2018年08月23日 UPDATE

スカートは切る?折る?値段を安く制服のスカートを短くするには?

制服のスカートを作る際、決められた長さにしか作ってもらえない場合が多いです。これは学校側から頼まれているからでしょう。制服のスカートを短くしたい場合はウエストを折ったり、裾を切る方法もあります。簡単にスカートの丈を短くするやり方と、裾を切る方法をご紹介します。

目次

  1. 制服のスカート丈を短くする方法【ウエストを折る】
  2. 制服のスカート丈を短くする方法【ベルトを使う】
  3. 制服のスカート丈を短くする方法【サスペンダーを使う】
  4. 制服のスカート丈を短くする方法【切らずに縫う】
  5. 制服のスカート丈を短くする方法【制服購入店で切る】
  6. 制服のスカート丈を短くする方法【クリーニング店で切る】
  7. 制服のスカート丈を短くする方法【お直し専門店で切る】
  8. 制服のスカート丈を短くする方法【自分で裾を切る】
  9. 制服のスカートの裾を切る手順①計測
  10. 制服のスカートの裾を切る手順②マーキング
  11. 制服のスカートの裾を切る手順③裁断
  12. 制服のスカートの裾を切る手順④裾の始末
  13. 制服のスカートの裾を切る手順⑤裾上げ
  14. 制服のスカートの裾を切る手順⑥まつり縫いで仕上げる
  15. 【まとめ】スカートのサイズ変更は慎重に!

制服のスカート丈を短くする方法【ウエストを折る】

制服のスカートの丈を短くするときに、最も多くの女子中高生が行なっているのは、ウエストを折るという方法です。折り方には何種類かあります。
外側に1度折る方法が基本となります。もっと短くしたい場合は2度折りをします。内側に折る方法は外側に折るよりもプリーツが綺麗になるので、知っている人は内側に折る方法をとります。
どの折り方もプリーツを綺麗にするコツは同じで、ウエストを折る際プリーツを整えながら折っていくということです。ウエストを折る方法は、元の長さにすぐ戻せるというメリットがあります。

制服のスカート丈を短くする方法【ベルトを使う】

スカートベルトを使用してスカートを短くする方法も最近では多くの女子中高生が行なっています。セーターやブレザーを上から羽織って隠す必要があります。
付け方もとても簡単です。スカートを好みの位置まで上げ、自分のウエストに合わせてベルトを取り付けます。ベルトだけではズレやすいので、スカートのウエストを1度折ると良いでしょう。
最近では、スカートベルトは普段着にも使用されています。安い所では100均でも売っています。種類も豊富で見せるタイプのものも比較的に安いのでおすすめです。

制服のスカート丈を短くする方法【サスペンダーを使う】

サスペンダーでスカートを吊る方法は、学校での使用ではあまり人気がありません。しかし、おしゃれとして取り入れる女子中高生もいます。
サスペンダーでスカートを吊って短くする場合、プリーツも綺麗なままですし、好みの長さに細かく調整できるのが大きなメリットと言えるでしょう。ウエストを1度折りすると金具がしっかり止まります。
サスペンダーも安い所では100均にも置いてあります。スカートベルトもサスペンダーも安いので、すぐに取り入れることができます。スカートのサイズはそのままにしたい人にはおすすめのアイテムです。

制服のスカート丈を短くする方法【切らずに縫う】

制服のスカートの裾を切らずに短くする方法もあります。1つはかがり縫いで短くする方法です。1度裾を解いて伸ばします。好みの長さに裾を折り上げます。
このとき低温のスチームアイロンを使って、当て布をしながら優しく折り目を付けていけば綺麗に仕上がります。スカートの裾をかがり縫いして出来上がりです。
もう1つは、裾上げテープを使用する方法です。かがり縫いの代わりに、テープに水を付けてアイロンで接着します。100均でも売っていますので、縫うのが苦手な人にはおすすめです。

制服のスカート丈を短くする方法【制服購入店で切る】

学生服を専門に扱うお店は老舗が多く、修理やお直しなども無料でやっている場合もあります。無料でなくても値段はクリーニング店などと比べれば安いです。
学校制服を購入した場所の店舗でのみ対応してもらえるので、同じお店でも他の場所では受け付けてもらえない場合もあります。また、本人の制服のみ受付可能な場合が多いです。
お直しに出す際は、クリーニングまたは洗濯をしてから持っていきましょう。料金がかかる場合も値段は1000円から2000円と安い値段設定になっています。

