Sr9nbpjpm4o81eqjsm06

おすすめ

CATEGORY | おすすめ

クレジットカードの作り方を解説!初心者におすすめのカードを紹介!

2019.05.31

クレジットカードに初めて申し込む時、作り方がわからなかったり、選び方に迷う人も多いことでしょう。そこで今回は、クレジットカードの作り方についてお話しします。また、初心者におすすめのクレジットカードもいくつか紹介するので、特徴を踏まえたうえで申し込みましょう。

  1. クレジットカードの作り方のセオリー
  2. クレジットカードの作り方①申込方法
  3. クレジットカードの作り方②必要書類
  4. クレジットカードの作り方③カード選び
  5. クレジットカードの作り方④付帯サービスの確認
  6. クレジットカードの作り方⑤申込時に嘘をつかない
  7. クレジットカードの作り方⑥国際ブランド選択
  8. クレジットカードの作り方⑦審査
  9. クレジットカードの作り方⑦審査に落ちた場合
  10. おすすめのクレジットカードの作り方①楽天カード
  11. おすすめのクレジットカードの作り方②セゾンカード
  12. おすすめのクレジットカードの作り方③JCBカードW
  13. おすすめのクレジットカードの作り方④ライフカード
  14. おすすめのクレジットカードの作り方⑤三井住友デビュー+カード
  15. おすすめのクレジットカードの作り方⑥エポスカード
  16. おすすめのクレジットカードの作り方⑦イオンカード
  17. 正しいクレジットカードの作り方で確実に審査を通そう!

自分に合う1枚を探そう

Mipt4p8iaeqhvnwm3oby

クレジットカード初心者は、作り方も選び方もわからないというのが本音でしょう。おすすめのクレジットカードや作り方、選び方を紹介する前に、知っておいてほしいことがあります。それは初心者だからこそ、自分に合うクレジットカードを見つけることが大切だということです。クレジットカードは用途によって、選び方や作り方が変わります。クレジットカードを申し込む前に、おすすめのものは何かをリサーチすることから始めましょう。

関連記事

ここからは、クレジットカードの作り方について紹介します。まずクレジットカードの申込方法ですが、現在はパソコンやスマホからウェブ申し込みをするのが主流です。しかし、イオンや丸井など店舗が発行しているクレジットカードの場合は、カウンターで申し込みをすることもできます。

また少数派ではありますが、金融機関などに設置されている申込書を記入して郵送でクレジットカードを申し込む人もいます。クレジットカード初心者は、ポイントなどの優遇措置があるものをウェブ申し込みするのがおすすめです。自分に都合がよい方法で、クレジットカードを申し込みましょう。

クレジットカードの作り方で共通しているのは、必要書類です。自分名義の銀行口座と銀行印、身分証明書が必要書類です。クレジットカードの作り方を知るにあたって、身分証明書は運転免許証が一番スムーズだと覚えておきましょう。マイナンバーカードやパスポートなど、写真入りのものの方が審査がスムーズに進みます。

また会社員の場合は、健康保険証などが在籍証明の代わりにもなります。クレジットカード初心者がいきなりゴールドカードを申し込むケースは少ないと思いますが、申込先によっては所得証明書の提出を求められることもあります。クレジットカードの作り方に違いはありませんが、必要書類はウェブサイトできちんと確認してから申し込むのがおすすめです。

きちんとリサーチしよう

クレジットカードの作り方で重要なウエイトを占めるのが、カード選びです。ここではクレジットカードの作り方というより、選び方についてお話しします。まず、クレジットカードの選び方ですが年会費に着目しましょう。クレジットカード初心者の選び方のセオリーは、年会費無料のものがおすすめです。

使用頻度にもよりますが、クレジットカードを利用するとポイントが貯まるので、初心者はよく利用する店やECサイトが発行しているものをチョイスするのが、選び方としてベストです。ポイント還元率の高いクレジットカードを選ぶと、それを活用して買い物のできます。クレジットカード初心者だからこそしっかりリサーチし、自分がポイントを貯めやすいものを探すという選び方を徹底しましょう。

