Vqucov2hq1ldbz55sqsp

便利

CATEGORY | 便利

ダンボール回収情報まとめ!無料回収業者を利用して経費削減しよう!

2018.04.17

会社で出るダンボールを有料で処分している会社も多いでしょう。しかし、古紙やダンボールを無料で回収して引き取ってくれる業者があります。無料回収条件がありますが、業者へ回収を依頼することによって経費の削減にもなります。ダンボール回収情報をご紹介します。

  1. ダンボール無料回収のメリット!
  2. ダンボールリサイクル製品は?
  3. ダンボール回収の種類【無料回収】
  4. ダンボール回収の種類【買取回収】
  5. ダンボール回収の種類【集団回収】
  6. ダンボール回収の種類【有料回収】
  7. ダンボール回収業者無料回収条件①回収ルート
  8. ダンボール回収業者無料回収条件②回収量
  9. ダンボール回収業者無料回収条件③回収日
  10. ダンボール回収業者無料回収条件④回収品目
  11. ダンボール回収業者無料回収条件⑤現場回収
  12. ダンボール回収業者無料回収条件⑥出し方
  13. ダンボール回収業者無料回収条件⑦天候
  14. ダンボール回収業者無料回収条件⑧キャンセル・変更
  15. 無料回収BOXの利用も積極的に!
  16. 【まとめ】ダンボール無料回収業者を上手に利用しよう!
現在、産業廃棄物処理業者や行政のダンボール回収には費用がかかる場合が多いですが、無料で回収してくれる業者も増えています。無料回収なら、処理に掛かる一切の費用なくなるので経費削減になります。
何年も前から森林保護やゴミ削減の効果的な対策が求められていますが、ダンボールや古紙をゴミとして出している場合も多いでしょう。ダンボールや古紙は大切なリサイクル資源ですので、回収業者に回収してもらいましょう。
回収されたダンボールや古紙はリサイクルされ、トイレットペーパーやティッシュペーパー、雑誌、OA紙などに生まれ変わります。積極的にリサイクルを行いましょう。
ダンボールや古紙の無料回収は、業者の条件に合えば無料で回収してくれるサービスです。一般家庭のものから事業者のものまで回収を行ってくれます。
回収業者の最低回収量を満たしていなくても、自ら運んで持ち込むことで無料となることもあります。業者によって異なりますので確認してください。
買取回収については、業者によって金額や条件が大きく異なることがありますので、確認が必要です。ダンボールや古紙の買取り価格は、回収頻度と月間排出量でなどで設定していることが多いようです。
買取回収では、基本的に最低回収量が決まっており、量が多い場合にのみ買取回収を行っています。一般家庭からの買取回収を行っている業者は少ないようです。
集団回収とは、地域の人達が家庭から出るダンボールや古紙、アルミ缶等の資源ゴミを集めて資源回収業者に引渡す自主的なリサイクル活動のことを指します。
集団回収には大きなメリットがあり、家庭ごみの減量やリサイクル意識の向上、分別が徹底されるなど良いことばかりです。
回収業者との話し合いにより、地域や地区の状況に応じて回収日や回収品目を決められます。近年、地域や地区のゴミ捨て場に回収場所を作っている場合もありますので、積極的にリサイクルに貢献しましょう。
地域やエリア、回収業者によって異なりますが、夜間回収や休日回収を行っている業者もあります。有料となる場合が多いようです。回収量により変動しますが、費用は2000円から5000円程です。
地域などで違いはありますが、ダンボールや古紙を無料で回収してくれる業者は、それぞれに回収するルートが決まっていることがほとんどです。
回収ルート意外の場所だと、有料になってしまう場合もありますので、注意してください。回収業者に回収先の住所を伝え、確認してもらいましょう。
量が少なすぎると業者にとっては割に合わないので、断られることもあります。業者によって最低回収量が決まっていることが多いので確認しましょう。
最低回収量が50kgが一般的で、業者によって多少異なります。事業でダンボールや古紙が出る場合は、50kgを基準に、少ないようであれば溜まってから回収してもらうようにしましょう。
最低回収量わわ下回ってしまうと有料になる場合もあります。有料になった場合、回収量や回収場所によって金額が決まりますので、確認が必要です。
