2018年09月11日 UPDATE

ケープのおすすめ使用法!キープ力の違いやおすすめの巻き方まで!

ケープのおすすめ使用方法をご紹介します。カラーやデザインの流行などおすすめタイプや、キープ力や巻き方の方法など、ケープは用途によって、デザインや形など大変種類も多く、選択肢も豊富です。ケープをどのように使用するか解説していきます。

目次

  1. ケープとは?
  2. ケープのおすすめトレンドをご紹介
  3. ケープのおすすめ使用方法
  4. 【おすすめケープ使用法①】ケープニットはインナーとのコーデを楽しむ
  5. 【おすすめケープ使用法②】ストール風ケープはブローチ留め巻き
  6. 【おすすめケープ使用法③】前開きケープはベルト巻き
  7. 【おすすめケープ使用法④】授乳用ケープは簡単スナップ留め
  8. 【おすすめケープ使用法⑤】バスタオルラップ巻き
  9. 【おすすめケープ使用法⑥】着物の羽織りもの
  10. 【まとめ】シーンによって異なるケープのコーディネートを試してみましょう

ケープとは?

Yho44hje3lezdfzrvwop
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcS5ZS99QOhdANXj7KxK-798_PVXB08qMmfp5LP-jXF_RKiuShxZ
ケープとは、布や毛皮などで作られ、袖なしで、腕や肩回りを包み込み、その丈は短いものでした。腰丈あたりまで達するタイプもあり、前開きなのが特徴です。また、今では女性用とされていますが、中世では男性も着用していたようです。日本の合羽はケープを意味するポルトガル語のようです。
Pi3mqilpslrqiqt718rs
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcS2IXzvVVVPW8oxMTm0-cNnloGUb0LohpMi1R62ELNWvpDp7mdNJg
現在では、袖なしという定義も変わり、袖が付いている、ケープコートと言われるタイプも展開されており、マントのような暗い色とは違い、明るい色のアイテムもありファッションとして取り入れる要素が多くなっています。半円形のタイプだけではなく、デティールにはあまりこだわらないスタイルになっているようです。
Skpfyfgqkt1eylgthg16
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQOb7K-ftJ2rxnPwLHoYAHacvMDEZwyosD_AvAoHe6ruF51MlTg
日本では整髪料のケープが巻き髪やアップスタイルの髪の毛をまとめるスプレーとして有名ですが、今回はアウターのケープのご紹介をさせて頂きます。映画に出てきそうな探偵がキャスケットをかぶり、ケープを巻くスタイルとは全く違ったおしゃれなアイテムとしてご紹介していきます!
Rrm824rgg12izpr8cz69
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQUZTo1vB6TeWlnZzhpwEeeDXWG7hcbFtNvcgGzKQ-X8JDEzgjU2Q

ケープのおすすめトレンドをご紹介

Z1i6dfkdn5f6b2wyha8j
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcR5xymt6q6dj2c8c4FDhnrpQYPZeJ7Qmtb_G_NR6usqeC1lySBR
最近、流行のケープのトレンドをご紹介します。ケープはトップスのアイテムとして分類され流行のスタイルは、やはり海外からやってきます。ハイブランドから新作もどんどんでており、トレンドは「ケープニット」です。ストールのような毛質やニット製の物が多く、色はモノトーンの物が多く洗練されたスタイルが人気です。
Jdrlvg92rzcani3wiaap
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcTVFT9bls801B9silM_rv1Hi50lxJoCvyWvJPkfFaVvDh1w7sMAOg
上質の素材を使用し、ダブルボタンにキャメル色、仕立ても良く高級感を持ったタイプのアイテムが多いです。巻き髪などの華やかなヘアスタイルがお似合いです。最近では、ネイティブ柄やチェックなどをはじめ、動物や植物などの大胆な柄が入ったものも人気です。
また、結婚式やフォーマルな席にはファー素材のものがあると便利です。華やかに見せるには、ヘアスタイルを巻き髪スタイルやアップスタイルなどでスッキリまとめ、ヘア飾りなどを付けるとより一層豪華ですね。アクセサリーもポイントとして合わせてみましょう。

