Sbca07sshffaoukvcuph

ホビー・アウトドア

CATEGORY | ホビー・アウトドア

スリッパークラッチって?最近増えてる仕組みの落とし穴とは?

2018.04.16

最近よく聞くスリッパークラッチ。一体何なのかとても気になりますよね。スリッパークラッチはバイクにつけるものです。どのようなものなのか、なぜつけるのか、効果や仕組みなど詳しく紹介していきます。ぜひ最後まで読んで参考にしてみてください。

  1. 【スリッパークラッチとは?】
  2. 【スリッパークラッチの仕組み】
  3. 【スリッパークラッチの効果】
  4. 【スリッパークラッチのメリットデメリット】
  5. 【スリッパークラッチが必要なワケ】
最近よく耳にするスリッパークラッチ。一体何なのでしょうか。疑問に思う人も多いと思います。バイクの運転中にスリッパークラッチは簡単に言うと急激なエンジンのブレーキを少なくするためのシステムなんです。急激なエンジンのブレーキがかかるととても危ないことがあります。それを少なくするための役割を果たしているのがこのスリッパークラッチなのです。とても重要です。
もう少し詳しく言うと例えばバイクを運転していて、急カーブが来たときに、このときにはスピードを結構急に落とさなければなりません。このときにもしインフレが起こって曲がらなくなったらとてもとても危険です。こういうことを避けるためにあるのがスリッパークラッチで、とても重要な役割を果たしています。
ではどのようなシステムになっているのでしょう。実はとても簡単で簡単にいうとこうです。例えば急にスピードを出さなければいけないときに、急にスピードを出すとき、クラッチのやつにしっかりと食い込んでクラッチ滑りを防ぎます。アクセルを全開にすることによりスピードを出してそのまま滑らないようにするのがこのスリッパークラッチの役割でこれが事故を防いでいると言っても過言ではないです。
ではクラッチが出た後に、どのように切ればいいのか疑問に思う人もいると思います。これもとても簡単な仕組みになっていて、アクセルを閉じたときに自動で閉まるようになっています。なので自分でクラッチを切る必要はありません。プレーがずれたときに、自分で察してクラッチを切ってくれます。とても簡単な仕組みですよね。
スリッパークラッチの効果は先ほど行ったように事故をは防いでくれることです。バイクを運転していて、急にスピードを落としたら、急たスピードを出さなければいけない時っていうのは少なくともあると思います。そのときにエンジンが落ちたり、ブレーキが効かなくてうまくできないととても困りますよね。
バイクを運転しているときに使い方もとても簡単で、特に使い方もないので自動でなってくれるのでとっても便利です。このスリッパークラッチこそが運転中のスピードをコントロールしているようなものなので逆にない方が困るのです。このスリッパークラッチがあるおかげで事故も防げますし、安心して運転ができるのでとっても必要なものです。
メリットは先ほど言ったように、事故を防ぐ役割をしていて、とても重要な役割をしていることです。使い方もとても簡単で使い方を特に覚える必要もないのでとても簡単です。またこれがあるおかげでスピードもコントロールできるのでとても大事なです。このようにメリットはたくさんあります。
まずはデメリットは価格がとても高いことです。このスリッパークラッチは普通のクラッチよりもとても特殊なものなっているので価格がとてと高いです。なのでクラッチは必要ですが、レースにもでない限りスリッパークラッチは必要ありません。また他にも寿命がとても短いです。スリッパークラッチは使うことでどんどん削れていきます。なのですぐになくなってしまうのです。
では最後にまとめるとスリッパークラッチはバイクのレースなどに出る人にはとても必要なものです。急激にスピードなど出しても事故が起こらないように役割を果たしているのがスリッパークラッチだからです。
しかし普通にバイクを運転するぶんには普通のクラッチで足ります。これで十分なのでスリッパークラッチは必要ありません。なので安心してバイクに乗りましょう!
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: http://k-2project.sakura.ne.jp/sblo_files/k-2project/image/DSC_5548.JPG