Cv3qkanfm7ektmifeguq

調理家電

CATEGORY | 調理家電

IHクッキングヒーター人気おすすめ7選!【2019年最新版】

2019.01.18

安全性や可能性も含め、一人暮らしにもおすすめ度の高いIHクッキングヒーターは、今や数多くのメーカーからライナップが揃っています。そんな、多くのIHクッキングヒーターから、各種メーカーや種類・最新IH情報も含め、おすすめ7選をご紹介します。

  1. IHクッキングヒーターとは?
  2. IHクッキングヒーターの種類
  3. IHクッキングヒータ―のメーカー
  4. 最新IHクッキングヒーターおすすめポイント
  5. おすすめのIHクッキングヒーターその①
  6. おすすめのIHクッキングヒーターその②
  7. おすすめのIHクッキングヒーターその③
  8. おすすめのIHクッキングヒーターその④
  9. おすすめのIHクッキングヒーターその⑤
  10. おすすめのIHクッキングヒーターその⑥
  11. おすすめのIHクッキングヒーターその⑦
  12. 一人暮らしにおすすめのIHクッキングヒーター
  13. ファミリーにおすすめIHクッキングヒーター
  14. その他おすすめIHクッキングヒーター
  15. まとめ【IHクッキングヒーター人気おすすめ7選!【2019年最新版】】
引用: https://images.unsplash.com/photo-1484154218962-a197022b5858?ixlib=rb-0.3.5&s=e6edcd5ea442e1089709a0874788291d&auto=format&fit=crop&w=500&q=60
まずはじめに、IHクッキングヒーターとは何かを簡単にご説明します。
IHクッキングヒーターは、正式には「電磁誘導加熱」という方法で加熱することのできる調理器具のことを言います。
“Induction(誘導)”+“Heating(加熱)の頭文字よりIHと呼ばれています。
IHクッキングヒーターは、IH自体が加熱するものではなく、磁力線の働きにより金属の鍋を発熱させ加熱状態を作ります。
つまり、IH本体が熱を発するのではなく、鍋だけを温める技術のことをIHということになります。
引用: https://jp.toto.com/products/kitchen/crasso/parts/images/pht_appliance_15.jpg
続いて、IHクッキングヒーターの種類をご紹介します。
一言に、IHクッキングヒーターと言っても、家庭向けのものや一人暮らしに最適のものなどさまざまなものがあります。
今回は、卓上型・据置型・ビルドイン型の3つを詳しくご紹介します。

卓上型 IHクッキングヒーター

引用: https://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/ebest/cabinet/206/4904550962077.jpg?_ex=250x250&s=0&r=1
一つ目は、一人暮らしにも最適な卓上型のIHクッキングヒータです。
メリットは、場所を選ばないタイプのIHクッキングヒーターということです。
利用イメージとしては、ホットプレートやカセットコンロなどのように、本体そのものだけの移動が可能ですので、ダイニングテーブルや食卓の上で利用できます。
一人暮らしであれば、スペースの有効活用ができ、ファミリーであればダイニングテーブルで、みんなで鍋をしたりすることも可能なタイプとなっています。

据置IHクッキングヒーター

引用: https://tshop.r10s.jp/o-living/cabinet/561996_2.jpg?downsize=300:*
二つ目は、据置型のIHクッキングヒーターです。
メリットは、ガスコンロからIHへ交換をしたい場合、据置型であれば費用を抑えて交換ができることです。
据置型のIHであれば、キッチンに据置型IHを置けるコンロ台があれば、購入しコンセントを差し込むのみで利用が可能ですので、工事などの費用を省くことができます。
一人暮らしや、単身赴任でのアパート住まいなどに人気なのが、この据置型のIHとなります。

ビルトイン型 IHクッキングヒーター

引用: http://www.lixil.co.jp/lineup/kitchen/go_sr/images/break_img_02.png
最後にご紹介するのが、ビルドイン型のIHクッキングヒーターです。
Built-in、つまりはめ込み式のIHクッキングヒーターとなります。
メリットとしては、キッチンに組み込まれているため、キッチンの一体感があり、組み込まれている分、隙間がありませんので、お掃除がとっても楽です。
持家やマンションなどのシステムキッチンで使用されることが多く、一人暮らしには向かないタイプとなりますが、現在ではもともとビルドイン型のIHを採用している物件もよく見かけるようになっています。
どのタイプのIHクッキングヒータも、さまざまなメーカーが取り扱いをしており、機能性や便利性も様々です。
引用: https://jp.toto.com/products/kitchen/crasso/parts/images/pht_appliance_20.jpg
次に、IHクッキングヒーターの取り扱いメーカーをご紹介します。
どのメーカーも、多くの方に需要があるよう工夫を重ね商品開発を重ねていますが、今回ビルドインタイプと卓上タイプの二つに絞って、大手メーカーをご紹介します。

