E0sd1nn9li5vjc7h5vev

暮らし・住まい

CATEGORY | 暮らし・住まい

栃木リンチ殺人事件!警察の隠蔽・偽証疑惑の真相は?犯人の親が警察官だった?

2019.08.05

残忍な栃木リンチ殺人事件 !警察の隠蔽・偽証疑惑の真相について紹介!今回は少年犯罪で最も凶悪犯罪と言われている栃木リンチ殺人事件ですが、この事件はその残忍な犯行から注目されましたが、警察の対応のずさんさにも注目が集まった事件です。その真相について紹介します。

この記事に登場する専門家

Qdssr8zautrbmddalmnv

elife専属ライター

ナベさん

チャームポイントはメガネ。趣味は友達と家飲み。

  1. 【栃木リンチ殺人事件!警察の隠蔽・偽証疑惑の真相】事件概要
  2. 【栃木リンチ殺人事件!警察の隠蔽・偽証疑惑の真相】萩原らによるリンチ
  3. 【栃木リンチ殺人事件!警察の隠蔽・偽証疑惑の真相】警察に捜索願を提出するが
  4. 【栃木リンチ殺人事件!警察の隠蔽・偽証疑惑の真相】萩原の父親は警察官だった
  5. 【栃木リンチ殺人事件!警察の隠蔽・偽証疑惑の真相】事件を隠蔽しようとした
  6. 【栃木リンチ殺人事件!警察の隠蔽・偽証疑惑の真相】日産自動車の圧力
  7. 【栃木リンチ殺人事件!警察の隠蔽・偽証疑惑の真相】警察の処分は?
  8. 【栃木リンチ殺人事件!警察の隠蔽・偽証疑惑の真相】判決は?
  9. 【栃木リンチ殺人事件!警察の隠蔽・偽証疑惑の真相】現在は?
  10. 【栃木リンチ殺人事件!警察の隠蔽・偽証疑惑の真相】まとめ
引用: https://www.instagram.com/p/B0lWvY7hvEE/

栃木リンチ殺人事件は1999年12月4日に発生した少年犯罪で、拉致・監禁・暴行・恐喝・殺人・死体遺棄などを当時未成年の少年らが行った凶悪な事件です。犯人は当時未成年の萩原克彦、梅沢昭博、村上博紀です。

少年犯罪の中でももっとも凶悪で、殺害した須藤正和さんを穴に埋めで死体遺棄もしたとしてメディアでも多く取り上げられ少年犯罪のあり方が議論された事件でもあります。

引用: https://www.instagram.com/p/B0lVV_PBZNV/
引用: https://www.instagram.com/p/B0lXOwgh8Ir/

主犯格の萩原は暴力団との関係をちらつかせ、最初は梅沢、村上から金銭を受け取るいじめ行為をしていました。しかし、梅沢と村上は耐えられなくなり、萩原に話したところ「別の人間を用意しろ」と言われ、梅沢の同僚だった被害者の須藤正和さんを呼び出しました。

須藤正和さんが萩原と対面し、萩原は須藤正和さんに対しても暴力団との関係をちらつかせ現金7万円を奪いました。その後、須藤正和さんを監禁して暴行するようになりました。

引用: https://www.instagram.com/p/B0lXTVBh9gg/

リンチの内容は殺虫剤を噴射しながらライターで火をつけて被害者に浴びせたり、高温のシャワーを掛けたり、根性焼きも頻繁に行われたそうです。

須藤正和さんが勤めていた会社の上司が「無断欠勤が続いている」と両親に連絡したとこと須藤正和さんの両親は事件に巻き込まれたのかもしれないと思い警察に捜索願を提出しました。

警察に捜索願を提出した両親でしたが、事件性はない可能性が高いということで取り合ってはもらいませんでした。その時の警察官は「当てずっぽうで話すな」と話したそうです。その後、須藤正和さんの両親は梅沢と村上の両親にも集まってもらい協力を要請したところ、村上の父親が犯人は萩原の可能性が高いと話していたそうです。

引用: https://www.instagram.com/p/B0lX_MdhSDh/

すぐに両親は近くの警察署に向かい再び捜索願を提出しましたが、別の警察署で捜索願が出ているという理由で受理してもらえませんでした。そこで両親は以前に捜索願を提出した警察署に向かいましたが、警察は一向に動こうとはしませんでした。

その時に偶然須藤正和さんから電話があり、警察官が須藤正和さんの両親の友人に扮して萩原と対応しました。萩原は「誰だ?」と問いかけ警察は「警察官だ」と警察であることを名乗ってしまいました。警察が捜査している可能性があると恐れた萩原らは須藤正和さんの殺害を計画し、首を絞めて須藤正和さんを殺害し死体を遺棄しました。

引用: https://www.instagram.com/p/B0lXF4QBDNh/

何度も警察に捜索願を出しましたが、取り合ってもらうことが出来ずに挙句の果てに電話対応の際に犯人に警察であることを名乗ってしまい、犯人を刺激させてしまいそれがきっかけで須藤正和さんは殺害されてしまいました。この警察の失態は大きく取り上げられ非難の声が殺到しました。