ケープのおすすめ使用方法

ケープの使用方法は、やはりなんと言っても防寒用としての役割が主で、それにプラス効果で形やデザイン、色などが豊富に展開されるようになり、ファッションアイテムとしての定番アウターとなっております。前開きのケープやコート風、ポンチョ風ケープなど、違いとともに使用方法などをご案内致します。
Pdqxjvfw8bnznoht17fb
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcRnwQjnLfaVy38Ih5bCH6sssKKOkubXkZGc5zETZc3eLzWY5LyWBQ
ケープはアウターなので、一番目に付くアイテムです。全体のバランスを考え、コーデをしてみましょう。ケープは襟なしのタイプが多い為、髪型は巻き髪で、首周りを華やかにするヘアスタイルがおすすめです。最近は、あらかじめ巻き髪をしておいてから、アップスタイルでまとめるニュアンスヘアも流行ですね。
ボトムスや足元は、ケープの上半身が広く大きなイメージがあるので、スリムにシンプルにまとめると、全体のバランスがとれそうです。

【おすすめケープ使用法①】ケープニットはインナーとのコーデを楽しむ

Jxhwplasrs0lwsf9tkd0
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQQ4_gNLSJM7YjuK8UcG8-pdK6e9GwIUsW_LRiehXLeRP3oS15mFw
ケープニットは前身頃がクロップド丈になっているタイプがあり、インナーを合わせるとケープニットの下からインナーが見えるので柄物やストライプなどのシャツなどが相性が良さそうです。襟元が寂しい時は、巻き髪スタイルで華やかに首元を飾りましょう。
Eiwegvxf8xccmzqnh8a0
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcTaxTBwbCvaKGWRjoefLVIhOhgxu69oEVCp5YnQdO8QciyuQxdSAQ
海外モデルは、クロップドタイプのケープニットもインナーなしで、おへそを出したスタイルで格好よく決めていますが、日本ではそのスタイルが浸透していないため、スキニーやクロップドパンツなどと合わせると良いでしょう。こちらのタイプのケープは前開きではないので、インナーとのコーデを楽しみながら使用してください。
N4hsqwljxrd4acmny1qn
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQziuN-jzXi_yY29sniSl6dkakjh87usdc_HOgOY6oCO0y2ALltgw

【おすすめケープ使用法②】ストール風ケープはブローチ留め巻き

前開きのケープには、ボタンやスナップなどが全く付いていないタイプがあります。このタイプはボタンを留めるタイプとは違い、ブローチで胸元を留めて寒さを防ぐ役割と、おしゃれなコーデを楽しむことが可能です。
C1gpt6isua74b8fytafx
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQWS7xLXJalIDvDT4KWIRfHXRS5zvSfb7-5ff34bejv1xC3ftBT
ブローチは大きなサイズがより華やかに見えますが、ゴージャスなタイプやナチュラルなハンドメイドタイプなど、豊富な種類をシーンによって変える事が可能です。最近では、ハンドメイドなどで周りの人とは違い、世界に一つだけのブローチを選ぶ事ができます。
Q20whu98cklxppap4dvo
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcTU-ADx8uxuTZdV3Nn7uf55fHSQza4nXiaSROnRlMya70xw64FtOA
ケープがニット製や毛糸など、繊細な素材のものが多いので、ピンの針でケープが破れたりしないよう注意しましょう。また、取り扱い時のケガには注意しましょう。
Fng1vlt4xerw0osgfovn
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcTI0WMFeZ5bixu6OPBPNrw43aKc5NWMQUNt8c7ad_nb7zs49MFhgg