ビルドインタイプ

引用: https://images.unsplash.com/photo-1522708323590-d24dbb6b0267?ixlib=rb-0.3.5&ixid=eyJhcHBfaWQiOjEyMDd9&s=fbaf60783e07f7b6bff745cc88da064a&auto=format&fit=crop&w=500&q=60
まず、ビルドインタイプですが、大手メーカーとしては、パナソニック・日立・三菱電機、リンナイ、三化工業(SNK)が挙げられます。
パナソニック・日立・三菱電機は、みなさんよく耳にするメーカーで信頼性も高いかと思いますが、リンナイ・三化工業(SNK)も機能性あふれるビルドインタイプのIHを手掛けるメーカーとなっています。
リンナイは、ガスコンロが主流のメーカーですが、IHクッキングヒーターでは、切り忘れ防止や空焼き自動停止・加熱防止機能などを兼ね備えた「MY CHOICE」を取り扱っています。
また、三化工業(SNK)は、縦置型と横置型の2タイプを取り扱っており、表面のガラスの薄さは5㎜というデザイン性を誇るメーカーとなっています。

卓上タイプ

引用: https://tshop.r10s.jp/e-kitchen/cabinet/jishahin2/560884-scn02-e.jpg?downsize=300:*
次に、卓上タイプですが、主にパナソニック、アイリスオーヤマ、YAMAZEN(山善)、コイズミ、ドウシシャ、ティファール、テスコムなどのメーカーが挙げられます。
中でも、アイリスオーヤマの商品はラインナップ豊富で、使用シーンに合わせてIHクッキングヒーターを選ぶことができます。
YAMAZEN(山善)は、デザイン性とお掃除の手軽さが人気となっており、初めての一人暮らしや、単身赴任の強い味方となってくれるはずです。
コイズミは、独特のカラーリングデザインとパネル操作のしやすさが特徴で、機械がにがてなかたにもおすすめのメーカーです。
ドウシシャは、一口卓上式IH「Pieria DIH-1502」というIHであれば、1.2kWと火力が強いものを取り扱っているのが特徴です。
引用: https://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/comroad/cabinet/img101/ihcsg221-1.jpg?_ex=300x300&s=0&r=1
現在、どんどん開発が進められている最新のIHクッキングヒーターも合わせてご紹介します。
開発当初は、ガスよりも火力が劣るなど、ガスコンロに比べてデメリットも多かったIHですが、今ではガスコンロよりも便利な機能が盛りだくさんの製品開発がすすめられています。

焦げるという失敗がない

引用: https://images.unsplash.com/photo-1470406601945-7a6890b947b6?ixlib=rb-0.3.5&ixid=eyJhcHBfaWQiOjEyMDd9&s=46d84ae2ec2a36c2fcb457a813883000&auto=format&fit=crop&w=500&q=60
IHの最新技術その1は、「焦げないIH機能」です。
みなさんも一度は、調理中に気を抜いて、なにか焦がしてしまった記憶があるのではないでしょうか。
詳しくご説明すると、この「適温調理機能」を利用すれば焦がす失敗をすることなく調理が可能になるということです。
ある一定の温度に設定しておけば、水を入れたりして、鍋の中の温度が変化した場合でも、自動で設定温度へと近づくようIHが作動してくれる便利機能です。

オーブン機能でメニュー大幅アップ

引用: https://images.unsplash.com/photo-1430931071372-38127bd472b8?ixlib=rb-0.3.5&ixid=eyJhcHBfaWQiOjEyMDd9&s=44fbbe943ff863591931eb71c157429d&auto=format&fit=crop&w=500&q=60
IHの最新技術その2は、オーブン機能付きのIHシステムキッチンでメニューの幅をアップすることができることです。
これまで、グリルのさらに使用されていたフッ素加工のものは、250℃以上の熱に弱かったのですが、いまでは80℃~280℃までのオーブン調理が可能となっています。
また、センサーで感知し、音声で注意を促す機能も搭載されているモデルもあり、安全に使用できる製品が多く開発されています。

