T2hj8d9bxv1n8fetc67e

暮らし・住まい

CATEGORY | 暮らし・住まい

【付属池田小事件】幼い子供の命を奪った宅間守の生い立ちや事件概要まとめ!

2019.07.26

2001年6月に起こった「附属池田小事件」。無差別に児童を惨殺し、8人もの尊い命が奪われました。この凄惨な事件を起こした犯人は何を考え、なぜこのような行動を起こしたのか。本記事では犯人の宅間守の生い立ちや人物像、附属池田小事件の一部始終に迫ります。

この記事に登場する専門家

Qdssr8zautrbmddalmnv

elife専属ライター

ナベさん

チャームポイントはメガネ。趣味は友達と家飲み。

  1. 附属池田小事件とは
  2. 附属池田小事件の一部始終
  3. 附属池田小事件の概要|宅間守の生い立ち
  4. 附属池田小事件の概要|宅間守の家系・家族
  5. 附属池田小事件の概要|宅間守は結婚していた
  6. 附属池田小事件の概要|宅間守はいくつもの事件を起こしていた
  7. 附属池田小事件の概要|宅間守の犯行動機
  8. 附属池田小事件の概要|宅間守の異常行動
  9. 附属池田小事件の概要|2004年に宅間守の死刑執行
  10. 宇多田ヒカルさんが犠牲者に捧げた曲「FINAL DISTANCE」
  11. まとめ
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/12/12a1604db20ecbe82ecdbb2611023280_t.jpeg

附属池田小事件とは、2001年6月8日に大阪府池田市の「大阪教育大学附属池田小学校」で起こった無差別殺傷事件。当時37歳の男(宅間守)が小学校へ侵入し、刃物で次々に人を切りつけました。そして、児童8人が殺害され、教師を含む15人が重軽傷を負う凄惨な結末に。小学校を襲撃するという前代未聞の事件であったため、多くの人が衝撃を受けました。

引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/be/be888db485e968f12d2800a85ffd7874_t.jpeg

知らんおっちゃんが教室へ入ってきた


時刻は午前10時15分。ちょうど2時間目の授業が終わろうとしたとき、包丁を持った犯人“宅間守”が2年東組の教室へ乱入。悲鳴に包まれた教室内で宅間守はハアハアと荒く呼吸をし、児童を無差別に切りつけ始めたのです。


担任であった佐藤裕之教諭は児童に向かって「外に逃げろ!」と大声で叫び、児童たちは走り出します。しかし、その間も宅間守は無言でひたすら児童を傷つけ、逃げ惑い転んでしまった児童に対しても容赦なく包丁を振りかざしました。


佐藤裕之教諭がイスを投げつけたことにより、宅間守は校庭側のテラスへ。そして、次にターゲットになったのは隣のクラスである2年西組。しかし、すでに休み時間で教師がいなかったために犠牲者が最多となってしまいます。その後の治療では、馬乗りになって刺された児童がいたことが明らかになっています。


包丁で刺してる…


助けを求める児童の声に気づいた河上洋介教諭は教室へ向かいます。その間、佐藤裕之教諭と田辺義朗教諭が宅間守を追うのですが、田辺義朗教諭が刺されてしまい、大ケガを負います。


その後、宅間守は西にある1年生のクラスへ。そこでも児童が次々に切りつけられ、床には血だまりが広がっていました。とある児童によれば、教室に入ると「痛い、痛い」と言いながら泣いている友達がいたそうです。


同教室内では、背中や顔を切られながら必死で宅間守と格闘する河上洋介教諭の姿が。ケガを負いながらも、ようやく包丁を持つ手を掴み、矢野克巳副校長が包丁を取り上げます。


そして、時刻は午前10時25分。宅間守は「しんどい、しんどい」と力尽きたようにつぶやき、地獄のような事件が終結を迎えたのです。

Csi6fdecm8ek64mz3odq
引用: https://www.instagram.com/p/7W6TQdhW4I/

小学校で凄惨な事件を引き起こした宅間守とは、一体どのような人物なのでしょうか。宅間守は、1963年11月23日兵庫県伊丹市で次男坊として誕生します。しかし、母親は何かを察知したのか宅間守の妊娠自体を喜んでおらず、「あかんわ、これ、堕ろしたいねん、私。 あかんねん絶対」と言っていたそうです。

引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/df/df4e19a5a3a448a130e088fc48cc092e_t.jpeg

母親の予感通り、宅間守は幼少の頃から問題行動が目立ち、三輪車で国道の中心を走って渋滞させる、動物を虐待するなどしていました。また、宅間守の家庭は崩壊しており、母親は育児を放棄するネグレクト、父親は子どもに対して暴力を振るっていたようです。

引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/0d/0db048322406acb3c631aeeed97e7002_t.jpeg

家庭環境が悪かったからか、その後も宅間守の性格は歪んでいきます。小学校・中学校時代には、自分より劣っている同級生を「奴隷」と呼んだり、自分の前を横切った女子生徒に唾を吐きかけたりするなどの問題行動を起こします。

引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/9b/9b7842484898d022c887e69f93227f0c_t.jpeg

宅間守は小学校6年生のときに、大阪教育大学付属池田中学校の受験を希望していますが、成績が伴っていないということで受験を断念しています。このとき、宅間守は「自分を頭の良い人間に産まない両親が悪い」と、親に対して憎しみを抱いています。その後、地元の中学校に通い、工業高校へと進みます。しかし、高校では教師に暴力を振るい、入学からわずか40日で退学処分になっています。

