Em0h8sygj0sfgqwvm1hh

メイク

CATEGORY | メイク

カバー力のあるファンデーションは?2019年最新の人気商品20選!

2019.01.17

カバー力のあるファンデーションを選びましょう。なぜなら、毛穴・ニキビをカバーすることで、美肌を目指せるからです。ここでは、ファンデーションの特徴や選び方・おすすめのカバー力UP商品を学ぶことができます。私も悩んでいたニキビ跡を隠すことができました!

  1. ファンデーションはカバー力が大事?
  2. ファンデーションの役割
  3. リキッドファンデーションが選ばれる理由
  4. リキッドファンデーションを選ぶポイント
  5. 失敗しないリキッドファンデーションの最強選び方
  6. リキッドタイプファンデーションの使い方
  7. パウダーファンデーションが選ばれる理由
  8. パウダーファンデーションがおすすめの人は?
  9. 失敗しないパウダーファンデーションの最強選び方
  10. パウダータイプファンデーションの使い方
  11. カバー力UPのパウダーファンデーション塗り方(基本)
  12. カバー力UPのパウダーファンデーション塗り方(メイク直し)
  13. ファンデーションとプラスでカバー力UP!
  14. ニキビ跡を隠すカバー力UPファンデーションの選び方
  15. カバー力UPファンデーションの注意点
  16. カバー力のあるおすすめファンデーション5選【リキッド・プチプラ】
  17. カバー力のあるおすすめファンデーション5選【リキッド・デパコス】
  18. カバー力のあるおすすめファンデーション5選【パウダー・プチプラ】
  19. カバー力のあるおすすめファンデーション5選【パウダー・デパコス】
  20. カバー力の高いファンデーション選びで美肌をキープしよう
Jsyr2gujybsteo6nwnim
数多くあるファンデーションの中から一つを選ぶのは簡単ではありません。選ぶポイントを知ることが大切でしょう。その一つに「カバー力があるかどうか」がチェックポイントになります。ここでは、カバー力のあるファンデーションの特徴や選び方・塗り方・おすすめ商品などをピックアップしています。
X4ux3zlhi6bogl68j3ve

美肌効果

ファンデーションといえば、見た目をキレイにするアイテムとして人気があります。肌のデコボコをなくして、キレイな肌づくりに貢献してくれるのです。

外部刺激からの保護

パウダーを塗ることで色つきの膜が1枚増えるので、紫外線が肌に到達しにくくなるメリットがあります。メラニン色素が増えるとシミやそばかすの原因になるので、ファンデーションは大事なコスメなのです。

余分な皮脂の吸収

引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQ6aU05OB43tsUC_1Tnou41EHxTbfq25ouKqz6Wz0cpMmizZSAL
余分な皮脂を吸着する力があるので、べたべたした肌にならず、清潔で快適な状態に保つのです。皮脂が無くなることで酸化を防ぎ、ニキビ予防にもつながります。
Ta9q2as798ws3ujobzz3

トレンドの質感を手軽に出せる

最近のファンデーショントレンドは、「ツヤ肌」「セミマット肌」がキーワードです。そして、リキッドファンデーションの魅力は、何といってもそんな肌質感を手軽に出すことができることで、朝の忙しい時間帯もスムーズにメイクが完了します。

保湿力・カバー力・キープ力のバランスがよい

引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcSfnbChTsojVTfXyZC-BDs4NpR_ArR0i_omAs8zBemPrA5HT_eyQA
肌が乾燥すると、せっかくのメイクも崩れやすくなります。その点、リキッドファンデーションはしっかりとした保湿力・カバー力・キープ力に優れているので、バランスよくメイクができる点でも人気があるのです。
Cyjoztdz50h0nh0rmc2w

①カバー力かナチュラルさ重視か

今流のメイクは、ナチュラルな素肌感のある仕上がりです。この状態に簡単に導けるのがリキッドファンデーションの魅力であり、人気があります。しかし、あまりに自然すぎてしまうと、隠したいシミやニキビ跡などの箇所が見えてしまうでしょう。ある程度のカバー力も重視したいところです。