炭火焼の味を再現

引用: https://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/u-denki/cabinet/jishahin4/561392_5-p.jpg?_ex=200x200&s=0&r=1
IHの最新技術その3は、味と時間にこだわった調理ができることです。
IHシステムキッチンでも、グリルのみシーズヒーター採用のモデル物もあります。
これは、グリルのみシーズヒーターを採用することで、焼き魚やハンバーグなどが炭火で焼いたようにこんがり焼きあげることを可能としたものです。
また、焼き上がりまでの時間も調節が可能で、「快速」機能を利用すれば、時間短縮で調理をすることも可能となってきています。
それでは、以上のIH情報を踏まえて、おすすめのIHクッキングヒーター7選をご紹介します。
引用: https://tshop.r10s.jp/present-web/cabinet/6ma30/aj-b002q8h08y-0.jpg?downsize=200:*
おすすめのIHクッキングヒーターその1は、パナソニックのIHクッキングヒーターです。
特徴は、パナソニック独自開発の「味しこみこみモード」です。
この機能を利用することで、煮物作りを簡単に行うことができます。
また、「清音設計」なども備わっており、料理をより楽しむことのできるよう、他社にない工夫を凝らしているのもパナソニック製品の特長です。
一人暮らしの方にはもちろん、煮物をよく作るという方にもおすすめの1点となっています。
引用: https://tshop.r10s.jp/enetroom/cabinet/jishahin6/561758_1-e.jpg?downsize=300:*
おすすめのIHクッキングヒーターその2は、アイリスオーヤマのIHクッキングヒーターです。
厚み4㎝というすっきりしたデザインに加え、1400Wのハイパワーが出るクッキングヒーターとなっています。
引用: https://tshop.r10s.jp/enetroom/cabinet/jishahin6/561758-e.jpg?downsize=300:*
一人暮らしにもおすすめですが、1400Wというハイパワーで多くの量のスープなどを温めることが可能なため、ファミリー向けの卓上IHとも言えます。
デザインに機能性に、とてもバランスの取れた1点と言えるIHクッキングヒーターとなっています。
引用: https://tshop.r10s.jp/kg-pro/cabinet/tkg16-2/b/ga/gdv4601.jpg?downsize=300:*
おすすめのIHクッキングヒータ―その3は、ドリテックのミニフラットIHクッキングヒーターです。
対応鍋サイズが、12㎝~16㎝とやや小さめのタイプですが、一人暮らしには十分な機能が供えられたIHクッキングヒーターとなっています。
1℃単位での温度調節が可能で、飲み物を温めるのに最適な30℃~揚げ物時に最適な200℃まで調節が可能な、超コンパクトな一人暮らし向けの卓上IHクッキングヒーターと言えます。
引用: https://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/seikatu-souko/cabinet/171108/105/41c6dokw6zl.jpg?_ex=200x200&s=0&r=1
おすすめのIHクッキングヒーターその4は、HITACHIのIHクッキングヒーターです。
HITACHIのIHクッキングヒーターの最大の特徴は、保温温度が3種類から選べることです。
例えば、おでんなどアツアツの状態で食べ続けたい場合や徐々に冷ましながら食べたい料理など、料理に合わせて保温の状態を選ぶことができます。
また、ワンタッチ操作で加熱操作が可能となっており、忙しいママにもおすすめの1点となっています。
引用: https://tshop.r10s.jp/mrmax/cabinet/04/4975302820525.jpg?downsize=200:*
おすすめのIHクッキングヒーターその5は、テスコムのIHクッキングヒーターです。
なんといっても、おすすめポイントは、炊飯モードが付いていることです。
炊飯器がなくても、テスコムのIHがあればご飯を炊くことが可能です。
学生の一人暮らしなど、費用を抑えたい場合には、炊飯器としても利用できる点で、おすすめの卓上IHクッキングヒーターと言えます。
引用: https://tshop.r10s.jp/present-web/cabinet/6ma31/aj-b003vswzry-0.jpg?downsize=200:*
おすすめのIHクッキングヒーターその6は、ZOJIRUSHIのIHクッキングヒーターです。
特徴は、9段階の細かな火力調節が可能なことです。
また、ZOJIRUSHIのIHクッキングヒーターは、1300Wと他のメーカーに比べて少し低めとなっています。
ですが、ブレーカー問題に悩んでいる一人暮らしの方には、このわずかなW数の違いで問題解決にもつながるため、選ばれ続けるものとなっています。
引用: https://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/yourstyle/cabinet/imgs0/x35/x357/yr4-jp-983771-128424.jpg?_ex=200x200&s=0&r=1
おすすめのIHクッキングヒーターその7は、YAMAZENのIHクッキングヒーターです。
消費電力が少なめで、一人暮らしの方には特に人気の卓上IHクッキングヒーターとなっています。
さらに、「電源切り忘れ防止自動OFF」「鍋検知センサー」「鍋なし自動OFF」「小物発熱自動OFF」「空焚き自動OFF」「異常温度防止機能」という6つの安全機能がついていることも、魅力的なポイントの一つです。
