2018年07月01日 UPDATE

カーディガンコーデ15選!おしゃれなレディースのおすすめコーデ【2018】

カーディガンの気になるコーデを一挙に15選ご紹介します。色んな種類があるカーディガンもいまいちコーデが分からないという方も色んなシーンやアイテムに合わせておしゃれでおすすめなレディースコーデをご紹介。きっと見つかる素敵なコーデをぜひ見つけてください。

目次

  1. 1.【ロングカーディガンと「デニム」】コーデ
  2. 2.【ロングカーディガンと「スキニー」】コーデ
  3. 3.【ロングカーディガンと「サロペット」】コーデ
  4. 4.【カウチンカーディガンと「デニム」】コーデ
  5. 5.【カウチンカーディガンと「オーバーオール」】コーデ
  6. 6.【カウチンカーディガンと「ショートパンツ」】コーデ
  7. 7.【フェミニンカーディガンと「フレアスカート」】コーデ
  8. 8.【フェミニンカーディガンと「タイトスカート」】コーデ
  9. 9.【フェミニンカーディガンと「パンツ」】コーデ
  10. 10.【レースカーディガンと「デニム」】コーデ
  11. 11.【レースカーディガンと「オーバーオール」】コーデ
  12. 12.【コーディガンとボトムス】コーデ
  13. 13.【カーディガンと「ワンピース」】コーデ
  14. 14.カーディガンコーデ 「足元」アイテム
  15. 15.カーディガンコーデ 「グッズ」アイテム
  16. 【まとめ】それぞれの特徴を活かしたコーデを!

1.【ロングカーディガンと「デニム」】コーデ

Mkpwvloxocpewvq9cttz
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcS-FR8Ai4Np9Qy_W92C3GsS7G9OwWuIV2Bxe9wwbq1YdyoewFoP
デニムとカーディガンの相性はバッチリです。どのタイプのカーディガンとも合わせやすいでしょう。持ち合わせているデニムに合わせてアイテム探しをするにはまずカジュアルをイメージしてみましょう。
最近人気の「ロングカーディガン」を合わせるとスッキリしながらも流行を抑えており多くの体系をカバーしコーデしやすいです。はじめての時はグレーや薄いベージュ・マロンカラーなどが合わせやすいです。夏は装飾ありのタイプよりシンプルな薄地タイプがおすすめです。
冬はカーディガンとコートの中間「コーディガン」タイプの厚手のロングカーディガンが防寒性もありおすすめです。
Xfiwg1xv8qahbgsnp0o5
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQoxR3ec3ATPPeu5L3bVL3QAI5R48en9rpewFsG9VadMgazH4Pv

2.【ロングカーディガンと「スキニー」】コーデ

とにかく細見え度ナンバー1です。スッキリ魅せられる分シンプルになりがちなのでアクセサリーやバッグなどでアクセントをつけるのがおすすめです。
レディーススキニーのカラーバリエーションは豊富ですがダメージ加工のスキニーが人気です。ストレッチ素材でカジュアルなイメージがありますがピンヒールやブーティーなどで足元をまとめるとい一気におしゃれ女子です。

3.【ロングカーディガンと「サロペット」】コーデ

Lscrjphcumhkn8an8ypw
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcSlOdEUZGERcaGp1YO7BKNGyexiocF7gwXcKxEluNzT3McqKdIG2A
最近流行りの「サロペット」ですがロングカーディガンとコーデするなら裾を絞ったズボンタイプの製品やタイトなスカートタイプのサロペットがまとまりやすいです。サロペットも裾が長くカーディガンがロングとなるとかなり重たくなるのでご注意。
N3qse0vbgubw6jewfbw8
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcR5dlx6I8Y8xOpJrqnNHqPINVJKqPmwD550MUpPq-wAuDR4Jd5k

4.【カウチンカーディガンと「デニム」】コーデ

Djv21ssznr3b6gd0wyld
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcRFUrLxpDQthnoWeBtBt9HMtYYH4Hr7ZEDZp7wVKUvSmBM1WLHigw
暖かい冬に大活躍の「カウチン」は保温性ナンバー1です。比較的大きなサイズと重たいカウチンは上半身が重たくなりがちなのでボトムスとの相性を考えコーデしましょう。ストレートデニムなら上下のバランスが保てそうです。レディースのカウチンでもやはり野暮ったくなりますが男性とペアルックなどしておしゃれを楽しみましょう。
Z6ttqrz6keb63zcokkxz
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcTq6rBMzw6MQOsPkhlyHbeHWjSY1AwZ-Oc4AVx47IzWWlsfHpE1gQ