【おすすめケープ使用法③】前開きケープはベルト巻き

次にご紹介するのは、ベルト留めです。最近、アレンジに良く使われるベルト。ケープやシャツの上から、太い幅のサイズのベルトを巻き付けるコーデが流行しています。ただ、ケープ自体に厚みがあるので、シャツとは違い、ベルトの長さに余裕が要ります。
Jeo0klw0udskm1tnkbah
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcTXfsdVYXJBzMMKRkbJggxvy06CM9PQENLVaCnkaJLl8Ix7hicx
こちらのタイプも、襟なしタイプのケープに良く似合うコーデです。ベルト次第で大人モードを表現できますね。襟元が寂しく感じる時は、巻き髪スタイルで髪をおろして、さらに大人モード感を出してみましょう。
また、共布のベルトが付いているケープはコーデの応用が効くので一つあると便利です。こちらはベルトの長さに余裕があるので、リボン結びをしたり、斜め横の位置でくくってみたり、ベルトの結び方でアレンジ出来ますね。
Pq34kygn6bzwuextepqm
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcTTE7OuLGG1IYW1JQqqjqeVJu2P5ETjBAnAb6Y8z1kOZXbkI0V0nQ

【おすすめケープ使用法④】授乳用ケープは簡単スナップ留め

Sitjnbse2q90ihabi1jm
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQTbgoYN8AZu1Uej04GRcI2WpvhHYi2ALufd6WQQT5tOpMgfdnv
授乳用ケープは、赤ちゃんが生まれた頃に必要な用品として、最近では産着や寝具と同じように準備品としてあげられます。出産祝いとしてのプレゼントにも喜ばれます。あまり派手な色ではなく落ち着いた色を選びましょう。
Wcnte9xzeriupekpzfdm
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcRDfhmLoC_dPMV0E6WSFraiDJ1kzRYwZ5bcqfb8O0hbp2cvudG7
こちらのケープは色んなタイプのものが展開されており、スナップで留めるもの、頭からすっぽり被るタイプ、ゴムで伸び縮みするタイプなど様々です。選択肢が多く選ぶ楽しみも増え使用方法も様々です。とにかく、赤ちゃんは授乳を待ってくれません。早く準備でき装着できるタイプが良いでしょう。
また、赤ちゃんの敏感肌に触れるものなので、清潔に保ち、洗い替え用等で、色違いや、タイプ違いの物があると大変便利ですね。

関連記事

【おすすめケープ使用法⑤】バスタオルラップ巻き

バスタオルをスナップで留めることが出来るタイプのケープ。子供の頃から、プールやお風呂上りなどで大活躍のタイプです。前見頃でスナップボタン5つ程をすべて留めるとすっぽり体を隠す事が出来、着替えに便利です。
スナップボタンのキープ力は優秀で大人用の大きなバスタオルも展開されております。濡れた体を拭くバスタオル本来の役割も果たし、なかなかの優れものです。色、デザインなども多数あり季節を問いません。
Nmau6m1c4wabhaz4iugs
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcReqknX6XVOPVZZGlYer3UTkPiB-ILkN-OTkLM0j_EJMgXbvhMP

【おすすめケープ使用法⑥】着物の羽織りもの

和服に似合うケープもあります。最近では、着物を着る機会が少なく出番が少ないのですが、寒い冬の時期には、着物にケープを巻いていると、上級者の装いになりますね。着物の時は、ニットなどとは違い、ファーや毛・アンゴラ素材など上品なタイプが良いでしょう。
Up512fiv1bj0ojxen1do
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcRufXUMVyD8fzIIquIfKy0puv-YGdl60Re1TJWFgvRhhbQaSS8bZg
着物の性質上、派手な色より、控えめで無地のタイプや、ワンポイント刺繍が入っている程度のものが良いでしょう。また、ファー素材のケープは、ドレスなどの洋装にもコーデしやすいので、おすすめアイテムです。

【まとめ】シーンによって異なるケープのコーディネートを試してみましょう

様々なケープを紹介してきました。寒い冬は暖かく体を包んでくれるケープも、おしゃれなタイプが多く、いろんなコーデが楽しめる事がお分かり頂けたことと思います。ベルトやブローチなどのアイテムを変えたり、素材を生かしたり、おすすめのヘアアレンジ巻き髪で、全体のトータルコーデを楽しんでください。
P8cuiyyhbas4pzijmhax
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcTHuXBnUwyiPZ_HWyCBioMNmsSHwHMmo-cWqnnnG3G1S0LkbKLE2g

関連記事

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/Bc4-tM9lFFk/media/?size=l