Nzsqtn4cgcwtxlenusvg

DIY・ハウツー

CATEGORY | DIY・ハウツー

DIYウッドデッキを作るには?基礎の作り方や費用などわかりやすく説明!

2019.05.28

おしゃれな庭づくりに欠かせないウッドデッキはDIYで作るのがおすすめ。価格が高いウッドデッキもDIYで作ることができれば業者に依頼するよりも費用がグッと抑えられます。今回はDIYウッドデッキの作り方として基礎作りや費用などを詳しくご紹介します!

  1. 憧れのウッドデッキをDIYしよう!
  2. ウッドデッキの構造は?
  3. DIYウッドデッキの作り方は?
  4. DIYウッドデッキの作り方①:プランを決める
  5. DIYウッドデッキの作り方②:道具を準備する
  6. DIYウッドデッキの作り方③:材料を揃える
  7. DIYウッドデッキの作り方④:基礎を作る
  8. DIYウッドデッキの作り方⑤:床板を張る
  9. DIYウッドデッキの費用は?
  10. DIY初心者でも簡単にできるウッドデッキは?
  11. まとめ:理想的なウッドデッキをDIY!
Ea54aatl7d6g3lnyhfoj

おしゃれな庭に欠かせないウッドデッキ。憧れのウッドデッキはDIYで作るのがおすすめです。業者に依頼するよりも費用がグッと抑えられ、理想的なオリジナルウッドデッキを手に入れることができます。今回は、DIYウッドデッキの作り方や費用について詳しくご紹介していきます。ウッドデッキのDIYを検討している方はぜひ参考にしてみてください。

ウッドデッキをDIYするには構造を把握しておくことが大切です。まずはウッドデッキの各部位の名称を見ていきましょう。基礎となる部分には、ウッドデッキを支える「束柱」、束柱に設置して床材を支える「根太」、根太を支える「大引き」、束柱の下に設置する「基礎石」があります。

その他に、ウッドデッキの床面となる「床板」、床板と根太の接合部分などを隠したり根太を補強する役割の「幕板」があります。各部位の名称は次にご紹介する「DIYウッドデッキの作り方」だけでなく、他の説明書にも使用されているので覚えておきましょう。

Wka3vujr8kut5wvxolzo

ここからは、DIYウッドデッキの作り方を詳しくご紹介していきます。理想的なウッドデッキを作れるように、手順やポイントをしっかり押さえていきましょう。

Ay7kmogro6jajgctvgtk

ウッドデッキをDIYする前に、設置する場所やデッキの広さなどのプランをしっかりと決めましょう。地面がコンクリートの場合は地盤がしっかりしているので基礎石を並べるだけで済みますが、地面が土の場合は砕石を敷き詰めて固めてから基礎石を置く必要があります。まずは設置したい場所の現状をチェックしましょう。

C9jpcw9ef8fnochpuljb

ウッドデッキの設置する場所や広さ・形が決定したら、束柱を設置する位置と間隔を決めていきます。目安として、束柱を設置する間隔は900~1200mm以内、根太を設置する間隔は600~900mm以内がおすすめです。基本的に床板は根太に対して垂直に張るので、基礎石の位置を決める前に床板を張る方向を決めておくといいでしょう。床板の方向が違うだけで印象が変わるので、好みの方向を確認しておきましょう。

次に、ウッドデッキの高さを決めていきます。床面が高く階段を設置する場合はどこの部分に階段を付けるのか、スペースは十分に空いているのかなど、細かくチェックしておきましょう。

1 / 4