Mdhgwtdmkeg2weujs0gw

コーディネート

CATEGORY | コーディネート

スーツの上下色違いコーデのポイント!【レディース】人気の組み合わせとは?

2019.05.15

スーツの上下色違いのコーデは組み合わせ方が大切です。上下同じ色で合わせる方が統一感が出ますが、あえて色違いにすることでおしゃれに見せることができるでしょう。今回は、レディースのスーツの着こなしとおすすめの組み合わせをご紹介します。

  1. スーツで上下色違いの組み合わせ方
  2. スーツで上下色違いコーデのポイント①同系色か対照色を選ぶ
  3. スーツで上下色違いコーデのポイント②素材を合わせる
  4. スーツで上下色違いコーデのポイント③全体的なまとまりを意識する
  5. スーツで上下色違いの人気の組み合わせ①ベージュジャケット×黒パンツ
  6. スーツで上下色違いの人気の組み合わせ②グレージャケット×黒パンツ
  7. スーツで上下色違いの人気の組み合わせ③黒ジャケット×グレーパンツ
  8. スーツで上下色違いの人気の組み合わせ④ダークカラージャケット×白パンツ
  9. スーツで上下色違いの人気の組み合わせ➄白ジャケット×黒パンツ
  10. スーツの上下色違いコーデまとめ
20190108191021988 500
引用: https://cdn.wimg.jp/coordinate/il7vr5/20190108191021988/20190108191021988_500.jpg

レディースのスーツはジャケットとパンツの他にも、ジャケットとスカートの組み合わせがあります。一般的には上下同じ色でセットになったものが多いですが、色違いで組み合わせることで雰囲気を変えたりよりおしゃれに着こなしたりすることができます。レディースのスーツを上下色違いで組み合わせる場合のポイントは、なるべく同系色のものや対照色となる色のものを選ぶこと、素材を合わせること、全体的なまとまりを意識することです。

同じ色合いやコントラストがはっきりとする色でまとめることで、色違いでも違和感なく着こなすことができます。また、似たような素材で合わせることで色違いでも問題なく着こなすことができます。全体的なまとまりを意識してコーデすると、色違いのコーデも統一感が出ます。今回は、色違いのレディーススーツで人気の組み合わせ方を5つご紹介します。着こなしのポイントを押さえることで、浮くことなくおしゃれに上下色違いのレディーススーツを着こなしましょう。

20181018192411402 500
引用: https://cdn.wimg.jp/coordinate/d3ni4h/20181018192411402/20181018192411402_500.jpg

関連記事

20170527123059750 500
引用: https://cdn.wimg.jp/coordinate/v7thm8/20170527123059750/20170527123059750_500.jpg

スーツで上下色違いコーデのポイントその1は、同系色か対照色を選ぶことです。ジャケットが深みのあるネイビー色であれば、パンツは黒など同じように暗めの色で合わせると良いです。ジャケットが黒であれば、パンツはグレーにするなど全く同じ色でなくても近い色を選ぶことで統一感が出ます。上下の色が全く違うと、フォーマルな印象が薄くなりカジュアルな感じが強くなることもあります。スーツを上下で着こなす時は同系色で合わせるようにしましょう。

対照色とは、コントラストがはっきりする色です。暖色と寒色を組み合わせることで、メリハリのある引き締まったコーデができます。スーツの上下であれば、黒にベージュ、ベージュに白などの組み合わせです。白や黒は寒色、ベージュなど茶系は暖色なので上下色違いでで暖色と寒色を使い分けることでメリハリのあるレディースらしい着こなしができるでしょう。

20170417111847075 500
引用: https://cdn.wimg.jp/coordinate/v7thm8/20170417111847075/20170417111847075_500.jpg
17479886 16 d 500
引用: https://c.imgz.jp/886/17479886/17479886_16_D_500.jpg

スーツで上下色違いコーデのポイントその2は、素材を合わせることです。一般的に、スーツの生地はウールのものが多いですが他にもコットンやリネン、シルクなどの天然繊維を使った素材や化学繊維であればポリエステルがよく使われています。スーツの上下の色が似ていても、素材が違うとちぐはぐな印象を与えてしまいます。上下色違いのスーツを上手く着こなすには、色を合わせるだけでなく素材や見た感じの質感が似たものを選ぶことも大切です。

1 / 3