2018年04月25日 UPDATE

スカートでも乗れる自転車選びのポイント3つ!スカートがめくれない対処法は?

皆さんはスカートで自転車に乗った経験はありますか?その際に一番気になるのが、座り方によってはスカートがめくれてしまうことですよね。今回は、スカートでも乗れる自転車や自転車選びのポイント、スカートがめくれない対処法などをご紹介していきます。

目次

  1. スカートでもおしゃれな自転車に乗りたい!
  2. スカートでも乗れる自転車選びのポイント
  3. スカート対策OKの自転車
  4. スカートで自転車に乗るときのめくれ対策
  5. 対策をすれば自転車でスカートに乗るのも怖くない!

スカートでもおしゃれな自転車に乗りたい!

A1dbd8c6d9d3f8cb89f823ae521008a7
引用: https://i.pinimg.com/564x/a1/db/d8/a1dbd8c6d9d3f8cb89f823ae521008a7.jpg
女性は、通勤や通学などでスカートを履いて自転車に乗るシーンもあるかと思います。そこで気になるのが、自転車で乗っているとき風に乗ってスカートがめくれてしまうことですよね。座り方など気を付けていても、風の強い日はやはりひやひやしてしまいます。
スカートでも自転車選びのポイントを押さえて、めくれないための対策を取っておけば、快適に自転車に乗ることができます。まずは、スカートでも乗れる自転車選びのポイントを3つご紹介していきましょう。

スカートでも乗れる自転車選びのポイント

自転車をこれから購入する人はまず自転車を選ぶ際に、どの辺りに着目すれば良いかも確認しておくといいかもしれません。

スカートでも乗れる自転車選びのポイント①チェーンカバーを付ける

71055406 o1
引用: http://img08.shop-pro.jp/PA01204/128/product/71055406_o1.jpg?20140212153751
スカートで自転車に乗る際気になるのは、自転車のチェーンがスカートの裾について汚れてしまうことですよね。そのため、チェーンがむき出しになっているタイプは、最初から選ばないという人もいるでしょう。また、座り方によってはチェーンに絡まってしまい、スカートが破れてしまうというのも心配です。
そんなときにおすすめなのは、チェーンカバーが付いている自転車を選ぶことです。チェーンカバーが付いていれば、スカートやズボンの裾が汚れることもなく安心です。もともと付いている自転車を選ぶのも良いですし、今の使っている自転車のチェーンがむき出しであれば、後付けすることも検討してみてはいかがでしょうか。

スカートでも乗れる自転車選びのポイント②トップチューブの低い自転車にする

150728 tube
引用: https://www.cycling-ex.com/wp-content/uploads/2015/07/150728_tube.jpeg
自転車のトップチューブとは、サドルとハンドルの部分をつなぐフレームの部分のことを言います。トップチューブが高いものだと、自転車に乗る際に足を上げなければいけないため、スカートを履いている場合には不向きかもしれません。
逆にトップチューブが低いタイプの自転車でしたら、自転車に乗る際に足を上げて跨がなくても楽に乗れます。ロングスカートであれば引っかかるのを防ぎ、ミニスカートであれば下着が見えるのを防ぐことができますね。

スカートでも乗れる自転車選びのポイント③ドレスガードをつける

01019096 2
引用: https://shop.r10s.jp/dandelion/cabinet/img1/01019096-2.jpg
ロングスカートを履いていると、自転車の後輪の方に巻き込まれてしまう恐れがありますよね。そこでおすすめなのは、スカートを守ってくれるドレスガードと呼ばれるカバーです。
形もスタンダードなものからおしゃれな色や形状、素材などがありますので、実際に見てみて決めるのがおすすめです。こちらも後付することができますので、今お使いの自転車に合わせたおしゃれなものを付けると良いですね。

スカート対策OKの自転車

ここからはスカート対策にも適している人気の自転車をご紹介していきます。様々なタイプがありますので、ぜひ参考にしてみてください。特に人気なのがおしゃれで軽量なミニベロタイプの自転車です。

BIANCHI(ビアンキ)

Peugeot le chic 700c
引用: http://www.best-sumai.com/brand/2016/img/PEUGEOT_Le_Chic_700C.png
ビアンキは、おしゃれな色とデザインがとても人気の自転車です。150cm 以下の小さめの女性でも乗れるようなサイズもあり、特に華奢なデザインが女性に人気になっています。

GIANT SUITTO W(ジャイアント スイット ダブル)

2000066111
引用: http://www.jitenshakan.com/catalogue/img/item/2000066111.jpg
ジャイアント スイット ダブルは、トップチューブがシートチューブと一体化した形になっています。そのため、スカートを履いた女性もちろんのこと、小柄な方も楽に跨ることができます。

Louis Garneau(ルイガノ)

Mv1 wh l2
引用: http://www.louisgarneausports.com/14louis/bikes/mv1-wh_l2.jpg
ルイガノは通勤、通学、買い物など、街で普段使いとしておしゃれに使いたい人に人気です。カジュアルなルックスと色合いがポイント。こちらはデザインのほか、サイズも幅広く用ありますので、女性だけでなく男性にも使えます。

Bonnet Noir(ボネノワール)

00617756 1 m
引用: https://www.cycle-yoshida.com/frontmake/photo/mitem/00617756_1_M.jpg
ボネノワールは、湾曲したフレームが個性的で落ち着いたデザインが魅力の、女性向け自転車です。特にミニベロタイプはとても人気で、カジュアルでクラシックなカラーが揃っています。

スカートで自転車に乗るときのめくれ対策

今は自転車を購入できないという人であれば、今乗っている自転車でスカートのめくれを予防する方法があります。

スカートガーターを活用する

18068a2e
引用: http://livedoor.blogimg.jp/cycleroad/imgs/1/8/18068a2e.jpg
自転車でスカートがめくれるのを防止する方法のひとつが、スカートガーターの着用です。自転車用のスカートガーターは装着の方法も簡単で、足に着用したらクリップでスカートを止めるだけです。また、スカートガーターはカラフルで伸縮性が高いため、スカートのワンポイントとしても使えます。 ミニスカートのときには特におすすめです。

レギンスなどを着る

20170225185006880 500
引用: http://cdn.wimg.jp/coordinate/qz40nb/20170225185006880/20170225185006880_500.jpg
スカートがめくれるのよりも見えないことを重視するのでしたら、スカートの下にレギンスを着用するのもひとつの方法です。おしゃれとしても使えますので、スカートを履くことが多い人は、何着か持っておくといいかもしれません。

対策をすれば自転車でスカートに乗るのも怖くない!

D313afae4d4ac8d960386a6ccb87efb3
引用: https://i.pinimg.com/564x/d3/13/af/d313afae4d4ac8d960386a6ccb87efb3.jpg
スカートでも乗れる自転車選びのポイントとおすすめの自転車、スカートがめくれないための対策方法などをご紹介してきました。 対策としては、専用のグッズを購入するか、もしくはファッションとして見えないようにするかですので、自分の普段のファッションに応じて決めるのが良いですね。スカートでも座り方を気にせず、おしゃれな自転車に乗りましょう。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://i.pinimg.com/originals/0f/dc/b8/0fdcb899842e674cff6c40cd2b9033b7.jpg