X7cpzmppslrgsuhnxiev

暮らし・住まい

CATEGORY | 暮らし・住まい

悪酔いの症状と対処法まとめ!悪酔いしない予防法も徹底解説!

2018.04.11

なぜ悪酔いをしてしまうのでしょうか?ストレスや睡眠不足、安い酒を飲んだから…悪酔いしてしまう原因はいくつかあります。今回は、悪酔いの症状や対処法、予防法を解説していきます!悪酔いの原因や対処法、予防法を身につけることでお酒を楽しく飲むことができますよ。

  1. 悪酔いとは?
  2. なぜ悪酔いするのか?
  3. 悪酔いの症状とは?
  4. 【悪酔いの症状①】頭痛
  5. 【悪酔いの症状②】吐き気
  6. 【悪酔いの症状③】不快になる言動をとる
  7. 悪酔いの対処法は?
  8. 【悪酔いの対処法①】吐く
  9. 【悪酔いの対処法②】水分補給をする
  10. 【悪酔いの対処法③】グレープフルーツジュースを飲む
  11. 悪酔いを予防しよう!
  12. 【悪酔いの予防法①】ゆっくり飲む
  13. 【悪酔いの予防法②】空腹で飲まない
  14. 【悪酔いの予防法③】食べ物で防止
  15. まとめ:お酒は飲み過ぎに注意!
Rui5orr4uzpaejijj7w9
悪酔いとは、お酒に酔ってしまい気分や体調が悪くなってしまうことです。多くの人が1度は悪酔いの経験をしたことがあるのではないでしょうか。
「悪酔い」と「二日酔い」は同じだと思いがちですが、全くの別物で症状が現れるまでの時間に違いがあります。悪酔いは、飲酒後2時間~6時間の間に症状が現れ始めます。それに比べて二日酔いは飲酒後8~14時間前後に症状が現れます。
悪酔いは、お酒に強い人よりも弱い人に多い症状と言われています。しかし、状況や体調によって誰でも悪酔いしてしまう可能性があるので、お酒の強さに関係なく気をつけましょう。
Sqanzdcb6calikpk96dj
楽しく気持ちよく飲める日や悪酔いしてしまう日、同じ量を飲んでいても日によって酔い方に違いがあるのは、飲むお酒の種類や体調などに原因がありました。なぜ悪酔いしてしまうのか、その原因を見ていきましょう。

体質が原因

Obv8m8x5qonh0tu1ewqh
悪酔いしてしまう原因は、体質によることが多いです。日本人の約6割がアルコールに対して弱いとされています。お酒に弱い体質の方が悪酔いしやすい原因は、不快感の原因となるアセトアルデヒドを分解する力が弱いからです。
体内に入ったアルコールは、アルコールからアセトアルデヒド、酢酸の順に分解されていきます。アセトアルデヒドを分解する力が弱いと、血液中にアセトアルデヒドが一定の時間残ってしまいます。さらにお酒を飲んでしまうと、血液中にアセトアルデヒドの比率が高くなり、悪酔いの症状である頭痛や吐き気を引き起こします。

安い酒が原因

Opfuwdwnxzwmty0qah2w
スーパーやコンビニで安い酒を買って宅飲みをしたとき、または居酒屋で安い酒を飲んだとき。なぜか安い酒を飲んだときにだけ悪酔いの症状が出てしまうという方もいるのではないでしょうか。
安い酒を飲んで悪酔いしてしまう原因は、安い酒に含まれている添加物や不純物にあります。安い酒に含まれている人工甘味料や糖類などが不快感の原因になり、不純物が混ざっているとアルコールの代謝が遅れ、アセトアルデヒドが発生しやすくなって悪酔いを引き起こします。

アルコールの種類が原因

Uef6bn8t64ucrowvcoy3
アルコールの種類は、大きく分けて「醸造酒」と「蒸留酒」に分けられます。醸造酒はワインやビール、日本酒などで、蒸留酒はウィスキーや焼酎などです。醸造酒には、分解しずらい成分のメタノールが多く含まれているので、悪酔いしやすいです。
蒸留酒は、不純なアルコールが取り除かれ、体で分解しやすいお酒になるので悪酔いや二日酔いなどの症状を引き起こしにくいです。醸造酒ばかりをたくさん飲んでいると、悪酔いの原因になるので、比較的お酒に弱い方は蒸留酒のお酒を選ぶと良いでしょう。

飲むペースが早い

Uaauhyzx1f2ddstqweaw
お酒を飲むペースが早かったり、一気飲みをしたりしたときに酔いが早くまわったという経験はありませんか。お酒を飲むペースが早いと、アセトアルデヒドの分解が間に合わず悪酔いを引き起こします。
お酒の強さに関係なく、飲むペースをコントロールしないと悪酔いを引き起こすので注意が必要です。特に1人で飲むときはペースが早くなりがちなので要注意。