関連記事

年会費が無料のカードも多い

クレジットカード初心者が作り方を知る際に覚えてほしいチェックポイントに、付帯サービスの比較があげられます。クレジットカードの作り方を知らない人の中には、クレジットカードに実はサービスとして付帯保険がついていることを知らない方もいるかもしれません。クレジットカードの作り方や選び方のポイントともなる付帯保険には、「盗難・紛失保険」「海外旅行傷害保険」「国内旅行傷害保険」「ショッピング保険」「オンライン不正利用保健」「シートベルト保健」など、さまざまな種類があります。

クレジットカード初心者は選び方として年会費無料をチョイスすることが多いと思いますが、盗難・紛失保険は付帯していても、旅行傷害保険は利用付帯になっているなど、選ぶクレジットカードによってサービスが異なります。クレジットカードの作り方を考える際には、申し込もうと考えているものの付帯保険をリサーチすることをおすすめします。

関連記事

クレジットカード初心者に、作り方の基本として覚えておいてほしいことがあります。クレジットカードには必ず入会審査があり、申込時にいろいろな質問に回答しなければなりません。そのすべてに、嘘をついてはいけないことです。勤務先はもちろん、勤続年数を多くしたり、年収を多めに申告することもNGです。また、クレジットカード以外にショッピングローンを持っている際にも、申告が必要です。

また、クレジットカード初心者の中には海外旅行などを控えて、確実に1枚ほしいと考えている人もいるかもしれません。その場合、複数のクレジットカード会社に同時に申し込みたくなりますが、それがかえって入会審査を厳しくする理由となります。クレジットカードの作り方として、申し込みは1社のみ、2枚目以降は半年を過ぎてから申し込むのが作り方の基本です。覚えておきましょう。

クレジットカードの作り方を考える際、国際ブランド選びも大事です。国際ブランドとは、クレジットカードを決済するネットワーク会社のことをいいます。世界には7つの国際ブランドがありますが、日本で利用者が多いといえば、「VISA」「Mastercard」「JCB」です。クレジットカードの作り方として、国内と海外どちらで利用することを想定するかを決めておくことも大事です。

海外で利用しやすいものを選ぶのか、国内利用が主なのかで国際ブランドの選び方が変わります。海外利用がメインなら「VISA」や「Mastercard」にするのがおすすめです。国内利用がもっぱらの人は、日本唯一の国際ブランドである「JCB」の方が利用可能店舗が多くて便利かもしれません。人によっておすすめの国際ブランドが変わるので、よく考えて申し込みましょう。

クレジットカードの作り方を知るうえで、審査の話は避けて通れません。ここでは一般的なクレジットカードの審査について、説明します。クレジットカードは入会者を信用して、商品やサービスの代金を立て替え払いしてくれます。そのため、申込者が信用に値するかどうか、審査を行うのです。審査は「申込内容のスコアリング」「人為的判断」「個人信用情報機関の登録情報」の3点から、行われます。

スコアリングはコンピュータで判断され、一定基準をクリアしていれば通すことができます。ただし、クレジットカード会社によっては自動スコアリングをクリアしても、人為的に判断するところもあります。また、過去のショッピングローンやキャッシングの利用履歴はすべて個人信用情報機関に登録されています。延滞や過去の支払い状況などの履歴によって、審査を通すかどうかを最終判断するのです。

クレジットカードの作り方を知るうえで、審査に落ちた時のことを念頭に置くことも必要です。申し込んだクレジットカードの審査に落ちた場合、すぐに別な会社に申し込んでも審査に通ることはほぼありません。そのため、クレジットカード審査に落ちた人は半年を経過してから、次の申し込みをすることをおすすめします。そう考えると、審査に通りやすいクレジットカードを見つけるという選び方をした方がよいのかもしれません。

クレジットカードの作り方を覚える前に、審査に落ちる主な理由について理解しておきたいところです。まず、個人信用情報機関のブラックリストにのっている場合には、審査に通ることはできません。ここで注意したいのが、クレジットカードやキャッシングの履歴だけがチェックされているわけではないことです。携帯電話機本体の料金に滞納があっても、審査に落ちてしまいます。また、クレジットカードの申し込み時にショッピング枠を多くしておくことで審査に落ちる人もいます。最初は少なめに枠設定するのがおすすめです。

ここからは、クレジットカード初心者におすすめのクレジットカードとその作り方について紹介していきましょう。まず、楽天市場を利用する人が多いなら「楽天カード」がおすすめです。楽天カードの作り方ですが、ネット申し込みしか受け付けていないので注意が必要です。そのため作り方としては、公式サイトにアクセスして申し込み手続きを行います。