5.【カウチンカーディガンと「オーバーオール」】コーデ

ネイティブ感が満載のスタイルですが流行に左右されないスタイルの為いつの時代も人気です。オーバーオールの中に着るインナーを暖かく厚着にしておけば風から身を守る最高のアイテムです。カウチンカーディガンは前開きがファスナーの物とボタンタイプがありますがどちらも着脱しやすいので寒暖調整もしやすいですね。
足元はムートンブーツや黒やブラウンなどのライダー系ブーツが似合いそうです。カウチンという性質だけに冬限定のおしゃれアイテムとなりますので寒い冬には是非チャレンジして頂きたいアイテムです。

6.【カウチンカーディガンと「ショートパンツ」】コーデ

Wacs1xvbccyk7prvatu7
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcTOc9KLAFjVjvxPL05wfthrunIclhDq7VW6PZM08fLYK2fjL0lL4A
これまでカウチンカーディガンが冬の完全防寒着仕様としてご紹介してきましたが全く切り替えて「ショートパンツ」でチャレンジしてみるのはいかがでしょうか?もちろん寒いですが重たいイメージのカウチンをボトムスのショートパンツで一気に軽い雰囲気になります。
タイツを履いたりロングブーツを合わせると上下のバランスも整いますし寒さをしのぐこともできます。ムートンブーツのロングタイプなどはキュートさもアップしますね。

7.【フェミニンカーディガンと「フレアスカート」】コーデ

Uy8mnumbhkhrvovwkqrk
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcRi5nJDAnTxrvc_as0XDT7jz0iYVeIBW9OenYFOu5n1JB67qSTspg
ふわふわ・モコモコ素材ピンクカラーや水色などのニュアンスカラーで女性らしさを表現できる「フェミニンタイプ」はアイテム展開も豊富で選択肢も多くレディースのおしゃれアイテムとしておすすめです。
Ki0nreqygfuykydfse0n
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcTuDgwkL5cBHHyPyU1Da2-k5JwLxx6spibuD33Civnz3h__g2Ur
普段着としてだけではなくちょっとしたお出掛けにも着用できシーンを選びません。購入のポイントはニット・毛糸の繊維種類にカラー・ボタンのアクセント種類の3つがあげられます。レディースのアパレル展開の中でも種類が多いので価格帯なども考慮し比較的チャレンジしやすいアイテムです。
As3yyrfvbripxfowpcue
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQJIUqfNQJg7oOk5dWjytN-Yn807ogndanhv6EEzh6avzC6jgyB0Q
冬にはウール・モヘアなどの毛糸素材が暖かさと優しさを表現でき夏の暑い季節は麻素材や薄いニット地などで涼を演出しましょう。ちょっとしたお出掛けに合わせるボトムスは「フレアスカート」がおすすめです。丈はあまり短いと清楚感がないので膝上かひざ下あたりの長さがおすすめです。
Gxd6elxjypfeb0uinde7
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcRju4s92LSQf2sDDo39gMIXFWdMCVXyAuRPE0qX-Nt160gsX0Do

8.【フェミニンカーディガンと「タイトスカート」】コーデ

Ma5mdoh28qjrcii3qqrs
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcRwPXC2ySSJTNk2Q3tbBwogFoxxRaS6XBdp-Ak4owK2OAbkfm1w
タイトスカートは腰・お腹周りのラインをハッキリみせる事になるので人気のアイテムだはありますが、なかなかハードルが高く敬遠されがちですがフェミニンなアンゴラやモヘアなどの厚めのタイプでニュアンスをぼかすことができるのでぜひ挑戦したいただきたいおすすめコーデです。
E3zox8lj51chywmvuy6g
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcTa3hRbYmPoePiz9U88ua2ZsUOExO5dh3Mhfi0NER9qE3_HtfoW
スカート丈は短めが格好良く女性らしさが表現できそうですがロング丈で後ろの裾やサイドにスリットが入っているタイプもおしゃれテクニックとしておすすめです。
Oe6ndcubz5sn1xf2glip
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQDhEAYJznxfDsCQZmlxAk5gH0ZNC5A4_vo2xkGcmOaTpKy2odU8A

9.【フェミニンカーディガンと「パンツ」】コーデ

Enild3ktddxc6dhi8smo
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcS-q9Ea6jRQ89mkdt1Hbtu0pKTDB2KhHVa5A6sSDWE1oFA4Enkw
「パンツ」コーデは会議や会合・理事会など仕事やPTA行事・役員会など大事な席にはぴったりと合いそうです。仕事が出来るイメージの中にも女性らしいおしゃれもしっかりと抑えられているコーデはとても好印象を与えます。黒・紺などのダークカラーをメインにホワイト・ストライプなどがどのような場面でも浮かないでしょう。
Cwh5b0sqsl2eshv6e6sj
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcRNDvNJZ101CH8anjGv9AQgaW6C0KG-pVHMyIsgD6T06YUuUSh15w
華やかな懇親会や歓送迎会・お祝いの会などにはピンクベージュや花柄のパンツとコーデするとより一層華やかになりお祝いにむいています。クロップドパンツなどにヒールをあわせるとおしゃれコーデもバッチリです。繊維の形状により一年中使いまわしが可能なのも嬉しいですね。
Dwupzvas2nkwsehhmgez
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcShKdJ00stv4ie7w-tcGgdx1rQ9IQmJz4KKfJYeDbBPsUVALc3j

