D1n7fmu4cmgeb1bui3dj

ファッション

CATEGORY | ファッション

眉毛のカラーリングはセルフでできる?市販品を使うときの注意点!

2019.04.15

眉毛のカラーリングを、市販品を購入してセルフで行う場合、さまざまな注意点があります。眉毛のカラーリングを行うことでメリットもたくさんありありますが、注意点を守らないで行うとzz肌にダメージを負ってしまうことがありますので、正しい知識を得ておきましょう。

  1. 眉毛のカラーリング
  2. 眉毛のカラーリング剤
  3. 眉毛をセルフでカラーリングする前に
  4. 眉毛のカラーリング方法 ①まずは洗顔
  5. 眉毛のカラーリング方法 ②ワセリンで保護する
  6. 眉毛のカラーリング方法 ③綿棒で優しく塗っていく
  7. 眉毛のカラーリング方法 ④コットンで薬剤を押し込む
  8. 眉毛のカラーリング方法 ⑤放置時間は厳守
  9. 眉毛のカラーリング方法 ⑥最後の洗顔
  10. 眉毛のカラーリングは妥協も大切
  11. 眉毛カラーリングで得られること
  12. 眉毛のカラーリングは慎重に
引用: http://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/3/1/310a9_1545_8a01330f1efe471bebdca94adeba49b2.jpg
眉毛をカラーリングすれば、ぐっと印象が変わってきます。とくに髪の毛のカラーに合わせて眉毛をカラーリングさせることで、とくに女性の場合には魅力がとても大きくなります。人気のブラウン系のカラーに合わせれば、とても優しい表情を作り出すことができます。しかし、この眉毛カラーリングは市販品でセルフでできるのでしょうか。
美容院にお願いすることなく手軽に自分で眉毛のカラーリングが行えれば、費用も少なく、さらには手軽に時間を気にすることなく行なえます。今回は、市販品を購入してセルフで行える眉毛カラーリングについて解説していきます。
引用: https://up.gc-img.net/post_img_web/2014/11/k7p5knCtXCkuyyt_12506.jpeg
眉毛のカラーリングに欠かせないものといえば、カラーリング剤です。しかし、実は眉毛専用のカラーリング剤において、めるという方法は少なくとも市販品では存在していません。カラーリング剤はありますが、色を付けるというイメージになります。市販品で販売している眉毛のカラーを変えることができるものは、現在は脱色剤だけです。完全に染めると言う眉毛用のカラーリング剤はありません。
そのため、眉毛をカラーリングしたいときには、市販剤であれば髪の毛用のカラーリング剤を使用するしかありません。そのため、染めると言う方法を自分で行う場合には、自己責任になります。
引用: https://item-shopping.c.yimg.jp/i/j/cocokarafine_4901433138659
引用: https://askul.c.yimg.jp/img/product/3L2/565595_3L2.jpg
もし、どうしても自分で眉毛のカラーリングを行いたいときには、眉毛のカラーリングを行う前に事前準備をしっかりと整えておく必要があります。用意する物は、カラーリング剤はもちろん細かい作業になりますので綿棒も必ず用意しておきましょう。さらに、ワセリンなどの保湿剤も必要です。余計な箇所に付かないようにするための必須アイテムです。また、ウェットデッシュや洗顔料や保湿剤も必要になります。
引用: http://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/a/3/a3133_300_90e07cb5f91e620343a5db1292902120.jpg
引用: https://arine.akamaized.net/uploads/photo/upload_photo/data/470075/xlarge_fc04385f-dcf8-4c84-9a2e-51f160f6d12f.jpeg
奇麗に眉毛をカラーリングさせるためには、眉毛の余計なホコリや汚れは必ずしっかりと除去しておきましょう。汚れなどの除去については、普段行っている洗顔で十分です。過剰に洗顔を行うのではなく、普段と通りの洗顔方法で十分です。
引用: https://carbonbalanced.org/wp-content/uploads/2019/02/WbZf6VmC.jpg
引用: https://image.i-voce.jp/files/original/article/content/O72G520q_1522309284.jpg
眉毛のカラーリング方法の注意点で最も意識して欲しいのがこのワセリンで眉毛周辺の肌を保護する工程です。注意としているのは、カラーリング剤が肌に直接付かないようにすることです。カラーリング剤を完璧にはみ出すことなく塗り込むことはとても難しいです。どうしても眉毛の端、ギリギリを塗っていると肌にカラーリング剤が付いてしまいます。
カラーリング剤が肌に直接付いてしまうとかぶれや肌荒れに繋がってしまいますので、ワセリンで事前にしっかりと守っておくことが注意点です。しかし、ワセリンは眉毛には塗らないようにしておきましょう。眉毛に付いてしまった場合、その部分だけカラーリングできないようになってしまいます。
引用: https://kagami-trading.com/wordpress/wp-content/uploads/2018/03/vase02.jpg