栃木リンチ事件の主犯格となった萩原の父親は県警捜査一課の外国人犯罪対策室に籍に置いてたことがあり、事件当時は交通課で勤務している警察官でした。萩原は事件前から金銭の恐喝をしており、両親が謝罪にいき示談で事を納めていたことがあったそうです。

引用: https://www.instagram.com/p/B0lX4dIhEFi/

仕事でも勤務態度が悪く無断欠勤も多かったようで、解雇になりそうだったようですがその度に両親が頭を下げに行っていたそうです。傷害事件や窃盗も繰り返し行っていたそうですが、全て示談で保護観察のみで済んでいました。

引用: https://www.instagram.com/p/B0lYouwBXuO/

驚くことに警察である萩原の父親は須藤正和さんが行方不明になっていることも知っていたそうで、息子の萩原がこの事件に関与していることも知っていたそうです。しかし、何も行動を起こしませんでした。一人の人間の父親であり、ましてや警察官が見て見ぬふりをしていたということで萩原の両親にも大きな非難が集まりました。もし、警察官の父親が早めに対応を行っていれば須藤正和さんは命を落とさずに済んだかもしれません。

引用: https://www.instagram.com/p/B0lYJklBPFz/

なぜ、何度も捜索願を提出したのに警察は動こうとしなかったのか?警察がこの事件を隠蔽しようとしたのではないかと噂されていましたのでその詳細を紹介します。

両親が事件を疑って警察に相談した際には萩原の父親は息子が関与している可能性があると分かっていたそうです。主犯格の息子の不祥事を隠す為に警察は対応しなかったのではないかとも言われており、警察が口を滑らせて「警察官だ」と言ったのは、萩原に警察が動き出したことをあえて伝えたのではないかとも言われています。

引用: https://www.instagram.com/p/B0lXE0ehDbl/
引用: https://www.instagram.com/p/B0lYw23B9XC/

須藤正和さんが勤めていた会社は日産自動車で勤務先の総務部長は栃木県警の天下りだったと言われています。その総務部長が不祥事を隠す為に警察に圧力をかけたのではないかと憶測もそれていました。

須藤正和さんは被害者でありながら、萩原らに金銭を渡す為に同僚に借金もしていたそうです。そのことが理由で「会社施設およびその敷地内において、窃盗、暴行、脅迫、その他これに類する行為をしたとき(従業員就業規則第85条第6項)」で退職金なしの退職処分となりました。これは梅沢と同じ処分です。異論を唱えた社員はいましたが、配置転換処分や退職を促されるという不当な扱いを受けたそうです。

引用: https://www.instagram.com/p/B0lY2G6h4SP/

このように須藤正和さんが勤務していた会社も栃木県警と絡んでいたことから、事件を隠蔽しようとしたと噂されています。

引用: https://www.instagram.com/p/B0lYAUlBlGt/

今回の事件は警察の対応が大きな問題となっています。そのため国家賠償法に基づき、被害者家族は損害賠償1億5000万円を求める民事裁判を起こしました。しかし、その後高等裁判所で「栃木県警の怠慢がなくても被害者を救出できた可能性は3割程度」と判断し1100万円の賠償命令が下されました。被害者遺族は納得出来ずに上告しましたが、棄却され1100万円の賠償で確定しました。

引用: https://www.instagram.com/p/B0lY-8lByOu/
引用: https://www.instagram.com/p/B0lXwnFBrT6/

残忍な事件ではありますが、未成年者が犯人ということでどのような判決が下されるのか注目されました。少年犯罪でもありましたが、刑事処分になり2004年3月14日に初公判が行われました。

主犯格の萩原と梅沢は無期懲役の判決が下りました。。裁判所は「犯行は計画的に凶悪。極めて自己中心的で酌量の余地はない」と判断しました。萩原はこの判決を不服として控訴しましたが、東京高等裁判所は棄却し判決が確定しました。

村上博紀は懲役5年から10年の判決が下りました。村上は梅沢と同じ行動を取っていましたが、判決が異なったのは村上は直接須藤正和さん殺害に手を下していなかったのでこの判決となりました。

引用: https://www.instagram.com/p/B0lYQvFht94/

事件は須藤正和さんの遺体を埋めるのに高校生にも手伝わせました。その高校生が罪悪感を感じ出頭したことで事件が発覚しました。その為情状酌量が考慮され少年院に送られる処分になりました。

引用: https://www.instagram.com/p/B0lYIIchR0r/

判決が下されて20年が経過しています。その為懲役5年から10年の判決が下った村上はもう出所しています。萩原と梅沢は無期懲役で、最長で30年の服役ですので現在は刑務所に服役しています。しかし、事件が起きた時は19歳でしたので、50歳くらいになったら出所してくると考えられます。

引用: https://www.instagram.com/p/B0lZKIQByn5/
引用: https://www.instagram.com/p/B0lZQ4xhcIo/

今回は栃木リンチ殺人事件について紹介しました。警察が事件が発生している可能性があるのにもかかわらず動かなかったり、事件を隠蔽しようとしたことで警察にも非難が集まりました。この事件の直接の加害者は少年たちですが、世間は栃木県警も加害者だと言われた事件でした。