// FourM
Vocodpx8pqukbosqhxcp

CATEGORY | 服

コーチジャケットコーデのレディース編!おしゃれコーデを画像付きで紹介!

2018.09.03

ストリートファッションでは定番のコーチジャケット。今はレディースブランドからもたくさんコーチジャケットは出ています。今回はコーチジャケットのレディースコーデを紹介しています。メンズライクなコーデの中に女子らしさを醸し出すコーデはいかかでしょうか。

  1. 冬もコーチジャケットであったかコーデ
  2. コーチジャケットをメンズライクにコーデする
  3. コーチジャケットをガーリーにコーデする
  4. ワイドパンツと合わせるコーチジャケットのレディースコーデ
  5. 細身のパンツと合わせるコーチジャケットのレディースコーデ
  6. スカートと合わせるコーチジャケットのレディースコーデ
  7. ミニスカートと合わせるコーチジャケットのレディースコーデ
  8. ショートパンツと合わせるコーチジャケットのレディースコーデ
  9. ヘアスタイルで差をつけるレディースコーデ
  10. コーチジャケットでペアルックを楽しむ
  11. 【まとめ】コーチジャケットを着こなす3つのポイント
引用: http://img5.zozo.jp/goodsimages/637/17257637/17257637B_b_02_500.jpg
コーチジャケットには裏地にボアや起毛、キルティングがついているものがあります。寒い冬は厚手の素材の物を選びましょう。またコーチジャケットはオーバーサイズの物を選んでも格好がつき、中に重ね着がしやすくなるので重ね着で寒い冬を乗り切ることもできます。
引用: http://cdn.wimg.jp/coordinate/bj0y14/20170303091440788/20170303091440788_500.jpg
王道的にストリート、スケーター風にコーデすれば間違いなしです。パーカーや、パンツ、スニーカーを合わせればストリートの王道スタイルの出来上がりです。
引用: http://cdn.wimg.jp/coordinate/ugctft/20180204001430642/20180204001430642_500.jpg
スカートなどのガーリーコーデでも外しアイテムとしてコーチジャケットは使えます。パーカーやスニーカーのスポーティーなコーデの中にフレアスカートを入れるなどすればガーリーミックスコーデの完成です。
引用: http://cdn.wimg.jp/coordinate/eikh2o/20180214162954100/20180214162954100_500.jpg
オーバーサイズのコーチジャケットをあえて肩を落として着こなしています。ボリュームを上にもっていった分パンツはすとんとしたもので。存在感のあるショルダーバックがカーキの色と相性抜群です。
引用: http://cdn.wimg.jp/coordinate/hwi59t/20171219203927688/20171219203927688_500.jpg
コーチジャケットの裾をパンツにインして裾広がりのキレイなAラインコーデです。緑の色とロゴに個性が出ていてとってもおしゃれ。インナーのボーダーシャツとのカラーコーディネートもばっちりです。
引用: http://cdn.wimg.jp/coordinate/8estbb/20180102195555317/20180102195555317_500.jpg
オレンジのコーチジャケットがとってもおしゃれなコーデ!コーチジャケットとパンツのオーバーサイズ感が身体の華奢さを際立たせていてメンズライクなのに女性らしさを感じるおしゃれなコーデになってます。
引用: http://cdn.wimg.jp/coordinate/lmb9o1/20180126160744726/20180126160744726_500.jpg
カルバンクラインのコーチジャケットがカッコイイです。ブランドものだとカッティングや素材感が美しく高級感があります。パンツの赤のラインが素晴らしい差し色に、足長効果もあります。
引用: http://cdn.wimg.jp/coordinate/hpvm7y/20180211171810658/20180211171810658_500.jpg
XLARGEの目の覚めるようなブルーのコーチジャケットにチェックのパンツをきれいに合わせています。暗い色になりがちなアウターをあえて明るいブルーを選ぶことで冬の街でも注目を集めること間違いなしです。メンズライクな着こなしですがパンツのピンク色やメイクやネイルの赤色にセクシーさを感じます。