関連記事

引用: https://static.akamaized.net/mov_thumbnail/mst_5067266_153242175220180724174232_cpd.jpg
眉毛のカラーリングを行う場合には、綿棒を利用して優しく塗っていきましょう。ポイントは、塗ると言うよりは眉毛に色を押し付けていくようなイメージです。綿棒にカラーリング剤を付けて、軽く叩くようにカラーリング剤を乗せていきます。
こうした方法を行うことで、カラーリング剤が垂れにくく、さらに均等に染まりやすくなります。綿棒を普段使い慣れていない人は、扱いにくいと感じるかもしれませので、事前にどういった使い方になるのかをシュミレーションしておくことをおすすめします。
引用: https://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/016/965/47/N000/000/000/125067962376216409614_20090819200023.jpg
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41%2B5n3jt3OL._SY355_.jpg
そして、セルフで眉毛のカラーリングを行うときには、この方法も行っておきましょう。薬剤がしっかりと眉毛に入り込んでいくように、最後にコットンなどを利用して眉毛を抑えておきましょう。注意点は、あまり強く押し込まないことです。優しく眉毛の奥にカラーリング剤が入り込んでいくことを意識してコットンで抑えておきましょう。こうしておくことで、よりムラなく市販品のカラーリング剤でもセルフで奇麗に染めることができるようになります。
引用: https://imgc.eximg.jp/i=https%253A%252F%252Fs.eximg.jp%252Fexpub%252Ffeed%252FGODMake%252F2016%252FGODMake_20192%252FGODMake_20192_7.jpg,small=600,quality=80,type=jpg
引用: https://ascii.jp/elem/000/001/240/1240839/DSC04504_588x.jpg
眉毛のカラーリングで注意するべきポイントに、カラーリング剤の放置時間があります。この眉毛に使ったカラーリング剤の放置時間は長くても15分ほどに留めておきましょう。ここは必ず注意してください。もしイメージ通りに染まらなかったとしても、この時間以上の放置は避けるように心がけましょう。この次巻を守らなければ、眉毛だけでなく肌にもダメージを与えてしまうことになりますので、注意が必要です。
引用: https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/y/yuki1995jp/20161109/20161109111412.jpg
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcSK3U0vhUnlNgbRBa1EFoKsUFBVQn-Igu5BGwSF8gI7z_Cw4c_p
そして最後にキレイにカラーリング剤を洗い流しておきましょう。市販されている洗顔料を使い、優しく洗顔を行うことをおすすめします。ゴシゴシとこすってしまうと、肌にダメージを受けてしまうことになります。カラーリング剤で少なからずダメージを肌は受けてしまっていますので、優しく余計なダメージを受けないようにしっかりと泡立てて洗顔をしていくようにしましょう。これで眉毛のセルフでのカラーリングは完了です。
引用: https://www.biteki.com/wp-content/uploads/2017/09/991.jpg
眉毛のカラーリングは、もちろんできれば奇麗に染めたいはずです。しかし、眉毛の長さなどにもよりますが、なかなかイメージ通りに染まらないことも多いでしょう。そうしたときには、妥協することも大切です。無理に染めようとした場合、肌にダメージが起こることもありますので、一番に肌の状態を重視して進めるようにするべきです。
引用: https://www.instagram.com/p/BvJ259an6h7/
注意点をしっかりと守り正しく使用すれば、眉毛のカラーリングも怖くありません。まずは第一に自分の肌のことを考えて染めることを必ず意識しましょう。
引用: http://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/0/a/0ad76_1511_554aaacd65d59b49c8a0de36e407699d.jpg
眉毛をカラーリングすることで、どういった効果が得られるでしょうか。まず表情がとても優しくなります。とくにブラウン系のヘアカラーにしている女性は、眉毛が黒であることで表情が少しきついように見えてしまいます。眉毛が薄い、ブラウン系のカラーになることで、表情が自然とマイルドになっていくという効果を得られるでしょう。また、眉毛をカラーリングすることで、少し眉毛が濃い状態でも目立ちにくくなります。
最近では極端に眉毛を整えるのではなく、ナチュラルな雰囲気を取り入れた眉毛にさせることがトレンドです。こうした状態の眉毛でも、カラーリングを行っていればいることで、見た目が良くなり清潔感が生まれてきます。さらには、優しい洋服のコーデとも相性が良くなると言うメリットも得られるでしょう。さまざまな効果を得られるようになりますので、ぜひ無理なく眉毛のカラーリングに挑戦してみてください。
引用: http://zyoshi-life.com/wp-content/uploads/2016/12/girl-eyeblow-form-shape-natural.jpg
眉毛のカラーリングを行うことで、自分がイメージをしていた可愛さ、かっこよさを手に入れることができます。しかし、眉毛のカラーリングをセルフで行うときには、あくまでも慎重に行うことが基本です。市販されている眉毛のカラーリングをセルフで使うときには、自分の肌にダメージを与えないように正しい手順で慎重にカラーリングを行うようにしましょう。
もし、不安に感じるようなことがあれば、市販されているカラーリングで眉毛のカラーリングをセルフで行うことをやめるのも懸命な判断です。決して無理をすることなく、安全第一で眉毛のカラーリングを行いましょう。

関連記事