10.【レースカーディガンと「デニム」】コーデ

最近よく見掛けるようになりました「れーるカーディガン」は防寒・保温アイテムとは違い完全にレディースファッションアイテムとしての展開が今後も楽しみです。羽織ることによって全く違った雰囲気を出すレースはカジュアルなデニムと併せても一気に女性らしさが出ます。ブラックやダメージ加工ジーンズなどデニムの種類も選びません。万能アイテムです。

11.【レースカーディガンと「オーバーオール」】コーデ

元々カジュアルなイメージのオーバーオールと合わせるとすごくナチュラルに切替られ崩し過ぎずまとまりのあるコーデになります。夏の暑い季節がメインのおしゃれアイテムとなりますがカゴバックに麦わら帽子・足元はビルケンシュトックなどのサンダルなどで可愛くコーデがおすすめです。
レースも種類やカラーが豊富なので、ロングタイプを「レースガウン」と表現することもあります。ショート(通常)丈のレースカーディガンも春から夏にかけて活躍しそれぞれのレースの編み込みタイプも楽しめカラーもブラックやオレンジなど豊富に揃っている為オーバーオールとのカラーコーデもかなり幅が広がります。

12.【コーディガンとボトムス】コーデ

Mmhndvravmgbaqve1uk9
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcTLcefrbNW78qECtAB8eipPV_yDT0uFPofIg7JgpMM5i5qMIP8x
コーディガンは防寒用としての役割を果たします。コートとしての役割もあるため丈はロングの物がほとんどです。寒い冬はダウンやコートなどですっぽり体をおおってしまいがちですが前開きタイプのコーディガンならインナーを見せられおしゃれアピール全開アイテムです。

13.【カーディガンと「ワンピース」】コーデ

Guje5i3uyesdvqvqj5ow
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQ7M61_ub0Mhl11s4jxZJ5CNwfpfKQhPQHiTktClmmME_2glAy7gg
ワンピースはアイテム展開の多いレディースアパレルの中でも豊富な種類があります。合わせるモードによって全く違うおしゃれが楽しめますね。タイトなワンピースはロングカーディガンやフェミニンカーディガンとコーデがおすすめ。カラーもワンピースが濃いカラーならカーディガンはカラーを抑えるなどのバランスが重要です。
ちょっとしたお出掛けにも大活躍のワンピースならフレアタイプのワンピースもおすすめです。ワンピースの広がりをまとめてウエスト周りはスッキリ腰から下半身はふんわりとアクセントを切り替えるなら短めカーディガンで引き締めるのもおすすめです。

14.カーディガンコーデ 「足元」アイテム

カーディガンと相性の良い足元は豊富です。比較的どのタイプも相性が良いのでどんどん試してみてください。ショートブーツやムートンブーツ・サンダルにヒール・定番人気シューズなどカーディガンと洋服とのバランス全体を考え選びましょう。
Ru7xaggcz7yeiwk2zyax
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcTc21w_5N6TlkJu51W8YQQ8zxTrhEfovBBt8vE1hZiLZyLbbZpo

15.カーディガンコーデ 「グッズ」アイテム

色々考えられるグッズアイテムですがバッグはカーディガンのカラーに揃えるとスッキリまとまりそうです。アクセサリーはフェミニンカーディガンには真珠が似合いそうでおすすめです。カウチンカーディガンならヘアアレンジをアップスタイルにしてバレッタなどのアクセサリー付けると重いイメージのカウチンも全体にバランスが取れておすすめです。
オーバーオールやサロペット・レースカーディガンとの相性が良いのはカゴバックです。春らしく夏らしく涼し気な雰囲気は見た目にも爽やかです。
Dqjx9rmgzb3iyv5szgu5
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcROJdU-YIoboeiA2aYgQtd7LxvvfobDTI3ExG-FSg-5YTvgKiAW8g

【まとめ】それぞれの特徴を活かしたコーデを!

カーディガンと様々なアイテムの組み合わせコーデを紹介しましたが、大切なのは組み合わせるアイテムの効果・特性を活かしたコーデをしてあげることです。自分のしたいコーデが見つかったら、そのアイテムについて調べてみて、カーディガンとともにそのアイテムがより活かせるようなコーデをしましょう!
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/Bkog7LuAcHQ/?tagged=%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%AC%E3%83%B3