Qp3dokqs4hoy2528eit8

美容・健康

CATEGORY | 美容・健康

タイダイ柄ネイルを作るポイントは?初心者でも簡単!おすすめのやり方!

2019.05.24

色の混ざり具合がおしゃれ可愛いタイダイ柄ネイル。一見難しそうに見えますが、実は初心者でも簡単にできるネイルです。今回は、タイダイ柄ネイルの基本的なやり方やスポンジを使ったやり方、タイダイ柄ネイルを作るポイントなどをご紹介します!

  1. タイダイ柄ネイルは初心者でもできる?
  2. タイダイ柄ネイルを作るには何が必要?
  3. 基本的なタイダイ柄ネイルのやり方は?
  4. スポンジを使ったタイダイ柄ネイルのやり方は?
  5. タイダイ柄ネイルを作るポイントは?
  6. タイダイ柄ネイルを失敗したらどうすればいい?
  7. 他のデザインで失敗したらタイダイ柄ネイルにできる?
  8. まとめ:簡単なタイダイ柄ネイルにチャレンジしよう!

色が入り混じり、重なり合ったデザインがおしゃれ可愛いタイダイ柄ネイル。キレイなぼかしや色の具合など、セルフネイルでは難しいと思われがちですが、実は初心者でも簡単にできるネイルです。やり方さえ押さえてしまえば、簡単に自分好みのタイダイ柄ネイルに仕上げることができます。今回は、タイダイ柄ネイルの基本的なやり方やスポンジを使用したやり方、タイダイ柄ネイルを作るポイントなどを詳しくご紹介していきます。

タイダイ柄ネイルを作るには基本的に「2色以上のカラー」「トップコート」「筆またはスポンジ」が必要です。専用の道具を準備する必要がないので、普段セルフネイルをしている方はすぐにでも始められます。

筆を使用した基本的なタイダイ柄ネイルのやり方をご紹介します。初めにベースにするカラーを塗り、乾いたらメインとなるカラーをドット状にランダムにのせていきます。後でぼかしていくため、キレイなドットにならなくても大丈夫です。

次に、ベースカラーの色を同じようにドット状にのせていきます。筆の腹を使用して、ドット状の境目を叩くようにしてぼかします。カラーが乾いたら、最後にトップコートを塗って完成です。

関連記事

スポンジを使用したタイダイ柄ネイルのやり方は、基本的なやり方よりもシンプルで簡単。まずは基本的なやり方と同じように、ベースにするカラーを塗ります。次に、スポンジにタイダイ柄にしたいカラーを馴染ませます。乾いたベースカラーの上に叩くようにしてタイダイ柄を作ります。カラーが乾いたら、最後にトップコートを塗って完成です。

タイダイ柄ネイルを作るポイントは、カラーのぼかし具合。ぼかし具合を変えるだけでネイルの雰囲気を変えることができます。タイダイ柄をしっかりぼかした場合は、色同士がよく馴染んで淡く柔らかい雰囲気に仕上がり、弱めにぼかした場合は、色がはっきりして明るい雰囲気に仕上がります。

また、ベースカラーの色合いもポイント。明るい色をベースにすればまとまりが良く華やかな印象に。濃い色をベースにすれば、深みのある印象に仕上がります。3色以上使用して作る場合は、明るい色をベースカラーにするのがおすすめです。多くの色を使用しても色が濁らず、キレイに仕上がります。

簡単なタイダイ柄ネイルですが、慣れないうちは失敗してしまうこともあります。失敗したからといって、すべて拭き取って初めからやり直す必要はありません。タイダイ柄を失敗してしまっても、上から薄く白色を重ねることで失敗をごまかすことができます。薄く白色を重ねることで、ふんわりとした柔らかい印象のネイルに仕上がります。タイダイ柄ネイルを失敗してしまったら、ぜひ試してみてください。

ストライプやボーダー、マーブルなどの他のデザインのネイルで失敗した場合は、タイダイ柄ネイルに変えてしまうのがおすすめです。失敗した柄の境目を叩くようにしてぼかせば、簡単にタイダイ柄に変えることができます。失敗したネイルはそのままおしゃれネイルに変更してしまいましょう。

今回は、タイダイ柄ネイルの基本的なやり方やスポンジを使用したやり方、タイダイ柄ネイルを作るポイントなどをご紹介してきました。いかがでしたか?難しそうに見えるタイダイ柄ネイルは、初心者でも簡単に作れるおすすめのデザイン。タイダイ柄は、色のぼかし具合やベースカラーによって雰囲気が変わるので、お気に入りの色合いを見つけてみてください。自分好みのカラーで簡単なタイダイ柄ネイルにチャレンジしてみましょう!

ネイルについてもっと知りたい方はこちら