Pq8hkemqq7gnabcz1zvh

スキンケア

CATEGORY | スキンケア

日焼けしたい人に知って欲しい【きれい・健康的に】焼く方法!

2019.05.02

日焼けをしたいときには、できるだけきれいに、そして健康的に日焼けをしたいた思うでしょう。日焼けをする場所や、日焼けをする期間などをしっかりと考慮して行えば、理想的な小麦色の肌にさせることができるのです。最適な方法をご説明します。

  1. きれいに日焼けをしたい
  2. きれいに日焼けがしたい前に知っておくこと
  3. 日焼けをしたいときに選ぶ場所
  4. 日焼けをしたい場合の最適な場所 ①公園
  5. 日焼けをしたい場合の最適な場所 ②朝や夕方のビーチ
  6. きれいに日焼けをしたいときの日差しを浴びる期間
  7. 失敗なく日焼けをしたいときには
  8. 日焼けをきれいにしたいときのアイテム ①タンニング ウォーター SPF2
  9. 日焼けをきれいにしたいときのアイテム ②エクストラサンタンクリーム
  10. 日焼けをきれいにしたいときのアイテム ③アフターサン オイルフリー ジェル
  11. きれいに日焼けをするメリット
  12. 日焼けはきれいに健康的にしたい
引用: http://kenko-topic.net/wp-content/uploads/2016/01/2016-01-21a.jpg

日焼けはできる限り避けたいという人がいる中で、きれいであれば日焼けをしたいという人もいます。日焼けをすることで、健康的に見せることもでき、表情も生き生きと見せることができるのです。しかし、どうしてもきれいに日焼けができない、理想的な日焼けの雰囲気が出せないと悩んでいる人も多いのではないでしょう。できる限りきれいに、そして健康的に見える日焼けの方法をご紹介します。正しく日焼けをして生き生きとした見た目を手に入れましょう。

引用: https://feely.jp/wp-content/uploads/2018/04/iStock-851111614.jpg

まず、日焼けは皮膚が炎症を起こしてしまうことから起こることを知っておきましょう。日焼けによってメラニン色素が肌の中に増えてしまい、肌が黒くなってしまうのですが、実は日焼けの症状は浴びてしまう紫外線からの防御能力でもあるのです。つまり、肌を守るために肌の色が黒くなっていくと言っても良いのです。

メラニン色素を自ら作り出し、皮膚の細胞が破壊されてしまうことを防いでくれているのです。しかし、一時的であれ日焼けは肌が炎症を起こしてしまっている状態であることは変わりありません。日焼けをしたいという人は、こうしたことを理解した上で、正しい日焼け方法を理解していきましょう。そうすることで、きれいにそして健康的に日焼けを楽しむことができます。

引用: http://cupio910.com/wp-content/uploads/2018/08/gahag-0087774457-1.jpg
引用: https://s-nagisa.net/wp-content/uploads/2018/10/650_0005_c3baea21-2c4a-4487-9797-a899703d29d5-1.png

きれいに理想的な肌の日焼けをしたいというときには、日焼けをする場所を選ぶことが最も重要なポイントになります。日焼けをしたいときに選ぶ場所として最適なのは、徐々に日焼けができる場所です。急激な日焼けをしてしまうような場所は、間違いなく肌を痛めてしまいます。さらにはこうした急激な日焼けをする場所は、ただ黒い肌になってしまう可能性があります。理想的な小麦色の肌にさせるためには、日焼けをしたい場所選びに重点を置く必要があるのです。

引用: https://img.hadalove.jp/wp-content/uploads/2016/07/a1a7a87d46caf3440112de429f8dfd58-e1468563880938.jpg
引用: http://www.omesports.net/wp/wp-content/uploads/nagayama_main-700x400.jpg

徐々に日焼けをすることが、きれいに肌を日焼けさせる条件になりますが、そうした場所として最適なのが公園です。公園は日差しがありながら、適度な日陰もあります。こうした場所であれば、肌が常に強い日差しにさらされることなく、適度にきれいに日焼けを行えるでしょう。きれいに日焼けをしたいと考えているなら、まずは公園を選んでみてください。

引用: http://www.kanagawaparks.com/hinochuo/files/img_main02.jpg
引用: https://alohapost.info/wp-content/uploads/2016/10/14565046_1789244091332728_6427108002263728128_n-810x608.jpg

きれいに日焼けをしたいときには、ビーチも候補に上げておきましょう。ビーチは日射しが強すぎて、きれいに日焼けをしたいと言うイメージからは遠ざかってしまうかもしれませんが、ビーチでも朝方や夕方は比較的強い日差しを避けながら日焼けを行うことができます。

夏場は朝でも早く強い日差しを受けてしまうことになりますので、夏場の場合にはさらに早めに朝の日差しを日焼けのために利用しましょう。場所を選ぶポイントは、やはり極端な強い日差しではなく、適度な日差しなのです。

引用: https://www.jalan.net/jalan/images/pictLL/Y3/L314623/L3146230004525018.jpg
引用: https://beauty.epark.jp/img_sln/article/002202/article_002202.jpg

