// FourM
Xuggdiywpchfxktnecdc

パソコン

CATEGORY | パソコン

Wifiの電波干渉を防ぐには?2.4GHz帯はチャンネル干渉しやすい?

2018.05.28

Wifiは無線で利用できる性質上、利用者もWifi数も増加しています。そのため、Wifiどうしで電波干渉しあって、Wifiトラブルが起きやすくなっています。ここではWifiトラブルの原因となる電波干渉が疑われる現象やWifiの電波干渉を防ぐ対策を紹介します。

  1. Wifiトラブルの原因である電波干渉を疑う現象とは?
  2. Wifiトラブルの原因である電波干渉を疑う現象①通信速度が遅い
  3. Wifiトラブルの原因である電波干渉を疑う現象②耳障りなノイズが入る
  4. Wifiトラブルをチェックする前に知っておきたい基礎知識
  5. Wifiトラブルをチェックする前に知っておきたい基礎知識①壁や床をまたぐとWifiが使えないことがある
  6. Wifiトラブルをチェックする前に知っておきたい基礎知識②2.4GHz帯はチャンネル干渉しやすい
  7. Wifiトラブルの原因となる電波干渉を防ぐ対策とは?
  8. Wifiトラブルの原因となる電波干渉を防ぐ対策①電磁波を出している機器から離す
  9. Wifiトラブルの原因となる電波干渉を防ぐ対策②Wifiのチャンネルを変える
  10. Wifiトラブルの原因となる電波干渉を防ぐ対策③『5GHz帯』に対応したWifiルーターを利用する
  11. Wifiトラブルの原因となる電波干渉をなるべく防いで快適なネット環境を構築しよう!
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/EV185135046_TP_V.jpg
通信速度の速いWifiルーターを使っているのに、処理が遅いなぁ…とストレスを感じる、仕事がはかどらない、Wifiも問題なくつながっているのにどうして?そんなときはWifiの電波干渉を疑ってみましょう。電波干渉でよく見られる具体的な現象は次の2つです。
引用: http://gahag.net/img/201606/16s/gahag-0096962224-1.jpg
Wifiに電波干渉が起きている一番わかりやすい現象は通信速度が遅いなぁ…と感じることです。これはWifiが何の問題もなくつながっていても十分に起きます。
性能のいいWifiルーターを使っているのにおかしい…と思うこともあるかもしれません。しかし、メーカーが公開している通信速度はベストコンディション下での理論上の最速値になります。
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/ookawa422IMGL8118_TP_V.jpg
実際に、Wifiを使う環境毎に周囲の状況が変わってきますので、必ずしもメーカーが公開している通信速度が出せるとは限りません。
電波干渉は周囲に同じ周波数の電波が飛び交うことで起きる現象です。電波干渉が起きると、通信速度が低下するというのは一番体感しやすい現象の1つです。
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/YUKA150701098532_TP_V.jpg
Wifiを利用しながら通話していると「ジー」とかいう耳障りなノイズが気になることがあります。ノイズが聞えるだけでなく、通話が途切れることもあります。この場合にもWifiルーターの電波干渉を疑うことができます。
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/PAK93_THEkabedon20140322_TP_V.jpg
Wifiで通信を行うときに利用している周波数帯はだいたい2つにわけられます。
1つはWifiの規格でいう「802.11b、g」で使用している『2.4GHz帯』、もう1つは「802.11a、ac」で使用している『5GHz帯』です。
特に、Wifiの規格で利用している『2.4GHz帯』は他の機器からの電波干渉を受けやすい特性があります。
これは多くの家庭用電化製品や医療機器が2.4GHzの電磁波を出していることに関係があります。
引用: http://gahag.net/img/201511/23s/gahag-0028510246-1.jpg
Wifiの調子悪くて、Wifiルーターのトラブルかなぁ…とあれやこれやと頭を悩ませてWifiルーターをチェックをする前に、Wifiから出される電波に関する基礎知識を予め知っておきましょう。
引用: http://gahag.net/img/201510/23s/gahag-0017721373-1.jpg
Wifiルーターが設置されている部屋と別の部屋でタブレットやスマホ、パソコンなどを使うこともよくあります。
Wifiは住居環境によって左右されます。壁や床をまたぐとWifiが使えない場合もあります。特に、コンクリート素材の壁や床となれば全く電波が届かないということはよくあります。
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/PAK93_tonarigakininarucyoushinki20140322_TP_V.jpg
これはWifiの電波の強弱の問題ではなく、Wifiルーターの設置場所の問題になります。Wifiが調子悪いのかと疑ってチェックする前に、設置場所に気をつけることを事前に知っておく必要があります。
引用: https://www.nttdata-getronics.co.jp/solutions/wirelesslan/img/useful/useful04_02.png
