Ftn2eummygxng9rfsk9z

恋愛

CATEGORY | 恋愛

男を惑わすエロい唇の作り方♡キスであなたの虜にさせる裏ワザも伝授!

2019.10.29

エロい唇は女性としての魅力をアップさせ、男性を虜にさせる力を持っています。魅力的でモテるエロい唇は、日常的なケアやメイクで作れるので試してみましょう。今回は、エロい唇の特徴や作り方、男性が喜ぶキスの方法などをご紹介します。唇をエロくセクシーにしたい方必見!

この記事に登場する専門家

T4n2yudlbcxzdjjeme2y

elife専属ライター

もなりん

コスメ・ファッション・100均の可愛いものだ~いすき!大好きなものに囲まれて生活しています♡

  1. エロい唇はモテる?
  2. エロい唇の特徴って?
  3. エロい唇の特徴①:柔らかく弾力がある唇
  4. エロい唇の特徴②:健康的で血色感が良い唇
  5. エロい唇の特徴③:清潔感があり口角が上がっている唇
  6. 男性を惑わすエロい唇の作り方は?
  7. エロい唇の作り方①:こまめに保湿をする
  8. エロい唇の作り方②:パックやスクラブをする
  9. エロい唇の作り方③:マッサージをする
  10. エロい唇の作り方④:リップメイクで作る
  11. 男性が喜ぶ上手なキスの方法は?
  12. 上手なキスの方法①:キスを使い分ける
  13. 上手なキスの方法②:唇や舌の力を抜く
  14. 上手なキスの方法③:視線や表情にも気をつける
  15. 上手なキスの方法④:唇以外にもスキンシップをする
  16. エロい唇や上手なキスは唇以外のケアも大切?
  17. まとめ:エロい唇を演出してあなたの虜にさせよう!
Whaktnukwha4pm8jypaw

セクシーで色っぽい魅惑的なエロい唇。髪型や服装がナチュラルでも、エロい唇をしているだけで魅力的な印象を与えやすく、男性の目を引き付けることができます。魅力的でモテるエロい唇は、日常的なケアとちょっとしたメイクのコツで作り上げることができるので、ぜひ試してみてください。今回は、エロい唇の特徴や作り方、男性が喜ぶ上手なキスの方法などをご紹介していきます。

S59yl1vn6mvtpx7hrcde

男性からモテるエロい唇の大きな特徴は、「柔らかく弾力がある唇」「健康的で血色感が良い唇」「清潔感があり口角が上がっている唇」が挙げられます。3つの特徴について、それぞれ詳しく見ていきましょう。

Owzdojju9znkkpfn59wk

柔らかく弾力のある唇は、ぽてっとしてプルプルした潤いが魅力的。柔らかく弾力があると女性から見ても魅力的で、男性にとっては「キスしたい」「触りたい」と感じる唇ではないでしょうか。エロい唇と思わせるだけでなく、可愛らしい印象にもなるので誰に対しても好印象を与え、モテること間違いなしです。

Vdv9f4e7g6rwuohzkukg

血色が悪いと体調が悪そうに見えて、エロい唇どころか魅力が半減してしまうことも。健康的で血色感が良い唇であれば、女性らしさを強調し魅力をアップさせることができます。唇の血色感が良いと濃い色のリップをつけなくても明るく仕上がるので、リップクリームだけでナチュラルなセクシーさを演出できるでしょう。

K1kaunhzohvbq084tqfp

モテるエロい唇は清潔感を保ち、口角が上がっていることが重要。清潔感を保つには食べかすがついていないか注意するだけでなく、唇の周りの産毛を処理したり、乾燥してカサついてしまうのを防いだりすることも大切です。口角が上がっていると表情が明るく見え、大人っぽい色気を演出することができるので、口角を上向きにするように意識していきましょう。

Onynbrlkq0wxucknvkgl

唇の形は人それぞれ異なり、ケアなどで変えることはできませんが、プルプルっとした魅力的なエロい唇を作ることは可能です。それでは、男性を惑わすエロい唇の作り方を見ていきましょう。

Hycgujrn8kpsd2iejifa

潤いのあるプルプルっとしたエロい唇を作るには、こまめに保湿をすることが大切です。唇の乾燥を感じる前に、リップクリームをこまめに塗るようにしましょう。リップクリームにはいろいろな種類があるので、自分の唇に合うものを選んでください。また、リップクリームを塗るときは、横に塗りこむだけでなく、縦向きにも塗りこむようにしてください。

Ewbrl9hjr3ozfjrkzfmw

こまめな保湿ケアにプラスして、唇パックやスクラブなどのスペシャルケアを週1回取り入れると、ハリとツヤのあるエロい唇を作ることができます。唇パックのやり方は、リップクリームやワセリン、ハチミツなどを唇に塗ってからラップを覆い、約10分程パックするだけです。