関連記事

引用: http://cdn.wimg.jp/coordinate/sbn0ud/20180122120644032/20180122120644032_500.jpg
黒を基調としたスタイルにおしゃれにまとめています。基本の色を黒にした分ブルーとイエローが嫌味なくきいていてさすがのカラーコーディネートです。
引用: http://cdn.wimg.jp/coordinate/1bmgd3/20170129105542524/20170129105542524_500.jpg
前ボタンを占めてコーチジャケット面積が多くなるジャケット主役のコーデです。パンツはシンプルに、パーカーがポイントのスケータースタイルです。
引用: http://cdn.wimg.jp/coordinate/cug2ep/20180218234559994/20180218234559994_500.jpg
ベージュのコーチジャケットは人と被らない上に使いやすいアイテムです。黒シャツ、黒パンツでシンプルなコーデにメンズサイズのコーチジャケットを羽織るとストリート感が一気に増します。ベージュをチョイスしたこととブーティーを合わせたことで上品さを感じます。
引用: http://cdn.wimg.jp/coordinate/tcqifa/20170323184426689/20170323184426689_500.jpg
シルエットがとてもおしゃれなコーデです。長めのコーチジャケットには下半身のボリュームを抑えたいところ。ブーツインはマネしたい冬の定番コーデです。ピンクのキャップの外しが効いてます。
引用: http://cdn.wimg.jp/coordinate/z8j737/20180216004145290/20180216004145290_500.jpg
色使い、シルエットともに拍手を送りたいコーデです。明るい色のコーチジャケットを主役にインナーの紫が相性いいです。オーバーサイズのジャケットに敢えて合わせたロングスカートの裾の広がりが緩やかにマッチしています。
引用: http://i7.wimg.jp/coordinate/x3oye4/20161118211848732/20161118211848732_500.jpg
スポーティーなコーデの中にガーリーなプリーツスカートをうまく投入しています。この丈とボリュームのスカートを選ぶならコーチジャケットはジャストサイズが◎。ヘアスタイルも女子っぽさが出ているのでスポーティーとガーリーをうまく混在させています。
引用: http://cdn.wimg.jp/coordinate/9swx3h/20180217000246027/20180217000246027_500.jpg
シルエットが美しい女性ならではのおしゃれなスカートコーデ。モノトーンの差し色にブルーのコーチジャケットがポイントになっています。コーチジャケットはハイウエストにも合わせやすいです。
引用: http://cdn.wimg.jp/coordinate/bcmblo/20180115171642532/20180115171642532_500.jpg
こちらもスポーティーな中にフレアスカートを落とし込んだコーデ。トップスはジャストサイズに、フレアロングスカートできれいなAラインを形作っています。
引用: http://cdn.wimg.jp/coordinate/g1qrqt/20170328231118426/20170328231118426_500.jpg
冬でもミニスカートをはきたいときはデニールを厚めのタイツを履けば解決。モノトーンコーデは安定感があります。
引用: http://cdn.wimg.jp/coordinate/72i5ju/20171231125317700/20171231125317700_500.jpg
ミニのワンピースは裾絞りのシルエットがかわいいです。それに合わせてコーチジャケットも裾絞りしてあげるとかわいらしさが増します。かわいい柄物のタイツにデニム色と相性のいい赤の靴下で冬の寒さ対策もばっちりです。
引用: http://cdn.wimg.jp/coordinate/tcqifa/20170316142001965/20170316142001965_500.jpg
こちらもマネしたい冬コーデ。オーバーサイズのコーチジャケットなら中にもアウターが着れます。ジャケットの裾とスカートのすそをそろえているのも女性らしさを演出しています。
引用: http://cdn.wimg.jp/coordinate/tcqifa/20170605210234017/20170605210234017_500.jpg
ビックシルエットTシャツをショートパンツにイン。コーチジャケットのオーバーサイズ感とマーチンの無骨感も手伝ってスタイルの華奢な印象を残してスタイルの良さが際立っています。
引用: http://cdn.wimg.jp/coordinate/tcqifa/20170214142250348/20170214142250348_500.jpg
大きめのトップスでショートパンツが見えないくらいに隠れさせて。上半身はダボっと重ね着してその分足元はスッキリと。赤のマーチンがおしゃれに目立っています。
引用: http://cdn.wimg.jp/coordinate/jkgs62/20171117164318521/20171117164318521_500.jpg
オーバーサイズのトップスとアウターでから覗くオレンジ色のベルトがポイントです。ビックサイズのトップスに今若者の間で流行りの計算しつくされたボブヘアーで女の子らしさを演出します。
引用: http://cdn.wimg.jp/coordinate/yxcb1b/20170130180322875/20170130180322875_500.jpg
コーチジャケットとデニムというシンプルなコーデですがキャップから覗くふんわりロングヘア―が女性らしさを感じさせます。
メンズ物でもサイズを選べば女性でも着れるコーチジャケットはあります。ペアルックで楽しい気持ちになってみませんか。
引用: http://cdn.wimg.jp/coordinate/9be7an/20171126203619391/20171126203619391_500.jpg
これはお見事、完全一致のペアルックです。コーチジャケットと靴をリーボックで揃えています。
引用: http://i7.wimg.jp/coordinate/qbbdej/20160530222950605/20160530222950605_500.jpg
こちらはチャンピョンのコーチジャケットを使ったペアルックコーデ。女性の方は巻き髪とミニスカートでファッションに変化をつけています。
引用: http://i7.wimg.jp/coordinate/dw652o/20160820145611211/20160820145611211_500.jpg
女子同士の色違いペアルック。仲の良さを強調しています。コーチジャケットとキャップはXLARGE。デニムはX-girlです。デザイン違いでもブランドをそろえていると個性が出るのに統一感があります。

メンズライクにもガーリーにも着こなせる

コーチジャケットは一見メンズライクに着こなすのが正解のように思えますが、合わせ方によってはガーリッシュにも着こなすことができます。ストリート感あふれるメンズライクコーデも素敵ですが、ショートパンツを合わせてセクシーさを感じさせることもできるし、フレアースカートでメルヘンチックにもなります。どちらにもうまく転ぶ万能アイテムですね。

ジャストサイズとオーバーサイズ

サイズの選び方でも印象が違ってきます。ジャストサイズだと裾広がりのスカートと合わせてきれいなAラインを作ることができます。オーバーサイズで細身のパンツを合わせればスタイルがもったりせず、スッキリ見せることができます。しかしこれにも正解はなくて、敢えての外し技などもありますのでこれまでの画像を参考に自分が出したいシルエットに合ったものを選ぶとよいでしょう。

まずは基本のブラックから

コーチジャケットはどんなファッションにも似合うので、新しくアイテムをそろえる必要はないと思います。手持ちのアイテムをコーチジャケットコーデにうまく落とし込むことは難しくないと思います。色で迷ってる方は、まずは基本のブラックから始めてみてはいかかでしょうか。今回紹介したコーデでも黒のコーチジャケットが多いので、参考にしておしゃれに冬を乗り切ってほしいです。

関連記事

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: http://img5.zozo.jp/goodsimages/637/17257637/17257637B_8_D_500.jpg