J2czhg1nhordglkegkij

暮らし・住まい

CATEGORY | 暮らし・住まい

【上申書殺人事件】映画化された三上静男と後藤良次の現在・事件概要まとめ!

2019.07.29

死刑が確定していた元暴力団組長・後藤良次と、後藤が先生と慕っていた不動産ブローカー・三上静男。2人が起こした「上申書殺人事件」。映画「凶悪」のモデルともなった上申書殺人事件について、事件の概要や犯人の現在などを調べてみました!

この記事に登場する専門家

Ydxbk7lenuikbo8zvfpi

Webライター

Coco

アメリカ在住経験のある国際結婚ママ。若かりし頃は芸能活動も経験。趣味は筋トレと水泳という健康派。

  1. 【上申書殺人事件】事件の概要
  2. 【上申書殺人事件】宇都宮監禁殺人事件
  3. 【上申書殺人事件】事件に至るまで
  4. 【上申書殺人事件】①石岡市焼却事件
  5. 【上申書殺人事件】②北茨城市生き埋め事件
  6. 【上申書殺人事件】③日立市ウォッカ事件
  7. 【上申書殺人事件】後藤良次の生い立ち
  8. 【上申書殺人事件】三上静男の生い立ち
  9. 【上申書殺人事件】判決は?
  10. 【上申書殺人事件】犯人たちの現在
  11. 【上申書殺人事件】映画『凶悪』のモデルに
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/5V7A9174_TP_V.jpg

『上申書殺人事件』とは、元暴力団組長で当時別件で死刑が確定していた後藤良次が「誰にも言っていない3つの事件について告白する」と言う異例の形で起こりました。

この後藤良次が告白した3つの殺人事件には、後藤が”先生”と慕っていた不動産ブローカーの三上静男が首謀者として存在していたことが明らかとなります。

後藤良次はこの事件の上申書を提出。そして、三上静男は殺人事件の首謀者として告発をされました。後にこの事件は、映画『凶悪』モデルともなります。

ここでは、そんな『上申書殺人事件』についての概要や経緯、現在までを詳しく追っていきます!

引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/DSCF8497_TP_V.jpg

『上申書殺人事件』で登場する犯人は2人です。1人は、当時別件で死刑が確定していた後藤良次。この後藤の告白により、首謀者であった三上静男が逮捕をされています。

まずは、後藤良次が別件で死刑が確定していた経緯を見ていきましょう。

2人を殺害

引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/AMEYUUdisk_TP_V.jpg

後藤良次は、”先生”(三上静男)との共同殺人を犯した後、自分に不義理を働いた知人男性に激怒します。そして、仲間と共謀してこの知人男性に暴行を加え、手足を縛った状態で栃木県の那珂川で水死させます。

また、他の知人男性宅に押し入り、その場にいた知人男性や仲間たち4人を監禁。そして、高濃度の覚醒剤を4人に注射します。これにより、知人女性は薬物中毒で死亡。生き残った3人も、胸などを刃物で数か所刺された後、部屋に灯油をまかれ、放火をされました。


現場を後藤が離れた後、被害を受けた男性が消火をしたため、3人は死を免れることとなりました。

この事件を『宇都宮監禁殺人事件』と言い、この事件によって後藤良次は死刑判決を下されていたのです。ちなみに、この事件には三上静男(先生)は関与していません。

引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/tozanIMGL2785_TP_V.jpg

では、既に死刑が確定していた後藤良次が『上申書殺人事件』を起こした原因は何だったのでしょうか?

引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/KMKC428D358_TP_V.jpg

後藤良次は今までも数々の犯罪を犯してきました。刑務所で服役したのち、移り住んだ茨城県で三上静男に出会います。不動産ブローカーをしていた三上の元、同じく不動産ブローカーとしての知識を教えられた後藤は、不動産ブローカーとして多額のお金を稼ぐようになります。

このため、後藤は三上のことを”先生”と呼んでいたんですね。

そして、次第に2人は犯罪に手を染めるようになります。三上静男が首謀した殺人を後藤が実行し、その報酬をもらうという状態になっていました。

しかし、三上から報酬をもらう前に、後藤は宇都宮監禁殺人事件にて逮捕、死刑が確定してしまいます。そのため、三上静男は後藤への支払いを一方的に拒否。後藤は自身の舎弟の世話を三上静男に頼んでいましたが、その舎弟も謎の死を遂げます。

また、亡くなった舎弟の財産は三上静男が受け取っていたことも明らかに。このような経緯から、後藤良次は三上静男に激怒をし、2人が共犯して行った3つの殺人事件を告白したのです。

引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/RED19526H004_TP_V.jpg

では、上申書殺人事件で取り扱われた3つの殺人事件について見ていきましょう。

第1の事件として起こったのが、『石岡市焼却事件』です。

引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/AMEuminitokeru_TP_V.jpg

事件は、1999年11月に発生。三上静男が金銭トラブルのあった男性の首を絞めて殺害。遺体はその後茨城県石岡市にある三上の会社まで運び、焼却炉にて廃材と一緒に焼いたそうです。

被害者男性は60代ということまでは判明していますが、それ以外の情報はわかっていません。遺体も焼かれてしまい、証拠が残っていないことから、三上静男はこの件での起訴には至りませんでした。

