O7prxjopyc6pl0hrunii

ファッション

CATEGORY | ファッション

春ハイキングの服装をメンズに解説!高尾山などの軽い登山にも!

2019.04.04

春にハイキングやトレッキング、登山を楽しむメンズの服装はどんなものがベストなのでしょうか。高尾山のような標高が低めのとこから始めのうちはトライするのもアリです。今回は、春のハイキングにもおすすめの男性の服装を中心にお伝えします。

  1. 春からハイキングを始めよう
  2. 春のハイキングの服装選びで注意すべきポイントは?
  3. 春のハイキングの服装選びで注意すべきポイント①
  4. 春のハイキングの服装選びで注意すべきポイント②
  5. メンズ向け!春のハイキングにふさわしい服装は?
  6. メンズ向け/春のハイキングにふさわしい服装①
  7. メンズ向け/春のハイキングにふさわしい服装②
  8. メンズ向け/春のハイキングにふさわしい服装③
  9. メンズ向け/春のハイキングにふさわしい服装④
  10. メンズ向け/春のハイキングにふさわしい服装⑤
  11. 春のハイキングには何を持っていけばいいの?
  12. 春のハイキングにあると便利なもの①ヘッドライト
  13. 春のハイキングにあると便利なもの②ペットボトル
  14. 春のハイキングにあると便利なもの③応急処置ができるセット
  15. 春のハイキングの服装は基本を押さえて
Ccaksgsxxqixmdefbjiv
引用: https://www.instagram.com/p/BvLrv7PlVIu/
春は過ごしやすい気候になる時期です。天気がいい日には、外に出て春の景色を楽しみたい気分になるのも自然なことです。男性もハイキングやトレッキング、登山といったアウトドアの趣味を春から始めようと考える人も少なくありません。その中でも最近話題のトレッキングとはどんなものなのでしょうか。
V76fdo2vrbdoordfeks8
引用: https://www.instagram.com/p/BvLzeQohe0E/
トレッキング(英語:trekking)は、山歩きのこと。登頂を目指すことを主な目的としている登山に対し、トレッキングは特に山頂にはこだわらず、山の中を歩くことを目的としている言葉。ただし、結果的に行動の過程で、山頂を通過することもある。ニュージーランドでは、トランピング (tramping) と呼ばれている。

トレッキングは、感覚としてはハイキングよりも歩く時間が長く登山よりもハードルが低いと捉えて問題ないでしょう。男性でも、山登りは初めてという場合はハイキングやトレッキングにまずはトライしてみるといいでしょう。体力づくりをしたいからということで、いきなり登山から始めると難易度が高いと感じることも珍しくありません。
Fojkkyi6u2tqzfhffuhv
引用: https://www.instagram.com/p/BvJUUVvhQKQ/
東京都で登山はもちろん、トレッキングやハイキングでも楽しみやすい山でおすすめなのが高尾山です。高尾山は標高599mで、東京都八王子市にあります。東京の中心部からも割と近い場所に高尾山があるので、トレッキングやハイキングそして登山が趣味な人も多数訪れる山でもあります。高尾山は標高が低めなので初心者でも比較的、挑戦しやすい山です。
Zz0wiib3vrkzpocqqbbp
引用: https://www.instagram.com/p/BvLRpigHvyk/
ここからは、春のハイキングの服装選びで注意すべきポイントを紹介します。ハイキングはもちろん、トレッキングや登山をする時にも共通することは服装でも存在します。今回は、男性向けの服装についてお伝えしていきます。高尾山などの標高が低めの山でも、準備は万全にするようにしましょう。

薄着をしない

Zpbweja0bgxrsl4deoef
引用: https://www.instagram.com/p/BvLp1NcHTkf/
春は気温も上昇して日によっては夏に近い服装で過ごすこともできる季節です。だからと言って、ハイキングやトレッキングそして登山の時に薄着をするのはやめましょう。本格的に山に登らず、山の中を歩いて景色を楽しむレベルであっても何かあった時のことを考えて安全な服装をしましょう。

肌が見える服装はしないようにする

Swuytuu4vh6rct0hwlcj
引用: https://www.instagram.com/p/BbQxAiSDORh/
肌が見える服装も春のハイキングやトレッキング、そして登山ではしないようにしましょう。山の中は何かの拍子でつまずいて転んだり、肌にとって刺激の強い草木が生えている可能性が高いです。
Fktolysq7aal3thkqiqv
引用: https://www.instagram.com/p/BvO9lJxB4WS/
そんな時も肌をガードするような服装をしておけば安心です。また、体を動かせば汗をかくので休憩時に体温が下がります。途中で体温が下がることが原因で体調不良にはなりたくないものです。安全にハイキングやトレッキング、そして登山を楽しむためにも肌が見える服装はやめましょう。
1 / 3