②ツヤ感UPかセミマットか

ナチュラリーな感じを出しながら、トレンドのツヤ肌も手に入れたいと思っている人も多いでしょう。素肌に近い状態はツヤのある肌に仕上げやすく、逆にカバー力を重視してニキビ跡のデコボコを隠す陶器肌を作れるのはセミマット仕上げのリキッドファンデーションなので、なりたい肌に合わせて選んでください。

③肌タイプに合わせる

肌質は人それぞれ違います。乾燥肌の人はしっとりタイプで保湿ケア、脂性・ニキビ肌には皮脂コントロールタイプ、敏感肌の人は低刺激のミネラルファンデーションを選んでください。
T1wnjxhqk4ktbfbsnm3g

①明るい場所で試す

店内のコスメカウンターで試したときの印象と、明るい自然光の下で見る印象は全然違います。そのため、できるだけ自然光の下の明るい場所で、しっかりニキビ跡やシミなどがカバーされているかどうかチェックしましょう。

②オークル系だと失敗なし

同じ商品のファンデーションでも、カラーによって印象は違います。ネット通販ではどんな色なのか直接確認できないことがネックとなりますが、その場合、「オークル系」を選びましょう。日本人に多い肌色であり、色白の人は「ベージュ系」を選んでください。

③脂性肌はワントーン明るめで

脂性肌の場合、皮脂によって時間がたつとファンデーションがくすんでしまいます。リキッドファンデーションは皮脂に影響されやすいので、ファンデーション選びは慎重に行いましょう。おすすめは、ワントーン明るめのものです。
Jpimfkhjliup8zcbpmtu

①適量を手の甲に出す

まずはリキッドファンデーションを手の甲に乗せますが、適量にしてください。この適量の目安は、製品ごとに違うので、パッケージなどで確認してみてください。大体の目安は、ポンプタイプは1・2プッシュ、それ以外はパール粒程度にしましょう。

②顔の5点におく

手の甲にとったリキッドファンデーションを、顔の5点に乗せます。主に気になる顔の5点とは、両ほほ・おでこ・鼻・あごです。シミやニキビができやすく、気になる箇所なので必ずこの場所にポンポンと置いてください。

③内側から外側へ伸ばす

5か所に乗せることができたら、顔の内側から外側に向かって、ファンデーションを伸ばすようにしてください。このとき、こすると肌を傷めてしまうので、こすりすぎないように優しく伸び広げましょう。

④スポンジで押さえる

最後に何もつけていないスポンジで押さえます。リキッドファンデーションの余分な油分をスポンジに吸収させることで、昼間の化粧崩れを防ぐことができるのです。このとき、スポンジをポンポンと優しく置くようにしながら使うのがポイントになります。
Euqqwth6ds6it9laagq7

ナチュラルで化粧直しが手軽

パウダータイプのファンデーションは、仕上がりがとてもナチュラルで、濃くならない分、崩れてもすぐに直すことができます。手軽さゆえに、昼間働いている女性にとっては、休憩中に簡単にメイク直しができるので、人気が高いのです。

肌の負担が少ない

パウダーファンデーションは油脂分が少ないため、メイク落としのときに簡単に落としやすいというメリットがあります。簡単に落とせるということは、それだけゴシゴシこすらずに済むということで、肌への負担も軽減されるわけです。
Amwota8hww3d1t4xurfs

メイク初心者

肌に負担が少ないパウダーファンデーションは、10代や20代で初めてメイクをする人にとっては、始めやすいファンデーションといえます。塗るのがとても簡単なので、テクニックがさほど必要ないという点でも多くの人に人気があるのです。

ナチュラルメイクをしたい人

ごくごくナチュラルなメイクをしたい人にとっては、パウダーファンデーションがおすすめです。素肌に近いメイクになるので、とくに技術も必要なく、簡単にできます。迷ったらパウダーファンデーションを選びましょう。
Omieljb6qrh5dv8egveg

