Vij5yqpinfcuiihdzw7b

旅行・観光

CATEGORY | 旅行・観光

キャリーケースのステッカーの貼り方!オシャレに貼って分かりやすく!

2019.11.23

旅行には必需品となるキャリーケース。ステッカーを貼っているキャリーケースに憧れを持つ方も多いのではないでしょうか?貼っておくと自分のものと分かりやすいですよね。誰でも簡単にできるダサくならないステッカーの貼り方をご紹介します!

  1. オシャレに貼って分かりやすくデコレーション!
  2. キャリーケースのステッカーの貼り方のコツ
  3. キャリーケースのステッカーの貼り方①:配置に注意
  4. キャリーケースのステッカーの貼り方②:航空会社のステッカー
  5. キャリーケースのステッカーの貼り方③:Supremeのステッカー
  6. キャリーケースのステッカーの貼り方④:剥がれるものはNG
  7. まとめ
空港の手荷物受取レーンなどで、オシャレなステッカーをキャリーケースを貼っている人を見たことがありませんか?オシャレに見える、旅慣れして見えるなど、かっこいい印象をお持ちの方も多いのではないでしょうか。
やってみたいな~と思っても、センスがないと諦めている方も多いでしょう。そんな方は必見です!ステッカーはどんな人でも貼り方に注意するだけでおしゃれに貼ることができるんです!
キャリーケースにステッカーを貼るときには、ちょっとしたポイントに注意するだけでかなりオシャレに張ることができます。特に貼るステッカーが重要になっていくので、どんな風にステッカーを貼ったらオシャレになるのか、センスのあるステッカーをご紹介します。
ステッカーをキャリーケースに貼る上で最も重要となるポイントが、配置です。配置というのは全てにおいてのバランスの事で、キャリーケース全体のバランスがシンプルにデコレーションされておることが重要です。

オシャレに見える配置

一番やってはいけないことが、一列に真っ直ぐ何枚も貼って揃えてしまう事です。オシャレに見えるポイントは配置です。バランスよくバラバラに角度を変えながらランダムに貼るようにしましょう。
貼るなら徹底的に貼ってしまうということもアリです。まんべんなくキャリーケース全体にステッカーを貼ると、意外とゴチャゴチャ見えず、シンプルにまとめって見えます。デメリットは、全体に貼らなければいけないため労力を使ってしまう、使用するステッカーの量が多い事です。

シンプルにするため中心には貼らない

キャリーケースをシンプルかつオシャレにデコレーションする方法として、中心には貼らないという方法があります。キャリーケースの大きな2面の中心部分をあえてはずして、端の部分にバランスを崩して貼ることで、こなれ感が感じられます。
航空会社のロゴステッカーもキャリーケースに貼るステッカーでは定番中の定番です。航空会社のステッカーはデザインがスタイリッシュで、キャリーケースとの相性は抜群です。英語表記のロゴが大半のため、バランスが保たれ、オシャレに見えるのでおすすめです。

Supreme(シュプリーム)というファッションブランドをご存知の方も多いでしょう。比較的若い世代の男女に好まれているファッションブランドSupremeのステッカーもキャリーケースに貼る定番です。

Supremeのステッカーはレッドとホワイト、ブラックとホワイトなどツートンの場合が多く、貼る場合に多くの枚数は貼らず、少ない枚数でシンプルにまとめあげると良いです。
ステッカーというのは、シートに接着剤が付いた状態なので、接着剤の面をキャリーケースに貼ることになります。簡単に剥がれるステッカーを貼ってしまうと、一見剥がしやすく新しいステッカーを貼りやすいと思いませんか?
しかし、逆に考えてみると、簡単に剥がれるステッカーにも接着剤はついており、剥がれることでキャリーケースに接着剤が残り、キャリーケースが汚れてしまう可能性があります。したがってキャリーケースに貼るステッカーの接着力は、できるだけ強い物を貼るようにしてみてください!
デコレーションしたステッカーは時間の経過で剥がれるもののため、防水加工や今日粘着など剥がれるのに時間がかかるステッカーは、剥がれるころには擦れ等で味が出ることがあり、その場合はオシャレになるため問題ありません。
キャリーケースのステッカーの貼り方をご紹介していきましたがいかがでしたか。ステッカーはオシャレなだけでなく、貼ることで自分の物と分かりやすく、間違えられにくくなります。貼りたいけど、できるか不安でチャレンジできないという方は、好みのステッカーに巡り合えた時に、ポイントに注意して是非チャレンジしてみてください!
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.pakutaso.com/20170101018post-10035.html