミ予防は20代からスキンケア!【まとめ】
引用: https://www.j-wave.co.jp/blog/news/images/board/pixta_22012991_M.jpg

20代でシミに悩む人は多いです。シミは1つでもあると、急激に老けて見えます。元々色白の人、キメの細かい肌のきれいな人が、シミにやりやすい傾向にあります。

シミケアに一番重要なのは、予防です。うっかり日焼けしてしまった時だけスペシャルケアをしても残念ながら、シミ予防はできません。

引用: https://viola-woman.com/wp-content/uploads/2017/12/Untitled-design-24-825x510.png

スキンケアができるうちに、ビタミンや食べ物、美容液でシミを予防していきましょう。早い内に対策すれば、まだできてしまったシミも薄くできます。

引用: https://c2.vera.jp/c/mi/a8d68d7b0948454f90c1ea0fab712dbd.jpg

20代に多いシミは、以下の4つです。まだ若い20代ですが、紫外線対策などを怠っていると、あっという間にシミに悩むようになります。

色素沈着

やけど、ニキビ、傷による炎症が治まったあとに、色素沈着によってできるシミです。年齢・性別・部位に関係なくできます。

色素沈着の色は、淡褐色~褐色。足や腕などの消えない虫さされ跡も色素沈着です。また、ムダ毛の処理など色素沈着がおこることもあります。

炎症が治まると、自然に薄くなり、しだいに消えていくことも多いですが、紫外線を浴びるとそのまま色素沈着が残ってしまう場合もあります。

肝斑(かんぱん)

肝斑は、女性ホルモンに関係してできるシミです。女性の顔に多くできるシミで、30代~40代に多く見られます。

原因は、ホルモンバランスの乱れで、妊娠中や更年期、経口避妊薬(ピル)を服用している女性に多くできます。

色は淡褐色~褐色、灰色などがあります。目の下、頬骨に沿って左右対称にでき、やや大きめなのが特徴です。

そばかす

そばかすは、茶褐色の細かな色素斑で、頬や鼻を中心に広範囲にできるシミです。遺伝的な要素が大きく、白人に多く見られます

そばかすは、日本人でも色白の人に比較的多くできるシミです。思春期に目立ちはじめ、紫外線などの影響で、広範囲に広がったり濃くなったりします。

老人性色素斑

老人性色素斑は、紫外線の影響や加齢によってできるシミです。最も多いタイプのシミで、色は淡褐色~濃褐色です。

老人性色素斑は、薄い茶色からだんだん濃くはっきりしてきます。顔以外にも、手、背、腕、上背など、衣服などで隠れない露出している部分に多くできます。

老人性色素斑は、幼い頃から蓄積された紫外線の影響が、肌の表面に現れてきたシミです。40歳前後から目立ちはじめます。

特徴は、左右対称ではなく、頬骨の高い位置からできることが多いです。大きさ数mm~数cmの丸い色素斑です。

引用: https://www.shiseido.co.jp/haku/laboratory/dermatologist/img/img_vol03_02.jpg

ビタミンC

シミ予防は20代から!効果的なビタミン①は、ビタミンCです。

ビタミンCは、メラニン色素の沈着を防いで、透明感のある肌を保ってくれます。シミだけではなくコラーゲンの合成を促し、しわを防いだり、活性酸素の増加を抑えるので、アンチエイジング効果も期待できます。

ビタミンCは美白化粧品にも多く使われています。スキンケア化粧品でも注目されています。ビタミンCには、シミを無色化する優れた働きもあります。

ビタミンCを多く含む食べ物は、 ピーマン パプリカ ブロッコリー レモン いちご キウイ 柑橘類 などです。

引用: https://www.kewpie.co.jp/yasai/piment/images/photo01.png
引用: https://pbs.twimg.com/media/Dz7PltZU8AEgrkw.jpg