毎週決まった量のダンボールが出る場合は、業者と相談の上回収日を決められます。業者によっては回収日や回収曜日が決まっている場合もあります。
ダンボールが溜まる量がバラバラの場合は、規定量溜まったときに連絡をして回収してもらう方法などがありますので、回収業者と相談して決めてください。
回収業者によってはリサイクルに向いていない汚れの激しいダンボールなどは回収してもらえない場合もあります。また、ダンボールのみでの回収を断る業者いますので、注意してください。
ダンボール回収を行っている業者は、新聞や雑誌、チラシやパンフレットなどの回収も行っています。オフィスの業者によっては会社で出た不要の機密書類を回収してくれる場合もあります。
シュレッダーをかける必要はありません。箱に入れて回収され、保存箱ごと溶解処理されますので、機密情報が漏れる心配はありません。業者によってはリサイクルに当てる場合もあります。紙資源のリサイクルなど環境問題を考慮したサービスといえます。
建設現場や工事現場でも回収に来てくれる業者は多いようです。現場回収の場合、ダンボールがしっかり畳まれていてまとめてあることなど特別条件がいくつか加わります。
回収業者のトラックが、回収するダンボールや古紙に横付けできる位置に置いてあること。離れた場所に置いてある場合は、トラックまで運ぶ作業員を用意することなどです。これらが守られれば無料で回収してもらえます。
条件合わない場合、料金が発生することもあります。回収量な関わらず2000円から5000円程かかりますので注意が必要です。支払いは回収後その場で現金決済のみの業者が多いです。
無料でダンボールや古紙を回収してくれる業者の条件には、出し方を指定している場合もあります。まず種類別に分けてまとめておきましょう。
ダンボールや古紙を一緒に縛るのではなく、ダンボールはダンボールだけでまとめておきましょう。汚れの激しいものはリサイクルできない場合もありますので、分けてまとめておきましょう。
事業者でダンボール回収を業者にお願いしている場合、会社の中まで取りにきてくれる場合もあります。しかし、エレベーターのない3階以上の建物などでは、階段下に出すよう指定されることもあります。
ダンボールや古紙の回収では天候によって回収できない場合もあります。しかしほとんどの業者は、台風や豪雨、雪など業者がトラックで回収に回るのが困難と判断場合のみです。
回収日に雨が降ることが分かっているときには、ダンボールなどが雨に濡れないよう屋根のある場所に置くと良いでしょう。濡れてしまうと重くなり業者の人の作業にも影響が出てしまいます。
ダンボールや古紙が雨に濡れてしまうとリサイクルできなくなってしまいます。濡れない場所がなければ、業者に連絡をして玄関まで来てもらうなど対処しましょう。
回収キャンセルや変更をする場合は、業者に電話をするかネットで手続きを行いましょう。基本的にキャンセルも変更も1日前までとなっている業者が多いです。
しかし、回収業者はルートで回っているので、回る順番など決めています。キャンセルや変更はなるべく早く連絡をしましょう。キャンセル料など取られることはありません。
近年、街のあちらこちらにダンボールや古紙の無料回収BOX設置が見られます。この無料回収BOXはリサイクルを目的に資源を集めているBOXです。
一般の人でも事業者でも、誰でも無料でダンボールや古紙の回収をしてくれます。業者に頼むと回収の日にちや曜日を決めますが、無料回収BOXならいつでも出すことができ、とても便利です。
会社内を清潔に保ちたい場合や、ダンボールや古紙の置き場に困っている場合はこまめに無料回収BOXへ出しに行くと良いでしょう。リサイクル貢献にもなりますので、是非利用してください。
ダンボールや古紙を無料で回収してくれる業者は、全国に何百件とあります。地域に密着した業者は融通が利くのでおすすめです。全国展開している業者は安心して利用できます。
ダンボールの処分に困っている事業者は、是非無料回収業者を上手に利用して、リサイクルにも貢献してください。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://instagram.com/p/BMcrhHwFZpt/