Vjrmtmotrum3knfnk3ub

クレジットカード

CATEGORY | クレジットカード

クレジットカードが使えない!その原因と対処法を詳しく解説!

2019.05.27

クレジットカードで決済しようとして、使えない事態に陥った経験がある人もいることでしょう。クレジットカードが使えないのは利用停止となっているからで、必ず原因があります。そこで今回は、クレジットカード使えない原因と対処法についてお話ししたいと思います。

  1. クレジットカードは利用停止になることもある
  2. クレジットカードが使えない原因①有効期限が切れている
  3. クレジットカードが使えない原因②利用限度額を超えている
  4. クレジットカードが使えない原因③高額利用のためロックがかかっている
  5. クレジットカードが使えない原因④支払いが遅れている
  6. クレジットカードが使えない原因⑤磁気ストライプの異常
  7. クレジットカードが使えない原因⑥ICチップの異常
  8. クレジットカードが使えない原因⑦ショップの端末の故障
  9. クレジットカードが使えない原因⑧暗証番号を間違う
  10. クレジットカードが使えない場合の対処法①利用状況を確認する
  11. クレジットカードが使えない場合の対処法②会社に問い合わせる
  12. クレジットカードが使えない場合の対処法③支払いをする
  13. クレジットカードが使えない場合の対処法④別なショップで買い物をしてみる
  14. クレジットカードが使えない場合の対処法⑤電話決済を依頼する
  15. 原因別にきちんと対処してクレジットカードを活用しよう!
Vlucuhlrlcmaqslfbiyp

クレジットカードを利用している人は、突然使えない事態に遭遇する可能性を秘めています。それは、クレジットカードが使えない原因は、利用の仕方だけにあるわけではないからです。

クレジットカードが使えない原因は複数あり、利用停止になっているのか否かでも、対処法が変わります。そのため、クレジットカードが使えない原因には何があるのか、理由別の対処法、利用停止になった時にできることなどについて、知っておくことが大事です。

有効期限は近づいたら新しいものを持参しよう

クレジットカードが使えない原因の中でも、ケアレスミスの範疇に入るのが有効期限切れのものを使うことです。クレジットカードはそれぞれ有効期限が設定されており、カードの表面に記載されています。有効期限が切れたクレジットカードは、利用停止になるのです。

クレジットカードの利用に問題がなければ、有効期限が切れる前に新たなカードが届いているはずです。クレジットカードの有効期限切れが原因で使えない時の対処法は、新しい更新後のカードを使うことです。更新カードが届かない場合は、クレジットカード会社に問い合わせて対処してもらいましょう。

関連記事

ブラックカードを持たない限り、クレジットカードには利用限度額が設定されています。そしてクレジットカードの利用限度額は、審査によって決まります。クレジットカードを利用しても支払いをきちんと行っていれば、利用限度額は上がっていきます。とはいえ、設定されている利用限度額以上に使うことはできません。

クレジットカードが使えない原因の一つに、知らず知らずのうちに利用限度額を超えていることがあげられます。この対処法は、利用分を支払うことしかありません。また、きちんと支払いをすれば、使えないクレジットカードの利用停止がとけます。

クレジットカード会社は、入会者の利用パターンがいつもと違う場合、不正利用を疑ってロックをかけ、一時的に利用停止にすることがあります。そして、いつもと違う高額利用が続く場合にも、クレジットカードにロックがかかり、使えない事態に陥ることがあるのです。

例えば店頭で高額商品を購入しようとして、クレジットカードが使えない場合の対処法は、まず利用限度額を確認することです。スマホがあればクレジットカード会社の公式サイトにアクセスできるので、限度額超えにより利用停止になっていないかを確かめます。

利用限度額に問題がない場合の対処法としては、その場でクレジットカード会社に電話で連絡することです。本人確認ができれば、その場でロックを解除してもらえます。また、あらかじめ高額利用が決まっている時には、クレジットカード会社に連絡を入れておくと、店頭で利用停止になることがないのでおすすめします。

引き落としの確認は必須

自分に原因があってクレジットカードが使えないケースの筆頭は、支払いが遅れていることです。口座振替日にきちんと振替が行われていなかったり、支払い遅延が続いてクレジットカード会社が利用停止にしていることが原因です。

残高不足等でクレジットカードの引き落としが行われていなかった場合の対処法としては、すぐにクレジットカード会社に連絡を入れて支払いを行うのがおすすめです。クレジットカード会社から払い込み用紙が郵送されてきますが、支払いが遅れれば遅れるほど使えない期間が長くなります。

関連記事

自分の落ち度がないのに、クレジットカードが使えないケースも複数あります。まず、クレジットカードの磁気ストラップの異常が原因で使えないといものです。磁気ストラップは、クレジットカードの裏面にあります。ここにクレジットカード情報が埋め込まれていますが、時々読み込めなくなることがあるのです。

磁気ストラップが読み取れないことが原因でクレジットカードが使えない時の対処法は、カード会社に連絡して新しいカードを発行してもらうしかありません。ですが、ネットショップでは問題なく使えますし、ICチップ決済が可能なケースもあります。利用停止になっているわけではないので、決済方法を変えてチャレンジしてみましょう。