Aevp0kbqsbtsgl14opax
引用: https://www.instagram.com/p/B315HuEAnU-/

スクラブは唇用のものを使用してください。スクラブをすることで唇の古い角質が落ち、ターンオーバーを促してキレイな唇に導きます。唇の皮膚は薄いので、優しく円を描くようにマッサージしてください。

Hedkwamlfhflu0la01qs

唇の血色感が悪い方は、マッサージをするのが効果的です。マッサージをすることで唇の血行が良くなり、魅力的なモテるエロい唇へ導くことができます。マッサージのやり方は、唇の輪郭に沿って優しくなぞっていくのを上下ともに10回、唇の中央から円を描くようにくるくるとマッサージするのを上下ともに10回するだけです。マッサージするときは力を入れ過ぎないように気をつけてください。

Y1xppevnkl3pkzdfpg7m

もともとの唇の厚さや色味がケアだけでは改善することができない場合、リップメイクでモテるエロい唇を作りましょう。ぽてっとした厚みのある唇にするなら、リップライナーで唇の輪郭を少しオーバー気味に描くのがポイントです。リップライナーの色は自分の唇の色に近いものを選んでください。ツヤと潤いをプラスするためにはグロスが効果的ですが、ベタっとした質感は男性からすると苦手な場合も。グロスをつける場合は、2ヶ所~3ヶ所につけて自然でさらっとしたツヤに仕上げましょう。

Zedicvizhdc7zsvy3up6

唇の形や口角のくすみが気になる場合は、コンシーラーで整えましょう。コンシーラーで整えることで、口角が上がっているように見え、理想的なエロい唇に仕上げることができます。唇の形を整える場合は、下唇から試してみると失敗が少ないです。

Kleupfok8f0xiiweiocq

キスをする際、すべて男性に任せていませんか?女性から積極的にキスをされると男性はドキッとするもの。さらにキスが上手いと男性はあなたの虜になること間違いなし。それでは、男性が喜ぶ上手なキスの方法を見ていきましょう。

Hseyywrgbzcmlfhwkgvu

いつも同じようなキスをしていませんか?キスには、軽く触れるくらいの「ライトキス」や相手の下唇を軽く噛んで左右に動かす「スウィングキス」など、いくつかの種類があります。そのときの雰囲気や気分によってキスを使い分ければ、「キスが上手い」と感じさせ、男性を虜にすることができるでしょう。

Kbwnjfp5mkgrzmpyjgm1

キスをするときにはリラックスをして、唇や舌の力を抜くように意識しましょう。唇や舌に力が入っていると、せっかくの柔らかくエロい唇の感触が固くなってしまいます。上手なキスをしようと緊張してしまうと、無意識に力が入ってしまうので気をつけましょう。

Xikyywcgm08ykzbnhi8k

上手なキスは、キスのテクニックだけでなく、「視線や表情」も重要です。キスの合間に男性の目を見つめたり、とろけたような表情を作ってみたりしましょう。視線や表情にも気をつけることで、男性の気分をより高めること間違いなし。

Rg7grj98sdelhbpksyss

上手なキスをするには、唇以外にもスキンシップをして雰囲気を作ることが大切。キスの前や最中は手を握ったり、腕や背中を触ったりしてお互いの気分を高めましょう。適度なスキンシップをすることで、気持ちよさや心地良さが倍増し、「もっとキスしていたい」と思わせることができます。

Ipgnysmxnas37sbbnl5v

エロい唇で上手なキスができても、唇以外のケアを怠るとモテるどころか魅力が台無しに。エロい唇でも、唇以外に「口臭ケア」「歯のケア」「肌のケア」をしっかりと行うことが大切です。日頃から口臭ケアを行い、デートのときには口臭予防のアイテムを用意しておきましょう。虫歯や歯周病、歯並びの悪さは口臭の原因にもなり、不潔感を与えてしまいます。歯は歯磨きやデンタルフロスなどで毎日清潔にし、歯科健診にも定期的に通いましょう。歯並びが悪い場合、歯科矯正などで改善すると唇の形が良くなることもあるのでおすすめです。

Mgtb82ktrcevyyujzzvp

キスをしているとき、肌が触れ合う場合が多いですよね。肌が清潔でお手入れをしっかりしていると、触れ合ったときに気持ちよさを感じます。顔の保湿ケアをしっかりと行い、すべすべでもちもちの状態をキープしておきましょう。

Duma7wd2hdcbcgtr3v6g

今回は、エロい唇の特徴や作り方、男性が喜ぶキスの方法などをご紹介してきました。柔らかく弾力があり、清潔感と血色感のあるジューシーなエロい唇。唇に魅力がないと感じている方でも、エロい唇は日頃のケアやメイクで作ることができます。モテるエロい唇を演出し、男性が喜ぶキスの方法を試して彼をあなたの虜にさせましょう!