// FourM
Rpblcisz42jv2xssntc9

メンズ

CATEGORY | メンズ

Vネックのときインナーが見えるのはどう?【レディース・メンズ】

2019.05.10

Vネックを着る時にインナーが見えるのがよいかどうかは、レディースやメンズよっても異なります。Vネックに合わせるインナーによっては、ダサく見えてしまう可能性があるからです。そこで今回は、Vネックに合わせておしゃれに見える、インナーのポイントを紹介します。

  1. Vネックからインナーが見えるのはアリ
  2. Vネックからインナーが見えるレディスコーデ①ブラウス
  3. Vネックからインナーが見えるレディスコーデ②セーター
  4. Vネックからインナーが見えるレディスコーデ③カーディガン
  5. Vネックからインナーが見えるレディスコーデ④ワンピース
  6. Vネックからインナーが見えないレディスコーデ
  7. Vネックからインナーが見えるメンズコーデ①セーター
  8. Vネックからインナーが見えるメンズコーデ②シャツ
  9. Vネックからインナーが見えるメンズコーデ③ニット
  10. Vネックからインナーが見えるメンズコーデ④Tシャツ
  11. Vネックからインナーを見せないメンズコーデ
  12. インナーとVネックのコーデを覚えよう!

Vネックのシャツやセーターを愛用している人は、たくさんいることでしょう。Vネックが深い場合、メンズコーデでもレディスコーデでも、インナーが見えることに変わりはありません。そして、メンズコーデでもレディスコーデでも、深いVネックから見えるインナーのバランスによって、おしゃれに見せることはできます。深いVネックを着る時のインナーの選び方の基本を覚えておくと、センスアップできるはずです。

まず、Vネックのレディスコーデ例を紹介しておきましょう。インナーが見える場合は、その色と胸元を隠すバランスに外慮したいところです。Vネックの白いブラウスに合わせるなら、ハッキリしたコントラストの黒のインナーがおすすめです。黒のパンツやスカートに合わせると、シンプルでスタイリッシュなレディースコーデに仕上がります。

また、インナーが黒だと重いと感じるのであれば、ブラウスと同色の白やベージュのものを選ぶとよいでしょう。ふんわりした女性らしいブラウスに合わせるなら、見えるインナーの色を強くし過ぎない方がやわらかい雰囲気のレディースコーデに仕上がります。

秋冬のレディースコーデには、Vネックセーターがあると役立ちます。その場合は、防寒対策も兼ね首元が長めのインナーを選びましょう。ベージュのVネックセーターなら、白いTシャツがおすすめです。デニムを合わせる時、靴ひもが白いスニーカーをチョイスすると、大人っぽいカジュアルなレディースコーデになります。

肩から胸元までのVネックが深いセーターの場合は、ハイネックのブラウスを合わせるのもよいでしょう。袖口からブラウスの色がのぞき、ニュアンスのあるレディースコーデになるので大人っぽく見えます。ボタンや縫製でデザイン性が高いブラウスを選ぶと、見えるインナーがさし色以上の効果を生んでくれます。

Vネックのカーディガンも、レディースコーデに便利なアイテムです。グレーのVネックカーディガンが1枚あると便利です。カジュアルなレディースコーデにしたいなら、黒と白のチェックのスカートに、見えるインナーとして白いTシャツを合わせましょう。主張しがちなスカートを、柔しく中和してくれるレディースコーデに仕上がります。

グレーのVネックカーディガンを使って大人っぽいレディースコーデにしたいなら、スカートは同色のタイトスカートを選びましょう。膝が隠れる長さにすると、上品に見えます。肌の露出を避けるため、見えるインナーにはタートルネックニットがおすすめです。見えるインナーとバッグを同色のベージュにすることで、統一感のあるスタイルがあります。

Vネックのワンピースにも、胸元が深いものがあります。きちんと感があるコーデにしたいなら、インナーは見えるものをチョイスしましょう。ボタンとウエストのデザインが印象的なVネックワンピースに合わせるなら、シンプルなタートルネックニットを着ると、清楚な雰囲気が漂います。

プリーツのVネックラインのジャンパースカートには、Tラインのニットがピッタリです。茶色のバッグをさし色にすると、秋にピッタリのスタイルになります。

インナーの選び方がポイント

女性らしさを際立たせたいなら、Vネックに見えないインナーを合わせるのも有効です。インナーが見えないことで、こなれ感が醸し出されます。そんな時に重宝するのが、カップ付きのブラトップです。スッキリしているので、Vネックセーターを着ても響きません。

ゆったりめのVネックニットも、色がビビットで黒のボトムスを合わせると、艶やかな印象になります。ベアトップもデコルテに響かないので、見せないインナーとして最適です。

関連記事

ここからは、Vネックのメンズコーデを紹介していきます。メンズに愛用者が多いVネックアイテムにセーターがあります。1枚でサラリと着こなしたい時には、見せるインナーにこだわりましょう。冬にVネックセーターを着る時には、インナーにクルーネックTシャツを合わせるのがおすすめです。

また、タートルネックのインナーも、Vネックセーターとの相性が抜群です。おしゃれに見せたいなら、Vネックセーターはモノトーンに、タートルネックは白にするとボトムスを選びません。

Vネックに白いクルーネックTシャツをインナーとして合わせるのがおすすめだと前述しましたが、ポイントとして覚えておいてほしいことがあります。Vネックが浅ければ普通のクルーネックシャツで構いませんが、もし深い時にはインナー選びにこだわりましょう。それは、クルーネックも少し開いている、深いものをチョイスすることです。絶妙のバランスをつくってくれます。

Vネックのカシミアニットを着る時は、シーンに合わせてインナーを変えましょう。カラフルなTシャツをインナーとしてチョイスすると、遊び心のあるメンズコーデになります。Vネックが横に広く開いているタイプのアイテムに合わせるなら、ボートネックのカットソーをインナーにするとセンスアップします。

またVネックのカシミアニットであれば、襟付きシャツと合わせると、きちんと感のあるメンズコーデに仕上がります。その際、しっかりプレスしてある襟付きシャツを着るのがポイントです。Vネックとシャツの色バランスによって印象が変わるので、メンズコーデの際には気をつけてください。

首回りの形で印象が変わる

カジュアルなメンズコーデをVネックアイテムでつくりたいなら、定番の白Tシャツをチョイスすると無難にまとまります。ブルーのVネックには、白いTシャツがよく似合います。白のストライプがあるなら尚更です。茶系のジャケットを羽織ると、カジュアルな中にも品のあるメンズコーデになります。

Vネックセーターは、ジーンズやチノパン、スウエットパンツなど、ボトムスを選びません。インナーを見せる時には、ボトムスの素材や色とのバランスも配慮しましょう。動画も参考に、自分に似合う首回りのデザインをチェックしてみてください。

関連記事

Vネックが浅めであれば、インナーを見せずにさらりと1枚で着るのもステキです。それだとどんなボトムスと合わせても、スッキリした印象のメンズコーデに仕上がります。トップスに強い色のVネックを持ってくるなら、パンツはグレーやベージュなどにした方が、さわやかな印象のコーデになります。

また、プライベートで着るなら、カラフルなVネックもよいでしょう。明るい色あるいはボーダーのVネックを着る時には、濃い色のボトムスが似合います。

今回は、Vネックに合わせておしゃれに見える、インナー選びのポイントを紹介しましました。メンズ・レディースともにインナーを見せるか見せないかで、コーデの印象が変わります。インナーを見せる時には色と素材とバランスに注意して、おしゃれなコーデに仕上げましょう。