引用: https://images.unsplash.com/photo-1520267213273-a4f859d4e88a?ixlib=rb-0.3.5&ixid=eyJhcHBfaWQiOjEyMDd9&s=124a7c75a5119a1a59f9c5638bc05af4&auto=format&fit=crop&w=500&q=60
現代では、単身赴任も珍しくなく、学生の一人暮らしやおひとり様も増え、一人暮らし用のIHクッキングヒーターの需要はどんどん高まっています。
そこで、おすすめのIHクッキングヒーターに加えて、一人暮らしにコンセプトをあてたIHクッキングヒーターもご紹介します。
引用: https://panasonic.jp/p-db/content?c=SiteContent_C&cid=1428110318680&attrName=vImageFileL
一つ目は、パナソニックのIHクッキングヒーターです。
こちらのIHクッキングヒーターは、ワンタッチでの火力操作が可能で、ほとんど料理をしたことがない方におすすめのものとなっています。
吹きこぼれ防止機能も備えられており、加減が分からず調理したとしても安心なので、苦労することなく料理をすることができます。
引用: https://www.irisohyama.co.jp/kitchen/ih/images/H561219-ID26655.jpg
二つ目は、アイリスオーヤマのIHクッキングヒーターです。
使える鍋を判断してくれる機能付きで、無駄な出費を防ぐのにも大活躍してくれるIHクッキングヒーターとなっています。
また、コードに引っかかっても、コードだけが外れるマグネット式のコードなので、不慣れな一人暮らしも安心してはじめられる優れものとなります。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61v2zB3a6ML._SL1000_.jpg
一人暮らしでも、2口IHが欲しいという方もいらっしゃるのではないかと思います。
料理好きの方や、お友達をよんでパーティーをしたという方、新婚夫婦向けの、IHクッキングヒーターを、本格的なシステムキッチンから、費用を抑えて簡単に取り付けられる据置型までご紹介します。
引用: https://www.mitsubishielectric.co.jp/home/ih_cooking/product/bikku-ring/img/point/01_pic07.jpg
一つ目は、アイリスオーヤマの据置型のIHクッキングヒーターです。
据置型なので、工事不要で費用も抑えられます。
女性でも簡単に取り付けられるタイプとなっており、一人暮らしに限らず同棲中の方や新婚さんにもおすすめのものとなっています。
引用: https://www.mitsubishielectric.co.jp/home/ih_cooking/product/bikku-ring/img/point/01_pic01.jpg
二つ目は、三菱電機のビルドインIHクッキングヒーターです。
とにかく、機能性&操作性抜群のIHクッキングヒーターとなっています。
その便利機能の種類は、説明書をしっかり読まないと把握できないほどの数となっています。
中でもこだわりは、大きなリングコイル(びっくリングコイル)を利用して、16段階の火力を調節することができるようになっています。
大鍋でもしっかりと加熱ができるので、鍋料理にも最適となっています。
また、フラットな天板で、毎日のお手入れが簡単に行えるのも魅力の一つです。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71%2BbwRP93zL._SX355_.jpg
その他のIHクッキングヒーターとしては、ティファールのIH卓上クッキングヒーターもあります。
こちらは、チャイルドロックや点字表記なども付いており、多くの方へおすすめできる安全性も高いIHクッキングヒーターとなっています。
引用: https://image.yodobashi.com/product/100/000/001/001/851/401/100000001001851401_10204_001.jpg
さらに、プログラミングされた4つの料理モードが魅力的な1点となり、多くの支持を集めるものとなっています。
引用: https://www.sunrefre.jp/system-img/560/560/028/mAiOOMMAWzv9.jpg
ビルドイン型では、パナソニックのIHクッキングヒーターが、多くの人の人気を集めています。
パナソニックのIHクッキングヒーターは、かゆいところに手が届くような、繊細な機能が多く備わっており、それが人気の秘密ともなっています。
お手入れの簡単さはもちろん、電気代の使い過ぎ防止などもお手伝いしてくれて、主婦の強い味方となっています。
引用: https://images.unsplash.com/photo-1511224931379-b4e4324ea7fc?ixlib=rb-0.3.5&ixid=eyJhcHBfaWQiOjEyMDd9&s=d3dfb55b64580a9e51b605c4fe9e2a2b&auto=format&fit=crop&w=500&q=60
IHクッキングヒーター人気おすすめ7選をご紹介してきましたが、IHの最新技術や便利機能に驚かれた方も多いのではないかと思います。
現在では、安全性を求めてIHが主流となりつつあるキッチン市場で、ぜひ暮らしにぴったりのIHクッキングヒーターを見つけて、ハッピーなキッチン生活を送っていただければと思います。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://images.unsplash.com/photo-1512914890251-2f96a9b0bbe2?ixlib=rb-0.3.5&ixid=eyJhcHBfaWQiOjEyMDd9&s=be0ba3fc79fc3386e58f6441eb8b46c2&auto=format&fit=crop&w=500&q=60