この殺人によって、三上は億単位の資金を獲得したようです。

引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/okaneFTHG5261_TP_V.jpg

次に起こったのが、『北茨城生き埋め事件』です。

引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/5V7A0980_TP_V.jpg

1999年11月下旬に起こったこの事件は、埼玉県大宮市に住む資産家の男性が被害者です。三上静男はこの男性資産家を車で拉致。そして、後藤良次と共に三上の所有地まで運び、この男性を生きたまま生き埋めにして殺害。

この男性は、身柄が特定されているものの、身寄りがなかったこと。そして生き埋め現場には遺体が見つからなかったことで、三上は不起訴となりました。ちなみに、この事件によって三上は7000万円を入手しています。

引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/AME6544__TP_V.jpg

3つ目の事件は、『日立市ウォッカ事件』です。

Rrlgletuj16mzjlfbm7f
引用: https://twitter.com/KK08469771/status/1151870271692787713

この事件は、2000年7月に起こりました。被害者は、三上静男から借金をしていたカーテン店経営者の男性。三上と後藤は、この男性を軟禁状態にし、1カ月に渡って大量のアルコール(ウォッカ)を飲ませます。

元々この被害者男性は、糖尿病と肝硬変という持病を持っていました。そんな持病のある男性に高濃度のアルコールを飲ませ続けることで殺害ができると思ったそうです

そして、案の定、この男性は死亡。遺体は下会村の山中に遺棄しました。

引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/togitsuDJI_0108_TP_V.jpg

数々の殺人を犯してきた後藤良次は、一体どんな人生を送ってきた人物なのでしょうか?

Qqxpaakbdad7p7d748dn
引用: https://twitter.com/KK08469771/status/1151866550669807616

後藤は10代前半から数々の犯罪を犯してきました。最初に捕まったのは14歳。窃盗や暴力を繰り返し、少年院にも入っていたようです。16歳になると、暴力団組員の幹部との繋がりができ、後にこの暴力団に入ります。

その後も器物破損や暴力、窃盗などの犯罪を繰り返し、少年院や刑務所に服役を繰り返します。23歳の時には違う暴力団に入り、水戸支部長にまで昇格。31歳の時には対立する暴力団の組長を殺害、逮捕されるも不起訴処分となっています。

引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/maeda3gou1929003_TP_V.jpg

その後は自分の組を作り、組長に。しかし、罪を繰り返すことは続いており、何度も刑務所に服役をしていました。そして出所後に出会ったのが三上静男だったのです。


三上静男に不動産ブローカーとしての知識を教え込まれ、先生と非常に慕っていました。だからこそ、三上に裏切られた怒りによって、この上申書殺人事件が発覚したのです。

一方、三上静男はどのような人生を送ってきたのでしょうか?

Uywzz7llu4gzetu0clfc
引用: https://twitter.com/KK08469771/status/1151866618802135041

三上静男は茨城県にて、不動産ブローカーとして活躍をしていました。不動産ブローカーとは、宅地建物取引業者の免許も持たずに不動産取引をしている人物のことです。もちろん無免許では犯罪になるため、不動産取引の話があった際は不動産業者を介入して進めていきます。

三上静男は、不動産ブローカーの仕事においても非常に人格者として慕われていたそうです。顧客に対しても仕事の話だけではなく、プライベートの相談に乗ったりと親身な対応をしていました。また、失業者には格安の物件を紹介したりと、顧客の立場をよく理解していたようです。

Irbvhrbuvf0pedmruzei
引用: https://twitter.com/KK08469771/status/1151866978803441665

そのため、周りからの評価はかなり高かったそうです。しかし、実は裏の顔はお金のことしか考えていない、極悪非道な思考の持ち主だったのです。

『上申書殺人事件』での3つの殺人事件のうち、3つ目の日立市ウォッカ事件のみ、立証されて刑事裁判となっています。

Yqpixpol45bs9qplc2s3
引用: https://twitter.com/KK08469771/status/1151866690478587904

この上申書殺人事件では、後藤は懲役20年と判決が下されますが、別件では死刑が確定していたため、死刑判決は覆ることはありませんでした。

一方、首謀者であった三上静男は、無期懲役の判決を下されました。

引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/pakutaso-5005_TP_V.jpg

現在、後藤良次は東京拘置所に収監されています。

引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/USkibanaks2_TP_V.jpg

後藤良次は、死刑が確定しているものの、2019年現在で死刑執行には至っていません。上申書殺人事件では懲役20年を下されているため、まず現在はこの20年の懲役を終えることが先なのかもしれません。

また、三上静男は現在どこの刑務所で服役をしているのかは不明です。無期懲役の判決を下されているので、刑期が確定しているわけではありません。しかし、日本の無期懲役では刑務所内での態度などがよかった場合は、刑期が短くなって出所も可能になることもあるそうです。

引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/KUMA1892097_TP_V.jpg
Qmvystkwnnbi3vpdtrin
引用: https://twitter.com/KK08469771/status/1151866826806050818

数々の被害者を殺害してきた後藤良次と三上静男。この2人の起こした事件は、映画『凶悪』のベースとなっています。『凶悪』には、山田孝之さんとピエール瀧さんが出演。この『凶悪』は、実際に起こった事件を生々しく描写しています。

R1uzrqdf0d07k0bcjzzt
引用: https://twitter.com/KK08469771/status/1151868094869979136

映画『凶悪』は、モントリオール世界映画祭にも出品された良作です。物語では、実際の事件を元に作ったフィクション映画であることも示唆しています。気になる方はDVDも出ていますので、一度『凶悪』をご鑑賞してみてはいかがでしょうか?

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://twitter.com/KK08469771/status/1151871251473813504