Geyfhjy5vqazikos6wi1

スキンケア

CATEGORY | スキンケア

しみ消しクリームおすすめ8選!効果を引き出す正しい使い方とは?

2019.04.19

老けた印象を与えやすいしみは、美白有効成分配合のクリームで改善・予防するのがおすすめ。継続しやすい市販のしみ消しクリームから始めてみましょう。今回は、しみ消しクリームの選び方や効果を引き出す正しい使い方、しみ消しクリームおすすめ8選などをご紹介します!

  1. しみはクリームで消せる?
  2. しみの種類は?
  3. しみ消しクリームの選び方は?
  4. しみ消しクリームの選び方①
  5. しみ消しクリームの選び方②
  6. しみ消しクリームの効果を引き出す正しい使い方は?
  7. しみ消しクリームの効果を引き出す正しい使い方①
  8. しみ消しクリームの効果を引き出す正しい使い方②
  9. しみ消しクリームの効果を引き出す正しい使い方③
  10. しみ消しクリームの効果を引き出す正しい使い方④
  11. しみ消しクリームおすすめ8選!
  12. しみ消しクリームおすすめ①
  13. しみ消しクリームおすすめ②
  14. しみ消しクリームおすすめ③
  15. しみ消しクリームおすすめ④
  16. しみ消しクリームおすすめ⑤
  17. しみ消しクリームおすすめ⑥
  18. しみ消しクリームおすすめ⑦
  19. しみ消しクリームおすすめ⑧
  20. まとめ:クリームを正しく使用して気になるしみを改善しよう!
Hxk1qbykfmb2ag2lzfci
しみにはいくつかの種類があり、しみ消しクリームで改善できるものとそうでないものがあります。また、しみ消しクリームには、「今あるシミを薄くする効果のもの」と「これからできるしみを予防する効果のもの」があるので、効果を引き出すためには目的に合うしみ消しクリームを選ぶ必要があります。今回は、しみ消しクリームについて、選び方や効果を引き出す正しい使い方、しみ消しクリームおすすめ8選などをご紹介していきます。

関連記事

T4c1ldau4wyie38fage4
しみには主に、「老人性色素斑」「そばかす」「炎症後色素沈着」「肝斑」などの種類があります。しみ消しクリームの効果が期待できるものは、老人性色素斑、炎症後色素沈着、肝斑。ただし、老人性色素斑はごく初期の薄いしみにのみ効果を発揮し、定着してしまった濃いしみの改善は難しいです。そばかすは遺伝的要素が強くしみ消しクリームの効果は出にくいので、日頃の紫外線対策や美白化粧品での予防が重要になります。
Yltdl1e0qxgpkfvavecv
しみ消しクリームの選び方をご紹介します。どのしみ消しクリームを選んだらいいか分からないという方はぜひ参考にしてみてください。

美白有効成分配合のものを選ぶ

Bt8fnyl2cfhlbiuocvns
しみ消しクリームを選ぶ際は、美白有効成分がしっかりと配合されているものを選ぶことが大切です。メラニンの生成指令をとめる「m-トラネキサム酸」「カモミラET」、チロシナーゼという酵素の働きを抑える「アルブチン」「ビタミンC誘導体」「コウジ酸」「エラグ酸」「ルシノール」、メラニン排出を促す「エナジーシグナルAMP」「リノール酸S」などの成分が配合されているかチェックしましょう。

継続して使用できるものを選ぶ

Caryzdxlwgam7hezquqz
しみに対して効果を発揮させるためには、継続して使用できるものを選ぶことが大切です。高価なものは配合されている成分の濃度や配合量が多いですが、価格の高さから継続することが難しく、1度購入しただけで終わらせてしまい、思うような効果を実感できない場合も少なくありません。どの化粧品も継続することで効果を発揮するので、まずは継続しやすい市販のしみ消しクリームを選ぶのがおすすめです。
Fexvvlgrotjhkwc2xluh
しみ消しクリームを使用していて思うような効果を感じられない場合は、1度使い方を見直してみるのがおすすめです。しみ消しクリームの効果を引き出す正しい使い方をして、気になるしみをしっかりと改善・予防しましょう。
1 / 4