Awtmjfnw4pfa9motqgeb

グルメ

CATEGORY | グルメ

スープジャーのお弁当レシピ!簡単10分で出来て忙しい朝にピッタリ!

2018.04.12

スープをお弁当を持っていく人が増えて、スープジャーもおベント箱のコーナーでたくさん見かけるようになりました。スープジャーならば、保温効果があるのでお弁当の時間までに余熱で火が通るから、10分ほどの手間でおいしくいただけるレシピもたくさんです。

  1. 簡単おいしい手間いらずのスープでお弁当を
  2. 【お弁当に人気のスープレシピ】ちょっとリッチにビーフコンソメスープ
  3. 色々使えるビーフコンソメ
  4. 【お弁当に人気のスープレシピ】トマトベースの簡単スープ
  5. 【お弁当に人気のスープレシピ】韓国風わかめスープ
  6. あると便利なダシダ
  7. 【お弁当に人気のスープレシピ】パスタスープ
  8. 【お弁当に人気のスープレシピ】中華風スープ
  9. 中華レストランの味になるスープの素
  10. 【お弁当に人気のスープレシピ】味噌スープ
  11. スープのお弁当まとめ
お弁当の時間、コーヒーやお茶もいいけれど、スープを食べたいという人が増えています。バッグに入れて持ち運べるスープジャーもたくさんの人気の種類が販売されていて、手作りスープのほかに、カレーなどを持ち運んでお弁当にしている人もいます。今回は、10分で作れて簡単おいしい、お弁当にぴったりのスープをご紹介したいと思います。
ビーフコンソメは、ちょっとしたコースのスープとして出てくる定番の人気スープです。その味をお弁当で手軽に食べられたら、お弁当が一気にリッチなランチコース気分です。作り方は簡単です。牛肉風味の顆粒ブイヨンをお湯に溶かすだけ。玉ねぎのみじん切りやローリエを入れるとか、牛肉をゆでたものを入れておくだけでボリュームも増えて味が断然引き立ちます。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41aaIuu6iJL.jpg
ビーフコンソメは、ほかにもいろいろなバリエーションがあります。まずは、野菜などをカットしてスープジャーに入れて、それに水を加え大体の量を決めます。それを耐熱皿に入れてレンジで沸騰させてコンソメを溶かすだけです。余熱でしっかりと野菜に熱が入るので、お昼には程よく煮えた野菜たっぷりのビーフコンソメが出来上がっています。ビーフコンソメがあれば、冷蔵庫の余った野菜でおいしいスープのお弁当が出来上がります。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71drx7D125L._SL1000_.jpg
ビーフコンソメのスープお弁当は、イメージとするとこのうような感じです。ただし、生の肉類は下茹でをしてアクを事前に取っておくのがおすすめですね。そうしないと濁ったスープになってしまいます。なお、ソーセージやハム、ベーコンは、アクが出ないのでそのまま使えます。
トマトスープは、とてもうまみが多くて、簡単にできるおいしい手軽な人気のスープです。レシピは、まずはベースとなるスープですが、野菜ジュースを使います。野菜ジュースを選ぶ時は、使っている野菜が多ければ多いほどいいですね。複雑でうまみの多いトマトスープになります。これをレンジで加熱しておいて、同時進行でベーコンと玉ねぎを炒めてスープジャーに入れるだけ。10分もかからずできてしまいます。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/91ezeBiaHjL._SX425_.jpg
野菜ジュースは。賞味期限が大体4か月ほどなので、まとめ買いしておくとかなり便利です。しかも、スープを作るのにたくさんの野菜を買わなくても1本に30種類の野菜が入っているものが多く、食物繊維はかなり期待できます。ただし、ビタミン類は、あまり期待しないほうがいいかもしれません。加熱してしまうので。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71wpcHFSnOL._SL1000_.jpg
トマトベースのスープも、やはりたくさんの具を入れて作ってもおいしいでしょう。作り方はやはり、まずはカットした野菜などをスープジャーに入れてそこに野菜ジュースを注いで、一度、耐熱容器にあけてからレンジで加熱します。沸騰したらコンソメやコショウを入れて、スープジャーに戻して出来上がりです。
洋風のスープに飽きたら、韓国風のわかめスープなどもおすすめですね。わかめなど海藻は、ミネラルも豊富で、しかも、乾燥わかめはスープに入れておけばそのうち水分を吸って膨らみます。レシピは、基本的にはお湯さえ沸かしてしまえば、混ぜるだけでできるほど簡単なスープです。仕上げに、ごま油と白ごまを振ればより風味が増しておいしいですね。
引用: https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/61YpK2wPSLL._AC_US200_.jpg
