Ihb7zezjzca0azwclmzs

健康

CATEGORY | 健康

カフェインの利尿作用について徹底解説!!抑える方法はあるの!?

2018.05.07

コーヒーやお茶などにはカフェインが含まれていてそれには利尿作用があり、トイレが近くなったりします。このカフェインにより利用作用は抑えることが出来るのでしょうか?今回はカフェインに含まれる利尿作用にフォーカスを当て見てみましょう!

  1. カフェインが持つ利尿作用のメカニズムとは?
  2. カフェインが持つ利尿作用でトイレに行きたくなるのはなぜ?
  3. カフェインが持つ利尿作用のメリットとは?
  4. カフェインが持つ利尿作用のメリット 「むくみが取れる!」
  5. カフェインが持つ利尿作用のデメリットとは?
  6. カフェインが持つ利尿作用のデメリット 「貧血になる!?」
  7. カフェインが持つ利尿作用のデメリット 「カルシウム不足になる!?」
  8. カフェインが持つ利尿作用を抑えることは出来るの?
  9. カフェインが持つ利尿作用で脱水症状になる!?
  10. カフェインが持つ利尿作用についてのまとめ
引用: http://style.fancl.co.jp/wp-content/uploads/2017/12/283d7cbe5a9155331ab5c326b971f6bf.png
まず、カフェインが持つ利尿作用のメカニズムについて紹介します!カフェインが身体に与える作用は大きく分けて3つあると言われています!以下にメカニズムについて紹介します!

カフェインが身体に与える作用 その1「脳に対する作用がある!」

まず脳に対する作用です。カフェインを摂取することで脳を興奮させ、眠気と疲労感を除去する働きがあります。よく眠い時間帯などに仕事や勉強をしなければならないときにコーヒーなどを飲むのはそういった効果があるためです!

カフェインが身体に与える作用 その2「血管に対する作用がある!」

カフェインを摂取することで筋肉の血管が拡張します!

