Dvh6wkysjuovgy3ihmka

お酒

CATEGORY | お酒

ワインの作り方を徹底解説!絶品手作りワインを簡単に作ろう!

2018.05.08

自分でワインを作ってみたいと思っても、その作り方について知らない人は多いのではないでしょうか。しかし実は、ワインというのはとても簡単に作ることができるのですよ!そこで今回は、自分でできるワインの作り方について紹介します!

  1. 簡単にできる手作りワインの作り方を教えて!
  2. 手作りワインに必要な道具って何があるの?
  3. 簡単にできる手作りワインの作り方①:ブドウを洗おう
  4. 簡単にできる手作りワインの作り方②:ブドウを潰してボトルに詰めよう
  5. 簡単にできる手作りワインの作り方③:しばらく発酵させよう
  6. 簡単にできる手作りワインの作り方④:果汁を絞り出す
  7. 手作りワインの作り方のポイントは?
  8. 透き通ったワインか濁ったワインかで作り方は変わってくる
  9. ワインの作り方に関する注意点ってある?
  10. 白ワインは白ブドウ以外でもできる作り方があるってホント!?
  11. ワインの作り方だけでなく基礎知識についても知りたい
  12. 赤ワインと白ワインの色の違いは発酵させる時の作り方の違いにあった!
  13. ワインの作り方はブドウ選びで決まる?
  14. おすすめの赤ワイン:ジョージ・ウィンダム BIN555
  15. おすすめの白ワイン:プレステージ コレクション シャルドネ
  16. 【まとめ】:あなただけのオリジナルワインを作ろう!
引用: https://taka-yohey.com/wp-content/uploads/2015/09/DSC01991.jpg
ワインという言葉については、おそらくあなたもこれまでに一度は耳にしたことがあるかと思います。中には、これまでに一度はこの“ワイン”というものを口にした人もいるのではないでしょうか。ワインならではの味わい深さや香り高さは、他のお酒にはない気品とも言えますよね。今回はワインというキーワードを元に、簡単にできる手作りワインの作り方について紹介していきます。あなたは、これまでにワインを自分で作ったことはありますでしょうか。もし今までワインを自分で作ったことがないのであれば、ぜひ今回のお話を参考にしてくださいね!

手作りワインは発酵させることが重要なカギに

引用: https://www.life-rhythm.net/wp-content/uploads/2015/10/recipe_013_01.jpg
とは言っても、手作りワインの作り方については全くイメージができないという人が多いのではないでしょうか。そこでまず始めに、ここではワインができる過程についてお話ししていきます。ワインはブドウを原料として作られるのですが、畑で採れたブドウを発酵させることが重要なカギとなっています。そして発酵させたブドウをプレスして作られているのです。一見難しそうな言葉ばかりですが、実はワインはとても簡単に作ることができるのですよ!手作りワインを作る際のポイントとしては、いかに発酵をうまく行うということです。
引用: https://img.guide.travel.co.jp/article/500/20150701120932/14449138ED774476B11DA7B7215AB060_L.jpg
引用: https://eikaiwa-highway.com/wp-content/uploads/2017/10/questioning-boy-1012.jpg
ではここから手作りワインを作るにあたって重要なことをお話しします。重要なことと言ってもいくつかあるのですが、その中でもまず1つ目に挙げられる重要なポイントは手作りワインに必要な道具です。やはり、ワインを作るにあたって道具が揃っていなければ作ることもできません。では一体、手作りワインを作るためにはどんなものが必要になってくるのでしょうか。