韓国系のスープなら、大体これを入れておけばOK、というのが牛肉の味がするスープの素、ダシダです。お湯に溶かすだけで、なんか韓国風スープになってしまいます。牛肉を炒めたものなどを加えたレシピもおすすめですね。スープに飽きたら、ご飯を加えてクッパにしてみてもいいでしょう。クッパでは韓国で人気の料理です。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/714yxa6DvbL._SL1153_.jpg
日本ではクッパは最初からスープにご飯が入っていますが、韓国ではスープと御飯が別盛で出てきます。お弁当にするので、事前に入れておくとお米が水分を吸いすぎてスープがなくなってしまいます。やはり、食べる直前で入れるのがおすすめです。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81OZ8VA6wEL._SL1500_.jpg
スープパスタは、やはりショートパスタがおすすめですね。ペンネやマカロニなど、早ゆでの製品がたくさんあります。スープを煮るときに同時に入れてしまうと、とろみも出るのでいろいろな応用ができるのでとても便利ですね。必要な材料を耐熱レンジに入れて過熱して、温めて置いたスープジャーに注ぐだけです。
引用: https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51Ss5cz4U4L._AC_US200_.jpg
パスタ類をレンジで調理するとき、水でスタートするとだいたい茹で時間に5分を加えたぐらいがちょうどです。自宅にショートパスタがなくてスパゲティならあるという場合は、前日から水につけておけば茹で時間9分のスパゲティでもレンジで7分でゆであがります。
ショートパスタは日持ちもするので、数種類そろえておくとバリエーションが増えてランチタイムが楽しみになります。炭水化物も取れるので、スープだけのお弁当でも行けるのが人気の秘密ですね。レシピも、ベースのスープを変えることで増やしていくことができるのがおすすめのポイントです。
中華風のスープもおすすめです。もやしやシイタケ、そして溶き卵の入っているスープもバランスが良くて人気のスープですね。レシピは、もやしやスライスしたシイタケを耐熱容器に入れて中華スープの素を加えてレンジで加熱します。加熱終了とともに溶き卵を加えて攪拌して、コショウを加えてスープジャーに入れるだけです。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51rCJ9ZPxlL.jpg
中華スープの素は、チャーハンや炒め物に使えるので、大きめのものを一つ持っていてもいいですね。中華スープは、ラー油や酢などを加えて味を変えるのもおすすめのレシピです。春雨などを加えても、中華レストランの味とそん色ないものが食べられます。
前日になべなどをした場合、その残りに中華スープの素を加え、レンジで加熱したら中華スープに再生できます。具だくさんの鍋は、たいてい中華スープに転用可能なので、わざと食べ残してもいいかもしれません。
お味噌汁のレシピはとても簡単です。沸騰したお湯に出し入りのお味噌を溶かすだけです。あとは、乾燥したみそ汁の具が市販されているので、それを入れておけば完成です。お味噌は、沸騰させないほうが風味が損なわれない野で、煮込むよりもお手軽レシピのほうがおいしいかもしれません。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71RX8rPWuSL._SX466_.jpg
お味噌汁の具ですが、冷蔵庫の野菜室にある野菜をレンジで加熱して加えてもいいですが、みそ汁の具だけを販売しているのでそれを使うのもおすすめです。人気の食品メーカーの業務用のお味噌汁の具は、量も多く、お湯にみそを説いたものに加えるだけという手軽さがいいですね。
お味噌汁に投入を入れるのもおすすめです。普通のお味噌汁よりもコクが出るので、味わい深くなります。味噌も投入も大豆製品なので、親和性が高いのですね。特にキノコを使ったお味噌汁のレシピがおすすめです。キノコのうまみとお味噌、豆乳のうまみのハーモニーは絶品です。
スープのお弁当のまとめは、いかがだったでしょうか。スープは寒い時期でもうれしいですし、冷房が効きすぎたオフィスでもうれしいものです。そして、しっかりと野菜が食べられるところがポイントですね。人気のレシピはたくさんありますが、お弁当向けとなるとやはり10分ぐらいで手軽にできて、レンジを使ったものがベストでしょう。ぜひ、活用してみてください。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/BhL6gLrBGWk/?tagged=%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%97%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%BC