Ihbfczcq6mxbtpbp5xur

コーディネート

CATEGORY | コーディネート

サスペンダースカートで大人コーデ!黒がおすすめ?【レディース】

2019.05.13

サスペンダースカートと聞くと、子どものものと思いこんでいる人も多いことでしょう。ですが、黒など上手に色を選べば大人コーデに仕上がります。そこで今回は、サスペンダースカートを使った大人のレディースコーデ例を紹介します。手持ちのアイテムを使って試してみてください。

  1. サスペンダースカートについて
  2. サスペンダースカートコーデ①白ブラウス
  3. サスペンダースカートコーデ②ギンガムチェック
  4. サスペンダースカートコーデ③スウエット
  5. サスペンダースカートコーデ④長袖Tシャツ
  6. サスペンダースカートコーデ⑤ニュアンスブラウス
  7. サスペンダースカートコーデ⑥ボーダー
  8. サスペンダースカートコーデ⑦原色トップス
  9. サスペンダースカートコーデ⑧ドット柄
  10. サスペンダースカートコーデ⑨カーキ
  11. サスペンダースカートコーデ⑩茶系
  12. サスペンダースカートを使った大人コーデを実践しよう!

大人コーデなら黒がおすすめ

サスペンダースカートは、色や着こなしによって印象が変わるので、大人コーデアイテムに加えてほしいものの一つです。特に黒のサスペンダースカートを1枚持っていると、大人コーデのバリエーションが広がります。黒のサスペンダースカートだとしても、合わせ方によって子どもっぽい印象を与えてしまいます。そこで、黒のサスペンダースカートの大人コーデ方法をいくつかご紹介していきたいと思います。

関連記事

黒のサスペンダースカートの大人コーデにピッタリのアイテムといえば、やはり白のブラウスでしょう。シンプルな襟付きの白ブラウスは、黒のサスペンダースカートとコントラストができ、簡単にコーデが決まります。黒いロングのフレアースカートは甘くなりがちですが、黒の革靴と合わせることできちんと感が漂います。

黒のサスペンダースカートでガーリーコーデしたいと考えているなら、甘めの白ブラウスを合わせましょう。黒いハートが散った白ブラウスとレースがあしらわれた黒いサスペンダースカートでも、甘すぎないスタイルになります。ポイントは足元まで黒と白でコーデすることで、このコーデではストライプの靴下が効いています。

黒いサスペンダースカートでカジュアルな大人コーデにしたいなら、ギンガムチェックのシャツを合わせましょう。黒×白のギンガムチェックブラウスに、ロングのサスペンダースカートを合わせると、子どもっぽさとは無縁です。単調なコーデになりがちなので、あえて靴下に赤をチョイスすることで遊び心を演出できます。

サスペンダースカートの中には、肩にかけるベルト部分がV字になっているものもあります。サスペンダースカートがこのタイプだと子どもっぽく見えがちですが、同色のギンガムチェックシャツなら大人っぽい印象を与えます。抜け感をつくるために、あえて白い革靴を合わせてもステキです。

ジャージー素材のサスペンダースカートは、スウエット素材との相性が抜群です。カジュアルな大人コーデを目指すなら、白いスウエット地のトップスを合わせましょう。白のスニーカーと合わせると、シンプルでオフタイムにヘビロテ必至のコーデに仕上がります。

また、ピンクがベースになっているチェックのサスペンダースカートとも、スウエットのトップスはよく合います。タイトなラインのサスペンダースカートに合わせるなら、白のトレーナーもよいでしょう。大人可愛いコーデになります。

サスペンダースカートには、シンプルな長袖Tシャツが似合います。サスペンダー部分がレーシーな黒のスカートでも、グレーの長袖Tシャツを組み合わせると大人びた印象になります。

また、トップスとタイツ、靴を黒にして、サスペンダースカートをネイビーにするというコーデもおすすめです。グレーのハットがさし色になり、おしゃれな大人コーデに仕上がります。

黒のサスペンダースカートで一味違うコーデに仕上げたいなら、トップスにニュアンスのあるブラウスを合わせましょう。とろみのあるベージュのブラウスに、同系色のブーツを合わせると、甘すぎない大人スタイルになります。