①肌色別に選ぶ

人の肌の色は十人十色で、ファンデーションのカラー選びも大切な要素です。たとえナチュラルメイクができるパウダーファンデーションでも、自分の肌に合っていないと自然な仕上がりにはなりません。購入する前にテスターで手などにつけてみるとよいでしょう。

②仕上がりで選ぶ

同じカバー力に優れたパウダーファンデーションでも、仕上がり具合が異なる場合があります。例えばマット肌になったりツヤ肌になったりとさまざまです。まずは自分がどんな肌に仕上げたいのかイメージする必要があるでしょう。

③カバー力で選ぶ

パウダーファンデーション選びの最大のポイントとして、カバー力を挙げる人は多いようです。しかし、購入してから肌に合っていないと、ムダになってしまいます。実際に毛穴やニキビ跡・シミ・くすみがカバーできるのかどうか自分の肌でチェックしてみましょう。

④肌質・悩みで選ぶ

引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcTr4R-bXi8FpuzlD26HGaNLDW0hB7NxbgjcNO49bEYoV8Qk23nprw
パウダーファンデーションといっても、すべてが同じ効果が得られるわけではありません。保湿効果があるものやニキビ肌向けのものなどさまざまです。乾燥肌・敏感肌・脂性肌・混合肌と悩みや肌質に合ったものを選ぶのが、失敗しない最大のポイントといえるでしょう。
Wh9w1zdy2kmshj9zgk0c

①スポンジにファンデーションを乗せる

まずスポンジにパウダーファンデーションを取ります。取る量の目安は、大体スポンジ半分~3分の1程度です。一度に取りすぎてしまうことがないように、足りなくなったらまたつけるといった具合に行いましょう。

②内側から外側へ伸ばす

スポンジにとったパウダーファンデーションの基本的な塗り方は、顔の内側から外側にすべらせるようにつけていくことです。ほほなどの広い部分は多めに、逆に皮脂が出やすいTゾーンはうすめにつけてください。

③フェイスラインもしっかりなじませる

最後にフェイスラインです。首と顔の色がはっきり違ってしまうと、違和感を覚えるため、フェイスラインもなじませることがポイントです。最後に鏡でチェックして、顔だけ色が白くて浮いている、なんてことがないようにしましょう。
Lspib8wvrbzx5zjteq97

①化粧下地とコンシーラーを塗る

パウダーファンデーションを塗る前に、肌の状態を整えておく必要があります。まず化粧下地で、もしも使わない場合は化粧崩れになりやすいので、準備しておきましょう。また、シミ・そばかす・ニキビ跡など、気になるところをカバーするのに便利なのがコンシーラーなので、こちらも塗っておいてください。

②順番通り塗る

つける順番も大切です。まず両ほほからスタートして、おでこ・鼻・あごという順番で、外側に向かって塗っていきましょう。全体的にファンデーションを塗ったら、フェイスブラシなどで余分なファンデーションを落とすと、自然な仕上がりになります。

①ティッシュで皮脂を抑える

日中は皮脂が出やすく、メイク崩れの原因になるため、余分な皮脂をティッシュなどで抑えていきます。ゴシゴシこすると炎症を起こし、ニキビやシミができやすくなるので、優しく吸わせる感覚で行ってください。

②綿棒で気になる部分をメイク落とし

ファンデーションのヨレがある場合は、乳液をつけた綿棒できになる部分のメイクを落としましょう。そして、再度乳液をつけて保湿ケアしてください。

③保湿・ファンデーションをつける

ここでしっかり保湿ケアをしなければ、シミやニキビの要因になってくるので、しっかり乳液をつけます。最後にパウダーファンデーションをブラシなどで軽く乗せてください。
Wugdhrnoklrn3rfanlhv

①化粧下地

ファンデーションの密着度を高めて、もちをよくしてくれるのが化粧下地です。先に選んだファンデーションとの相性を考えながら購入すると、失敗がありません。例えばカバー力のあるファンデーションであれば、下地はほんのり色あじを補正してくれるタイプで十分です。

