Wuvwyalikegcu0lz80jo

CATEGORY | カテゴリー

ケープのおすすめ使用法!キープ力の違いやおすすめの巻き方まで!

2018.09.11

ケープのおすすめ使用方法をご紹介します。カラーやデザインの流行などおすすめタイプや、キープ力や巻き方の方法など、ケープは用途によって、デザインや形など大変種類も多く、選択肢も豊富です。ケープをどのように使用するか解説していきます。

目次

  1. ケープとは?
  2. ケープのおすすめトレンドをご紹介
  3. ケープのおすすめ使用方法
  4. 【おすすめケープ使用法①】ケープニットはインナーとのコーデを楽しむ
  5. 【おすすめケープ使用法②】ストール風ケープはブローチ留め巻き
  6. 【おすすめケープ使用法③】前開きケープはベルト巻き
  7. 【おすすめケープ使用法④】授乳用ケープは簡単スナップ留め
  8. 【おすすめケープ使用法⑤】バスタオルラップ巻き
  9. 【おすすめケープ使用法⑥】着物の羽織りもの
  10. 【まとめ】シーンによって異なるケープのコーディネートを試してみましょう
Yho44hje3lezdfzrvwop
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcS5ZS99QOhdANXj7KxK-798_PVXB08qMmfp5LP-jXF_RKiuShxZ

ケープとは、布や毛皮などで作られ、袖なしで、腕や肩回りを包み込み、その丈は短いものでした。腰丈あたりまで達するタイプもあり、前開きなのが特徴です。また、今では女性用とされていますが、中世では男性も着用していたようです。日本の合羽はケープを意味するポルトガル語のようです。

Pi3mqilpslrqiqt718rs
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcS2IXzvVVVPW8oxMTm0-cNnloGUb0LohpMi1R62ELNWvpDp7mdNJg

現在では、袖なしという定義も変わり、袖が付いている、ケープコートと言われるタイプも展開されており、マントのような暗い色とは違い、明るい色のアイテムもありファッションとして取り入れる要素が多くなっています。半円形のタイプだけではなく、デティールにはあまりこだわらないスタイルになっているようです。

Skpfyfgqkt1eylgthg16
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQOb7K-ftJ2rxnPwLHoYAHacvMDEZwyosD_AvAoHe6ruF51MlTg

日本では整髪料のケープが巻き髪やアップスタイルの髪の毛をまとめるスプレーとして有名ですが、今回はアウターのケープのご紹介をさせて頂きます。映画に出てきそうな探偵がキャスケットをかぶり、ケープを巻くスタイルとは全く違ったおしゃれなアイテムとしてご紹介していきます!

Rrm824rgg12izpr8cz69
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQUZTo1vB6TeWlnZzhpwEeeDXWG7hcbFtNvcgGzKQ-X8JDEzgjU2Q
Z1i6dfkdn5f6b2wyha8j
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcR5xymt6q6dj2c8c4FDhnrpQYPZeJ7Qmtb_G_NR6usqeC1lySBR

最近、流行のケープのトレンドをご紹介します。ケープはトップスのアイテムとして分類され流行のスタイルは、やはり海外からやってきます。ハイブランドから新作もどんどんでており、トレンドは「ケープニット」です。ストールのような毛質やニット製の物が多く、色はモノトーンの物が多く洗練されたスタイルが人気です。

Jdrlvg92rzcani3wiaap
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcTVFT9bls801B9silM_rv1Hi50lxJoCvyWvJPkfFaVvDh1w7sMAOg

上質の素材を使用し、ダブルボタンにキャメル色、仕立ても良く高級感を持ったタイプのアイテムが多いです。巻き髪などの華やかなヘアスタイルがお似合いです。最近では、ネイティブ柄やチェックなどをはじめ、動物や植物などの大胆な柄が入ったものも人気です。

また、結婚式やフォーマルな席にはファー素材のものがあると便利です。華やかに見せるには、ヘアスタイルを巻き髪スタイルやアップスタイルなどでスッキリまとめ、ヘア飾りなどを付けるとより一層豪華ですね。アクセサリーもポイントとして合わせてみましょう。

1/5