Zsabgtmopf8jrnixjs2r

コスメ

CATEGORY | コスメ

BBクリームとCCクリームどっちがおすすめ?目的・年齢別に解説!

2019.05.02

BBクリームとCCクリームは下地の役割も兼ねる便利なベースメイクアイテム。どちらも似ているようですが、仕上がりや効果に違いがあるので目的や年齢別に使い分けるのがおすすめ。今回は、BBクリームとCCクリームの違いや目的・年齢別のおすすめなどをご紹介します!

  1. BBクリームとCCクリームどっちがいいの?
  2. BBクリームとCCクリームの違いは?
  3. BBクリームとCCクリームに下地は必要ない?
  4. BBクリームとCCクリームは目的別に使い分けるのがおすすめ?
  5. 年齢別ではBBクリームとCCクリームどっちがおすすめ?
  6. おすすめのプチプラBBクリーム3選!
  7. おすすめのプチプラBBクリーム①
  8. おすすめのプチプラBBクリーム②
  9. おすすめのプチプラBBクリーム③
  10. おすすめのプチプラCCクリーム3選!
  11. おすすめのプチプラCCクリーム①
  12. おすすめのプチプラCCクリーム②
  13. おすすめのプチプラCCクリーム③
  14. まとめ:BBクリームとCCクリームは目的や年齢別に使い分けよう!

BBクリームとCCクリームどっちを使用すればいいのか悩んだことはありませんか?どっちも大して違いはないのかと思われがちですが、仕上がりや効果に違いがあるので、自分に合うものやなりたい肌に合わせて選ぶことが大切です。今回は、BBクリームとCCクリームの違いや、目的・年齢別のおすすめなどをご紹介していきます。BBクリームとCCクリームの違いがいまいちよく分からないという方必見です!

関連記事

BBクリームとCCクリームは特徴がそれぞれ異なるので、効果や仕上がりに違いが出ます。BBクリームとCCクリームの違いを比較するために、それぞれの特徴を見ていきましょう。

BBクリームの特徴

BBクリームは、化粧下地、日焼け止め、ファンデの役割を持つクリーム。商品によっては、美容液やコンシーラー機能を持つものもあります。ベースメイクが1本で完了するので、しっかりメイクの時短が叶います。リキッドファンデーションのようなしっかりとしたカバー力があるのが特徴。気になるシミやそばかす、色ムラもキレイにカバーします。

CCクリームの特徴

CCクリームは、化粧下地やコントロールカラーの役割を持つクリーム。軽めの付け心地で肌悩みを自然にカバーするのが特徴。CCクリームはファンデの役割がないのでBBクリームよりもカバー力はありませんが、厚塗り感がなく肌のナチュラル感を美しく演出します。

引用: http://www.shiseido.co.jp/resources/sw/products/img/20171003/SHOHIN_PL_C1_811201_L.jpg

BBクリームとCCクリームには、どちらも化粧下地効果が含まれているので、化粧下地をプラスして使用する必要はありません。ただ、BBクリームにはCCクリームのようなコントロールカラー効果がないので、BBクリームを使用する前に顔色補正をしたいときは、CCクリームを化粧下地として使用するのがおすすめです。

仕上がりに違いがあるBBクリームとCCクリームは、目的別に使い分けるのがおすすめです。ベースメイクをする際に何を1番重視するかを決めて、BBクリームとCCクリームを選択しましょう。

カバー力

高いカバー力を重視し、シミやそばかすなどの肌悩みをしっかり隠したい場合はBBクリームがおすすめです。CCクリームでも肌悩みをカバーできるものはありますが、ファンデやコンシーラー機能が含まれていないので、カバー力は高くありません。BBクリームであれば、ファンデやコンシーラー機能が含まれているので、より洗練された均一な美肌へと仕上げることができます。

保湿力

保湿力を重視する場合は、BBクリームかCCクリームどちらかで選ぶよりも、配合されている成分に注目しましょう。BBクリームのほうが保湿成分に優れているものもあれば、CCクリームのほうが優れている場合もあります。高い保湿効果が期待できるセラミドやヒアルロン酸などが配合されているかチェックしましょう。

肌色補正

肌色補正を重視する場合は、コントロールカラー効果を持つCCクリームがおすすめです。くすみや透明感のなさが気になるときは、CCクリームで肌を整えると自然で明るい美肌に仕上がります。すっぴん風のナチュラルメイクをする際にも適しています。