ビタミンCは水に溶けやすく、熱に弱い性質があります。調理の過程で茹で汁にビタミンCが流れてしまったり、加熱の際に多くのビタミンCが失われてしまうことが多いです。

ビタミンCを効果的に摂取するには、生のまま食べるか、スープなどにして茹で汁ごと摂取するか、加熱する場合は加熱しすぎないようにするのがポイントです。

引用: https://www.kyounoryouri.jp/upfile/new_xl_17723_72500.jpg

ビタミンE

シミ予防は20代から!効果的なビタミン②は、ビタミンEです。

ビタミンEは、「若返りビタミン」とも呼ばれ、血流を改善して細胞の新陳代謝を活発にします。また、紫外線から肌を守る働きもあるので、気になるシミ・そばかすを改善する効果が期待できます。

ビタミンEは血行を促進し、高い美容効果をもたらします。肌の隅々に血液や栄養を送ることで、新陳代謝・ターンオーバーが促され、メラニン色素がシミとして沈着するのを防止します。

ビタミンEを含む多く含む食べ物は、 アーモンド 落花生 アボカド パセリ にら 煎茶 うなぎ サケ カボチャ 卵黄 などです。

引用: http://recipe.suntory.co.jp/data/special/002_img/1307top_02.jpg
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQezAH_1WDGFtPTN6JYUeu4gAcZdgXW5yfoDpPv3Zzb4IAysGasuA

ビタミンEは油と一緒に摂取すると吸収が良くなります。また、ビタミンCやβカロテンを同時に摂ると、さらに効果を発揮してくれます。

ビタミンEを効果的に摂取するには、アーモンドは1日20粒を目安として、吸収率を高めるためにオリーブオイルで軽く炒ってから食べるのもおすすめです。

ビタミンA(β-カロチン)

シミ予防は20代から!効果的なビタミン③は、ビタミンA(β-カロチン)です。

ビタミンAには、肌のターンオーバーを促進する働きがあるので、メラニン色素を排出してシミを予防してくれます。また、皮脂の分泌をコントロールするので、肌のテカリも防げます。

ビタミンA(β-カロチン)を多く含む食べ物は、 にんじん ほうれん草 しそ 豚肉 レバー うなぎ などです。

引用: https://www.jagunma.or.jp/wp-content/uploads/mas1007.jpg
引用: https://d6ks6zc2zym0q.cloudfront.net/static/scrapying/img/2019/01/24/4278087_1.jpg

ビタミンAは、油との相性が非常に良いので、ごま油やオリーブオイルをかけたり、加熱調理して食べるのがおすすめです。

引用: http://blog-imgs-96.fc2.com/2/5/2/2525non331/0827.jpg

目元や頬など、目立つ部分にシミができてしまうと、「早く消したい!治したい!」と思いますよね。

美白ケアで思いつくのは、日焼け止めや美白美容液などですよね。肌の外側からお手入れをするイメージです。

肌を美しく、白く保つには、美白美容液などのスキンケアも大切ですが、食事で体の中から美白を促すこともとても大切です。

日々の食事をちょっと工夫するだけで、体の中から手の届かない部分まで美白ケアができます。また食べ物から肌に良い栄養素を摂取すると、肌のバリア機能を高めたり、血行を促進して肌の新陳代謝が良くなります。

引用: https://youann.net/_img/ja/article/683/image/740_490_2_ffffff/

紫外線ダメージにも強くなるなど、肌質の改善に役立ちます。日焼け止めや美白美容液を使うよりも、根本的に肌を改善する効果があります。

引用: https://www.glimpse.cc/cwp/wp-content/uploads/old/2017/05/image_search_1494065485651.jpg

シミを改善する効果が期待できる食べ物をご紹介します。美白美容液などのスキンケアアイテムで効果が実感できなかった人、肌の内側からもっと美白したい人は、ぜひ積極的に食べてみてください。

トマト

引用: https://c-lj.gnst.jp/public/article/detail/a/00/01/a0001249/img/basic/a0001249_main.jpg?20180914121720