ICチップが認識されないことがある

自分に問題はないのにクレジットカードが使えない原因に、ICチップの異常もあります。磁気ストラップは問題ないのに、ICチップだけが使えないケースもあるのです。ICチップの読み取り異常が原因でクレジットカードが使えない場合の対処法は、サインでの支払いにしてもらうことです。

ICチップは暗証番号入力の時にしか使わないので、サインに切り替えればそのまま使うことはできます。ただし、暗証入力できないままだと不便なことが多いので、この場合もクレジットカード会社に新しいカードを申し込むことをおすすめします。

関連記事

クレジットカードが使えない原因が、ショップの端末機故障というケースも少なくありません。近年は小型のクレジットカード端末機も増えており、ネット環境が不安定になることで、カードが使えないというケースが増えています。

また、設置型の端末機であっても故障する可能性はゼロではありません。店頭でクレジットカードが使えないと、利用停止になっているのではないかと疑心暗鬼になることもありますが、他のショップでクレジットカードが使えているのであれば、利用している端末機の故障を疑いましょう。またごくまれに、カード会社のシステムダウンが原因となることもあります。その場合は、システムが復旧するまで対処法はありません。

クレジットカードを利用する際、暗証番号を入力する人が多いと思います。店頭で暗証番号の入力を3回間違うと、クレジットカードにロックがかかり使えない事態に陥ります。この場合の対処法は、カード会社に問い合わせることしかありません。というのも、クレジットカードのロック解除はカード会社にしかできないからです。

ただし、クレジットカード会社によっては電話でロック解除がかからず、利用は電話確認で行ったうえで、後で新規に暗証番号の設定手続きを行わなければならないケースもあります。カード会社の公式サイトにも、暗証番号を忘れた場合の対処法が紹介されていますので、利用停止を解除してもらうよう手続きをしましょう。

ここからは、クレジットカードが使えない状況になった時の対処法についてお話しします。クレジットカードが使えない時にはまず、カードの利用状況を確認しましょう。利用限度額を超えている場合には、支払いが終わって枠があくまで利用停止の状態が続きます。

クレジットカードの口座振替を待たずに、カード会社に電話連絡のうえで早期入院することで、利用限度枠をあけることができます。枠さえあけば、使えないクレジットカードが使えるようになります。ただし、クレジットカード会社の締め支払いや電話で問い合わせた時期によっては、支払いをしても期日まで使えない状態が続くケースもあります。カード会社の規約を読んでから、問い合わせをするようにしましょう。

利用限度枠に余裕があるのに、クレジットカードが使えない時には、カード会社に問い合わせをするのが一番です。前述しましたが、いつもとは違う使い方をしたり、高額商品を購入しようとしたことで、ロックがかかっている可能性があるからです。

ただし、カード会社が利用停止措置をとったことで、クレジットカードが使えないケースもあります。クレジットカードの延滞が続いていたり、利用限度額オーバーが続いている場合などに、利用停止措置がとられることがあるのです。その場合、問い合わせや支払いによって回復することもありますが、利用限度額の減額や使えない状態が続行するケースもあるので注意が必要です。

口座振替が間に合わなかったり、利用限度額を超えていることでクレジットカードが使えない状態なら、すぐに支払いをするのがセオリーです。支払いが遅れていることがわかった時点ですぐに電話で連絡し、1日も早く振り込みをしましょう。

また、分割払いやリボ払いを利用している人は、余裕がある時に支払いをしておくことをおすすめします。その分、余計な手数料を支払わなくてよくなりますし、連絡するタイミングによっては、次の口座振替が0円になることもあります。分割払いやリボ払いの利用額が多いと、カード会社が支払い能力を疑い、1回払いしか利用できないように契約状況を変えることがあるので、無理のない範囲で利用するように心がけましょう。

利用限度額や磁気ストラップ、ICチップに問題がないのに、店頭でクレジットカードが使えない時には、そこでの買い物を止めて、別なところで使ってみましょう。そこで問題なく使えれば、持っているクレジットカードの問題ではなく、ショップの端末機故障であることがわかります。

また、ショップの通信状況が悪いことでも、クレジットカードが使えないことがあります。複数のクレジットカードで試して使えない時には、端末機の故障が原因と考えられるので、現金払いにした方がよいかもしれません。

磁気ストラップやICチップの異常、高額商品を購入でロックがかかった場合は、クレジットカード会社に連絡をして、電話で決済するのも一つの方法です。店頭からクレジットカード会社に電話連絡を行い、商品やサービスを購入できるよう対処方法を教えてもらうのです。

また、店舗によっては端末機がなくても、電話で決済できるサービスを利用しているところがあります。その場合は、携帯電話から指定の電話番号に連絡し、クレジットカード番号と利用金額、有効期限などをプッシュ操作で入力することで、決済ができます。いずれにせよ、わからないことがある時にはクレジットカード会社に電話するのがおすすめです。

Sbheaa2ini5nkrdjkw1p

本記事では、クレジットカード使えない原因と対処法についてお話しました。クレジットカードが使えない原因によって対処法が変わりますし、利用停止になっている可能性もあります。まずはクレジットカードの公式サイトにアクセスし、自分の状況を確認したうえで、不明点がある場合にはカード会社に電話で問い合わせましょう。