手作りワインに必要な道具は主に5つ

引用: https://dnaimg.com/2017/09/01/cheapest-cities-for-5-star-hlr/title.jpg
手作りワインに必要な道具は、主に5つ挙げられます。まず1つはブドウです。それからペットボトルとボウル、そして漏斗とザルです。おそらく、これら5つの道具に関してはあなたも知っているものばかりでしょう。もし漏斗がない場合はクリアファイルを代用するのもアリですよ!そして何と言っても、ワイン作りに欠かせないのがブドウですね。ブドウに関しては基本的にどんなものでも良いのですが、もしこだわって作りたいのであれば有名な壁るななどの品種を取り寄せるのもおすすめですよ!
引用: http://www.biwa.ne.jp/~aguri-p/nouen/budou/budou02.jpg
では早速手作りワインの作り方についてお話ししていきますね。手作りワインの作り方としての1つ目のステップは、ブドウを洗うことから始まります。いくら新鮮なブドウでも、そのまま発酵させて作るものですから一度洗っておくことが大切になってきます。

ブドウを洗う時の注意点

引用: http://www.minano.gr.jp/wp-content/uploads/2013/08/IMG_0884.jpg
そしてブドウを洗う際、1つの注意点があります。それは一体何なのかというと、ブドウを洗う時は軽く洗うだけにするということです。というのも、あまりゴシゴシ洗いすぎるとブドウに傷がついてしまうからです。ですから、ブドウを洗う際はサッと洗う感覚で軽く水洗いをしましょう。
引用: http://4.bp.blogspot.com/-NEDnYS4VzT4/WBV6IFp4ScI/AAAAAAAABWo/qnJ2A5Efx1gaVMmw6Xee0tPTpi45ia6BQCK4B/s1600/IMG_0555.JPG
ブドウを洗うことができたら、早速ブドウをワインにしていきます。ブドウを洗うという工程が終わったら、次にブドウを潰してペットボトルに詰める作業に移ります。ブドウの潰し方については特に問いませんが、手で揉むように潰していくのが一番最適です。ここでブドウの種や皮が一緒に混ざってしまうのですが、ここでは気にせずに潰していきましょう。そしてブドウを潰すことができたらペットボトルに詰めていきます。この際漏斗を使って詰めるとスムーズに入りますよ!先ほどにもお話ししたように、もし漏斗がなければクリアファイルを代用してみましょう。

白ワインを作る場合は…

引用: https://omiyage-japan.jp/wp-content/uploads/2018/01/wainhatake.jpg
今回は赤ワインという前提で作り方を紹介していますが、これがもし白ワインの場合であれば種や皮を取り除くことが必要になってきます。というのも赤ワイン独特の渋みというのは、この枝や種、また皮から生まれるタンニンによるものだからです。ですから、白ワインを作る際はこの時点で種などを取り除くようにしましょう。
引用: http://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/007/814/39/N000/000/002/141856061258398232177_DSC05506.JPG
ブドウをペットボトルに詰めることができたら、ここからワインの醍醐味である発酵という作業に移ります。ブドウを発酵させる際のポイントとしては、きちんとフタを閉めるのではなく少し緩めておくということです。これは発酵を行うためには酸素が必要になってくるからです。逆にフタをきちんと閉めすぎてしまうと、発酵される際ペットボトルの中が二酸化炭素で充満してしまうので破裂につながってしまいます。ですから、必ず少しフタを緩めておくようにしましょう。

法律についても理解しておこう

引用: https://img.co-trip.jp/content/14renewal_images_l/26777/sectionImage_2_1.jpg
また、ワインを発行する際に少しここで理解しておきたいのが、法律についてです。これについては後ほど詳しくお話しするのですが、実はワインなどのお酒というのはきちんと醸造許可を得た人しか作ることができないという決まりがあるのです。しかしアルコールが1%未満であればお酒とみなされませんので、法律違反にはなりません。ですから、簡単に作ることができるワインですが法律についてはきちんと理解しておく必要があります。
引用: http://www.worldfinewines.com/mwpinot071.jpg
そしてブドウを発酵させることができたら、次にここで果汁を絞り出す作業に移っていきます。果汁を絞り出す作業で必要なのはザルとボウルです。果汁を絞り出すことができたら、これでワインの完成となります。これだけですから、とても簡単にできるということがわかりますね!発酵させる期間についてですが、これは4日間ほどがおすすめですよ!