シミ予防は20代から!効果的な食べ物①は、トマトです。

健康・美容に抜群の効果を発揮する栄養素の宝庫トマト。ビタミンCはもちろん、抗酸化作用の高いビタミンEやリコピンも豊富に含まれています。毎日積極的に摂取したい食べ物です。

にんじん

引用: https://www.share-art.jp/files/storage/45/522b1c173e7a3.jpg

シミ予防は20代から!効果的な食べ物②は、にんじんです。

にんじんに含まれるβカロテンには、皮膚や粘膜を美しく健康的に保つ働きがあります。また、老化の原因となる活性酸素も抑制してくれます。

ブロッコリー

引用: https://img.dmenumedia.jp/bibeaute/wp-content/uploads/2018/02/pixta_31857136_S-450x383.jpg

シミ予防は20代から!効果的な食べ物①は、ブロッコリーです。

ブロッコリーには、ビタミンCが豊富に含まれています。ビタミンCといえば、レモンというイメージがあります。レモンが果汁100gあたりビタミンC50mgの含有量に対して、ブロッコリーは100gあたり120mgと、約2倍以上もあります。

ブロッコリーには、他にもβカロテンや葉酸、ルテインなど、美容に優れた効果のある成分が豊富に含まれています。さまざまな調理法で、ぜひたくさん摂取してほしい食べ物です。

紫外線対策

シミ予防は20代から!効果的なスキンケア①は、紫外線対策です。

シミができる原因はさまざまですが、シミの最も大きな原因はズバリ紫外線です。全てのシミは、紫外線によって濃くなったり、増えたりします。紫外線対策が、シミひとつないきれいな肌を手に入れる一番の近道です。

紫外線は天候や季節に関わらず、常に降り注いでいます。

あまり紫外線を気にしてこなかった人、若い頃、部活動やアウトドアで日焼けしていた人も、今からでも遅くありません。シミ予防のために、紫外線対策は1年を通して行いましょう。

紫外線を防ぐために効果的なのは、日傘や帽子、サングラス、手袋、長袖、パンツスタイルなどです。紫外線防止アイテムを常に身に付けることが難しい人は、季節や天候に関わらず、日焼け止めを塗るようにしましょう。

引用: https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/cdn.ranking-best.net/production/imgs/images/000/102/870/original.jpg?1540879897

紫外線のうち、対策が必要なのはUVAとUVBです。

UVAは、日光を浴びた肌を黒くし、シワやたるみなどの原因になります。 UVBは、肌に赤く炎症を起こします。

保湿

引用: https://angie-life.jp/shimi-labo/wp-content/uploads/2018/08/iStock-863565608-20180821104236.jpg

シミを予防するのに効果的なのは、保湿です。洗顔する際は、肌をこすらないように力を入れずに、やさしく洗いましょう。ぬるま湯で丁寧に洗顔料を洗い流します。柔らかいタオルで、肌を押さえるように水分を取り、すぐに保湿することが大切です。

化粧水や美容液は、保湿成分がたっぷり配合されているものがおすすめです。

シミができてしまっても、あきらめないでください。紫外線対策や、スキンケア、ビタミン、食べ物などをとりいれて、肌質を改善していきましょう。根気よく続けることが大切です。思春期を過ぎてから紫外線の影響で濃くなったシミは、美白化粧品や美容液などで薄くすることができます。

関連記事

引用: https://www.ssp.co.jp/hythiol/troublenavi/shimi/check/images/img_check.png

シミを予防するビタミン、食べ物を中心に、美肌作りの対策についてご紹介しました。普段なにげなく口にしている食べ物にも、シミを予防する美白化粧水や美容液に負けない栄養素がたくさんあります。きれいな肌は、紫外線対策や食べ物、美容液など、日々の努力で作れます。

関連記事

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.ssp.co.jp/hythiol/troublenavi/shimi/check/images/img_check.png