Mxom1stys8g4wzjikuqs

AV・情報家電

CATEGORY | AV・情報家電

AVアンプ人気おすすめ商品一挙紹介!買うなら薄型・高音質!

2018.08.31

AVアンプを導入したいと考えている方も多いはず!ただそれなりの大きさがあって中々導入できないや機能がありすぎて分からないという方も多いはず、そこで今回はおすすめの薄型かつ高音質なものを比較しながらそれぞれのAVアンプのおすすめポイントなどを紹介します!

  1. AVアンプって何?
  2. こんな方にAVアンプはおすすめ!
  3. おすすめのAVアンプってあるの?
  4. テレビ用に使うならおすすめのAVアンプは?
  5. メーカー別で比較!薄型おすすめAVアンプ最新モデル紹介!
  6. 【厳選!おすすめAVアンプ】 『ヤマハ製 RX-S601』
  7. 【厳選!おすすめAVアンプ】 『パイオニア製 VSX-S520』
  8. 【厳選!おすすめAVアンプ】 『オンキヨー製 TX-L50』
  9. 【厳選!おすすめAVアンプ】 『マランツ製 NR1608』
  10. まとめ
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41HZ5E812VL._SX355_.jpg
Sukce4anz3jc8jx7oo4s
引用: https://img1-kakaku.ssl.k-img.com/images/maga/icv/pc640/10771/18.jpg?d=201708071903
AVとはテレビやCDコンポなどから流れる音声と映像を集約出来る役割を果たせる家電として知られています!現在ではテレビのほかに、DVD/BDレコーダーやスマートフォン、タブレッド、パソコンに至るまであり、様々な機器から流れる音声や映像機器をAVアンプに接続していれば、それを任意で切り替えて出力することが出来る優れものとなっています!
またAVアンプの内部は高品質なパワーアンプが搭載されているので、スピーカーもパワフルなものになります!ご自身のお好きなスピーカーと合わせれば高音質な音声の再生環境を構築することが可能です。またチャンネルも5~7程度の製品が多いので、ユーザーの好みに合わせて環境を整えることが出来ます★
さらに最近では、Wi-Fi接続機能搭載のものもあり、AVアンプの高音質でネットラジオなどを楽しむことも出来ます!
Hmwki4ueszatqprgdean
引用: https://i2.wp.com/xn--dcknb0b6f4f7ftc.pw/wp-content/uploads/2017/08/avamp01.jpg?resize=350%2C233
引用: http://image.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/0504/15/yamaha_honda1.jpg
では、どんな方にAVアンプがおすすめかというと、高音質で音楽や映画などを楽しみたい方におすすめです!やはりAVアンプを使用することでテレビやスマートフォンのスピーカーとは比べ物にならないくらいの高音質で音を楽しむことができます!
おすすめのAVアンプについてですが、AVアンプにはトレンドがあり、その時代のAVを反映するように機能が搭載されています!近年ではHDMI接続が当たり前になっていますが、最新モデルに関しては時代の流れを先取りし、これからなお、普及が期待される4K/HDRへの対応もしています!
Nymtcsktqdvyujge2x2f
引用: https://d1nzh4uot4722i.cloudfront.net/files/user/201804051140_1.jpg?v=1522896031
音声に関して言えば、近年ホームシアターは天井にスピーカーを設置し、立体的なサラウンド音声の再生に対応している「Dolby Atmos」や「DTS:X」に対応しているものが多いです。従来のチャンネル方式とは違う、オブジェクト方式を採用していて、これからの拡張性に対応できるようになっているものをおすすめです。
また最近ではハイレゾ音源再生にも機能対応していて、より高音質で楽しめることが出来るのか、スマートフォンとの対応機能も充実しており、スマートフォンの音楽をAVアンプを利用すれば、より高音質かつ迫力ある音でお気に入りの音楽を楽しむことができます!
Slcwzwjeopgg4plrlgja
引用: https://img1-kakaku.ssl.k-img.com/images/maga/icv/pc640/10771/17.jpg?d=201708071903
以上の機能などを踏まえてどのような楽しみ方をしたいのかや、どういったものをつなげてなにを楽しむのかによって欲しい機能が違ってくるので、しっかりと自分の目的を確認してから選んでいくことをおすすめします!
Eosm7l2j1liz9skztsgc
引用: https://img1-kakaku.ssl.k-img.com/images/maga/icv/pc640/10771/1.jpg?d=201708071903
やはりAVアンプを購入する方で一番多いのがホームシアター用ではないでしょうか。近年ではテレビもより大型化し、映画を家でも迫力ある大画面で楽しめるようになってきています。そこに音響環境も整えてまるで映画館にいるかのように高音質の迫力ある音と、映像で映画を楽しみたいものです!
そして現在では、コンパクトかつ薄型のも多くあり、リビングに置く際も場所を取ることなく高音質な音を楽しむことができます。
以前までは、薄型AVアンプになってしまうと薄型を優先するあまり、音質にパワーがないなどの問題もありましたが、最近では技術の進歩により、スリムなものでも驚きの高音質を実現していますので、AVアンプを導入したいけど、場所にゆとりがない方などは、こういった薄型AVアンプを購入することをおすすめします!
引用: https://nori510.com/wp-content/uploads/DSC_0016.jpg
さらに薄型AVアンプを掘り下げていきましょう!オーディオ機器メーカーを何社か厳選し、それぞれのメーカーの最新型薄型AVアンプを様々な視点から比較していきます!これを参考にあなたのリビングに合ったAVアンプを見つけてみてくださいね☆
Xuaajnijffmvirsgb6iq
引用: https://img1-kakaku.ssl.k-img.com/images/maga/icv/pc640/10771/7.jpg?d=201708071903