Wifiの規格には「802.11b、g」で使用している『2.4GHz帯』と「802.11a、ac」で使用している『5GHz帯』があります。
多くのWifiは『2.4GHz帯』となっていますが、それには『5GHz帯』にはないメリットがあるからです。それは電波が広範囲に届きやすく、壁などの遮蔽物があっても比較的電波を通じやすい点です。
引用: http://www.elecom.co.jp/support/faq/parts/Nw_rt/5953_103.jpg
しかし、この『2.4GHz帯』のメリットを利用してさまざまな機器に利用されていることでデメリットも生じているのです。
それがチャンネル干渉というものです。つまり同じ周波数内に多くの電波が入り込んでぶつかりあって通信遅延をおこすのです。
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/smIMGL4075_TP_V.jpg
Wifiは無線で利用できるため自由度が高い性質上、日々さまざまな分野での機器に対して需要度が高まっています。
だからこそ電波干渉を完全に解消することは不可能に近いのです。しかし、少しでも快適なネット環境にするための対策はありますのでご紹介します。
引用: https://www.balmuda.com/jp/range//img/index/desktop/main.jpg
電子レンジを始めとした一般的家庭にある家電と呼ばれる機器の多くは『2.4GHz』の周波数の電磁波を出しています。Wifiルーターと2.4GHzの家電が近い距離にあると電波干渉を起こしやすくなります。
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/PAK86_dakiyoseru315182624_TP_V.jpg
Wifiトラブルの原因となる電波干渉を防ぐ対策として、まずできることはWifiルーターと家電をなるべく離して置くこと対応をしてみましょう。
電磁波を出す電化製品としてチェックしたいのは、食器洗浄機、電子レンジ、電源、2.4GHz帯または5GHz帯を利用する電話機、ワイヤレススピーカーなどがあります。
また他のWifi機器と電波干渉しているケースもありますので、気になるWifi機器と離してみましょう。
また他のWifiと電波干渉しているケースもありますので、気になるWifi機器は離してみるのもいいでしょう。
お使いのWifiルーターが古い場合は新しいWifiルーターに交換することで家電との電波干渉がなくなったという報告もあります。最新のWifiルーターに買い換えるのも対策と言えます。
引用: http://www.elecom.co.jp/support/faq/parts/Rt_n/2845n_12.jpg
24.5GHz帯のWifiには13チャンネルあります。Wifiどうしでデータの送受信をするためには同じチャンネルである必要があります。
引用: http://www.elecom.co.jp/support/faq/parts/Rt_n/2845n_17.jpg
もし、周辺で同じチャンネルでデータを送信している機器があると受信側はどの機器からのデータを受信していいのか混乱してしまいます。これも電波干渉です。
この場合はWifiルーターのチャンネル設定そのものを変更することで電波干渉を回避することができます。
引用: https://www.nttdata-getronics.co.jp/solutions/wirelesslan/img/useful/useful04_03.png
『2.4GHz帯』のWifiは電波が遠くまで通じやすい反面、使えるチャンネルが少ないため電波干渉が起きやすい欠点があります。
一方で、Wifiには『5GHz帯』もあります。この『5GHz帯』は『2.4GHz帯』に比べて電波が遠くまで届きにくく壁などの遮蔽物の影響も受けやすいデメリットがあります。
引用: http://www.elecom.co.jp/support/faq/parts/Nw_rt/5953_104.jpg
しかし、使えるチャンネルが多いこと、まだ利用している機器が少ないことから通信が安定しています。
引用: http://www.elecom.co.jp/support/faq/parts/Nw_rt/5953_101.jpg
Wifiルーターによっては『5GHz帯』に対応したWifiルーターもあります。そして『2.4GHz帯』にもたいてい対応できるようになっているので、新たにWifiルーターを用意するのも対策の1つです。
引用: http://buffalo.jp/download/photo/w/wxr-1901dhp3_m1.jpg
Wifiはいつでもどこでもネット環境を構築するのに便利なツールです。
通信速度も速く、性能のいいWifiルーターを使っていても通信速度が遅いなぁ…などの不快感があったら、まずはWifiルーターの設置場所をチェックしましょう。
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/YUKA0I9A7452_TP_V.jpg
もし、Wifiルーターの設置場所や設置環境に大きな問題がなかったら、電波干渉がないかどうかをチェックしていきましょう。
そして電波干渉が疑われたら、できる対策を行なってみましょう。そして、快適なネット環境を構築しましょう。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: http://gahag.net/img/201511/19s/gahag-0027122971-1.jpg