Uxmegiy40sp81jobflme

便利

CATEGORY | 便利

電卓で消費税を計算する方法とは?小数点切り捨ての方法も紹介!

2018.04.24

みなさん電卓を使用した消費税の計算方法をご存知ですか。近年、電子デバイスの発達によって電卓を使用しないようになりましたが、いざという時に、覚えておくことで仕事のためになることもあります。今回は、消費税の計算方法と小数点切り捨て方法について解説していきます。

  1. 電卓を使用して消費税を割り出すメリット
  2. [電卓で消費税を計算]税抜き価格から税込価格を出す方法
  3. 電卓で税抜き価格に1.08を掛ける方法
  4. 消費税入力と〔%〕ボタンを利用する方法
  5. 電卓で〔税込〕ボタンを押すだけの方法
  6. [電卓で消費税を計算]税込価格から税抜き価格を出す方法
  7. 電卓で税込み価格に1.08を割る方法
  8. 消費税入力と〔%〕ボタンを利用する方法
  9. 電卓で〔税抜〕ボタンを押すだけの方法
  10. 消費税の小数点の切り捨て方法は?
  11. 電卓のラウンドセレクターで消費税を自動的に切り捨てしよう
  12. ラウンドセレクターの使い方
  13. 自分にあった電卓の使い方をすれば楽しい
  14. [まとめ]電卓で機敏に消費税を割り出そう
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/YUUKI150321200I9A4368_TP_V1.jpg
電卓を使用するメリットは、コンパクトで持ち運びしやすく、すぐに計算を行うことができるシンプルさにあります。電子デバイスはたくさんの機能を取り揃えておりますが、たくさん機能があるので中々計算を始めるのに時間がかかってしまうことがあります。
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/PASONA_29_TP_V1.jpg
そんな時にショップ店員の方であれば、すぐにお客様に最適な価格を提示することも可能となり、販売利益の向上などもシュチュエーションによっては可能です。電卓の消費税計算方法を念のために覚えておくことで、自分のキャリアアップ、販売利益の向上などあらゆるメリットを生かせるかもしれません。
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/freee151117071495_TP_V1.jpg
最初にご紹介する電卓での計算方法は、税抜価格から税込価格を割り出したい時に使用する計算方法です。一番使用頻度の多い計算方法と言えるので、頭の片隅に覚えておきましょう。
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/freee151108188680_TP_V1.jpg
電卓での計算方法には、いくつかの種類がありますので、自分にあったお好みの簡単計算方法を覚えておこう。
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/PAK23_notedentaku20140312_TP_V1.jpg
税抜価格から税込価格を割り出す計算方法の一つに、税抜価格に1.08を掛ける方法があります。例えば、100円の商品の税込価格を割り出したい場合は、「100×1.08=108円」となり、税抜価格である100円に1.08を掛けます。
現在の消費税率は「8%」となっておりますので、1.08の8は8%を意味しております。例えば、消費税率が「10%」に上がった場合は、1.10を掛けることで、税抜き価格を割り出すことが可能です。
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/SAYA0I9A8798_TP_V1.jpg
次に税抜価格から税込価格を割り出す方法として、「%」ボタンを押すだけの簡単な方法があります。手順を解説していくと、電卓で「税抜価格」入力します。次に「+」ボタンを押します。消費税の「8」を押します。消費税8%であるので「%」ボタンを押します。「=」ボタンを押すことで、税込価格が表示されます。
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/YUKA150701278597_TP_V1.jpg
3つ目の電卓を使用した計算方法にとても簡単な方法があります。電卓に設置してある「税込」ボタンを一度は見たことがあるでしょう。この「税込」ボタンを押すことで手っ取り早く税込価格を割り出すことが可能です。
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/SDS_tedejesucya-surudansei_TP_V1.jpg
3つの電卓を使用した消費税の割り出し方法をご紹介してきましたが、一番簡単な方法かもしれません。具体的な手順として、税抜価格から税込価格を割り出す時に、「税抜価格」を入力します。そして、「税込」ボタンを押すだけで簡単に税込価格が表示されます。この方法であれば手順が簡単ですので一番覚えやすいかもしれません。
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/OOK58_kokosugokuyokuderutokoro_TP_V1.jpg
次は逆の税込価格から税抜価格を割り出す方法を解説していきます。「自分の購入した商品にいくらぐらいの消費税がかかったのか」を簡単に割り出すことが可能ですので、商品の原価を割り出したりすることも容易になるので、ぜひ覚えておきましょう。
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/MS251_kokoderuyo_TP_V1.jpg
