Icbblamvrzk15sv6puji

グルメ

CATEGORY | グルメ

はちみつの栄養や効果とは?加熱しても大丈夫?子供にも効能があるってホント?

2018.05.08

日々の生活で健康に気を付けて生活していますか?何もしていない人には、はちみつをおすすめします。はちみつは、栄養価の高い食べ物で、さまざまな効果を得ることができます。今回は、そんな、はちみつの栄養価で得ることの出来る効果などを詳しくご紹介します。

  1. 豊富な栄養素が含まれるはちみつ
  2. はちみつに含まれる栄養素による効果・効能~美容~
  3. はちみつに含まれる栄養素による効果・効能~便秘解消~
  4. はちみつに含まれる栄養素による効果・効能~高血圧の予防~
  5. はちみつに含まれる栄養素による効果・効能~疲労回復~
  6. はちみつに含まれる栄養素による効果・効能~口内炎~
  7. はちみつに含まれる栄養素による効果・効能~二日酔いの予防~
  8. はちみつに含まれる栄養素による効果・効能~ダイエット~
  9. はちみつに含まれる栄養素による効果・効能~すばらしいエネルギー源~
  10. はちみつに含まれる栄養素による効果・効能~喉の痛みや咳~
  11. はちみつに含まれる栄養素による効果・効能~脳の発達~
  12. はちみつの栄養素を高める摂取方法
  13. はちみつは加熱してはいけない!
  14. 赤ちゃんにはちみつを食べさせてはいけない
  15. まとめ
引用: http://www.akitayahonten.co.jp/img/itemgen/006.jpg
ハチミツに含まれる栄養成分には、良質なビタミン類やミネラル類をはじめ、アミノ酸や酵素といった栄養素も豊富に含まれている、非常に栄養価の高い健康食品です。今回は、そんなはちみつを食べて得ることの出来る効果やおすすめの食べ方などをご紹介していきます。
引用: http://www.monnal.jp/cms/wp-content/uploads/2016/05/col160516_02.jpg
はちみつには、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンC、アミノ酸、ポリフェノールなど、美しい肌づくりに欠かせない栄養素が豊富に含まれています。ビタミンB群は、エネルギー代謝を良くしたり、肌荒れを整えたりする効果があり、ビタミンCは、シミをできにくくする効果や、コラーゲンの生成を促して肌のハリを高める効果があります。さらに、はちみつには、ピーリング効果と言う効能があるので、古い角質を落として、保湿だけではなく、肌をつるつるにしてくれます。
引用: https://www.benpikaisyo.net/wp-content/uploads/2016/07/20140104choumomi.jpg
はちみつにはビフィズス菌を増やす効果があります。ビフィズス菌とは、腸内に多く存在している善玉菌のことです。腸の粘膜を保護したり悪玉菌から腸を守る働きがあり、腸内環境を整えて便秘を解消してくれます。さらに、はちみつには、オリゴ糖も含まれているので、これは腸の中で善玉菌の餌となり、腸内環境を整える効果があります。便秘に困っているに、はちみつは、非常におすすめです。
引用: http://www.hama-tsushin.com/wp-content/uploads/2016/01/0176_1.jpg
ハチミツには、ミネラル類も豊富に含まれているのですが、その中でも特にカリウムが多くふくまれており、カリウムは、ナトリウムの排出を促して血液量を増え過ぎないようにしてくれるため、高血圧の予防に効果的であるといわれています。さらに、はちみつに含まれるコリンは、血管を拡張させて血圧を下げる働きと、血管壁の悪玉コレステロールの沈着を防いでくれる働きがあります。
引用: http://highlife.xyz/wp-content/uploads/2016/03/a695f1c29fc8ba83734e2d42344f84e6_s.jpg
ハチミツの主成分はぶどう糖と果糖であり、構造が単純な単糖類なので、体内に入ると短時間で腸壁から吸収されて血管に入り込み、胃腸に負担も掛からず栄養分となります。さらに、はちみつには、疲労を回復させるビタミンB1や、アミノ酸が含まれているので、体が疲れているときや、スポーツなどの運動後などに対して、効率よく栄養を吸収することができ、急速に効果的な疲労回復が期待できます。
引用: http://doclabo.jp/files/content/image/846/thumb400_300_c24c54bbbfa1b5e65e2768c5b53e04a3.jpeg
はちみつに含まれる抗菌作用は口内炎の治療にも効果を発揮します。市販の口内炎薬にも、はちみつ成分入りのものもあるほどはちみつは、優秀です。
引用: http://wine-mellow.com/wp-content/uploads/2016/09/20160413175-01.jpg
はちみつは、アルコールの分解を助ける、果糖、ビタミンB1、ビタミンCを含んでいます。お酒を飲む前や、飲んだ後に摂取することで二日酔いの防止や解消に効果があります。また、はちみつに含まれるコリンやパテトン酸には、肝臓を強くする働きがあり、二日酔いが起きにくい体質に改善することもできます。
引用: https://www.shopjapan.co.jp/content/dam/shopjapan/pc/diet_labo/mv_diet_labo_waist_article_16.jpg
はちみつの糖分は、ブドウ糖と果糖で、複数の糖分が混ざっていることや、はちみつならではのとろみが、砂糖よりやさしい味わいを作り出しています。はちみつは、砂糖よりも甘いのに、低カロリーです。100g当たりのカロリーは、砂糖384キロカロリー、はちみつ294キロカロリーと、1.3倍の差があるのにはちみつのほうが甘いです。ダイエット中少し甘いものを食べたいと思っ時は、はちみつを食べることをおすすめします。
引用: https://iwiz-spo.c.yimg.jp/c/sports/text/images/2015/0429/201504290002-spnavido_2015042900011_view.jpg
はちみつの主成分は、ブドウ糖と果糖です。これらは単糖類と呼ばれる糖分で、これ以上分解されることがありません。なので、体内への吸収が早く、食べてから20分で吸収、速やかにエネルギーに変換され、運動、勉強、仕事などをサポートしてくれます。さらに、胃腸に負担もかけませんし、脳へのエネルギー供給という点でも優れています。
引用: https://imgcp.aacdn.jp/img-a/800/auto/aa/gm/article/2/9/9/7/1/1/201702221208/a16.jpg
はちみつには、強い殺菌・消毒作用があるります。そのため、喉などについた細菌の増殖をおさえたり、保湿効果でのどを潤すなどにより、喉の炎症を抑えたり、咳の予防になります。咳がひどいときは、水で薄めたはちみつでうがいをしたり、直接喉にはちみつを塗ることでイガイガや痛み、咳なども和らげることができるのでおすすめです。
Kwzqzrwqawz5w9hoooo1
引用: https://images.4yuuu.com/files/article/197611/large_197611_1.jpg?10160800
はちみつは、80%が糖分でできています。その糖分はブドウ糖と果糖で、脳はブドウ糖が含まれているものからしかエネルギーを得られないため、はちみつは脳のエネルギー補給と発達に大きく役立ってくれます。成長期のお子様や、学生、老人の方におすすめです。
Koxmahuebnitvsiw7bdl
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcS8gc6TgcooCrg0wumVMJnNUSpm_Wgki864WPUi82jFjWCky1kK9g
オススメは、非加熱の生ハチミツを単独で食べることです。ハチミツは熱を加えると純粋な栄養素が壊れてしまいます。そのため、熱いものに入れたり、調理したりすることは控えましょう。なので、加熱せずにパンに塗ったりヨーグルトにかけたりして食べるようにするのがおすすめです。