きれいに日焼けをしたいときには、場所選びも大切ですが、日焼けをする期間も大切です。日焼けをしたいと考えて、一日で無理に強い日差しを浴びてしまった場合には、肌に間違いなく大きなダメージを与えてしまうことになります。重要なポイントは、日焼けをする期間なのです。短期間で日焼けをすることを考えるのではなく、じっくりと期間を設けて日焼けをすることが大切なのです。

例えば、半日ほど日焼けを楽しんだ後は、一日肌を休ませましょう。そして、さらに半日日焼けを行い一日休ませると言うサイクルを繰り返していきましょう。こうした期間を2週間ほど続ければ、きれいな小麦色の肌を手に入れることができるようになります。きれいに日焼けをしたいたいうときには、この期間についても理解しておく必要があるのです。

引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQeVS8DZia62Y73OQNj3ffCyHfwI2rbmGkfFGiPYbWZnO8pKEmDew

関連記事

引用: http://www.j-bronze.jp/data/images/kasai.jpg

どうしても失敗なく、きれいな小麦色にしたいたいうときには、日焼けをサロンを利用するという方法もあります。日焼けサロンは、肌に余計なダメージを与えることなくきれいな小麦色の肌にさせることができます。また、自分が理想としている日焼け具合にも調整させることができますので、どうしてもきれいに日焼けがしたい、失敗はしたくないという人は、日焼けサロンの活用も考えてみましょう。

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61QvYJjDzJL._SY679_.jpg

日焼けに欠かせないアイテムと言えば、サンオイルでしょう。サンオイルの中でもおすすめできるのが、タンニング ウォーター SPF2です。タンニング ウォーター SPF2は、日焼けをしたいという人には必見であり、炎症を起こしてしまう可能性のある紫外線をカツトしながらきれいな日焼けを行うことができます。

場所を問わず使うことができ、さらに短い期間で理想的な肌にさせることができます。日焼けをきれいにしたいという人は、タンニング ウォーター SPF2は必須アイテムです。

引用: https://static-mercari-jp-imgtr2.akamaized.net/photos/m23573633053_1.jpg?1532348042
引用: https://item-shopping.c.yimg.jp/i/n/rashiku-shop_4582152550573

肌をしっかりといたわりながら、きれいな小麦色の肌に導いてくれるのが、このエクストラサンタンクリームです。日焼けをしたいと考えても、なかなかうまくきれいに焼けない、または日差しを浴びると肌が乾燥していまうという人に最適です。扱いやすく、このエクストラサンタンクリームも場所を選ぶことなく使えます。短い期間できれいに日焼けをしたいという人に、しっかりと答えてくれるサンオイルです。

引用: https://static-mercari-jp-imgtr2.akamaized.net/photos/m17092305032_2.jpg?1534028541
引用: https://static.mercdn.net/item/detail/orig/photos/m25822687056_1.jpg?1531448779

きれいな小麦色の肌にしたいけれど、日焼け後の肌の状態が気になるという人は、アフターサン オイルフリー ジェルを活用してみてください。アフターサン オイルフリー ジェルは、日焼け後のほてった肌をしっかりとケアしてくれるアイテムです。ベタつきが少なく短い期間ですばやく肌をクールダウンさせてくれますので、きれいに日焼けをしたいという人には必須アイテムになってくれることは間違いありません。

引用: https://cdn.lipscosme.com/image/ddba82f8a60354c650a6f9a5-1537791913-thumb.png
引用: https://3.bp.blogspot.com/-tNrCi3mZSy8/WtQwuyfy01I/AAAAAAAAFTw/njeXIQ6dJAsS4agGbbI8qH_GJThherDmACLcBGAs/s640/sunscreen.jpg

きれいに日焼けをしたいという人は、どういったメリットを期待しているのでしょうか。きれいな小麦色の肌にさせることで、色白の肌よりも健康的に見せることができるようになります。そして、そうした健康的な全体的なコーデが似合うようになるでしょう。小麦色の肌にさせることで、スポーティーなコーデが似合うようになります。

色白の肌がいいという人もたくさんいますが、あえて健康的な小麦色の肌にしたいたいう人は、こうしたメリットを活かせるように正しく日焼けを行うことをおすすめします。間違っても肌に炎症やシミなどが残るような日焼けの仕方は避けるようにしておきましょう。

引用: https://cdn0.mynvwm.com/wp-content/uploads/2017/12/iStock-542717440.jpg

日焼けをするなら、きれいに、そして健康的に焼くことを意識しましょう。間違った認識で日焼けをしてしまうと、ただ肌が黒くなってしまい肌にも悪影響を与えてしまいます。小麦色の肌に、健康的に見える日焼けを目指すのであれば、日焼けをさせる場所選びや日焼けをさせる期間、そして適切なアイテムを活用して行っていきましょう。日焼けをしたい人は、健康的に見えることを意識しているはずです。見た目が良くなるように、注意点を守って日焼けを行いましょう。

関連記事