先ほどの税込価格を割り出す時は「税抜価格に1.08を掛ける」という方法でしたが、その真逆の方法になります。税込価格に1.08を割るだけで税抜価格を割り出すことが可能です。具体的な方法は、「税込価格÷1.08=税抜価格」となりますので、商品の価格に1.08を割るだけで答えを導くことが可能です。
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/YUKA150701228596_TP_V1.jpg
2つ目の方法は、パーセントボタンを利用した方法です。具体的な手順は「税込価格」を入力します。次に「−」を押して、消費税の「8」を入力します。そして「%」を押します。これで「=」を押せば、税抜価格を簡単に割り出すことができます。
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/0I9A858915070158white_TP_V1.jpg
電卓を見た時に「税抜」というボタンを見たことがあるでしょう。この「税抜」というボタンを押すだけで簡単に税抜価格を割り出すことが可能となっております。
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/PAK86_testderuzo20141123172553_TP_V1.jpg
具体的な手順として、商品の「税込価格」を入力します。そして、「税抜」ボタンを押すだけで簡単に税抜価格を割り出すことが可能です。電卓の中でも、とても簡単な方法なので、この方法を覚えておけば消費税の計算も怖くない。
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/MAX75_yubisasu20141025120158_TP_V1.jpg
消費税を割り出す計算をしていると、ほとんどの確率で小数点が邪魔をします。この場合に適した方法が電卓にはその割っており、「切り捨て、切り上げ、四捨五入」という三つの方法が用意されております。例えば、98円の製品の消費税を求めようとすると「98×8%=7.84円」となってしまうのです。
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/PAK85_maxhand20141025120850_TP_V1.jpg
この7.84円という数字を切り捨てしたい場合は、ラウンドセレクターという機能を利用することで解決することができます。例えば、7.84円という数字で「切り捨てで7円、切り上げで8円、四捨五入で8円」となりますので、事業者が決めた方法を利用することで確実な消費税を割り出すことが可能です。
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/miningIMGL6537_TP_V1.jpg
電卓の上の部分に手で動かすことができるつまみを見たことがあるでしょう。この部分をラウンドセレクターと言います。この機能を利用すれば、消費税を簡単に切り捨てしてくれます。
このラウンドセレクターには、「F、CUT、5/4」のように印字されているマークを見たことがあるかもしれません。この意味は小数点を切り捨てする際の端数処理を調整することが可能です。
具体的な意味は、「CUT」は小数点を切り捨てすることで、場合によっては「↓」と表示されていることがあります。『UP」は小数点を切り上げすることで「↑」と表示されていることもあります。最後に「5/4」は小数点を四捨五入する機能となっております。仕事で利用する場合は、事業所によっては指定されていることもありますので覚えておこう。
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/max16011518_TP_V1.jpg
ラウンドセレクターの使用方法はいたって簡単なもので、消費税の計算を導き出す前にラウンドセレクターの「UP、OUT、5/4」の指定をしておくだけですので、とても簡単な使い方が可能です。
小数点の切り捨て方法は、これで皆さんも覚えられたと思いますが、消費税の計算方法を少し複雑なところもありますので、何度かラウンドセレクターを調整して、どのように小数点を切り捨てするのかを確認しておくのも良いかもしれません。
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/00_PP51_PP_TP_V1.jpg
電卓を使用する上で、作業的になってしまったり、同じ方法を使い続けるには、ビジネスシーンでも日常であっても自分を劣化させてしまうことが多いにあります。ですので、自分にあった電卓の消費税の導き出し方を覚えて、ビジネスシーンに活用しよう。きっと仕事に成果を感じることができるだろう。
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/WEB86_endoutop20150207152747_TP_V1.jpg
今回は電卓を使った消費税の導き出し方をご紹介してきましたが、電卓を使用するメリットはコンパクトで軽量、すぐに計算を始めることができる機敏なシステムが電卓を使用するメリットでしょう。
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/hartIMGL0489_TP_V1.jpg
税込や税抜を割り出す方法も電卓に設置してあるボタンを利用することによって自動的に計算を簡略化してくれる機能もありますので、ぜひ何度か試して見て自分にあった方法を利用してみよう。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/YUUKI150321200I9A4368_TP_V1.jpg