②フェイスパウダー

ファンデーションとセットで使うのであれば、フェイスパウダーは外せません。仕上げの段階で美しい肌をキープさせる役割です。プレストタイプとルースタイプがあり、カバー力を求めるのであればプレストタイプがおすすめになります。

③コンシーラー

ファンデーションで全体的に肌の悩みを隠そうとすると、どうしても厚化粧になってしまうのですが、シミ・ニキビ跡などピンポイントでカバーするとごく自然な仕上がりになります。こういったときにコンシーラーは人気が高く便利なのです。
Yj3naqqfmsa1kefmq3r0

赤みタイプ

ニキビ状態が赤みタイプであれば、パウダーファンデーションで、色は黄色やベージュ系、カバー力の高いタイプが向いています。赤みタイプはまだニキビの炎症が続いている場合があるので、パウダーよりも刺激が強いリキッドタイプは避けるべきでしょう。

色素沈着タイプ

ニキビ跡やシミなどは色素沈着している状態なので、BBクリームが向いています。肌の炎症を抑えながら傷跡もカバー、UVカット力やカバー力の高さなどから、人気があるのです。

クレータータイプ

ニキビが進行したクレーター状態の肌では、リキッドファンデーションがおすすめで、保湿力が高い、密着力が高いタイプを選びましょう。パウダータイプは粉浮きしやすいので厚くなってしまうため、保湿力の高いリキッドファンデーションで潤いをキープしてください。
X7ro5dtae52batrakklr

粒子の細かいタイプは肌トラブルになりやすいので注意

シミやニキビ跡をしっかりと隠すことができる、カバー力の高いファンデーションを選ぶ場合、どうしても粒子の細かいタイプになってしまうのですが、毛穴に入りこむと肌トラブルの原因になるので、注意が必要です。

【カバー力・プチプラ・リキッドファンデーション】①マキアージュ ドラマティックスキニーフィルムリキッドUV

引用: http://www.shiseido.co.jp/resources/sw/products/img/20170911/SHOHIN_PL_C1_710601_pc.jpg
薄いフィット感ながら、気になる毛穴も自然にカバーしてくれるリキッドファンデーションです。サッと伸びて、肌をきめ細かく包みこみ、ピンとハリのある肌にしてくれます。みずみずしい立体感のある仕上がりが魅力的です。

【カバー力・プチプラ・リキッドファンデーション】②レブロン カラーステイ メイクアップ

引用: https://www.revlon-japan.com/assets/data/150_420-420x625.jpg
オイルコントロールしながら、潤いをキープできるリキッドファンデーションです。ヒアルロン酸Naなど5つの潤い成分が配合されているので高い保湿力を誇ります。他にもテカり・皮脂くずれを防いでくれるので、24時間落ちにくい・くずれにくいキレイをキープできるわけです。

【カバー力・プチプラ・リキッドファンデーション】③ケイト シークレットスキンメイカーゼロ

引用: http://www.nomorerules.net/all_products/images/ap_face21_img.png
ひと塗りでしっかりとカバーしてくれるのに、厚塗り感がないのが人気のリキッドファンデーションです。軽いつけごこちで、肌にスルスルとすべるように広がるため、色ムラや肌のデコボコもしっかりと隠して、明るい肌色になります。

【カバー力・プチプラ・リキッドファンデーション】④メディア クリームファンデーション

引用: http://www.kanebo-cosmetics.jp/media/lineup/images/index/index_found04.jpg
カネボウのコスメブランドであるmedia(メディア)のクリームファンデーションです。濃厚なクリームが、乾燥しやすい肌に潤いを与え、くすみがちな肌もぱっと華やかな印象に仕上げます。

【カバー力・プチプラ・リキッドファンデーション】⑤メイベリン ドリームホイップ スムース リキッド

Hzdsie4aemo3eivvsdau
引用: https://www.maybelline.co.jp/~/media/mny/ja_jp/face/foundation/dream%20whip%20smooth%20liquid/modules/dream-whip-smooth-liquid-o.jpg?w=300&hash=7692AD236559F565B91248DCD3C0E9256F05D76A
ふんわりしたテクスチャーが心地よいメイベリンのエアーホイップファンデーションです。肌にスルッと伸びる軽い感じなのに、仕上がりはしっかり毛穴レス状態にしてくれるので、ナチュラルメイク派の人に高い人気があります。
Wpvw8z3ahhd2pmoumaon