カフェインが身体に与える作用 その3「腎臓に対する作用があります!」

この腎臓に対する作用がいわゆる利尿作用に繋がるのです。
引用: http://venusmorning.com/file/parts/I0000373/e3c34b4ac44194d387292627e81ecb68.jpg
以上メカニズムについて紹介しました。カフェインの利尿作用の最大の原因は腎臓に対しての作用が原因ということがわかっていただけたのではないでしょうか。これはアルコールなどを摂取した際も起こることですのでそういった部分では似ているのかもしれません。
引用: https://jp.images-monotaro.com/Monotaro3/pi/full/mono24456495-160623-02.jpg
コーヒーやお茶を飲んだ際、トイレが近くなる人は多いはず。これは先ほど紹介した腎臓に対する作用が関係しています。では詳しく解説していきます。カフェインを摂取すると交感神経が刺激され、腎臓の血管が拡張します。
腎臓というのは身体中の血液をろ過して体内の不要な老廃物を尿として排出し、必要な栄養などは身体に戻すという大切な機能をもつ臓器なのです。それが普段ならある程度時間を掛けておこうな作業が、カフェインを摂取することで、腎臓の血管が拡張し、ろ過される血液量が増加し、促進されることで普段ならある程度時間を掛けて行うろ過活動が効率的に行われ時間短縮されトイレが近くなってしまうのです。
さらに、カフェインは腎臓の水分を再度吸収しようとする働きを抑制する働きもあるため、より尿の量が増え、トイレに行く頻度も多くなるのです。
引用: http://sumai.panasonic.jp/toilet/img/img_top_plan04.jpg
トイレが近くなることで就寝前などにコーヒーなどを飲んでしまうと脳が活性化されて寝つきが悪くなるだけでなく、トイレが近くなり、何度も起きてはトイレに行くといったことが多くなり、良い眠りにつけず寝不足になりかねませんので就寝前にコーヒーやお茶を飲むのは避けましょう!
引用: https://naruhodo-cardloan.com/wp-content/uploads/2016/03/b2b6286b95898f6cceab7efa07990ca2.png
カフェインを摂取するとトイレが近くなるということがわかり、なんだかカフェインはあまり身体に良くないのかと思いがちですが、カフェインを摂取することで得られるメリットはどういったものがあるのでしょうか?
引用: http://www.afc-shop.com/img/column/17_04_02_01.jpg
引用: http://cafein.nanapipi.com/img/snapcrab_noname_2015-3-8_15-24-33_no-00.jpg
カフェインを摂取することで起こる利尿作用により、むくみ解消や抑えることが出来ると言われています。利尿作用によって水分が外に尿として大量に排出されるのでむくみを抑えることが出来ます。むくみというのは身体の中の水分のバランスが悪い状態にあるのでそれが利尿作用によって解消されむくみを抑えることが出来るのです!
このほかにもメリットして高血圧を抑えることが出来るとも言われていますので、しっかりとカフェインを摂取することでのメリットもあるのです。
引用: http://www.skincare-univ.com/images/articles/12019/12019-1.jpg
引用: https://i0.wp.com/cashing7.tokyo/wp-content/uploads/2017/01/189.png?resize=600%2C450&ssl=1
デメリットについてしっかりと理解しておくことが大切ですのでデメリットについても紹介します!良く理解してこれからのコーヒーなどとの付き合い方を考えていきましょう!
引用: http://www.mcdonalds.co.jp/content/dam/web/mcdonalds/cservice/images/other52_new.jpg
引用: http://e-jyouhou.com/wp-content/uploads/2016/06/300x269x160604-300x269.jpg.pagespeed.ic.yWssS9pz1g.jpg
まず、代表的なデメリットのひとつとして、鉄分不足による貧血を引き起こすということです。カフェインには体内の鉄分の吸収を妨げる働きがあり、カフェインによりうまく吸収されなかった鉄分は尿となって排出されてしまいます。こういったことから体内の鉄分不足となり貧血になってしまうのです。そういった理由からももともと貧血体質の方などはコーヒーを飲む量などを調整する必要があります。
引用: https://www.healthcare.omron.co.jp/resource/column/topics/img/99_3_img_1.gif
引用: http://www.zenyaku.co.jp/k-1ban/file/cal_body/img/cal_body_01.gif
次のカフェインによるデメリットとしては、カルシウム不足を引き起こすということです。これも鉄分不足になる理由と同じでカフェインにはカルシウムさえも体内への吸収を妨げる作用があります。この吸収されなかったカルシウムも尿として大量に体外へ排出されてしまいます。そしてこれが原因で最悪は骨粗しょう症になるリスクもありますのでコーヒーやお茶を大量に飲むことはあまり良くないと言えるでしょう!
引用: http://gooday.nikkei.co.jp/atcl/report/16/052600030/052600002/a.jpg
引用: http://cafein.nanapipi.com/img/snapcrab_noname_2015-3-8_13-29-1_no-00.jpg
ではデメリットを引き起こさないためにも身体にいいコーヒーなどの適量はあるのでしょうか。一般的に言われているのが、1日に3杯~4杯までと言われており、それ以上の量摂取してしまうと身体に悪影響となり、先ほど紹介したデメリットを引き起こす原因となってしまいますので注意が必要です。
このほかにもメカニズムなどを理解したうえでコーヒーなどを飲む時間なども考える必要があります。就寝前の時間帯などにコーヒーなどを飲んでしまうとカフェインが身体にもららす効果のメカニズムにより、目が覚めてしまったり、トイレが近くなってしっかり眠れないと言ったこともありますので、時間帯も気にする必要があるでしょう。
引用: https://bi-diekko-chan.com/wp-content/uploads/2016/07/32328477_l-min-e1512034189228.jpg
引用: http://shinsei.minamitohoku.or.jp/wp-content/uploads/2014/07/2014071501.jpg
またカフェインによるデメリットしてこんなことが言われることもあります。それは、利尿作用で「脱水症状」を引き起こすとも言われています。ですがこれは意見が分かれていて可能性の範疇と考えるべきですが、様々な実験も行われていますので紹介します。
まず、アメリカのコネチカット大学でカフェイン摂取の実験を15人にし、被験者のうち12人がカフェインを摂取した場合であっても脱水症状の影響はなかったそうです。このほかにも、イギリスのバーミンガム大学でも似たような実験を行っているのですが、水を飲んだ場合とコーヒーを飲んだ場合とでは体内の水分量に変化はなかったという実験結果が出たそうです。
ただし、これに反論する意見も多く、カフェインの大量摂取によって脱水症状が起きるとも言われていますので、コーヒーを飲んだ際にのどが渇くのであれば水分を摂るように心掛けた方がいいのかもしれません!
引用: https://i1.wp.com/mato-k.com/wp-content/uploads/2017/05/c1be8163e200b10e2e34a85b3b528219.png
以上カフェインが持つ利尿作用についてメカニズムやメリット、デメリット、身体に適した摂取量、時間帯など様々な面から紹介しました。ここで以下に今回の記事を簡単にまとめておきます。

利尿作用のメカニズムや身体に与える作用について

・カフェインが身体に与える作用 その1「脳に対する作用がある!」
・カフェインが身体に与える作用 その2「血管に対する作用がある!」
・カフェインが身体に与える作用 その3「腎臓に対する作用があります!」

カフェインのメリット

☆カフェインが持つ利尿作用のメリット 「むくみが取れる!」
☆カフェインが持つ利尿作用のメリット 「高血圧を抑えることが出来る!」

カフェインのデメリット

★カフェインが持つ利尿作用のデメリット 「貧血になる!?」
★カフェインが持つ利尿作用のデメリット 「カルシウム不足になる!?」

利尿作用を抑えるための対処法!

・飲む頻度や時間帯を気にしながら摂取する
引用: https://imgc.eximg.jp/i=https%253A%252F%252Fs.eximg.jp%252Fexnews%252Ffeed%252FGoowatch%252FGoowatch_2c7b6117611f9f14fac0be4a1a71783a_3dad.jpg,zoom=1280,quality=70,type=jpg
引用: http://www.caffeine-effect.com/wp-content/uploads/2017/12/7.png
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: http://cafein.healthypopo.com/wp-content/uploads/2015/03/150304-0005.jpg