2018年06月19日 UPDATE

WiFiはDNSサーバーで通信速度が劇的に変わる!おすすめのDNSとは?

普段WiFiをスマホなどで動画やインターネット記事を見ている時、もっと快適に視聴できたら…と感じることはありませんか?実はWiFiの「DNS」という部分の設定を少し変えるだけで、通信速度がUPすることがあるのです。「DNSサーバー設定」についてご紹介します。

目次

  1. DNSサーバーとは?
  2. 性能の良いDNSサーバーとは?
  3. WiFi設定でDNSサーバーを変更しよう
  4. WiFiの速度をチェックしてみよう
  5. 実際に計測してみた
  6. DNSサーバーを変更しても、WiFi速度が改善しない場合は…
  7. まとめ

DNSサーバーとは?

Svjtuhm47msiidmgsfyu
DNS(Domain Name System)サーバーとは、あなたのPCやスマホから与えられたサイト名からそのサイトのIPアドレスを呼び出し、あなたのPCやスマホがサイトを表示することを助けてくれるサーバーです。
つまり、性能の良いDNSサーバーを使えれば、IPアドレス呼び出しの速度が上がるので、より快適にインターネットを楽しめるようになります。

性能の良いDNSサーバーとは?

K08cnvkv3gzi54edcnz8
ここでは、よく使われる有名なDNSサーバーをご紹介します。
NTT America
129.250.35.250
129.250.35.251
Google
8.8.8.8
8.8.4.4
NTTのDNSサーバーの方が若干高速なようです。まずはNTTのものを試すのが良いでしょう。

WiFi設定でDNSサーバーを変更しよう

Oojwyhynm6d4jdduea2e
ここではiPhoneでの設定方法をご紹介します。 その他のデバイスでも同様の方法で設定できます。

iPhoneでのWiFi設定

Kwzgcvvcjmmcwxxjspo1
ホーム画面から設定アプリを選択し、「Wi-Fi」を選択します。
Afpsahfo9bbkh6v6rsef
接続したい接続先の右側にある「i」ボタンを押します。
Byovylpy7h9tjfoipbpb
Uhrm151znoceztoriz72
Tuyr0tfgwtdlmeylx751
「DNSを構成」>「手動」>「サーバを追加」と選択します。
Dmkrrx8v0kzjwkponvrj
DNSサーバの欄に「129.250.35.250」「129.250.35.251」と入力し、右上の「保存」を選択します。
以上でiPhoneでの設定は完了です。

WiFiの速度をチェックしてみよう

Lnog5ththcunh1negmdt
設定の変更が完了したら、さっそくWiFiの速度を計測してみましょう。

Google検索画面から

Googleで「スピードテスト」と検索してみましょう。すると、次のような画面が表示されます。
Kcsvpwmruyccyqnlctod
「速度テストを実行」を選択して、計測しましょう。

スマホアプリから

Atg78vbflt9ktmi04p5y
App StoreやGoogle playから「SPEEDTEST」アプリをダウンロードして、計測してみましょう。

実際に計測してみた

今回はスマホ用アプリ「SPEEDTEST」を用いて、DNSサーバー変更前と変更後のWiFi通信速度を比較してみました。

DNSサーバー変更前

Avlgl6qwkdbefhgc4zwc
ダウンロード 83.0mbps
アップロード 112mbps
となりました、この「mbps」という単位は通信速度を表していて、数字が大きければ大きいほど高速であることを意味しています。

DNSサーバー変更後(Google)

Edhk3eoqhq5yzujuyfzm
ダウンロード 94.7mbps
アップロード 108mbps
アップロード速度は微減しましたが、ダウンロード速度はUPしました。GoogleのDNSも効果はあるようです。

DNSサーバー変更後(NTT)

Fmhpr668dwh97dnmnsr9
ダウンロード 105mbps
アップロード 115mbps
変更前と比べて、どちらの速度もUPしました!効果がはっきりとわかりますね。

DNSサーバーを変更しても、WiFi速度が改善しない場合は…

R4uppduelybmbnvqe6th
DNSサーバーを変更してもWiFiの速度が改善しない場合、通信速度UPを妨げている要因が他にある可能性が高いです。その原因は複数考えられますが、まずは次の2つを疑ってください。

LANケーブルの規格が古い

Cteyzuliigvgm9hpkzod
LANケーブルにはその通信速度や伝送帯域に対応する規格が存在し、CAT5からCAT8まであります。CAT5のものは最大で100mbpsほどの通信速度しか出ないのに対して、CAT8のものは40Gbpsまで出せます。
動画視聴やネットサーフィンを快適に楽しみたい方にはCAT6程度でも充分です。もしご使用のLANケーブルがCAT5のものであったならば、買い替えを検討しましょう。

プロバイダの回線が遅い

Fhr6a0guzzuwdusjxmge
インターネットの速度はプロバイダに大きく左右されます。プロバイダが低速インターネットの原因である可能性がある場合は、まずは自分の使っているプロバイダが何なのか確認してみましょう。
「確認くん」にアクセスして、「ゲートウェイの名前」の部分を確認してみてください。ここに表示されているものがプロバイダです。使用しているプロバイダがわかったら、ネットで検索してプロバイダの評判を確かめてみましょう。もし、評判の悪いプロバイダだったなら、プロバイダの変更を検討しましょう。

まとめ

いかがでしたか?設定の数字を少しいじるだけで、インターネットを高速化出来るなんてすごいですよね。 快適なインターネット生活のために役立ててください。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/b9/b947d5d5e70c0ece0f904cc0e05b6995_t.jpeg