X5vrj8lzhtn5l9fhirtd

CATEGORY | 服

スーツのベストのボタンの留め方!開けるのはなぜ?数によっても違う?

2019.04.09

スーツについているベストのボタンですが、留め方にもマナーがあることを知っていますか?ボタンの数によって、開ける方がよいケースもあります。そこで今回は、スーツのベストにおけるボタンの留め方についてお話しします。マナーを守って、スーツをきちんと着ましょう。

  1. スーツのベストの留め方には注意が必要
  2. スーツのベストの役割
  3. スーツのベストの一番上のボタンについて
  4. スーツのベストの一番下のボタンについて
  5. スーツのベストの留め方①2つボタン
  6. スーツのベストの留め方②3つボタン
  7. スーツのベストの留め方③4つボタン
  8. スーツのベストの留め方④5つボタン
  9. スーツのベストの留め方⑤6つボタン
  10. ダブルスーツの場合
  11. スーツのベストのボタンはマナーを守って留めよう
スリーピーススーツについているベストを着る時、ボタンの留め方に配慮していますか?スーツのポケットも室内外でフタを出したりしまったりするように、ベストのボタンの留め方にもマナーがあります。開ける数も決まっているので、ぜひ覚えておきましょう。

スマートさを演出

スリーピーススーツは、ジャケットとスラックス、ベストがすべて同じ生地でつくられています。フォーマルスーツに分類されているので、ベストがセットされているのです。スリーピーススーツにおけるベストの役割は、相手にしっかりした人だという印象を与えることです。さらに、スマートさを演出することもできます。
スリーピーススーツを着用する時にも、ジャケットの2つ目のボタンを開けたり、ポケットのフタは室内ではしまうなど、着方のマナーを踏襲する必要があります。さらにベストのボタンを開ける数や留め方にもルールがあります。スリーピーススーツのベストにおけるボタンの数はデザインによって異なるので、開ける部分や数をきちんと覚えて実践しましょう。

関連記事

スリーピーススーツはビジネスシーンより、フォーマルな席で着る機会が多いかもしれません。フォーマルスーツにベストがついているのは、厚い時にはジャケットを脱いで失礼がなく、寒い時には防寒対策に役立つからです。そう考えると、ベストのボタンの留め方をマナーを守る必要があることがわかりますよね。では、スリーピーススーツを着る時に、ベストの内番上のボタンを開けるのはマナーに即していると思いますか?実は、ボタンの数がいくつであっても、一番上のボタンを開けるのはNGです。
ですがクールビズの時期だけは、ベストの一番上のボタンを開けることが容認される傾向が強いです。クライアントなどに会う時にはマナーを守り、職場が許せばオフィスフロアではボタンを開けるなど、臨機応変に対応しましょう。また、3つボタンのスリーピーススーツのジャケットのボタンは、一番上と下の2つを開けるのはマナー違反にはなりません。しかし、ベストのボタンはきちんと留めておきましょう。
スリーピーススーツのベストのボタンの数がいくつでも、一番下のボタンは開けるのがマナーです。これをアンダーボタンマナーといいます。その理由は、ベストのボタンを一番下まで留めてしまうと、しわが寄ってしまうからです。
ただし、ベストについているボタンの数やデザインによっては、閉めた方が見栄えがよいこともあります。ボタンを留めてもしわが寄ったり、デザインに影響が出ないかどうかをチェックしたうえで、判断しましょう。
2つボタンのスーツの下にベストを着る時には、ボタンの留め方に配慮が必要です。この場合は、スーツのジャケットのボタンは上だけを留めるようにしましょう。ベストのボタンの留め方は一番下だけを開けるようにして、あとはきちんと閉めます。
ボタンの数が2つのスーツはVゾーンが深いので、ベストがしっかり見えます。ダブルのスーツにベストを着る場合も、マナーは同じです。
スリーピーススーツのベストのボタンが3つのものも多いです。この場合も、室内で座る可能性が高い時には、一番下のボタンを開けるのがセオリーです。ベストの裾が広がる方が、しわが寄らずにきちんとした印象を与えられるからです。スピーチなどで人前に出る時には、ベストのボタンを全部留めるのがマナーです。
ですが立って移動する時には、ボタンをすべて閉めるという留め方の方がシルエットがキレイに見えることがあります。スリムな男性の場合、淡いグレーなどにさし色のようにボタンがついていることがあり、マナーではあってもボタンを開けているのが目立ってしまうケースがあるからです。スーツのジャケットのボタンを開ける場合には、ベストのボタンの留め方に配慮しましょう。
シングルスーツについているベストは、ボタンが4つのことが多いです。この場合は、スーツのジャケットもベストも、一番下のボタンを開けるのが留め方の基本です。ビジネスシーンでは、グレーやネイビーのスリーピーススーツを着ることが多いと思いますが、ボタンの留め方のマナーを守ると、きちんと感が演出されます。
スリーピーススーツはフォーマルウエアなので、結婚式やパーティーの際に着用することも多いものです。立っている時にはボタンを4つとも留めている人も多いですが、座る前に必ず一番下のボタンを外しましょう。シンプルな黒のスリーピーススーツでも、ワインレッドなどのYシャツを合わせると、華やかな印象に変わります。写真のコーデでは、あえてスニーカーを合わせて抜け感を演出させているのがステキです。
スリーピーススーツの中には、ベストのボタンが5つのタイプも多いです。立っている時には、すべて留めて問題はありません。これは5つボタンのベストのデザインは、丈が短めにできていることが多いからです。
しかし、5つボタンのベストの中には、フロントカットから一番下のボタンまでが長めにつくられているものもあります。その場合は、一番下のボタンを開けるという、マナーに即した留め方をする方が、ベストの形を変えることなく着られます。
スリムラインのスリーピーススーツには、ベストのボタンが6つのものもあります。この場合は、最初から一番下を開けて着るのがよいでしょう。ただし、フロントカットから一番下のボタンまでが短めの丈になっているデザインであれば、全部留めてもしわになることはありません。
きちんとアイロンがかかったスリーピーススーツを着る時、全部のボタンを留めていても窮屈な感じがなければ、そのままでもよいでしょう。スーツのポケットのフタの出し入れと同じように、座る場面だけ一番下のボタンを外せばよいです。
ダブルのスリーピーススーツについているベストを着る場合、ジャケットのボタンを外すことが多いでしょう。特にベストの丈が短めの時には、全部のボタンを留める方がきちんと感が出ます。
また、ダブルのスリーピーススーツの中には、ボタンとボタンの間隔が広いものも多いです。ベストの丈が長めにできていて、スーツジャケットのボタンを留めて着る時には、あらかじめベストの一番下のボタンを外しておくことをおすすめします。

マナーを守れば上品に見える!

Yk5uggohvw2upcnarjy1
今回は、スーツのベストにおけるボタンの留め方についてお話ししました。ビジネスシーンにおいて、スピーチやプレゼンテーションを行う際には、ベストのボタンはすべて留めるのがおすすめです。しかし通常は、座ってもスーツやベストのラインが崩れないように、一番下のボタンを開けるのがマナーです。フォーマルスーツであるスリーピーススーツを着る時には、ベストのボタンの留め方のマナーを思い出し、ぜひ実践してくださいね。

関連記事