【カバー力・デパコス・リキッドファンデーション】①dプログラム メディケイテッド リキッドファンデーション(医薬部外品)

引用: http://www.shiseido.co.jp/resources/sw/products/img/20171012/SHOHIN_PL_C1_626601_pc.jpg
トラネキサム酸を配合しているので、肌荒れをしっかり予防してくれる人気のファンデーションです。ニキビやシミを防いで、滑らかな肌を目指します。しっかりとフィットして、つややかですこやかな肌に見せてくれるのです。

【カバー力・デパコス・リキッドファンデーション】②エスティローダー ダブル ウェア ステイ イン プレイス メークアップ

引用: https://www.esteelauder.jp/media/export/cms/products/558x768/el_sku_1G5Y12_558x768_0.jpg
大人気の化粧品ブランド・エスティローダーのファンデーションです。至近距離でも毛穴が目立たないカバー力のすごさに圧巻されます。時間が経っても崩れないので、OLさんを中心に、高い人気を誇っているのです。

【カバー力・デパコス・リキッドファンデーション】③RMK ジェルクリーミィファンデーション

引用: http://onlineshop.rmkrmk.com/shopimages/rmkrmkrmk/0000000001453.jpg
みずみずしいジェルとカバー力の高いクリームが一つになったファンデーションです。細かいパウダーが余分な皮脂を吸収して、プリプリ肌に仕上げてくれます。ローヤルゼリーとヒアルロン酸でしっかり保湿ケアもしてくれるので、人気が高いのです。

【カバー力・デパコス・リキッドファンデーション】④クリニーク ビヨンド パーフェクティング ファンデーション 19

引用: https://www.clinique.jp/media/export/cms/products/402x464/clq_ZHG5_402x464.png
軽いつけ心地なのに、しっかりカバーできるファンデーションです。毛穴・色ムラがカバーされたパーフェクトな肌を演出してくれるので、多くの女性に人気が高く、支援されています。

【カバー力・デパコス・リキッドファンデーション】⑤ディオール ディオールスキン フォーエヴァー フルイド

引用: https://www.dior.com/beauty/version-5.1432748111912/resize-image/ep/0/390/100/0/packshots%252FPDG_y0770800_14032017.jpg
キレイな肌が続き、マットな仕上がりになるリキッドファンデーションです。薄いストッキングのような密度の濃いファンデーションが肌を包みこみながら、上質なつけ心地を実感できるでしょう。
Yt8s0e2qz6v0gpbxzixk

【カバー力・プチプラ・パウダーファンデーション】①ファシオ ラスティング ファンデーション WP

引用: http://fasio.jp/images/catalog/base/lasting_foundation_wp/item.jpg
一日中キレイが続くと人気のラスティングファンデーションです。なめらかなタッチで伸びがよく、気になる色ムラ・毛穴をしっかりカバーしてくれるので、1つはもっておきたいアイテムでしょう。

【カバー力・プチプラ・パウダーファンデーション】②ちふれ UV バイ ケーキ

引用: http://www.chifure.co.jp/products/foundation/n33civ00000012go-img/2022.jpg
水・汗・皮脂に強く、水あり・水なしの両方に対応可能なパウダーファンデーションです。テカり・皮脂のくすみを予防して、サラサラの肌に仕上げます。偏光パールが入っているので、シミ・そばかすをカバーしながら、立体的な肌にしてくれるのです。

【カバー力・プチプラ・パウダーファンデーション】③セザンヌ ウルトラ カバー UVファンデーションII

引用: http://www.cezanne.co.jp/lineup/foundation/img/item_015_2.jpg
カバー力のあるファンデーションを求めているのであれば、1つは選びたいパウダーファンデーションです。デコボコ肌をカバーして、上品マットなシルク肌に仕上げます。粒子が細かいので、厚塗り感がなく、ナチュラルメイクにしたい人におすすめです。

