Y7xtnqnmcrlw2faqptrl

スキンケア

CATEGORY | スキンケア

シミに対する効果で選ぶおすすめオールインワン3選!市販品で解決するなら?

2019.05.20

シミを手軽なオールインワンで解決したいなら、シミに効果のある成分が配合されたものを選ぶことが大切。継続できるように、プチプラの市販品から始めてみるのがおすすめです。今回は、シミに効果的な成分やシミに対する効果で選ぶおすすめオールインワン3選などをご紹介します!

  1. シミに効果的なオールインワンは市販で手に入る?
  2. シミができる原因って?
  3. シミに効果的な成分って?
  4. シミに対する効果で選ぶおすすめオールインワン3選!
  5. シミに対する効果で選ぶおすすめオールインワン①
  6. シミに対する効果で選ぶおすすめオールインワン②
  7. シミに対する効果で選ぶおすすめオールインワン③
  8. まとめ:市販のオールインワンでシミ対策!

シミに効果的なオールインワンは市販でも手に入れることができます。市販のオールインワンは比較的プチプラなので、継続して使用しやすいのが嬉しいポイント。どの商品も継続しないと効果を十分に発揮することができないので、無理なく使い続けられるものを選ぶことが大切です。今回は、シミができる原因やシミに効果的な成分、シミに対する効果で選ぶおすすめオールインワン3選などをご紹介していきます。

Zpyixyooceadymugxkem

シミには、「老人性色素斑」「そばかす」「炎症後色素沈着」「肝斑」などの種類があります。老人性色素斑がシミの中で最も多く、紫外線の影響や肌の老化によってメラニンが蓄積することによってできます。そばかすは遺伝的な要因ででき、紫外線の影響で増えることがあります。

Krcdqxvotnry3hbosobz

炎症後色素沈着は、虫刺されやニキビ跡が治ったときにできるシミで、肝斑は紫外線による影響や女性ホルモンのバランスが崩れたときにできることが多いシミです。シミができる原因の多くは紫外線によることが多いので、春夏だけでなく1年中紫外線対策をしていくことが大切です。

Dbzbuh2tmopqyqicr8xv

シミに効果的な成分は、メラニンの生成抑制や還元、メラニンを生成する酵素のチロシナーゼ活性阻害に効果がある「ビタミンC誘導体」、チロシナーゼ活性阻害効果のある「アルブチン」、メラニン生成や指令阻止効果のある「m-トラネキサム酸」などがあります。美白効果のあるオールインワンを選ぶ際には、これらの成分が配合されているかチェックしましょう。

定着してしまった濃いシミをオールインワンなどのスキンケアで消すことは難しいので、シミが濃くなってしまう前に予防をすることが大切。まだシミが気にならなくても、シミに効果的な成分が配合されたプチプラオールインワンで予防を始めるのがおすすめです。

Wanxgzy4qjrpejl4ytnd

市販で購入できる、シミに対する効果で選ぶおすすめオールインワン3選をご紹介します。まずは継続しやすいプチプラオールインワンから始めてみましょう。

肌ラボ 極潤美白パーフェクトゲル

【医薬部外品】肌ラボ 濃い極潤 オールインワン 美白パーフェクトゲル 薬用しみ対策 ホワイトトラネキサム酸×2つのビタミン配合
価格 ¥ 1,234

シミに対する効果で選ぶおすすめオールインワンは、肌ラボ 極潤美白パーフェクトゲル。1つで化粧水、美容液、乳液、クリーム、パックの効果を発揮。美白有効成分であるホワイトトラネキサム酸やビタミンC誘導体、うるおい成分であるヒアルロン酸などを配合。とろみのあるゲルが紫外線ダメージを受けた肌にうるおいを与え、メラニンの生成を抑えてシミやそばかすを防ぎ、ツヤと透明感のあるもっちり肌に導きます。

1 / 2