楽天カードの作り方の手順としては、銀行口座と本人確認書類、メールアドレスを用意します。公式サイトから申し込み画面に進みますが、楽天会員か否かで進むページが異なります。国際ブランドを「VISA」「Mastercard」「JCB」「Americanexpress」の4つから選び、カードの種別とデザインを選びます。その後、必要事項を入力して審査を待ちましょう。

西友やパルコを利用することが多いなら、「セゾンカード」がおすすめです。グループ展で買い物をする時に割引が受けられたり、クレジットポイントに有効期限がない点が魅力です。セゾンカードの作り方ですが、ネットで申し込みをして審査に通ると、セゾンカウンターでカードを即日発行してもらえるので活用しましょう。

その際、本人確認書類と銀行の通帳またはキャッシュカード、金融機関へのお届け印を持参する必要があります。ただし、クレジットカードを申し込む際にショッピングだけでなくキャッシングも希望すると、所得照明の提出が求められるので注意が必要です。

JCBカードWは、申し込み対象を18歳から39歳に限定しています。クレジットカード初心者にこそ、おすすめの1枚です。入会金や年会費が無料なのはもちろん、ETCカードの発行に時間がかからないところも魅力です。JCBカードWの作り方ですが、銀行口座と本人確認書類をまず用意します。そしてJCBの公式サイトにアクセスし、カード種別からJCBカードWを選択します。

その後、個人情報を入力し、キャッシング申し込みの有無、暗証番号の設定をして申し込みが完了します。その際、ETCカードやQUICPay、家族カードの発行有無なども質問されるので、あらかじめ考えておきましょう。審査に通れば翌日にカードが届きます。

一年を通してクレジットカードの利用頻度が高い人におすすめなのが、ライフカードです。利用金額が多くなればなるほど、ポイントが貯まりやすいしくみになっているからです。ライフカードの作り方ですが、4種類からどのカードを選択するか決めることから始まります。ポイント還元率や付帯保険、支払い方法が異なるのでリサーチが必要です。

公式サイトにアクセスし、必要項目を入力して審査に進むという作り方は、他のクレジットカードと変わりません。ライフカードは信販系なので、比較的審査が通りやすいといわれています。パートやアルバイト、学生、専業主婦の方が初めて申し込む際におすすめのクレジットカードです。

学生さんが初めてクレジットカードに申し込むなら、「三井住友デビュー+カード」がよいでしょう。三井住友デビュー+カードは、18歳から25歳の学生にのみ発行しているクレジットカードです。年会費が無料なのはもちろん、いつでもポイントが2倍つくところも魅力です。

国際ブランドhあVISAに限定されますが、最大で1万円分がキャッシュバックされるキャンペーンを実施していることが多いので、活用したいところです。海外に卒業旅行に出かける時などに、あると便利でしょう。

即日発行してくれるクレジットカードに申し込みたいなら、「エポスカード」がよいでしょう。丸井で発行しており、店内で利用すると割引特典があるほか、年会費が無料なのに海外旅行傷害保険が自動付帯している点も魅力です。申し込みは公式サイトから行いますが、丸井店舗で受け取るを選択すると、指定店舗での即日発行が可能です。

エポスカードの審査は早くて1~2分、長くても1時間程度といわれています。信販系のクレジットカードなので、安定収入さえあれば審査はそれほど難しくありません。ただし、個人事業主の方は審査に通りにくいので注意が必要です。

イオンを利用することが多い人は、「イオンカード」があると便利なので申し込むことをおすすめします。年会費が無料で、18歳以上であれば学生でもつくることが可能です。デザインも豊富で、禁煙はミニオンズ柄が人気です。

イオンカードは店頭でも申し込み受付を行っていますが、即時発行はできません。公式サイトからウェブ申し込みするのが簡単です。時期によっては、たくさんのポイントを付与してもらえるので、申し込みのタイミングを見極めましょう。

Jpphnkfvaljjl5kaqc3v

今回は、クレジットカードの作り方や選び方、初心者におすすめのものなどを紹介しました。クレジットカードは無理なく利用すると、ポイントを貯め有効活用できます。初めて申し込み際には、自分に合うクレジットカードは何かをリサーチし、活用しやすいものを選んでくださいね。