※上の画像はそれぞれ、左上にあるアンプが『TX-L50』というオンキョーによる製品で、その下にあるのが、『RX-S601』というヤマハ製のアンプとなっています。続いて右上に位置しているのが、『VSX-S520』というパイオニア製のアンプで、その下に位置しているのが、『NR1608』というマランツ製のものになっています。
Eztc3kybszaudpsvgsc3
引用: https://img1-kakaku.ssl.k-img.com/images/maga/icv/pc640/10771/6.jpg?d=201708071903
薄さを比較すると上画像のようになっており、ランキングにすることこんな感じになっております!
1位…『TX-L50』(オンキョー)
2位…『VSX-S520』(パイオニア)
3位…『RX-S601』(ヤマハ)
4位…『NR1608』(マランツ)
では、それぞれの機種について個別に見ていきましょう!まずは高品質かつ使いやすさが売りのシンプルAVアンプ、ヤマハ「RX-S601」を紹介!
Yd0zbcqvnfyhxgun5cak
引用: https://img1-kakaku.ssl.k-img.com/images/maga/icv/pc640/10771/K0000812020.jpg?d=201708072216
Bifxqyqkggbuhocpk9ot
引用: https://img1-kakaku.ssl.k-img.com/images/maga/icv/pc640/10771/11.jpg?d=201708071903
背面の端子類はこうなっており、定格出力95W/ch(6Ω、1kHz、THD+N 0.9%)の5.1ch出力モデルで、HDMI端子は4Kに対応しておりますが、6系統のある端子のうち1つだけHDCP2.2に準拠しているので注意が必要です。また、Wi-Fi搭載で、インターネットに繋げば、ハイレゾ音源も楽しむことが出来ます。さらに、Spotify、vTunerなどのサービスも楽しむことが出来るモデルとなっています!
こちらは、パイオニア「VSX-S520」で、独自技術である「MCACC」を搭載している小型軽量機モデルです!
Tjij6g681mi0hprqvh7e
引用: https://img1-kakaku.ssl.k-img.com/images/maga/icv/pc640/10771/K0000911113.jpg?d=201708072216
Ph4mhu0lbslcjtwkqnul
引用: https://img1-kakaku.ssl.k-img.com/images/maga/icv/pc640/10771/13.jpg?d=201708071903
背面の端子類はこうなっており、定格出力が80W/ch(4Ω、1kHz、THD+N 1%以下)の5.1ch出力モデルで、HDMI端子は4KやHDRさらには、HDCP2.2に準拠していて、アップデートをすることで、Dolby AtmosやDTS:Xにも対応することが可能となっています!Wi-Fiも内蔵で、ハイレゾ音源を楽しむことが出来るほか、radiko.jpなど、インターネットラジオを楽しむことも出来ます!さらにアップデートをすればChromecastやSpotifyも楽しむことも出来ます!
3つ目は、オンキヨー「TX-L50」で、独自音場補正である「AccuEQ」搭載されているスタイリッシュ機モデルとなっています!
Tdubz8phqqkywtwcqnl4
引用: https://img1-kakaku.ssl.k-img.com/images/maga/icv/pc640/10771/K0000913311.jpg?d=201708072216
Yp0i9x695ugjlgqoawzi
引用: https://img1-kakaku.ssl.k-img.com/images/maga/icv/pc640/10771/15.jpg?d=201708071903
背面の端子類はこうなっており、定格出力は80W/ch(4Ω、1kHz、THD+N 1%以下)の5.1ch出力モデルで、HDMI端子は4KをはじめHDRやHDCP2.2に準拠していて、もちろんアップデートをすればDolby AtmosとDTS:Xも対応できます!さらに本体内蔵のWi-Fiにより、ネットワーク経由で、radiko.jp、TuneIn、AirPlay、Chromecastなどさまざまなコンテンツを楽しむことが出来ます。
こちらは、マランツ「NR1608」で、本格仕様機モデルで、AVアンプマニアの方でも満足いくモデルになっています!
Cxkes9o6kjxafsnxbwqr
引用: https://img1-kakaku.ssl.k-img.com/images/maga/icv/pc640/10771/K0000967921.jpg?d=201708072216
Afztgsrr9i38ixdmkgnm
引用: https://img1-kakaku.ssl.k-img.com/images/maga/icv/pc640/10771/9.jpg?d=201708071903
背面の端子類はこうなっており、定格出力は80W/ch(4Ω、1kHz、THD+N 1%以下)の5.1ch出力モデルで、こちらの製品も、他の3製品同様、4KをはじめHDRやHDCP2.2に対応しているほか、アップデートをすれば他のコーデックにも対応可能です。本体内蔵のWi-Fiを使えば、インターネット経由で様々なコンテンツを楽しむことが出来ます!
引用: http://livedoor.blogimg.jp/remsy/imgs/7/4/74e5db4f.jpg
以上、AVアンプについて紹介しました!最近では薄型にもかかわらず、高音質や多機能なものが多く、これからAVアンプを導入しようと考えている方には導入しやい環境になっているのではないでしょうか。
At8va98yhdjslroandn2
引用: http://community.phileweb.com/images/entry/393/39347/4L.jpg?1380457041

関連記事

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://sslimg.kakaku.k-img.com/images/kgimage/icv/pc_l_K0000977058.jpg