はちみつの摂取量

引用: http://kabegami.org/wp-content/uploads/2013/04/YdL2gG.jpg
いくらカロリーが低くても、甘味料ですので、食べ過ぎは、厳禁です。適切な摂取量としては、スプーンで数杯程度で十分だといわれていますから、朝昼晩と1杯ずつ食べるくらいがおすすめです。

空腹時に食べる

引用: http://yamada-farm.net/wp-content/uploads/2017/06/4e5f011633ee280c10ab1bf9c2bfb852.jpg
はちみつは食品ですから、いつ食べてもいいのですが、出来るだけ空腹時に食べた方が栄養素の吸収がよくなります。効率よく健康・美容効果を得たいという人は、起床時や朝食としてなど、空腹を感じやすい時間帯に食べるのがおすすめです。

寝る前に食べる

引用: https://assets.media-platform.com/lifehacker/dist/images/2014/06/140615sleep-w960.jpg
寝る前にはちみつを食べるとダイエット効果を得ることができます。実際に、「寝る前はちみつダイエット」と呼ばれるダイエット法があるぐらい非常に効果を得ることができます。寝る前にはちみつが良い理由は、睡眠の質が良くなったり、肝臓に適度な糖質を蓄えることで、寝ている間の成長ホルモンの分泌を促し、脂肪が燃焼されやすくなるのです。

勉強をする前

引用: http://www.appgaku.com/iphone-pickup/img/upload/sp_ino_20140122_1.jpg
はちみつに含まれるブドウ糖は、食べた後約20分で体内に吸収され、それから体や脳のエネルギーとして使われます。テストなど、頭や体をしっかり動かしたい時や集中したい時に合わせて食べるのが効果的です。
引用: http://suzie-news.jp/wp-content/uploads/2016/03/shutterstock_239760283.jpg
純粋なはちみつの栄養素は、加熱すると壊れてしまいます。はちみつは45℃くらいから成分が変化していき、65℃では熱によりすっかり壊れてしまいます。ビタミン類も加熱で変化してしまいますので、はちみつを加熱するのはおすすめしません。
引用: https://cdn.mamari.jp/article-cover/1200x0_57fdaa61-a328-4c0b-9fa8-0a160a0100e2.jpg.jpg
赤ちゃんがはちみつを食べてはいけないとされている理由は、はちみつに含まれる「ボツリヌス菌」により、「乳児ボツリヌス症」という病気を引き起こしてしまうリスクがあるからです。乳児ボツリヌス病は、初期は、便秘が2~3日続くだけですが、ひどくなると最悪死に至る非常に怖い病気です。
引用: https://okinawaseminar2013.com/img/img_032.jpg
120℃の温度で、4分間加熱すると菌は、死滅しますが、家庭で行うと万が一菌が残っていたら非常に危険なので、生後1年以内の赤ちゃんにはちみつを与えることはしないでください。
Xhukhdxw4nil4yafg9jn
いかがでしたでしょうか。はちみつは、豊富な栄養素を含んでおり、たくさんの効果があります。健康に気を使いたい人は、ぜひ、はちみつを毎日食べてください。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: http://kerokero-info.com/wp-content/uploads/2016/11/hachimitsu.jpg