果皮と種を分離させよう

引用: http://livedoor.blogimg.jp/gdpzero/imgs/c/d/cd44f094.jpg
最後に、果汁を絞り出す際の注意点についてもお話ししておきます。果汁を絞り出す際の注意点としては、果皮と種をきちんと分離させるということです。つまりこれはザルに果皮と種が残るようにし、ボウルには果汁だけの状態にするということですね。そうしないと、ワインとして飲んだ時に種などのカスが残ってしまうからです。
引用: http://rensabaintro.net/wp-content/uploads/2016/04/question_thumbnail.png
手作りで作るワインとしては、これで完成です。これだけだととても簡単なので、あなた1人もでも必ず作ることができますよね。しかし、さらに深みのある味わいを得たいのであれば木製の樽を使うと良いでしょう。

木製の樽を使うとより深みのある味わいに?

引用: http://www.f-raise.com/craft/15053-4-1.jpg
木製の樽を使えば、ワインの香りや味わいに木材の風味がつくため非常に深いものになります。しかし、これは醸造許可を得た人ならではの作り方ですので、くれぐれも法律違反にならない作り方で手作りワインを作るようにしましょうね!
引用: https://taka-yohey.com/wp-content/uploads/2015/09/IMG_20150903_222135.jpg
手作りワインを作るにあたって、おそらくあなたが気になってくることが1つできるはずです。それは、ワインを作った際に濁ったワインができるということです。確かに自分の手で作ったワインは、本来販売されているものとは全く透明度が違います。そうしたことから、グラスに注いだ際に濁ったように見えてしまうのです。しかしこれは、作り方に工夫を入れることで簡単に透き通ったワインにすることができるようになるのですよ!

沈殿物が溜まるまで待とう

引用: http://shakujii.jutakukoen.com/wp-content/uploads/2014/04/43128b0464fcf9a3978ce4fb23676b81_s.jpg
ではどのようにすれば透き通ったワインを作ることができるのかということですが、これは果汁を搾り取った際にできる沈殿物が下に溜まるまで待つことが大切になってきます。ワインが濁ってしまうのはこの沈殿物が下に溜まっていない状態でグラスに注ぐからです。ですから、きちんと沈殿物が下に溜まるまで待つことが重要なポイントになってくるということです。
引用: https://taka-yohey.com/wp-content/uploads/2015/09/grape.jpg
それでは、ここではワインの作り方に関する注意点についてお話ししていきます。ワインの作り方に関する注意点としては、先ほどにも少し触れた法律についてです。これはあなたが自分でワインを作るとなった際必ず守らなければいけないことなので、きちんと理解しておきましょう。

アルコールは1%未満でなければいけない

引用: http://jurnal.biz/wp-content/uploads/2012/08/caution.jpg
先ほどにもお話ししたように、私たちがワインを作るにはアルコール度数を1%未満にしなければいけないというルールがあります。つまり、きちんと資格を持ち醸造許可を得た人しかアルコール度数の高いものは作ってはいけないということです。ワインは発酵させることでどんどん味に深みが出てきます。しかし、このような法律をきちんと守ることがワイン作りを楽しむ1つの注意点でもあるということなのです。
引用: http://josei-bigaku.jp/wp/wp-content/uploads/2012/12/shutterstock_156404606.jpg
今回は赤ワインの作り方ということを前提でお話を進めているということを先ほどにもお話ししましたが、ここでは白ワインの作り方についても少しお話ししておきます。白ワインは白ブドウを使って作られるというイメージを持っている人はきっと多いのではないでしょうか。確かに、白ワインは白ブドウを使って作られます。ところが、実は白ワインは白ブドウだけでなく黒ブドウでも作ることができるということをあなたは知っていましたでしょうか。