【カバー力・プチプラ・パウダーファンデーション】④インテグレート プロフィニッシュファンデーション

引用: http://www.shiseido.co.jp/resources/sw/products/img/20170802/SHOHIN_PL_C1_742901_pc.jpg
プロが仕上げたような美肌を演出できる人気のファンデーションです。毛穴・色ムラ・ニキビ跡・シミを自然にカバーしながら、素肌のような軽やかな透明感を出します。

【カバー力・プチプラ・パウダーファンデーション】⑤キス マットシフォン ライトファンデーションUV

引用: https://www.kiss-cosmetics.com/products/basemakeup/MatChiffonLightFoundationUv/img/main.jpg
ファンデーションのカバー力とフェイスパウダーの素肌感のいいところ取りしたファンデーションです。違和感のない自然なカバーで、テカり・崩れ知らずの美肌を作ります。
Rsqmdvdlkgzcudfznlbi

【カバー力・デパコス・パウダーファンデーション】①M・A・C ライトフルC SPF30 ファンデーション

引用: https://www.maccosmetics.jp/media/export/cms/products/640x600/mac_sku_S5JJ01_640x600_0.jpg
シミ・くすみのない透明肌に仕上げたい人にぴったりのファンデーションです。アボカドエキスなどの保湿成分を配合しているので、しっとりした光を感じるツヤ・ハリのある肌になります。

【カバー力・デパコス・パウダーファンデーション】②POLA B.A パウダリィバームファンデーションM

引用: http://net.pola.co.jp/beauty/products/upimages/002/026/item153496p1.jpg
濃厚オイルリッチ感触のバームが、肌に触れるとサラッとパウダリーな質感に変わるユニークなファンデーションです。毛穴・デコボコをカバーしてなめらかな肌に仕上げます。シミカバーとしても有効です。

【カバー力・デパコス・パウダーファンデーション】③ルナソル スキンモデリングパウダーグロウ

Mc9romwusw2cgouxjjpo
引用: http://kao-h.assetsadobe3.com/is/image/content/dam/sites/kanebo/www-kanebo-cosmetics-jp/lunasol/details/basemake/b0101008/b0101008.jpg?wid=320
パウダーファンデーションなのに、粉っぽくなく重ねても厚く感じない特徴があります。ツヤと立体感のある肌質を演出し、素肌に磨きをかけたような仕上がりは誰もが脱帽するでしょう。

【カバー力・デパコス・パウダーファンデーション】④リバイタル グラナス ファンデーション パウダリー(PF)

引用: http://www.shiseido.co.jp/resources/sw/products/img/20170216/SHOHIN_PL_C1_049501_ichiran.jpg
おしろいのようにふんわりしたつけごこちなのに、なめらかなつきで、長時間しっかりカバーします。皮脂を抑えることで、くすみのないツヤ肌を目指せるのです。

【カバー力・デパコス・パウダーファンデーション】⑤アルビオン スマートスキン ベリーレア

引用: http://static.albion.co.jp/www/images/products/6434/6434_large.jpg
つけた瞬間、サッと伸び広がり、フィットするファンデーションです。気になるところをしっかりカバーして、ふんわり感のある素肌のような仕上がりになります。
Figbvhkqc8kmtkmgkmjx
いかがですか。ファンデーションを塗ってもすぐに落ちてしまう人は、カバー力の高いファンデーション選びがポイントです。
●肌質に応じてリキッドタイプ・パウダータイプを使い分ける
●メイク初心者はパウダータイプがおすすめ
●脂質を抑えてツヤ・立体的に仕上げるファンデーションを選ぶ
素肌に近い肌質に仕上げながら、実はしっかりカバーしてくれるファンデーションを選ぶことで、10歳マイナス肌も夢ではありません。自分肌に合ったカバー力UPのファンデーションを探してみましょう。