Ncjqzllmqapgaqj5fpsc

美容

CATEGORY | カテゴリー

ヘアカラートリートメントの選び方・使い方をわかりやすく解説!

2018.04.17

セルフカラーリングも定番となった今、ヘアカラーをしたことのある方は多いと思います。そのひとつに、ヘアカラートリートメントというものがあるのはご存知ですか?ヘアカラートリートメントの選び方、使い方をおすすめ商品と共に詳しく解説していきたいと思います。

目次

  1. 「ヘアカラートリートメント」何を思い浮かべますか?
  2. ヘアカラートリートメントとは
  3. ヘアカラートリートメントと白髪染めの違い
  4. ヘアカラーとヘアマニキュアの違い
  5. ヘアカラートリートメントで黒髪は染められる?
  6. ヘアカラートリートメントのメリットとデメリット
  7. ヘアカラートリートメントの選び方とおすすめ
  8. ヘアカラートリートメントの選び方①成分にこだわりたい人へのおすすめ
  9. ヘアカラートリートメントの選び方②カラバリを楽しみたい人へのおすすめ
  10. ヘアカラートリートメントの選び方③人気商品を試してみたい人へのおすすめ
  11. ヘアカラートリートメントの使い方とコツ
  12. ヘアカラートリートメントの使い方①必ずシャンプーをしてから
  13. ヘアカラートリートメントの使い方②濡れた髪・乾いた髪はお好みで
  14. ヘアカラートリートメントの使い方③根元白髪にはたっぷり、とかしすぎない
  15. ヘアカラートリートメントの選び方と使い方まとめ
Z5bj9x28ckazdvxcawo1
引用: http://www.otona-beauty.com/おうちでのヘアカラーに白髪染めにおすすめのカ-8511.html

ヘアカラーで髪色を変えたり気になる白髪を染めたりしたことのある方はとても多いと思います。そのひとつである「ヘアカラートリートメント」は、比較的新しいアイテムいえるかもしれません。ヘアカラートリートメントって何?使い方はどんな感じなの?という疑問をお持ちの方に詳しくご説明します。選び方やおすすめ商品もご紹介しますので是非最後までご覧ください!

Dp0thfrqyg5yegbt1lj5
引用: http://shampoo-professionals.com/706.html

ヘアカラートリートメントとは、その名の通り、トリートメント効果を合わせもったヘアカラーリング剤です。トリートメント成分を配合していることによって、ヘアカラーで痛みがちな髪を修復したり保護してくれるという嬉しいアイテムです。ただし、一般的な「髪色を変えるヘアカラー」とは仕組みが異なっているため、使い方や目的によってヘアカラートリートメントが向いている場合と向いていない場合があります。

Jujzudyqfb7bc2uislqo
引用: http://whitehaircure.xyz/category/白髪の悩み/

着色の仕組みが違う

Bsabrsciyyqoj7nw2qvg
引用: http://www.h3-plus.com/blog/759

白髪染めと呼ばれるヘアカラーは、髪の内部まで深く浸透して染める成分で出来ています。そのため、一度の施述で白髪をきちんと染めることができます。一方、ヘアカラートリートメントは、髪の表面の部分を着色する成分でできているため、一度では染まりにくいという現象が起きます。

カラーの持続効果が違う

Syltos7di0zl4uhm8jgs
引用: https://aloe.style/articles/16604

白髪染めは内部までしっかり染まるため、染めた部分の色持ちは比較的長いのに対し、ヘアカラートリートメントはシャンプーのたびに表面の染料が落ちてしまいますので持続効果は最長でも10日が限界です。その代わり、トリートメント効果により毎日使用しても痛みが少ないため、逆に毎日のシャンプーの後のリンスやコンディショナー代わりの使い方をすることで、徐々に染めることができるとも言い換えられます。

Wxksx6yhtpjwkmvblduc
引用: https://res.cloudinary.com/macm/image/upload/v1523775964/wxksx6yhtpjwkmvblduc.jpg

ヘアマニキュアとヘアカラートリートメントは、髪の表面だけを染色するという意味合いで同じカテゴリに分類されることもあります。厳密に大きく違う点は、髪を染める力、つまり染毛力です。ヘアカラートリートメントが徐々に染毛するのに対し、ヘアマニキュアは一度で髪にしっかり色が付けられるだけの染毛力があります。そのため皮膚に付くと落ちにくいので美容院などで施述する方が無難です。

Ip0gyqbnf9k7rif3mb84
引用: https://gunosy.com/articles/RbMyy

ヘアカラートリートメントは先述のとおり髪の表面を徐々に染めていく成分のため、元々の黒髪やしっかりカラーの入った髪にはあまり効果が感じられません。使用に向いているのは白髪、ブリーチした髪、カラーの褐色や痛みで色の抜けた髪など色味の少ない髪です。このような髪の方は髪や頭皮をいたわりたいという傾向にあるため、トリートメント効果もあるヘアカラートリートメントは非常に向いているといえます。

1 / 4