白ワインは黒ブドウからでも作ることができる

引用: https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/bhive-jp/media/iewine/article/1873/pixta_960163_M.jpg
黒ブドウでも白ワインを作ることができるという理由については、赤ワインは発酵させる際に種や枝、また皮も一緒に発酵させるのに対して白ワインは発酵時にこれらを取り除くからです。こうすれば、タンニンの渋みがなくなるということです。
引用: https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/bhive-jp/iewine/upload/article/image/1399/1478584028zHSAf.jpeg
それでは、ここではワインの基礎知識についても少しお話ししていきます。ここでは、赤ワインと白ワインの違いについてお話ししますね。

赤ワインと白ワインの違いを教えて

引用: https://doctorsme-production.s3.amazonaws.com/contents/theme/thum_1365.png
赤ワインと白ワインの違いについては、まず色が違うということが挙げられます。それに加えて赤ワインは重さのある味わいになっているのに対して、白ワインはさっぱりとした味わいになっているのが大きな特徴となっています。こうしたことから、赤ワインは肉料理に合うのに対して白ワインは魚料理に合うものとなっています。
引用: http://www.wallpaper-box.com/smartphone/wp-content/uploads/2013/06/d391b1bb576c2f0c8c307dccbe5e97b1.jpg
では一体なぜ、赤ワインと白ワインでは色が違うのでしょうか。確かに白ブドウを使えばそもそもの色が違うということが言えますが、先ほどにもお話ししたように白ワインは黒ブドウでも作ることができるものとなっています。実はこの色の違いについても、発酵の工程が大きく関わっているのですよ!

発酵させる工程での違いが色を作っている

引用: http://1.bp.blogspot.com/-tpjAEyz6COQ/Tti2PHzVJJI/AAAAAAAAAks/yPU4wKXGqo0/s1600/homemade-wine-index.jpg
白ワインを黒ブドウを使って作る際、発酵時に潰した実だけを入れます。そして全体的に薄い赤色になってくると実以外のものを全て取り除くのです。そうすれば、とても綺麗な色をした白ワインができるということなのです。つまり、白ワインは発酵時に枝や種、また皮を全て取り除くことでその色を作ることができるということです。
引用: https://taka-yohey.com/wp-content/uploads/2015/09/DSC01994.jpg
そして、ワイン作りとして知っておきたいのが、ブドウについてです。ワイン作りに使われるブドウは、とても数多く存在しています。そこで、ここではそんな数あるブドウの中でも特におすすめのものを1つ紹介します。

ブドウの品種を押さえておこう

引用: https://d15no6vzq701ao.cloudfront.net/image/production/acp/3000004080/pln3000009662/36a48ce2-eb4c-4f67-97a4-7273b121ed4f.jpg
ワインを作る際におすすめのブドウとしては、キャンベルと呼ばれる品種のブドウです。つまり巨峰などといった普段から手にしているようなブドウではなく、ワインを作るのにはそれに合ったものを選ぶということが大切であるということですね。
引用: https://www.aeondewine.com/img/goods/A106/L/9300727710529-George%20Wyndham%20BIN%20555%20Shiraz.jpg
最後に、今存在しているワインの中でも飲みやすい赤ワインと白ワインを1つずつ紹介していきます。赤ワインについては、「ジョージ・ウィンダム BIN555」がおすすめです。これは香り高く重さのある味わいが特徴の赤ワインとなっています。ステーキなどと一緒に味わってみてくださいね!
引用: https://image1.shopserve.jp/osawawines.jp/pic-labo/llimg/bs_pcch2014.jpg?t=20170928100637
そして白ワインでおすすめなのが、「プレステージ コレクション シャルドネ」です。このワインは果実味でナッツの香りとなっているのが大きな特徴です。複雑な味わいは、白ワインが好きな人を虜にしてくれますよ!
引用: http://vl-fcbiz.jp/files/000002251_KQ9c66PKX4.jpg
ワインが好きな人であれば、一度はワインを自分で作ってみたいと思うものです。ぜひあなただけのオリジナルワインを作ってみてはいかがでしょうか。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://i.ytimg.com/vi/2Z9Lzi9h5Fw/maxresdefault.jpg