引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/e3/e3635b75d27f18e34bf9ddf1e7fd992b_t.jpeg

宅間守の家系は、旧薩摩藩の下級武士で一家の誇りであったといいます。優秀な遺伝子が受け継がれ、宅間家の男性は法律や警察関係に就く者が多かったそうです。そんな宅間家に生まれた宅間守の父親はプライドが高く、厳格な人でした。ゆえに家族に対して暴力を振るうことも多く、宅間守に関しては父親から何度も石で殴打された経験もあるようです。

引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/73/73beeaa50537c7fa88a491e473d1eceb_t.jpeg

一方、母親は家事や育児が苦手で、家庭のことは夫に任せっきりだったといいます。また、宅間守のことを嫌い、「お前なんか産まれてこなければよかった」と暴言を浴びせたことも。

引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/41/4162f915cea8d885841ca7c976b2a996_t.jpeg

その後、成長した宅間守から暴力を振るわれたり、「お前の生活をめちゃくちゃにしてやる」「死ぬまで苦しめてやる」といった言葉を浴びせられたりするようになります。その結果、母親は精神を病み、長きに渡って精神病院で暮らすこととなるのです。

引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/a1/a1ce2c716f20106afba41aa74d01bab0_t.jpeg

宅間守は数々の職を転々としたり、いくつかの事件を起こしたりしているのですが、なんと4回も結婚経験があります。また、自分より40歳も年上の女性と養子縁組を結んでいたとの話も。さらに、逮捕後は宅間の死刑廃止運動家であった女性と獄中結婚をしています。

引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/d9/d9d2e8b33a331156ba2fb88064378cca_t.jpeg

宅間守は附属池田小事件を起こす前にも数々の犯罪に手を染めており、実に15回も逮捕されています。逮捕内容は、家出少女に対する強姦未遂や高速道路の逆走、婦女暴行、異物混入などがあります。これほどまでに悪に染まった人間が長い間野放しにされていたかと思うと、恐ろしい話です。

引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/db/db2be67869b5e6c8ecf90b0be5c8438b_t.jpeg

犯行動機について、宅間守は「大量に人を殺す事件を起こせば、私と知り合ったことを後悔するだろう」「私の苦しい思いを多くの人にわからせてやろう」「死刑覚悟で小学生を多数殺すしかない」と語っています。つまり、他人に苦しみを味あわせようとして犯行に及んだのです。

引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/87/8796c5a071160ebca419a20025dca329_t.jpeg

宅間守は逮捕当初、罪を免れようとして精神障害者を装っていました。事件現場を池田小ではなく池田駅と言う、壁に頭を打ち付けるといった異常な行動を見せていたと、当時の捜査員は語ります。結局、捜査員に詰められた宅間守は精神障害者でないことを自白。しかし、宅間守の異常行動はそれだけでは収まりませんでした。

引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/2d/2d780d97a5ed05663b98450b37245d1b_t.jpeg

遺族もいる法廷内にて、暴言を吐き続けたのです。「わしが殺したガキどもは、わしの自殺の為の踏み台の為に、生きていたんやな!」「遺族にはなにもできへんし最高や!」「ワシの人生の幕引きの道連れに、 ガキが死んだだけや!」など心無い言葉を吐き続け、最終的には退廷を命じられます。遺族ではない第三者が聞いても不快な言葉であり、遺族の悲しみは察するに余りあります。

引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/77/77e0576aaddfc5ae76d44c698e474e34_t.jpeg

宅間守は2003年8月28日に死刑判決を言い渡され、その約1年後の2004年9月14日8時16分に大阪拘置所で死刑執行。執行当日、宅間守は煙草とリンゴジュースを味わい、そのまま40年の人生に幕を閉じます。

引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/20/2082a0f3573483731d7be9cd4f8cb27a_t.jpeg

宅間守が残した最後の言葉は、「ありがとう、と僕が言っていたと、妻に伝えてください」。妻に対しては感謝の言葉を述べたものの、事件の犠牲者や遺族に対する謝罪は最後までありませんでした。

Kwzsifeetmbrl6l7fjr1
引用: https://www.instagram.com/p/Bsxrd68FUQT/

2001年7月25日にリリースされた、8枚目のシングル「FINAL DISTANCE」。この曲の制作中に附属池田小事件が発生します。犠牲者の1人が宇多田ヒカルさんのファンであったことから、少女へ捧げる曲としてリリース。CDのパッケージには、追悼のメッセージが記されています。

YouTube

引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/52/52533adabefb5c6c89e851929cc17147_t.jpeg

犯人の宅間守がここまで歪んでしまったのは劣悪な家庭環境で育ち、親からの愛情を受けられなかったことが関係しているのかもしれません。どのような理由にせよ、未来ある子どもたちの命を奪い、さらには遺族や犠牲者を侮辱するような言葉を吐いた犯人は、決して許されるべきではありません。

引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/53/532e526c56063b58ad99af72bbcce7b4_t.jpeg

また、附属池田小事件のことを風化させず、子どもたちの安全について考え、安心して暮らせる社会を作っていかなければいけませんね。そして、最後ではありますが、亡くなられた被害者の皆さまに心からご冥福をお祈り申し上げます。