BBクリームとCCクリームは、目的別だけでなく年齢別にも使い分けるのがおすすめです。カバー力の高いBBクリームを肌悩みが少ない10代や20代の方が使用すると、厚塗り感が出て反対に老けて見えてしまうことも。肌悩みが少ない年齢の方は、素肌をキレイに見せるCCクリームがおすすめです。

シミやシワなどの隠したい悩みが多い年齢の方がCCクリームを使用すると、しっかりと肌悩みがカバーできず、年齢特有の悩みを改善することができません。隠したい肌悩みが多い年齢の方は、カバー力の高いBBクリームを選ぶのがおすすめです。

プチプラでも高評価で効果の高いBBクリームは多くあります。数多くあるプチプラBBクリームの中から、おすすめの3選をご紹介します。BBクリームをプチプラで手に入れたい方はぜひチェックしてみてください。

ちふれ BBクリーム

ちふれ化粧品 BB クリーム ほんのりピンクの普通肌色 0
価格 ¥ 1,368

美容液、乳液、保湿クリーム、日焼け止め、化粧下地、ファンデの役割を持つ、ちふれ BBクリーム。化粧水の後に塗るだけでベースメイクがあっという間に完成します。簡単なのに気になるシミやそばかすをしっかりとカバーし、保湿成分配合でうるおいのある美肌に仕上げます。

レシピスト おしろい要らずのBBクリーム

レシピスト おしろい要らずのBBクリーム ナチュラル (SPF25・PA++) 50g
価格 ¥ 672

化粧下地、ファンデ、おしろい効果まで叶える、レシピスト おしろい要らずのBBクリーム。BBクリームなのに、おしろいをまとったようなさらさらとした使い心地が人気。紫外線から肌を守り、うるおいバリア機能を助け、肌の透明感を引き上げてきめ細かな美しい肌へと仕上げます。

エテュセ BBミネラルクリーム

エテュセ BBミネラルクリーム<ettusais/エテュセ> 明るい肌色
価格 ¥ 1,944

美容液、毛穴カバー、日焼け止め、ファンデ、化粧下地、コメド予防、コンシーラーの役割を持つ、79%美容液ベースのエテュセ BBミネラルクリーム。ベビーミネラルパウダー配合で毛穴をふさがずに汗や皮脂を吸着し、ふんわりとすべすべな赤ちゃんのような美肌を演出します。

次に、おすすめのプチプラCCクリームを3選ご紹介します。CCクリームをまだ試したことがない方は、プチプラから始めてみるのがおすすめ。CCクリームは、通常のファンデの下地代わりにもなるので、1本持っておくと便利です。

インテグレート ミネラルベースCC

インテグレート ミネラルベース CC (SPF30・PA+++) 20g
価格 ¥ 1,080

インテグレート ミネラルベースCCは、トーンアップやカバー効果に優れたCCクリーム。さまざまな色の光を放つ多偏光パールの効果で、気になるくすみやくま、ニキビ跡などを自然にカバー。肌をトーンアップして透明感の高いツヤのある美肌に整えます。

ケイト シークレットスキンCCベースゼロ

ケイト 化粧下地 シークレットスキンCCベースゼロ EX-1 肌をきれいにみせるピンクベージュ
価格 ¥ 1,080

ケイト シークレットスキンCCベースゼロは、顔色を明るく血色感のある肌に仕上げるピンクベージュと、肌の赤みを抑え透明感のある肌に仕上げるライトグリーンの2色を揃えています。1本でナチュラルメイクに仕上げるのはもちろん、しっかりメイクの化粧下地としての使用もおすすめです。

ママバター CCクリーム ラベンダー

ママバター CCクリーム ラベンダー(SPF50・PA++++)30g
価格 ¥ 1,620

ママバター CCクリーム ラベンダーは、美容液、化粧下地、日焼け止め、コントロールカラー、ソフトフォーカスの機能を持ち、ロングUVAもカットするノンケミカルのCCクリーム。天然由来保湿成分シアバターや、6種のオーガニック植物原料が肌にうるおいを与え、整えながらワントーン明るい毛穴レスな肌に仕上げます。

今回は、BBクリームとCCクリームの違いや、目的・年齢別のおすすめなどをご紹介してきました。いかがでしたか?BBクリームとCCクリームは一見同じようなアイテムに見えますが、効果や仕上がりに違いがあるので、目的や年齢別に使い分けるのがおすすめです。しっかりと使い分けることで、なりたいイメージのベースメイクに仕上げることができます。自分に合うアイテムを選んで美肌に仕上げましょう!

関連記事