関連記事

制服のスカート丈を短くする方法【クリーニング店で切る】

最近のクリーニング店では、ほとんどの場所で裾上げやお直しを行なってくれます。ズボンや普通のスカートの裾上げは1000円前後と安いですが、制服のスカートはプリーツが入っているので、値段が高くなる場合が多いです。
クリーニング店は、コインランドリーのある場所に一緒にあることも多いです。クリーニングと一緒に裾上げも頼めるので、わざわざ他の場所に行かなくても済み、とても便利です。
値段は、安い場所で2000円前後で、最も高い場所で3000円です。プリーツの数によって値段が変わる場所もあるようなので、頼む前に確認しましょう。

制服のスカート丈を短くする方法【お直し専門店で切る】

お直し専門店は、最近ではイオンなどの場所にもお店が入っています。買い物ついでに出せるのも便利ですし、お直し専門なので仕上がりが早いのも特徴です。
しかし、他のクリーニング店などの場所に比べると値段が高いです。制服のスカートの裾上げの値段は2500円前後からとなっています。急ぎの人は専門店に頼むと良いでしょう。時間がある人は安いクリーニング店をおすすめします。
インターネットでも裾上げを頼めるお店があります。裾上げ料金は2000円前後と安く感じますが、プラス送料がかかります。送料は1000円前後で、合わせると安くはなくなりますが、忙しくて店舗に行けない人には嬉しいサービスです。

制服のスカート丈を短くする方法【自分で裾を切る】

制服のスカートを自分で切る場合、ウエスト部分を切る方法と、裾部分を切る方法があります。プロに頼むとウエスト部分を切る方法が多いようですが、自分で切る場合は裾の方が簡単です。
生地を切る際、必ず裁ちばさみを使用してください。普通のハサミを使用すると、うまく裁断できずにガタガタになる恐れがあります。気を付けましょう。
生地を切ってスカートを短くする場合、かならずミシンが必要となります。切らずに短くする場合はかがり縫いになるのでミシンは必要ありません。

制服のスカートの裾を切る手順①計測

短くする長さを決めましょう。履いた時にどれくらいの長さにしたいのか測ります。実際にスカートを履いて、裾を折り曲げてまち針で止めておきます。
まち針に気をつけスカートを脱ぎ、ウエストから裾までのサイズを測ります。膝からではなく、生地のウエスト部分から必ず測ってください。
スカートを履いてサイズを決める時は、ウエストの位置をしっかり決めてください。毎回ウエスト位置が違うとサイズも変わってきてしまいますので、気をつけましょう。

制服のスカートの裾を切る手順②マーキング

サイズが決まったらスカートの内側に印を付けていきます。チャコペンを使ってスカート1周細かく測りながら、印を付けていき、最後にグルッと1周印をつなげていきます。
最初に付けた印は出来上がりサイズなので、折り返しを5cmとした場合、先ほどの印から5cm下にもう1周印を付けます。5cmから7cmが折り返しの基準です。

制服のスカートの裾を切る手順③裁断

まず、裾を解いて伸ばしておきます。5cm下に付けた印に沿って裁断していきます。裁断する際は、重ねて切るとズレてしまうのでゆっくり1周丁寧に裁断していきましょう。

制服のスカートの裾を切る手順④裾の始末

裁断が終わったら、裾部分の始末をしていきます。ロックミシンが1番良いのですが、ない家庭も多いでしょう。その場合は、ジグザグミシンを2重に行うと良いです。

制服のスカートの裾を切る手順⑤裾上げ

最初に付けた好みの長さの線に合わせて折ります。 スカートの裏側から当て布をして、スチームアイロンで押さえながらアイロンをかけていきます。スチームはたっぷりかけてください。
スチームアイロンがない場合は、霧吹きで水をかけながら行なってください。重さをかけず軽くアイロンを当ててください。スカートの裾の折り上げ部分がズレないよう、プリーツと一緒に待ち針を打ちます。

制服のスカートの裾を切る手順⑥まつり縫いで仕上げる

まつり縫いで仕上げていきます。綺麗に仕上げるコツは細かく縫っていくことです。もうすぐ完成だからと気を抜かず丁寧に縫っていきましょう。
1周縫い終われば完成です。制服を切って長さを変える場合、プリーツが綺麗に仕上がるかが肝心です。計測や縫い方も大事ですが、アイロンのかけ方にも注意して作業してください。

【まとめ】スカートのサイズ変更は慎重に!

最近では制服を着崩す女子中高生が多いため、制服を着崩すことができないような作りになっているものもあります。裾を切る場合は、後のことを慎重に考えてから行いましょう。
制服もおしゃれに可愛く着こなしたいという気持ちは誰にでもあるでしょう。校則違反にならないように、上手にスカートの長さを調整しましょう。

関連記事

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://instagram.com/p/BCmkrfjQUxW/