可愛らしい大人コーデを目指すなら、黒いミニのサスペンダースカートに白ブラウスを合わせましょう。ふんわり袖の白ブラウスでも、黒のタイツとパンプスを組み合わせれば、大人可愛いスタイルになります。赤のバッグがさし色になり、目を引くコーデです。

黒いサスペンダースカートには、ボーダーがよく似合います。サスペンダーがレーシーなスカートをチョイスするなら、黒とグレーのタートルネックTシャツを合わせましょう。甘さを抑え、パンプスのピンクが映えるコーデになります。

カジュアルテイストにしたいなら、白と黒のシンプルなボーダーもおすすめです。コットン素材の黒いサスペンダースカートでも、ロングタイプを選び、革靴と合わせると大人コーデとして完成します。チェックのバンダナが遊び心をくすぐるスタイルです。

サスペンダースカートの大人コーデには、やはり黒をチョイスするのがセオリーです。黒いサスペンダースカートであれば、現色のトップスと合わせてもぶつからずに簡単コーデが完成します。シンプルな赤いTシャツでも主張し過ぎず、フレアースカートでもアダルトな雰囲気が醸し出されます。

また、黒いタイトラインのサスペンダースカートに合わせるなら、青のブラウスもステキです。フレアーなイメージのブラウスでも色が青だと甘くなり過ぎず、上半身にポイントがあるスッキリコーデに仕上がります。サスペンダーにデザイン性のあるスカートを選ぶと、より個性的なスタイルになります。

黒地に白いドット柄が入ったサスペンダースカートも、大人コーデに役立つアイテムです。カジュアルに決めたい時には、スウエット素材のトップスを合わせましょう。グレーのトレーナーなどと合わせても、子どもっぽく見えません。トータルコーディネートするにあたっては、黒のハイカットスニーカーに、ベージュのキャップとソックスを合わせるのがおすすめです。

ドット柄のサスペンダースカートでより大人っぽさを演出したいなら、黒のブラウスチョイスしましょう。ふんわり袖のブラウスであっても、襟回りがシンプルであれば子どもっぽさとは無縁です。グレーのソックスを履いても、黒のパンプスを合わせれば、肌が見える部分がさし色になるスタイルになります。

カーキのサスペンダースカートも、人気が高いアイテムの一つです。カーキのサスペンダースカートで大人っぽいコーデに仕上げたいなら、トップスは黒がよいでしょう。黒のタートルネックトップスにカーキのサスペンダースカートは定番の組み合わせですが、デニムジャケットを羽織ると印象が変わります、足元を黒のスニーカーにすることで、ブルーとカーキのコントラストが映えるスタイルになります。

カーキのサスペンダースカートであっても、タイトラインであればオフィスカジュアルでも使えます。ビジネスシーンでカーキのサスペンダースカートを着たいなら、黒のブラウスを合わせましょう。襟付きの黒いブラウスであれば、職場でも違和感はありません。プライベートの時には、透け感のある黒ブラウスをチョイスするとガラリと印象が変わり、着回しの幅が広がります。

茶系のサスペンダースカートも、特に秋の大人コーデにおすすめしたいアイテムです。ロングのサスペンダースカートをチョイスするなら、ボーダーを合わせて、カジュアルスタイルを楽しみましょう。サンダルの赤が入ったボーダーを選ぶことで、遊び心のあるシンプルなカジュアルスタイルに仕上がります。

ミディアム丈のサスペンダースカートを選ぶ時には、オフィスカジュアルにも使えるものをチョイスしましょう。茶系のサスペンダースカートであれば、黒のブラウスと合わせるだけで、女性らしいスタイルになります。膝が隠れていることで、上品さが漂います。

アイテムによって表情が変わる

今回は、サスペンダースカートを使った大人のレディースコーデ例を紹介しました。黒のサスペンダースカートがあると便利ですが、合わせるトップスや色柄によって大人コーデに仕上げることはできます。着回し方法もいろいろなので、ぜひサスペンダースカートコーデにチャレンジしてみてくださいね。

関連記事