ストレスが原因

Bnbqzvind3zemmy1atix
ストレスが溜まると、ストレス解消にお酒をたくさん飲むことがあると思いますが、ストレスが原因で悪酔いしてしまう場合もあります。過剰なストレスで胃や肝臓に負担がかかっていると、胃や肝臓の機能が低下し悪酔いを引き起こしやすくなります。
ストレスを感じる度にお酒に走ってしまうと、アルコール依存症になってしまうおそれがあるので、お酒によるストレス解消はほどほどにしましょう。
Q0gpiwchzt74vw6yxsvb
悪酔いは主にどんな症状が現れるのでしょうか。悪酔いと思われる症状が現れ始めたら、ひどくならないうちにお酒を飲むのを止めてしっかり対処していくことが大切です。
Yyvrlhhmmagq8jld5hal
お酒を飲んでいて、頭痛が起こった経験はありませんか。気持ちよく楽しい気分よりも、頭痛が始まったら酔いがまわってきた証拠です。頭痛がひどいと楽しくお酒や食事を楽しむことができません。
Wcbes4zpfesron5ee4v2
どの症状よりも1番辛いのが吐き気です。吐き気の症状が現れ始めたら、お酒を楽しむどころではありません。少しでも「気持ち悪いな」と感じたら、お酒ではなくお水を飲むようにしたり、早めにトイレに行きましょう。
Enp9gyol4nmvufmffpfp
悪酔いをして後に後悔する大きな理由は、悪酔いしている最中に不快になる言動や行動をとってしまうことです。悪酔いによる言動で関係が壊れてしまうことも。お酒による体調不良で迷惑をかけるよりも、不快な言動をとって迷惑をかけることのほうが悪印象なので気をつけましょう。
Gox4hegn9ksqyyzcwjof
「悪酔いしそう」「悪酔いしてきた」と感じたらすぐに対処しましょう。悪酔いしたときの対処法を身につけておけば、どんな飲み会でも怖くありません。
Gpbnbrcnbdn0q1pqats3
1番効果のある対処法は、吐くことです。体内のアルコールを吐き出すことでとても楽になり、軽度であれば吐き気もすぐにおさまります。
吐くのは苦しくて苦手だという方も多いと思いますが、我慢せずに吐いてしまったほうが気分も体調も良くなります。我慢し続けてしまうと、トイレまで間に合わないという場合もあるので、早めの対処を心がけましょう。
C3slutt1xnv0wozqt1jd
悪酔いをしたときには、お酒以外の飲み物で水分補給をしましょう。水やお茶などの水分を多く摂って利尿を促しアルコールを尿と一緒に体外へ排出させましょう。また、利尿作用が働きトイレの回数が増え、そのまま水分を摂らないでいると脱水症状を引き起こすおそれがあります。酔いがおさまってきても、トイレに行った後は水分補給を続けましょう。
Ap3e2ax2p1oaqjxtcifi
グレープフルーツに含まれるビタミンCは、アセトアルデヒドの分解を促す効果があります。グレープフルーツジュースが苦手であれば、オレンジなどの柑橘系の100%ジュースでもOKです。悪酔いしてきたと感じたら、お酒ではなくグレープフルーツジュースを頼みましょう。
また、果糖による質の良い糖分を取り入れることによって、飲酒後の空腹感を抑える効果も期待できます。
Lky39ki6ffeqbdaax023
悪酔いをしてしまわないように、しっかり予防することが大切です。お酒を飲む前に、悪酔いや飲み過ぎ対策として効果のあるドリンクを摂取することも大切ですが、対策のドリンクを飲んだからと言って油断をしてはいけません。悪酔いを予防するためには、お酒を飲んでいるときの飲み方にも注意していきましょう。
Riy42bjgoxeczrnxlk38
悪酔いの予防法として1番効果的なのは、「ゆっくり飲む」ことです。アルコールを分解するペースは人によって違うので、分解する自分のペースで飲むことができれば、悪酔いを防げます。まわりの人に合わせて飲んでしまうと、ペースが早くなり飲み過ぎることによって悪酔いをしてしまいます。
Lfiewm8bujipkdydxz79
空腹でお酒を飲んでしまうと、アルコールの吸収が早くなります。肝臓で分解しきれなかったアルコールが全身を巡り酔いが早まります。お酒を飲む前には、お腹を満たしてからお酒を飲むようにしましょう。空きっ腹にお酒は厳禁です。
Mtiplvkqoiz6dpnhnswy
おつまみなどの食べ物で悪酔いを予防することができます。お酒のおつまみの定番である枝豆は、ビタミンCが豊富に含まれていてアセトアルデヒドの分解を促進する効果があります。他にも、定番のからあげや焼き鳥などの鶏肉には、必須アミノ酸が含まれており、酔いの解消効果があります。
定番のおつまみには、悪酔い予防ができるおつまみがたくさんあります。たんぱく質はアルコールの代謝を早めるので、肉や魚、豆製品や乳製品のおつまみを選ぶと良いでしょう。
Mxtinxidlarvoquraaab
楽しい飲みの席で悪酔いをして辛い思いをしないためにも、悪酔いの予防法や対処法をしっかり頭に入れておきましょう。自分だけではなく、まわりの人が悪酔いをしてしまったときにも役立つはずです。お酒は飲み過ぎに注意して、楽しく気持ちよく飲みましょう。